名言DB

9412 人 / 110637 名言

実藤裕史の名言

twitter Facebook はてブ

実藤裕史のプロフィール

実藤裕史、じっとう・ひろふみ。日本の経営者。「もしも」社長。ブランド品ネットショップ運営などを経てドロップシッピングサービスを開始。著書に『もしも落ちこぼれが社長になったら…』。

実藤裕史の名言 一覧

周りの反対や不安もあるでしょうが、まずはやってみることが大事。最初からうまくいくとは限りません。すべて準備が整って始めている起業家なんてひと握り。私自身、失敗を繰り返してきましたから。


知識や資金面など、完璧じゃなきゃ起業は上手くいかないなんて思わずに、まずやってみることが大事。動いてみると高かった壁が実は意外と穴だらけだったりしますから。


目の前の壁もよーく見れば意外と穴が開いている。突破法を考えると楽しくなってくる。


小学生のときから起業しようと思っていたので、就職は考えたことがありませんでした。ベンチャー企業のインターンに参加したのもそのため。その経験が起業のときに役立ちました。


起業することには、すごく不安がありました。ビジネスを始めた頃は、どれも上手くいかなかったので毎日悩んでもがきながら、なんとか頑張っていたという感じですね。


起業して12年になりますが、病欠したことがありません。経営者は身体が資本なので、健康のためにも、食事、運動、睡眠と規則正しい生活を心掛けています。


私は、2000年にEコマース業界で働き始めました。商品が売れた時に届く、「注文が入りました」メールが震えるほどに嬉しく、商品を売る楽しさをこの時、初めて感じました。この原体験をきっかけに「誰もが、ネットショップ運営の楽しさを経験できるようになったら」と考え、この想いのもと、10年前の2006年に「もしもドロップシッピング」サービスを開始しました。


朝晩35分かけて自転車通勤しています。電車に乗らないので風邪を移されることもなく、リフレッシュできるのも、自転車通勤のメリットです。


実藤裕史の経歴・略歴

実藤裕史、じっとう・ひろふみ。日本の経営者。「もしも」社長。ブランド品ネットショップ運営などを経てドロップシッピングサービスを開始。著書に『もしも落ちこぼれが社長になったら…』。

他の記事も読んでみる

佐藤孝幸

大抵の仕事は上司やクライアントとの関係性の中にあり、自分だけの都合では進めることはできません。期日を守らないと誰かに迷惑をかけてしまう仕事や、相手のスケジュールに合わせて進めるべき仕事などは、緊急度の高い仕事として優先させるべきでしょう。


深田和範

本流から外れた小さな部門は上司の数も少なく、自由に動け、力も発揮しやすいはずです。たしかに、成果をあげる環境としては厳しいかもしれませんが、そこで実績を示すことができれば、会社に対する強いアピールとなり、出世競争で後れを挽回するチャンスになることだってあります。


小宮一慶

銀行時代にイヤな上司に出会ったのですが、イヤであっても、言っていることは正しいかもしれない。それが判断できないので、『論語』や仏教など、普遍的に正しいものへの興味を持つようになった。


手代木功

「良い薬をできるだけ安く」という製薬企業の基本に立ち返るために、新しい技術にも目を向けています。着目している技術の一つが「特殊ペプチド医薬品」です。塩野義がこれまで手掛けてきた「低分子化合物」と同じように安く製造できる一方で、抗体医薬に引けを取らない効果と安全性が期待されています。特殊ペプチド医薬品の独自の創薬技術を持つペプチドリームとコラボレーションを進めています。


安家美津志

やっぱり元気がなければお店も賑やかにならない。


坪内知佳

結果として、今では会社も大きく成長することができました。でも、私は決して漁師たちを「たばねる力」なんてないんです。ただ、一人ひとりの個性を認め、自由に伸びていくことを目指しています。そう、円が少しずつ広がっていくイメージですね。先日、学習障害のある子が入ってきましたが、そういう子だって指示の出し方一つで大きく変わる。特性を見抜いた上で、その円を広げていくことが大切なんだと思っています。


ミッツ・マングローブ

(自分が出演したテレビ番組は)極力見ないようにしています。基本的にイヤな気分になりますし。どうしても気になるところがあるときは仕事として見ますけど、喜んで自分を見るようなバカではないですね。いや、いいんですよ、自分が好きなら好きで。でもそれを言葉にして言うような人とは、友達にはなれないですね。


細谷英二

りそなのトップ就任当初から「普通の会社になろう」「サービス業としての自覚を持とう」と呼びかけてきました。お客様の目線に立って改革を実行しなければ再生できないと。そのためには「世の中のいいものを謙虚に学び、とり入れていこう」と繰り返してきました。


石井久(立花証券社長)

「致命的かどうか」の判断と決断が経営の大きな差となって表れる。相場も同じことである。


松田正男

生徒一人一人の個性を尊重しながら、きめ細かな指導により、それぞれの目標達成を支援しています。生徒は、この目標達成を繰り返し経験することで、学力だけでなく自信とやる気を高めていくのです。


徳光正子

父の口癖に、こんな言葉があります。「儲からへんから、続くんや」。ものすごく儲かるおいしい仕事というのは、みんなが「これはいける!」と思って躍起になるので、競争もまた熾烈です。でも、儲からない仕事は、過酷でない分、長続きします。


藤原和博

学校教育で子供たちに太宰治の小説『走れメロス』を読ませて、「帰り道でのメロスの気持ちに近いものを以下の4つから選びなさい」というような問題を解かせるでしょう。そういう勉強ばかりやらされているから、選択肢は会社が与えてくれるのではないかと勘違いしてしまうわけです。問題自体を設定する力、情報を編集して人と人をつなげる力があれば、コミュニティーを使ってイノベーションを起こすこともできます。


おちまさと

企画書を書くときのポイントは、自己満足ではなく実際に読むクライアントのおじさんでも「いいね」と言わせるわかりやすさです。昨年、「イクメンオブザイヤー」の企画をプロデュースしたのですが、男の育児参加という意図がまずは説明いらずで伝わるはずです。一言で心に響くタイトルを考え、その後に相手が抱えている課題に対する解決策を個条書きで示すのが基本です。


篠山紀信

僕の原動力は、時代の新しいものを見たいという欲望なんです。常にそれを満たすのは簡単ではないけれど、目の前の被写体をうまく写真が撮れずにもがいていると、ふいに写真の神様が降りたように、自分でも驚くような作品が撮れる時があるんです。


水野弥一

スポーツ選手が平常心で戦いに臨めるのは、もうこれ以上できないと心の底から思える程練習を重ねた時だ。これ以上できないくらい練習したんだから、試合の当日、焦ったり不安になったりすることはない。勝敗をこえた心の強さが支えとなる。