名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

実藤裕史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

実藤裕史のプロフィール

実藤裕史、じっとう・ひろふみ。日本の経営者。「もしも」社長。ブランド品ネットショップ運営などを経てドロップシッピングサービスを開始。著書に『もしも落ちこぼれが社長になったら…』。

実藤裕史の名言 一覧

周りの反対や不安もあるでしょうが、まずはやってみることが大事。最初からうまくいくとは限りません。すべて準備が整って始めている起業家なんてひと握り。私自身、失敗を繰り返してきましたから。


知識や資金面など、完璧じゃなきゃ起業は上手くいかないなんて思わずに、まずやってみることが大事。動いてみると高かった壁が実は意外と穴だらけだったりしますから。


目の前の壁もよーく見れば意外と穴が開いている。突破法を考えると楽しくなってくる。


小学生のときから起業しようと思っていたので、就職は考えたことがありませんでした。ベンチャー企業のインターンに参加したのもそのため。その経験が起業のときに役立ちました。


起業することには、すごく不安がありました。ビジネスを始めた頃は、どれも上手くいかなかったので毎日悩んでもがきながら、なんとか頑張っていたという感じですね。


起業して12年になりますが、病欠したことがありません。経営者は身体が資本なので、健康のためにも、食事、運動、睡眠と規則正しい生活を心掛けています。


私は、2000年にEコマース業界で働き始めました。商品が売れた時に届く、「注文が入りました」メールが震えるほどに嬉しく、商品を売る楽しさをこの時、初めて感じました。この原体験をきっかけに「誰もが、ネットショップ運営の楽しさを経験できるようになったら」と考え、この想いのもと、10年前の2006年に「もしもドロップシッピング」サービスを開始しました。


朝晩35分かけて自転車通勤しています。電車に乗らないので風邪を移されることもなく、リフレッシュできるのも、自転車通勤のメリットです。


実藤裕史の経歴・略歴

実藤裕史、じっとう・ひろふみ。日本の経営者。「もしも」社長。ブランド品ネットショップ運営などを経てドロップシッピングサービスを開始。著書に『もしも落ちこぼれが社長になったら…』。

他の記事も読んでみる

船ヶ山哲

以前は「いい商品さえつくれば売れる」が常識でしたが、いまは「いい商品」など当たり前で、それだけでは1円の価値にもなりません。あなたのライバルは粗悪な商品を扱っているでしょうか。もはや、いい商品だけで勝負することなどできない領域まで来ているということです。


西田文郎

将棋や囲碁には定跡(定石)があります。それを知らない素人の将棋や碁は危なっかしくて見ていられません。ビジネスも同じで、経営に必要な正しい知識を知らないと危なくて見ていられないんですよ。


岩崎裕美子

お客様のご意見ももちろんですが、それよりもまず自分たちが必要としているかどうかが重要です。先日、新製品のハンドクリーム8000個を発売したところ、すぐに売り切れました。これは、製品開発をした社員の家族が獣医師で、手洗いを繰り返したために手荒れがひどかったことから、「洗っても落ちないグローブのようなハンドクリームを作り、荒れた手を治したい」という一念で作った製品です。誰かの悩みを解決したいという想いが製品化に繋がる。多くの方に意見を聞いて最大公約数で製品を作るのではなく、目の前にいる誰かを救おうという明確な目的があります。


澤上篤人

「絶対になくならない分野」かつ「応援したい会社」の株を、みんなが売っているときに買い、みんなが買っているときに売る。それさえできればひと財産築けます。だけど底値ギリギリで買って天井で売ろうと思ったら失敗する。ある程度大雑把にやったほうがたいていうまくいきますよ。みんなが売っているときに買うには、「好きで応援したい会社」であることも重要なポイント。


古賀稔彦

あのケガがあったからこそ、勝負に集中できたと思っています。調子がいいと雑念、雑音に影響されやすくもなるんです。調子いいからカッコよく勝ちたいとか、変に余裕を出したりとかね。
【覚え書き|バルセロナ五輪10日前に左膝じん帯を損傷したことを振り返って】


大西洋

商品が高いとか安いとかではなくて、「絶対的価値」と「質」がキーワード。これまでも弊社ではずっとフォーカスしてきた事ですが、百貨店はそこを追求していかない限り生き残りは困難。


金丸恭文

これまで常識ではなかった経営手法を持ち込んで、新しい産業をつくるという気概が大事。


永井孝尚

グズ、後回し、大慌ての人はコミュニケーションも見直したい。相談もせず、メールの返事も遅く、しかも長い、ということはないだろうか? デキる人であれば、こまめに相談し、メールを出せばすぐに返信が届くし、しかも一行二行で要点がまとめてあり、わかりやすい。


是川銀蔵

人間には一生のうち二度や三度のチャンスはある。それを生かすか殺すかの決断のために、日常の努力と精進、そして真面目といった理論と実践とを通 じて日夜思考の訓練を重ねることが成功への確率を増進する。そのために数多くの真剣勝負を経験し、勝負勘を養うことだ。「勘」とは、経験の集積から湧き出 る真実的総合判断なのである。


ウォーレン・バフェット

株ではまずビジネスをそれ自体に注目することです。多くのプロの投資家や学者たちが、毎日の株価に一喜一憂しています。しかし、株価やマーケットの動向を、毎日、毎週、毎月追うことで、投資が成功するとは、私は考えていません。株は、そのビジネスの一部でしかないからです。注目すべきは、株価ではなく、事業そのものでなくてはなりません。


水谷健彦

いいアイデアを出すには妥協しないことが大事。


落合信彦

石油をやっていたころは何度も追い詰められたりはしたが、決して落ち込むということはなかった。なぜかというと、「オレには西側の世界にエネルギーを供給する責任があるんだ」という大きな目的と自負があったからだ。ナイジェリアのジャングルにいようが、どんな惨めな思いをしても、この自負があったから孤独感を感じたり、落ち込んだことはなかった。