名言DB

9419 人 / 110788 名言

室伏重信の名言

twitter Facebook はてブ

室伏重信のプロフィール

室伏重信 むろふししげのぶ。日本のハンマー投げ選手。元日本記録保持者。中京大学教授。同ハンマー投げの室伏広治の父。父の記録は息子に破られたが歴代2位。オリンピック代表を4回経験しアジアの鉄人の異名を持つ

室伏重信の名言 一覧

現状よりも良くするには、次にどうすればいいか、絶えず考えること。私の息子にできるアドバイスもそれしかないと思うんです。昔を振り返らない。むしろ先を考えていく。ロケットみたいにぐんぐん進むだけだと。


中学三年の夏にローマ五輪を見て、投てき競技に興味を持ち、我流で記録を伸ばしてきたんで、指導者の言葉を理解できなかったんです。結局、二年半もスランプが続いてしまいました。でも逆に、スランプは大切です。そこに陥らないと、人はなかなか自分を直そうとしたがりませんから。


私もそうですが、指導者はいろんな経験があった方がいい。問題点が病であればそれを治す薬を投与しなければならない。また個々に病気が違うので、心を込めて、絶えず選手を見ていかなければなりません。でもそれで終わっては駄目です。選手が指導者を乗り越え、より上の器量を持つように育てなければなりません。だから考えさせる。指導者が全部お膳立てするのは良くない。自分から動こうとせず、ロボットになっちゃう。


菅原(武男)さんは私より一回り体が小さく、石田(義久)さんとはあまり変わらない。悔しくてこう思った。絶対に原因がある。要は二人の先輩たちとの差を見つければいい。心技体のうち、やる気で負けていませんし、体力も差はない。じゃあ、何かと言うと、技術しかない。技術とはなんだろう。持ったエネルギーを最適な方向に効率よく出力させることだと考えました。


弱い負荷しか体験したことのない人間は、強い負荷に耐えられない。「負」に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ。


室伏重信の経歴・略歴

室伏重信 むろふししげのぶ。日本のハンマー投げ選手。元日本記録保持者。中京大学教授。同ハンマー投げの室伏広治の父。父の記録は息子に破られたが歴代2位。オリンピック代表を4回経験しアジアの鉄人の異名を持つ

他の記事も読んでみる

矢野博丈

いま思えば、商品を100円均一で売ったのは、安くしすぎでした。安さは、企業が生き残る条件ではないのです。物には価値に合った適正な価格があります。100円均一は、そんな当たり前のことをわからなくしてしまいました。いまは100円だけではなく、200円とか、2000円といった価格の商品も販売しています。


大須賀賴彦(大須賀頼彦)

「災い転じて福となす」という諺があるように、何事も失敗という経験の中から次につながる改善を導き出せるもの。


平井嘉朗

私も「整理されていないと落ち着かない」タイプではありませんから、意識して整理をしないと、すぐに雑然となる。それでもある程度、整理できている理由は、やはり仕事をするうえで、「整理された状態」が重要だと考えているからです。


羽生善治

自分なりに何かをやってみて、微調整を繰り返していく。これを習慣化すること。そうやって修正していけば、目標や目的に近づける。柔軟性を持って振り返りながら検証し、対処していける。


テリー伊藤

『お笑い北朝鮮』の本の企画を売り込んでいた時、オレは本当に焦っていました。というのも、「北朝鮮をお笑いで括る」というアイデアで動いているヤツが、今日はオレだけだという自信があった。だけど、明日になったら、日本のどこかで同じアイデアを出すヤツが出てくるかもしれない。今しかないって走りまわっていました。


藤森義明

リーダーの条件とは、変革を促すこと。


山田昭男

赤字企業は、一体どこに問題があるのだろうか。日本の大半の企業が赤字だとなると、産業界を支配する常識を疑うべきではないか。つまり、多くの企業が善かれと思って導入している制度や習慣は成果につながっていないと考えるのが妥当だ。


石川朋之

心がつながっていなければ、人は簡単に離れていく。


桂三枝(6代目桂文枝)

私が司会を務める番組『新婚さんいらっしゃい!』には、毎回2組の新婚カップルが登場します。一応ディレクターから情報はもらっていますが、私自身が事前に会うことはしません。だから、どういう展開になるか、毎回カメラが回ってみないとわかりません。その緊張感を大切にしたいのです。


志賀俊之

世界市場の変化はあまりにも早く、人材育成にスピードが求められています。かつての終身雇用と年功序列の日本企業のように、人が育つのを待っていたら、世界の中では間違いなく負けてしまうでしょう。当社では早期にグローバル人材を育てています。