名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

室田淳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

室田淳のプロフィール

室田淳、むろた・きよし。日本のプロゴルファー。群馬県出身。日本体育大学に後、19歳からゴルフを開始。プロ転向後なかなか振るわず、10年目にして初優勝を飾る。その後多くの大会で優勝した。

室田淳の名言 一覧

僕は何より好きなんだね、ゴルフが。だから口では「もうダメだ」とか言っているけど、心はいつも前向きです。


優勝争いでは、追いかける方が楽しい。


僕の場合、結果が出ないのは自身の技術不足。そう思っています。


僕はとにかく試合に出て、自分の持っているものを出し切る。そんな感覚でプレーを続けています。


優勝もそうだけど、昨日できなかったことが、今日はできる。「この難コース、ついにアンダーパーで回れた!」とかね。この達成感が次への原動力になっている。


チャンスがきてから頑張っても駄目で、ここぞというときに本領を発揮できる心と体を準備しておくことが、輝き続ける秘訣でしょう。


40代前半のとき、米国でマスターズを生で見て、「いまの打ち方では飛距離が伸びない。ひとつ上のステージに上がるには球筋を変える必要がある」と思い知らされた。スイング改造には結局6、7年もかかったけど、これが間違いなくいまにつながっています。


プロ転向後も力不足で、試合にも出られない時代かあって、初優勝は10年目。でも、ゴルフを辞めたいとは一度たりとも思わなかった。技術が足りなければ、それを身に付ければいいと考えていたから。常に、もう一歩、もう一歩という意識でやってきました。


室田淳の経歴・略歴

室田淳、むろた・きよし。日本のプロゴルファー。群馬県出身。日本体育大学に後、19歳からゴルフを開始。プロ転向後なかなか振るわず、10年目にして初優勝を飾る。その後多くの大会で優勝した。

他の記事も読んでみる

福井威夫

「なぜ、この時期に社長を辞めるのですか」と聞かれることがあります。会社を立て直すのがあなたの役目じゃないかというのです。しかし、新しい執行部は、この厳しい時期を乗り切ることでチームワークを固めるでしょう。私が陣頭指揮をとりつづけても危機突破はできるでしょうが、その後の成長を考えると若いメンバーに託したほうがいいのは明らかです。だから、あえてこの時期に社長交代に踏み切りました。
【覚書き|リーマンショック後に社長を辞任し、相談役に退いたことについて語った言葉】


佐藤琢磨

環境を変えて成功するか否かは、結局は自分次第。F1での実績があるとはいえ、インディカーに移ってすぐ成功するようなそんな甘い世界ではないと自覚していたからこそ、中途半端なモチベーションなら挑戦しない方がいいと思いました。しっかりと準備して、態勢を組んで挑戦することが結果につながる。自分がワクワクしないと、車も人の心も思い通りに動かせませんから。


武野龍

お客様の中には30年前の椅子を何度も修理して使って下さる方もいらっしゃいます。「また次頼むね!」と言って頂けた時はこの仕事をしていて良かったと心から感じます。お客様と向き合い、ご満足頂ける商品を提案することは、仕事をする上で最も大切にしていることです。


小倉広

社会心理学では、ものごとの考え方や枠組みを変えるきっかけはコミュニケーションしかないと言われています。文字を読むのもひとつのコミュニケーションですが、やはり対面のコミュニケーションが一番有効です。


井上高志

大事なことほど繰り返して伝えるしかない。とくに、大勢に同時に伝えるのは難しく、一度言っただけではまず理解されません。ですから、社員に社是や経営理念を語る際には、切り口を変えて何度も話しています。さらに、それが伝わったかどうかも、折に触れて確認するようにしています。たとえば、話のあと、相手に内容を繰り返してもらう、といったことです。ここまでして初めて、思いは伝わると思っています。


デイヴィッド・エプスタイン

一流選手の例からも言えるように、12歳くらいまでは様々なことを試す時期と位置付けることが重要だ。


川本隆一

企画書で最終的に相手を説得するには、読み手が見たことも聞いたこともないものを、いかに上手な比喩で表現するかも重要です。技術者として図面を描くときは、あらかじめ完成図のブループリント(青写真)が頭の中にできているものです。しかし、部外者に説明するとき専門用語を使っても伝わりません。


吉田秀雄

周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。


松本幸夫

スケジュール管理に慣れていない人が、いきなり長期の目標に挑んで失敗するのは当然です。そういう場合は、まず「1日のスケジュールを制する」ことから始めるべきです。


中畑清

プロに入ったころも、ホント、下手クソでしたね。当時、2軍にいた同期や先輩の誰一人として、僕が1軍でレギュラーを取るなんて思っていなかったでしょう。打たせると、まっすぐしか打てない。守らせてもエラーはするわ、暴投するわ……。こんな危険度の高い選手は、僕が監督だったら使いませんよ(笑)。入団した年の暮れに結婚した女房にも、「3年で駄目だったら、田舎に帰って牛の世話をするからな」って宣言したくらい。


伊藤喜之

僕にとっては貯金よりも自己投資が大事。セミナーに参加したり、取引先に食事をごちそうしたり。知り合いが誕生日なら、豪華なプレゼントも渡します。こうすれば、相手も喜んでくれますし、それが次の仕事や新しい人脈につながります。大事なのは「お金」ではなくて「お金を稼ぐためのスキル」。これさえあれば収入は得られるので貯金がなくても怖くありません。


渋谷和宏

文章力アップにつながるのが、「リズム感」を意識した読み方です。小段落の冒頭にリーダーとしての文(牽引役)があっても、読みにくい文章があります。それは、リズム感を掴めない文章です。意味はわかるけれど、読みにくい――そんな文章に出合ったことはありませんか。その原因は改行にあります。読みにくい文章は、小段落を分けずに改行なく文章を書き連ねています。文字が詰めこまれているため、読み手に圧迫感を与え、スムーズに読み進められないのです。文章は小段落が連なって構成されているので、小段落ごとに改行しましょう。このルールを自分に課すだけでリーダーとしての文、フォロワーとしての文を意識できるようになりますし、文章にリズム感も生まれるはずです。