名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮内直孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮内直孝のプロフィール

宮内直孝、みやうち・なおたか。日本の経営者。「日本製鋼所」社長。東京都出身。中央大学理工学部卒業後、日本製鋼所に入社。執行役員、広島製作所所長、常務などを経て社長に就任。

宮内直孝の名言 一覧

時代はとてつもない速さで大きく変化している。企業としても、その大きな変化に対応していかなければ、継続、成長はない。


創立111年目とは考えずに、リセットし、創業の年と考えて「NEW日本製鋼所」として、110年で培われた「モノづくり」と「価値づくり」のDNAを活かしながら事業転換を図っていく。


将来入社する人達のために良い会社にすること。それが私の使命。歴史と伝統に拘ることなく、中計実行に全力で邁進する年とします。


ある社外取締役から、ニッチは逃げだと厳しいご指摘をいただきました。とはいえ、当社はコモディティ化した分野ではなく、ニッチな分野で差別化してきたので、今後もここにさらに磨きを掛ける所存です。


さらなる規模拡大を実現するには、事業分野を広げ、景気の波に備えなくてはいけないと思います。私はフィルム・シート装置に長くかかわってきました。その中には、あまり需要がないからやめたらどうかと言われた分野がいくつかあります。ところが、ある分野がいいときに芳しくない分野が、次には逆転して支える側に回るということがある。その体験があるので、売り上げ2500億円とか3千億円を目指すためには、事業の品揃えを増やすことがどうしても必要だと思っています。


宮内直孝の経歴・略歴

宮内直孝、みやうち・なおたか。日本の経営者。「日本製鋼所」社長。東京都出身。中央大学理工学部卒業後、日本製鋼所に入社。執行役員、広島製作所所長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古川武士

悪い習慣に手を伸ばしたくなったときの対処法として必要なのは、自分の意志より行動の変更。結局のところ、脳が悪い習慣に求めているのは、刺激や快感です。ですから、別の刺激や快感を与える代替行動を行なう「スイッチング」をすることで、ストレス解消の欲求が満たされる。


加藤壹康

高い目標や厳しい計画を掲げることは必要です。しかし、考え方や夢といったものを現場と共有できなければ、厳しい計画は単に厳しいだけで終わり、絵に描いた餅になりかねません。大きなことを達成するには、現場の人たちの心の琴線に触れるようなコミュニケーションが不可欠です。


阿部サダヲ

役者は天職だと嬉しいですね。役者になる前は、仕事が終わってから後悔したことがなかったんですよ。でも、芝居は、やるたびに後悔します。こう見せたかったとか、あのセリフはこんな言い方をすれば良かったと自然に反省する。仕事でそんな感覚になる自分に驚きました。


前澤友作

業績が好調なのは、派手な広告やキャンペーンを極力控え、サイトの本質である良い商品を調達し、サイト上での訴求力向上に努めると同時に、注文が入ったらいかに迅速にお客さまの手元に届けるかといったECサイトの基礎体力とも言うべき部分に原点回帰したのが要因。


魚谷雅彦

世の中の表面的な変化の裏側で、いったいどんな価値観の変化が起きているかを、僕らは常に気にしています。変化をキャッチすることがなぜ大切かといえば、人間の主観は外部からの情報によって非常に大きな影響を受けているからです。メディアによるインプットとか、クチコミの情報であるとか様々な外部情報によって主観は形成されていきます。ブランド価値というものは、こうした主観によって形づくられているのです。


川村隆

業績が回復基調となり「非常時から平常時」へと戻るタイミングこそが危ない。業績に甘んじて課題のある事業を放置すれば、再び業績低迷へ逆戻りしてしまう。


家訓・社是・社訓・経営理念

タビオ創業の理念
凡(およ)そ商品は、造って喜び、売って喜び、買って喜ぶようにすべし。造って喜び、売って喜び、買って喜ばざるは道に叶わず。


水越豊

とくに企業組織の場合、担当者の立場によって課題が異なることがあります。品質担当者が「品質低下は絶対に認められない」と言い、営業担当者が「そんな商品は売れない」と言い合っていたら議論になりません。そこで定量化するのです。たとえば製造方法を変えるといくらコストが下がり、販売予測はどのように変化するのか。数値に置き換えて説明する。そこではじめて、同じ土俵に上がって議論ができるようになるのです。


米山久

「君たちはメーカーの第一線の営業マン。愛想を振りまくだけの薄っぺらなサービス業をやっているんじゃない」と店の接客スタッフにいつも言っています。生産者に代わって食材の特徴を説明するのがスタッフの役割の一つ。


河合良成

石川県の小松の工場に行ってみると、共産党の子分みたいのが待っている。「君たちの俸給はどうなっているか」と尋ねると「遅配で困っている」と答えるので「ストライキを続けた方が俸給をもらえると思うか、やめた方がもらえると思うか、どうだ」すると「やめた方がもらえると思う」「よし、ストライキをやめれば、俺も金融の手伝いをする」この間、3時間で話が決まった。
【覚書き|厚生大臣時代、当時のコマツの社長から請われ経営悪化でストライキをしている工場の問題解決にあたったときを振り返っての発言。このとき資金調達の手伝いをしたことでコマツの社長に就任することになった】


福島保

福武(哲彦)社長は「赤字分の3億円を返すのなら辞めていい」。辞表を出せば失敗の責任を取ったことになるという考え方を否定されました。「おまえはただ逃げているだけだ」と。仕事に対する姿勢や執念について改めて考える機会になりました。


佐渡島庸平

ほとんどの編集者は、「私はこういう人間です。私と仕事をしませんか?」という態度で作家にアプローチしてしまいます。僕は、編集者には個性なんかいらない、徹底的に作家に合わせて、没個性に徹するべきだと思っています。そこまでやる編集者はあまりいないので、逆に、僕が個性的な編集者に見えてしまうところがあるのかもしれません。