名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

定国直樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

定国直樹のプロフィール

定国直樹、さだくに・なおき。日本の経営者。「ピンタレスト・ジャパン」社長。京都大学大学院工学研究科修了、南カリフォルニア大学でMBAを取得。ヤマハ発動機、マッキンゼー・アンド・カンパニー、グーグル・プロダクトマーケティング統括部長、スクエア・ジャパンCo-Leaderなどを経てピンタレスト・ジャパン社長に就任。

定国直樹の名言 一覧

一番怖いのは機会損失。まずはやってみようという精神で、失敗してぶつかりながらも、そこから何かを学び取って着実に前に進んでいきたい。


スピードとはチャンスの最大化。成功の確率を最大化するキーワード。


ピンタレストは、気に入った画像をどんどん集めていくことで、自分を知って行動に移すことができる。いわば、ユーザーの「発見」と「実現」をサポートするためのツール。


定国直樹の経歴・略歴

定国直樹、さだくに・なおき。日本の経営者。「ピンタレスト・ジャパン」社長。京都大学大学院工学研究科修了、南カリフォルニア大学でMBAを取得。ヤマハ発動機、マッキンゼー・アンド・カンパニー、グーグル・プロダクトマーケティング統括部長、スクエア・ジャパンCo-Leaderなどを経てピンタレスト・ジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

ベンジャミン・フランクリン

賢い者は、他人の失敗に学ぶ。愚かな者は、自分の失敗にも学ぼうとしない。


吉永泰之

当社に入社したのは、いい商品をつくるが、売るのがあまり上手ではない会社だったから。石は誰が何を言おうと石。それなのに石を凄いものだと言って売りたくなかった。石でも売れる会社には入りたくなかった。給料が安くて本当に後悔しましたが(笑)。


中山哲也

私が考えたのは、この会社は何のためにあるのかということです。工具を売るということは、エンドユーザーであるモノづくり現場のお役に立つということが大事だろう。そのために「頑張れ!! 日本のモノづくり」というキャッチフレーズをつくりまして、これが当社の存在意義であると定義づけました。そこから全国各地に営業拠点を置くとか、物流施設を構えるとか、今後やらなければいけないことを書き出しまして、それをひとつひとつ実現してきたということです。お金儲けや効率のことだけを考えて経営していたら、ここまで会社が成長することはなかったと思います。


加藤昌史

お客さんの心をつかむために重要なのは「声」。第一声から消え入りそうな声だったら、心はつかめない。最初の10秒は全員に届くように、高めの大きな声から入る。私は「バズーカー砲を撃つ声」と呼んでいます。


アンドレ・マルロー

勇気というやつは生き物なんだ。ひとつの組織体なんだ。だから鉄砲の手入れをするのと同じ理屈で勇気も手入れをしなくてはならないんだ。


上田準二

世の中が激変していく中、会社は新たな発想をもって変化・進化を遂げていかねば生き残れません。それをやれるだけの土台は作った。いかに目的に向かって会社を走らせていくかは、次の世代がやるべきです。私は自利と利他の世界で会社人生を歩んできました。これからは自己の人生を歩みます。まだ何も決めていませんがね(笑)。


コシノジュンコ

母がいて姉がいて私がいて妹がいる。皆ファッションの世界で生きています。でも同じことをやっていたら、何のために生きているのかと思ってしまう。ですからみんな人と違うことを一生懸命探しています。


鹿田尚樹

本の内容を血肉にする有効な方法は、内容を人に伝えることです。私の場合は、書評ブログで本の感想を発信しています。書くことは自分の頭を整理する効果が高いのでお勧めなのですが、面倒ならば、本の内容を誰かに話すだけでも頭に残りやすくなります。


内藤誼人

コミュニケーションスキルという言葉が、やたらと取り沙汰されるようになったのは割と最近のことです。なぜなら、以前は誰もが大人になるまでに自然とコミュニケーションスキルを身につけていたからです。兄弟が多く、近所との付き合いや三世帯同居もごく当たり前。学校の部活動で上下関係を教え込まれ、会社に入れば飲み会や社員旅行などの濃密な付き合いがある。幅広い世代の様々な立場の人にもまれる環境が当たり前だったので、わざわざ学ぶまでもなかったのです。


長嶋由紀子

よく中間管理職とは、「上と下の板挟みになる窮屈なポジション」と言われますが、そのように捉えていたら、ずっとそこから抜け出せないのではないでしょうか。もっと自分の立場の優位性に目を向けるべきです。


末吉紀雄

給料よりはやりがいのある仕事をしているかどうかということの方が重要。


石破茂

予算委員会における歴代総理の答弁を、自分ならどう答えるかなと閣僚を務めている間は考えながらやってきた。