名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

室伏重信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

室伏重信のプロフィール

室伏重信 むろふししげのぶ。日本のハンマー投げ選手。元日本記録保持者。中京大学教授。同ハンマー投げの室伏広治の父。父の記録は息子に破られたが歴代2位。オリンピック代表を4回経験しアジアの鉄人の異名を持つ

室伏重信の名言 一覧

現状よりも良くするには、次にどうすればいいか、絶えず考えること。私の息子にできるアドバイスもそれしかないと思うんです。昔を振り返らない。むしろ先を考えていく。ロケットみたいにぐんぐん進むだけだと。


中学三年の夏にローマ五輪を見て、投てき競技に興味を持ち、我流で記録を伸ばしてきたんで、指導者の言葉を理解できなかったんです。結局、二年半もスランプが続いてしまいました。でも逆に、スランプは大切です。そこに陥らないと、人はなかなか自分を直そうとしたがりませんから。


私もそうですが、指導者はいろんな経験があった方がいい。問題点が病であればそれを治す薬を投与しなければならない。また個々に病気が違うので、心を込めて、絶えず選手を見ていかなければなりません。でもそれで終わっては駄目です。選手が指導者を乗り越え、より上の器量を持つように育てなければなりません。だから考えさせる。指導者が全部お膳立てするのは良くない。自分から動こうとせず、ロボットになっちゃう。


菅原(武男)さんは私より一回り体が小さく、石田(義久)さんとはあまり変わらない。悔しくてこう思った。絶対に原因がある。要は二人の先輩たちとの差を見つければいい。心技体のうち、やる気で負けていませんし、体力も差はない。じゃあ、何かと言うと、技術しかない。技術とはなんだろう。持ったエネルギーを最適な方向に効率よく出力させることだと考えました。


弱い負荷しか体験したことのない人間は、強い負荷に耐えられない。「負」に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ。


室伏重信の経歴・略歴

室伏重信 むろふししげのぶ。日本のハンマー投げ選手。元日本記録保持者。中京大学教授。同ハンマー投げの室伏広治の父。父の記録は息子に破られたが歴代2位。オリンピック代表を4回経験しアジアの鉄人の異名を持つ

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

人に何かを説明するとき、言葉でダラダラ説明するより、シンプルな絵や図にまとめたものを「こういうことです」と見せた方が、より早くかつ正確に伝わります。


勝間和代

どの分野に移動しても適応可能なポータブルスキル、例えば技術や顧客網、仕入れ先との信用、経理や人事などのオペレーションスキルなど、新しい仕事場でも使える無形固定資産があって、初めてキャリアを積み重ねていくことができる。


木村惠司(木村恵司)

経験豊富な人は、「いままでそんなことはなかった」と言うことがありますが、これからはそれを簡単に信じてはいけません。時代は大きく変わっていますから、経験をベースとしつつ、自分の頭で一所懸命に考え、この難局を乗り越える能力を磨くことが大切です。


奥正之

組織はどうしても自己増殖を始めます。その結果、部門にとっては最適でも全体のためにならないという現象が起きるのです。いわゆる「部分最適、全体不適合の罠」に陥らないためには、トップ自らの目によるチェックが常に必要です。「現場重視」という言葉がありますが、それでは足りません。組織の壁をつくらないためには「現場直視」が重要なのです。


蟹瀬誠一

まず求められるのが情報の取捨選択。私の場合、例えばネットでの情報収集は、朝の15分間、自分で絞り込んだ信頼できるサイトからだけ行う。量より質を追求することでノイズをコントロールしています。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

ユーザーとしての自分と、デザイナーとしての自分が、主観と客観の間を行き来しながらアウトプットする。そして、第三者である本来のユーザーの方の意見を聞いて、良いところに着地するように調整を繰り返します。どんな反応が返ってくるか、いつもドキドキです(笑)。でも、そこがいいと思うんです。人気商品だからと安心してはいけないし、常に大丈夫かと目をかける必要がある。


小川淳司

頑固な奴じゃないとレギュラーにはなれないハイレベルな世界でもあります。皆の言うことを全部聞いていたら、自分をつくれませんから。自分という芯があって、アドバイスを受け入れるかどうかを選択できる、それが選ばれたプロに必要な姿勢です。


赤塚保正

BSEを乗り切れたのは、「ピンチをチャンスに」を合言葉にこの危機をいかに好機と捉えるかを考えたからです。そして牛肉依存から脱却すべく、お総菜事業にシフトしました。


塚本勲

会社がしんどいときは、給与の減額は仕方がないとしても、人減らしはできるだけ避ける。そうして、社員全員で耐えきることが大切です。いずれ景気は回復します。そのときに、時間をかけて育てた人材がいるのといないのとでは、成長力が違ってきます。ここは踏ん張りどころではないでしょうか。


フランチェスコ・トラーパニ

重要な市場であれば、成長市場でなくても投資は続けるべきです。


大倉忠司

私は、一度にいろいろなことはできません。一つの仕事にしか魂を入れることができないのです。だから飲食業界で大チェーンを目指すなら、専門店の一業態だなと。これはあくまで私の考えですが、ただ一つの業態に賭けるというのは大事だと思います。


谷田千里

社内の環境を変えれば、社員の意識も変わる。