名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宗道臣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宗道臣のプロフィール

宗道臣、むね・どうしん。日本の武道家、思想家、教育者。少林寺拳法の創始者。幼少期より武道家の祖父から柔道、柔術、剣道などを叩きこまれる。また、中国で中国武術の達人たちから技術を学んだ。太平洋戦争後は日本に戻り、少林寺拳法を創始。武道を通して次代を担う青少年育成を目指した人物。

宗道臣の名言 一覧

人間の値打ちは失敗するかしないかでなく、失敗から起き上れるかどうかによってきまる。一度してしまった失敗は、もう帰ってこないけれども、同じ失敗を繰り返さないよう努力し、新たにやり直すことはできる。自分は駄目な人間だと思い込んだとき、人間は本当に駄目になるものである。


宗道臣の経歴・略歴

宗道臣、むね・どうしん。日本の武道家、思想家、教育者。少林寺拳法の創始者。幼少期より武道家の祖父から柔道、柔術、剣道などを叩きこまれる。また、中国で中国武術の達人たちから技術を学んだ。太平洋戦争後は日本に戻り、少林寺拳法を創始。武道を通して次代を担う青少年育成を目指した人物。

他の記事も読んでみる

小泉文明

ベンチャー企業は人材移動が活発というイメージがありますが、当社は社員に「何十年も働きたい」と思ってもらえる会社にしたい。産休・育休中の給与を100%保証する人事制度の導入はその表れで、職場復帰後に20年、30年と働いてもらうのだから、自然な判断だと思っています。


ドナルド・トランプ

成功が成功を生むように、発見は発見を生む。質間とは探求する心である。


岡田茂

ここはいま、日本で最低の撮影所だ。しかし、私が来たからには大改革をして日本一の撮影所にしたい。みなが賛成してくれるなら、日本一に必ずできる。同じ夢を見ようじゃないか。
【覚書き:赤字の東京撮影所の経営再建にあたった当時の言葉】


和田秀樹

年収1000万円になりたいなら、いきなり、ひとつのなにかで1000万円を目指さずに、年間50万円ぐらい儲かる副業を20個立ち上げてみる。私自身、人から「なんで、そんなにいろいろ手を出すの」と言われるぐらい、多くのことを手がけています。でも、そうすれば成功の確率も上がるんです。著書だって1冊でベストセラーを狙うより、100冊出すほうが確率が高いでしょう(笑)。


富岡賢治

市ができることは何でもやろう。国や県の施策を待っていたのでは間に合わない。スピード感もって実行に移す。こういう考えで市政を進めてきました。


藤田田

生活の中では数字と無縁でいて、商売の時だけ数字を持ち出すのでは遅すぎる。


宮﨑吾朗

自分より経験のある人に尋ねることを積極的にしたらいいと思います。個人主義の時代というのは会社でも同じなのでしょうが、それが極端になると、わからないことを人に聞けないんですよね。一人で抱え込んでジタバタしている。ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは還暦を過ぎていますが、知らないことがあれば相手が若い人であってもすぐに尋ねます。宮崎駿も同じで、決して自分一人では解決せず、「鈴木さん、これどうすればいい?」って聞ける人です。


里見治

大川さん(大川功:セガとCSKの創業者)に私が持っていた自社株を全部差し出して、お金を貸してくださいと頭を下げました。「いくら必要なのか」と聞かれたので40億円と答えると、78億円も出していただきました。大川さんから後で聞いたのですが、「お金を借りに来る人はたいてい自分に都合のいいことしか言わない。しかし、お前はすべてをさらけ出して愚直に向かってきた」と言われました。しかも、逆境にありながら自信満々な顔をしていたらしい(笑)。そこに可能性を感じたそうです。
【覚書き|サミーが倒産の危機に瀕した当時を振り返っての発言】


小宮一慶

短期的な視点で利益を追う。自社(もしくは自分)のメリットのみ追求し、ほかはどうでもいい。そんな利益第一主義の利己的行動は、一時的に儲けられても、ほかの人はそれを嫌いますから長続きはしません。


和田秀樹

情報に騙されない方法は2つ。「過去事例をチェックすること」「両論を見てバランスを取ること」。


長谷川和廣

私は、50億円の赤字を抱えていたニコンとフランスのメガネレンズメーカーの合弁会社ニコン・エシロールを1年目で黒字へ、2年目で無借金経営に転換させました。その際、私は「3か月後に黒字にする」と宣言しました。周囲は冗談かと思ったようですが、これは「3か月で黒字化の準備体制を全部整える」という意味を込めていたのです。何年もかけて赤字を解消するより、短期間で一気に改革したほうが、ずっと楽に建て直しができます。


横田雅俊

将来買ってくれる可能性のある人すべてを見込み客ととらえて、アプローチ対象にすべきだ。顧客とは仕事を発注してくれる人という固定概念を取り払い、顧客というものを広くとらえる。それがターゲティングの第一歩になる。