宗道臣の名言

宗道臣のプロフィール

宗道臣、むね・どうしん。日本の武道家、思想家、教育者。少林寺拳法の創始者。幼少期より武道家の祖父から柔道、柔術、剣道などを叩きこまれる。また、中国で中国武術の達人たちから技術を学んだ。太平洋戦争後は日本に戻り、少林寺拳法を創始。武道を通して次代を担う青少年育成を目指した人物。

宗道臣の名言 一覧

人間の値打ちは失敗するかしないかでなく、失敗から起き上れるかどうかによってきまる。一度してしまった失敗は、もう帰ってこないけれども、同じ失敗を繰り返さないよう努力し、新たにやり直すことはできる。自分は駄目な人間だと思い込んだとき、人間は本当に駄目になるものである。


宗道臣の経歴・略歴

宗道臣、むね・どうしん。日本の武道家、思想家、教育者。少林寺拳法の創始者。幼少期より武道家の祖父から柔道、柔術、剣道などを叩きこまれる。また、中国で中国武術の達人たちから技術を学んだ。太平洋戦争後は日本に戻り、少林寺拳法を創始。武道を通して次代を担う青少年育成を目指した人物。

他の記事も読んでみる

川田修(ライフプランナー)

私にとって趣味のゴルフは情報収集の場であるとともに、感性の磨き場でもあります。雑談ネタだけでなく、一流の人の考え方を学ぶことは非常に刺激を受けます。そして何より、人脈が広がります。


太田肇

労働力の多様化が進めば進むほど、個人を生かせる職場づくりに注力しなければ、会社と従業員とのミスマッチが生じやすくなるのは当然である。


越智直正

中学を出て、靴下問屋に丁稚奉公をして以来、私は靴下のことしか知りません。酒は飲めませんが、「人生、靴下に酔っぱらいっぱなしやな」と妻から冗談を言われるぐらい、靴下にのめり込んできました。


平野岳史

会社の規模によってマネジメントの仕方は変わる。社員が10人以下の場合、野球でいえば経営者がエースで4番でやっているのが一番会社として効率がいいと思うんです。一人で打って守る。社長の言うことを忠実にこなしてくれる社員と、自分が思う存分仕事ができるような体制作りが業績にもつながると思うんです。もうちょっと会社が大きくなって社員が50人くらいになると、いくら経営者が自分でやりやすいようにやったところで、自分一人では限界があります。社員全員のモチベーションを上げて頑張ってもらわないと、会社は大きくならないと思います。


ニーチェ

夫婦とは、長い会話である。


川島永嗣

してはいけないと思っているのは、過去を振り返ること。ずっと前を見ながら進んできた。自分が何をしたいか、何をすべきかを考え、ゼロからチャレンジする年にしたい。


澤上篤人

我々投資家にとって、過去のことはどうでもよい。大事なのは、これからだ。


古賀信行

新しいものの見方を身につけるには、やはり、異質の媒体に触れる機会を持つことが大切です。何か視点の違うものを用意しておかなければ、世の中をものすごく偏ったかたちで見続けることになってしまいます。


高山直

これからの経営者に必要なのは、カリスマ性よりも適応力。


津田大介

変わらないのは、日本のよさでもある。日本は何でも長持ちさせることが得意。しかもずっと同じことを続けるわけではなく、大枠を変えずに細かいところを変えて環境の変化に適応していきます。


大久保治仁

マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。


野村克也

能動的に言葉を聞き入れる意識を持たせるのは簡単だよ。こう聞くんだ。「今後どんな選手になりたい?」「いくら稼ぎたいんだ?」。そして、続けて言うんだ。「そのためにどうすればいい?」。モノが溢れた時代を生きる今の若い奴らはハングリーさがない。しかし、だからこそ夢や目標を明確化して、「何のために自分は頑張らなきゃいけないか」を示してやらないといけない。夢のために「変わらなければ」とくすぐる必要がある。面倒臭いことではある。しかし、そこまで考えてやらな。下地となるのは愛情だろうな。下地が無いまま「こうしろ」「ああやれ」なんて声かけしていても、人は動かないよ。


栗山敏昭

「なんで自分が?」と、思ったらうまくいかない。まずは「よし、新しいことをやってやろう」という前向きな気持ちがなければリーダーは始まらない。


小山昇

男性社員か社長以上に恐れているのは、奥さんの存在です。表向きは偉そうにしていても結局、家では奥さんに頭か上がらないのが実情です。社員を動かしたければ、この力関係をうまく利用すればいい。頑張らせたい社員がいれば、奥さんの誕生日や結婚記念日に、私からハガキを出します。「いま、ご主人は部長候補で頑張っているので、家庭を顧みず仕事をするかもしれません。奥さん、ご協力をお願いします」と。このように書くと、普段は帰りが遅いと不満をいう奥さんも、旦那をけしかけて働かせるようになります。私が頑張れと本人に直接いうより、こっちのほうが効果がある。


武宮正樹

人から何を言われようと「自分の打ちたい手を打つこと」、「信念を持つこと」を信条としている。


ページの先頭へ