名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

宗次直美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宗次直美のプロフィール

宗次直美、むねつぐ・なおみ。日本の女性経営者。カレーハウスCoCo壱番屋の創業者の一人。愛知県出身。一宮女子高校卒業後、大和ハウス工業勤務を経て夫とともに喫茶店を開業し独立。その後、カレーハウスCoCo壱番屋を創業し夫婦で同社を大きく成長させた。夫は同じくCoCo壱番屋創業者の宗次徳二。

宗次直美の名言 一覧

世の中の男は全体にだらしないと思います。何かにつけて一緒にお酒を飲んだり、食事に行ったり。団らん気分では仕事はできませんよ。部下を叱るには、まず自分の身辺から見直すことが大切だと思います。


私は「できない」という答えが一番嫌いです。「できる方法を考えろ、人間なんだから知恵を使え」と指導しています。


最近は自信と傲慢とを履き違えている子が増えたように思います。本当の自信を持っている子はむしろ謙虚です。目の動きとか、話す内容でわかります。大げさに言っている、飾っているなということはすぐにバレます。


世の中には現場にも出ないで、会社の接待費や交際費を使って楽をしている経営者がいるようですね。つまり公明正大ではないということです。これは、管理職でも同じです。そんな状態が続けばどうなりますか。脛に傷を持つ上司は、ストレートに部下を叱れません。正論を返されたら痛いからです。うちも管理職は30から40人いますが、それはあくまで社長が決めた組織です。私が認めているのは、そのうち10人未満で、あとは認めていません(笑)。


私は率先垂範で働きます。脱サラして喫茶店をはじめ、カレーチェーンを創業したのも自分たちが決めてやったことです。誰に強制されたわけでもありません。徹底的に死に物狂いでやるのが当たり前です。1000店舗を達成したときは、半年間、制服を着てカウンターの中に立ちました。


夫と二人で立ち上げた会社ですから、壱番屋も子供のようなものだと思っています。私は、会社の交際費は一切使いません。交際費名目で支出するのは、加盟店さんのオープン記念に贈る花輪くらいで、海外に行くときも自腹です。なぜかといえば、子供からお金を取りたくないからです。


うちの店は狭いので、どこからでもお客様の視線を感じていなければいけません。スタッフの背中に目がついていないようなときは、背中をひとつピターンと張り(叩き)ますよ(笑)。


独立希望者に教え込むのは、私たちが飲食業を始めたときに何をしたか、どのような気配りをしたかということです。私は、宇宙人でなく人間です。だから、私にできたことはあなたにもできる。それを継続できるかできないかが問題なのです。


いつも「へぇ、駒(人材)が足りんなあ。人を育てられんのか?」と憎まれ口をきいていますよ。とくに男の管理職はいけません。男同士だと、見栄の張り合いなのか、言いたいこともよう言わんところがありますよね。私は女性ですから、ズバズバ言います。一般に女性管理職にはそういうところがあると思います。経費の使い方にしても、男と比べて公明正大です。脛に傷を持たないから強くいえます。


うちは一般的な加盟店(フランチャイジー)は募集していません。独立希望者はいったん社員になってもらい、のれん分けの形で加盟店を任せます。そのためには、壱番屋マインドをしっかり身につけてもらいます。髪の先からつま先まで学んだ子、理屈ではなく体で覚えた子が独立できるのです。


私にとって従業員は子供なんです。いろんな分野で私の代わりに仕事をしてくれる子供たちです。大切にしなければいけません。だから全身全霊で叱ります。


部下たちが自分の職責をきちっとまっとうしない、いつまでもやらないでいるときは、私は怒り狂い「給料泥棒」と言うこともあります。もちろん相手によって強弱をつけますよ。十人十色です。この子にはここまでやったらいかんな、この子には後でフォローをしとかんと……。それをどこまで見分けられるかがポイントです。自分でいうのは何ですが、どういうわけか社内では慕われていますよ(笑)。それは愛情をもって接しているからだと思います。


加盟店がクレーム対応に苦慮していたころ、責任者が事務フロアで話し合っていたので、とりあえず会長室へ呼びました。すると、あれこれ言い訳を始めたものだから、むかついてきましてね(笑)。ちょっとテーブルの脚を蹴って、「いまから東京へ行け!泥の橋が壊れる前に渡れ!」と命じたのです。答えはすべて現場にあるからです。現場を見て実態を把握しないと、どうしても社内だけで自分の都合のいいように処理してしまうでしょ。そうならないように、自分の目で確かめていらっしゃいよと言ったわけです。


宗次直美の経歴・略歴

宗次直美、むねつぐ・なおみ。日本の女性経営者。カレーハウスCoCo壱番屋の創業者の一人。愛知県出身。一宮女子高校卒業後、大和ハウス工業勤務を経て夫とともに喫茶店を開業し独立。その後、カレーハウスCoCo壱番屋を創業し夫婦で同社を大きく成長させた。夫は同じくCoCo壱番屋創業者の宗次徳二。

他の記事も読んでみる

米山久

生産者と、我々のような販売者は、これまで接点がなかった者同士です。我々がいきなり生産者を訪ねても、相手からすれば、「東京者が騙しに来たに違いない」と怪しまれるだけ。そこで、地方行政にあいだに入ってもらうことで、我々の話に耳を傾けてもらえるのではと。地方行政に対して我々が生産者と直接関わることのメリットをプレゼンし、その口添えを得ることで、生産者の信頼を獲得していきました。


大山健太郎

企業経営は「人、モノ、金」と言われますが、一番大事なのは経営者ではないでしょうか。いくら社員が多くても、経営者が有能でなければ会社は成長しません。


柴山和久

人が資産運用をしてうまくいかないのは、感情の罠にはまったことが原因である場合が多いです。値上がりしすぎている資産を売り、値下がりしすぎた資産を追加購入して全体のバランスを取ることをリバランスと言いますが、人間は感情に左右されて逆の行動をとりがちです。あとから冷静になって考えればわかるのに、そのときは合理的な判断ができない人が多いのです。一方、ロボアドバイザーは感情の罠にはまらずに、淡々と正しいタイミングで売買をします。


中村崇則

当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。


唐沢寿明

スターはその人自体が貴重な価値を持ってるので、他人にはマネできないし、なれない。でも、スターは一握りしかいないんだから、多くの人は演技を頑張ったり、歌がすごく上手いとか、何かを持っていないと生き残っていけません。もちろん、僕の場合も何かをやらなければダメなタイプ(笑)。


三森久実(三森久實)

大きな失敗をいくつかした後、反省して、立て直した吉祥寺店の現場に戻りました。これが非常に良かったですね。女性客の多さに気が付いて、女性が一人でも気軽に入れる定食屋として今の大戸屋を生み出すきっかけになったのです。そこからは比較的トントン拍子に進んでいけました。


御手洗冨士夫

うちはこれまで1回もストライキがないんです。盤石の労使の信頼関係ですよ。ボーナスは年2回、約1000人の幹部全員と握手して渡しています。手が腫れてしまいますが、私はうちの社員が好きなんです。経営は合理主義の追求ですよ。キヤノンの合理主義、人間尊重主義の思想は今も脈々と流れていると私は思っています。


原田隆史

自分だけのためなら折れてしまう心も、「誰かのため」「世の中のため」と考えると、不思議と力が湧いてきます。


ヨシタケシンスケ

世の中で大事だとされていることと、くだらなくてどうでもいいとされていること、その両方にちゃんとアプローチしたい。同じ熱量でその両方に取り組むことで、大事だと思われていることはホントに大事なんだろうか、くだらないと思われていることはホントにくだらないんだろうかという問いが出てくるんじゃないかと。その振れ幅によって、自分の表現の幅みたいなものを広げていきたい。


鈴木茂晴

私は社員に、会社に来ている間は100%ではなく、120%、150%で働いて欲しい、その代わり、労働時間はきちんと守ると言ってきました。実際に取り組んで感じるのは、絶対にその方が効率がいいということです。なぜなら、夜があると思うと必ず昼の仕事が薄くなるからです。終わりの時間が切られていると、そこまでに何をしなければならないか分かっていますから中身が濃くなるのです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

僕の知り合いに、税理士でプロボクサーという人がいるのですが、その組み合わせだけで、「そんな人なかなかいないな」と強烈に印象に残りますよね。フランス語が流暢で、行政書士の資格も持っていたら、フランスに関連のある会社からオファーがくるかもしれない。自分の得意分野で何か資格を取り、さらにプラスして別種の資格があれば、その組み合わせで可能性が広がっていきます。あるいは、あえてちょっと変わった資格を取って、メインとなる資格と組み合わせてみると、自分のキャラ付けやコミュニケーションのツールとしても使えます。


長榮周作(長栄周作)

部下の指導においては、丹羽(正治・松下電工)社長に学んだ「掘り抜き井戸」の話をすることがあります。「掘り抜き井戸」とは、水が湧き出るまで決して諦めずに穴を掘り続けること。掘る努力を続けても、水脈に到達する前のところで諦めてしまったら、それまでの努力が無駄に終わってしまうということ。