室伏重信の名言

室伏重信のプロフィール

室伏重信 むろふししげのぶ。日本のハンマー投げ選手。元日本記録保持者。中京大学教授。同ハンマー投げの室伏広治の父。父の記録は息子に破られたが歴代2位。オリンピック代表を4回経験しアジアの鉄人の異名を持つ

室伏重信の名言 一覧

現状よりも良くするには、次にどうすればいいか、絶えず考えること。私の息子にできるアドバイスもそれしかないと思うんです。昔を振り返らない。むしろ先を考えていく。ロケットみたいにぐんぐん進むだけだと。


中学三年の夏にローマ五輪を見て、投てき競技に興味を持ち、我流で記録を伸ばしてきたんで、指導者の言葉を理解できなかったんです。結局、二年半もスランプが続いてしまいました。でも逆に、スランプは大切です。そこに陥らないと、人はなかなか自分を直そうとしたがりませんから。


私もそうですが、指導者はいろんな経験があった方がいい。問題点が病であればそれを治す薬を投与しなければならない。また個々に病気が違うので、心を込めて、絶えず選手を見ていかなければなりません。でもそれで終わっては駄目です。選手が指導者を乗り越え、より上の器量を持つように育てなければなりません。だから考えさせる。指導者が全部お膳立てするのは良くない。自分から動こうとせず、ロボットになっちゃう。


菅原(武男)さんは私より一回り体が小さく、石田(義久)さんとはあまり変わらない。悔しくてこう思った。絶対に原因がある。要は二人の先輩たちとの差を見つければいい。心技体のうち、やる気で負けていませんし、体力も差はない。じゃあ、何かと言うと、技術しかない。技術とはなんだろう。持ったエネルギーを最適な方向に効率よく出力させることだと考えました。


弱い負荷しか体験したことのない人間は、強い負荷に耐えられない。「負」に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ。


室伏重信の経歴・略歴

室伏重信 むろふししげのぶ。日本のハンマー投げ選手。元日本記録保持者。中京大学教授。同ハンマー投げの室伏広治の父。父の記録は息子に破られたが歴代2位。オリンピック代表を4回経験しアジアの鉄人の異名を持つ

他の記事も読んでみる

高城幸司

横柄でも、ハングリー精神でガツガツ稼いで地位を築いた人たちがカリスマとしてもてはやされたのは、もはや過去の話。いまの20代、30代はもっとスマートで謙虚な人物像に憧れを抱いている。


横田尚哉

チャンスを逃す人と、そうでない人の違いはどこにあるのか、私はファンクションを理解しているかどうかの差だと思います。「これは誰のためか」「何のためか」というファンクションを理解している人は、形にこだわりがなく、目的に合うチャンスが訪れたときに躊躇なく、いまの形を手放すことができます。一方、ファンクションが見えていない人は形に依存しているため、チャンスが訪れても変化を恐れて現状にしがみついてしまいます。形に執着するかどうか、その差が転機において明暗を分けるのです。


林高生

我が社は人でとても苦労したので、採用は厳しくしています。今、技術者が足らないと現場が言っても、人格的に良い技術者が現れるまで絶対に採用しません。


コシノジュンコ

新しく挑戦するのはなかなか大変なことだと思われるかもしれませんが、私はこれまで常に「今からスタート」という気持ちで、どんな仕事でも、楽しく、面白がってやってきました。


理央周

経営学者のドラッカーが言っているように、マーケティングとは「自然に売れていく仕組み」をつくること。


森猛(経営者)

営業所内で上司との会話やコミュニケーション不足で疎外感を感じたり不満を募らせたりすることで、離職するスタッフは非常に多い。アナログなところをシステム化して、こうした状況を改善したい。作業を効率化することで、管理者にもっとスタッフと向き合う時間を増やしてもらいたい。


秋田正紀

私は常々、「さまざまな経験を積みなさい」と話しています。そのため、社員に経験を積むきっかけを与えるようにしています。というのは、実際に体験するほうが、耳で聞いて教わるより、本人にとって何倍も有効だからです。


小笹芳央

私の場合、「なぜ働くか」を考えたきっかけは、肉親の死でした。そこで「人間は死んでしまうのだな」と、普段考えないことを考えさせられ、「生きる時間は有限だ」と改めて実感したのです。その有限な時間をどう使うか。「どうせ死んでしまうから」と諦めるか。それとも、「有限だからこそ充実して生きたい」と思うか。やはり充実して生きたい。そのためには自由が欲しい。自由というのは、信頼も収入もいろいろなものを手に入れて得られるもの。そのためには……と、「働く」ことの意味を考えた時期があります。


松橋良紀

別れ際は誰だって、どうしても気がゆるむ場面。でも、逆を言えば、相手もまた気をゆるす瞬間だと言えるわけです。ここでどう振る舞うかが、大きく結果を変える。


吉野佳秀

できることをやるのは企業家ではありません。誰も信じないようなことを実現するから楽しいのであり、やりがいがある。売上げ1000億円を達成すると宣言した時も、みんな唖然としていました。しかし、経営者は大きな目標を口にしなければなりません。


峰岸真澄

社員が考えついたビジネスプランは自身で形にしてもらいます。自分でプログラムを書いてもいいし、外注してもいい。これはいけると判断したものについては、即事業化します。


潮田洋一郎

事業を継承した当初は、やりにくかった部分もありました。新日軽とサンウェーブのときも大反対されて、父(創業者:潮田健次郎氏)と激論を交わしました。同業者をM&Aしても、売上高が減ったら経費が増えるだけというのが反対理由でした。私は売上高は減らないと思い、実際減りませんでした。結局、父がなくなる数か月前、父の引退時に比べて株価は倍になりました。それで評価が変わりましてね。「この路線でいけ」と(笑)。会社の株価と業績がすべての人でしたから。


熊谷亮丸

政策立案やマーケティングでは、構造変化を踏まえることが重要。経済指標はマクロとミクロの両面から見ることが必要。


左京泰明

私が退社を一度も悔やんだことがないのは、心が求めることに真っすぐに従ったから。会社を辞める不安はありましたが、ほかにやりたいことがあった。さらに、結局、会社勤めを続ける方が不安な気持ちがより強かったということです。会社員という枠で人脈を築き、スキルを高めたとして、もしも会社という存在がなくなったら、どうなるのだろうかと。


前田修司

「ココセコム(GPS屋外位置情報端末)」は最初から持ち運びが便利な「軽量」を最大の特徴として掲げました。ゴール設定が曖昧であれば、この機能もあの機能もと欲張って重量がかさみ、商品の最終形態にブレが生じてしまったかもしれません。


ページの先頭へ