名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮内大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮内大介のプロフィール

宮内大介、みやうち・だいすけ。日本の経営者。「三浦工業」社長。愛媛県出身。京都大学工学部卒業後、共同石油を経て三浦工業に入社。執行役員、取締役、首都圏事業本部長、米州事業部長、アメリカ法人社長などを経て社長に就任。

宮内大介の名言 一覧

まず基礎力が必要。基礎力をツールにして、その先を考えることができる人が伸びていく。


世界で活躍するには、何よりも自分の価値観をしっかり持つ必要がある。経験に裏打ちされた感性が優れているかどうか、ということ。


組織が大きくなると、それだけ多様な人材の活躍が必要になる。


お客様が欲しいのはボイラ自体じゃなくて、ボイラが作る熱です。


社長としての役割は明確なゴールを示すこと。今、私たちがどこに行こうとしているのか。それがクリアなら、社員は安心感と信頼感をもって頑張ってくれるはず。


先頭を走るその背中を見て現状把握することは大切。それで自分たちの強さや弱さも見えてくる。


社員は年に一度以上、研修所に集まって研修を受けます。そこで社員同士コミュニケーションを深め、意見交換し合うことで仕事のモチベーションも変わってくる。


本当のグローバル化は、ローカルにどう溶け込むかをきちんと消化して落とし込むこと。その土地の気候とか人間とか、それがわかった上でどうアプローチするかが大切。


地方だからできないこと、というのは、今はないでしょうね。三浦工業はたまたま愛媛生まれの企業なので、ずっと愛媛に軸足を置いてきました。この地に根差していればこそ人が集まってくれやすい。だからここまで成長できたのでしょう。もちろん、まだ成長途上ですが。


松山で5名の従業員からスタートした三浦工業のビジネスが、今では世界へと広がり始めています。それは「世界のお客様に省エネルギーと環境保全でお役に立つ」という経営理念のもと、私たちの製品がお客様のお役に立つなら、日本だけじゃなく世界にも通用するのではないか。そういう自然な流れで世界へと歩みを進めているわけです。


宮内大介の経歴・略歴

宮内大介、みやうち・だいすけ。日本の経営者。「三浦工業」社長。愛媛県出身。京都大学工学部卒業後、共同石油を経て三浦工業に入社。執行役員、取締役、首都圏事業本部長、米州事業部長、アメリカ法人社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

林恵子(社会起業家)

私の活動が「絶対的に正しい」という発想はないですね。だって、一番近くにいる人(夫)が、正反対の思想を持っているんですから!それでもあきらめなければ、どんな人とも折り合える、と思ったら、心に余裕が出てきたかな。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

本物の強い精神に必要な要素は、「勇気」「自立」「誠意」「寛大さ」「思いやり」の5つの美徳です。これらがなければ、真の自由と喜びを知らない揺らいだ心のまま、人は、その場の状況によって姿かたちを変えられる粘土細工のような存在になってしまうでしょう。


J・P・モルガン

私の鼻のことは周知の事実だ。これなくしてニューヨークの街を歩き回ることはできない。私の大きな鼻はアメリカ実業界の一部だ。
【覚書き|モルガンの鼻は病気のため膨れ上がり、彼のコンプレックスとなっていた。写真を撮られることを嫌い、撮っても鼻部分を修正させた】


吉田忠裕

一つの問題に対して、Aという人もいれば、正反対のBと答える人もいる。私はその中で答えを出さなければいけませんが、出しすぎるのもどうかと思いましたし、でも、なるべく言い過ぎないように心掛けてきました。


村瀬治男

訴訟社会の米国で高い授業料を支払って学んだのは、しかるべきチェックリストを調べ、確実に判断しながら、プロセスをひとつひとつ積み上げていかないと、後でどんな間違いが出てくるか分からない、ということです。普段から弁護士との間でいろいろとやり取りしていて気を配っていたからこそ、正しい対応が取れ、訴訟に勝つことができました。


朝倉千恵子

名刺交換ひとつとっても、「この人のやり方、カッコイイな」と感じたときに、その振る舞いを真似してみるといいでしょう。水泳を習うときに、泳げない人からは学びませんよね。それと一緒で、名刺交換も上手にできる人から学ぶ方が近道です。


野津基弘

思いをいかに形にするか。従業員には我々の考えを知ってもらい、姿を見て、やるべきことを自分の意志で考えて行動してほしい。


大山健太郎

社会が求めている現実のニーズを知り、それにどう応えていくかを考えること以上に、大切な学びはあるでしょうか。子供がかわいいからでしょう、親や教師は子供が失敗しないようにと、過去の事例をいろいろ学ばせようとします。しかし、「転ばぬ先の杖」を与えると、そればかりに頼るようになり、チャレンジする気持ちが失せてしまいがちです。逆にいうと、チャレンジ精神が旺盛な起業家やリーダーで、そうした過保護な教育を受けてきた人は少ないと思います。私は、AIの登場がこうした風潮を加速するのではないかと心配しています。AIはビッグデータを解析して判断をします。人々は効率的に物事を達成しようと、AIが過去の事例に基づいて導き出した成功確率の高い選択肢を優先して選ぶようになるでしょう。そうなると、ますます前例にない挑戦をする人が減ってしまうように思います。


野村克也

ヒーローインタビューのとき、選手の話があるでしょ? あれは嘘や。賢い選手は本音を言わない。大勢の前で種明かしはしないよ。


ロバート・キヨサキ

私が最も重要視するのは価格ではなく、得られるリターンだ。キャピタルゲインを狙って投資してはいけない。「キャッシュフロー」を狙うべきだ。


室伏広治

結果を出せたのは、目的と目標を定めて最短の軌道を描くことができたからだと思います。目的とは「最終的に実現したいこと」、目標は「その目的のために実現させるべきこと」です。


河野修平

ATカーニー日本オフィスが行ったインタビューでは、IT投資で想定した効果を得られたかという質問に対して、9割の経営者が「期待した効果が出ていない」と回答しました。ITは、導入しさえすれば必ず効果が得られる魔法の杖ではありません。むしろ失敗するケースのほうが多いのです。よくあるのは、IT導入に合わせて業務や体制の見直しを適切に行わなかったことが失敗の原因になっているパターン。