名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

宗岡正二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宗岡正二のプロフィール

宗岡正二、むねおか・しょうじ。日本の経営者。新日鐵住金会長。山口県出身。東京大学農学部農業経済学科卒業後、新日本製鐵に入社。取締役秘書部長委嘱、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。住友金属工業との合併に伴い新日鐵住金会長兼CEOに就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、経団連副会長、全日本実業柔道連盟会長、全日本柔道連盟会長などを務めた。

宗岡正二の名言 一覧

経営者が格好をつけるようになってはいけない。


私が柔道を通じて身に付いたと感じるのは、物事に諦めずに取り組むこと、ピンチに慌てないこと。


差別化、新商品開発などをきちんとやらないかぎり、我々は生き残れない。


最後はマーケットの変化が背中を押してくれました。マーケットの変化を考えれば、合併をいまやらなければいけないと。


中期経営計画は構造改革の実行プログラムです。2000億円の削減は絵に描いた餅ではない。積み上げで作ったものですから、確実に実行していけば競争力が高まります。


合併の最後のポイントが人事なんでしょう。誰が見ても「あいつしかいない」と思う人材を登用するつもりです。「ああいう人が評価されるのか」「ああいう仕事の仕方をしているとダメなのか」と従業員は見ていますから。


定性的に「おまえのところは少し成績が悪い」」という話ではなく、全部の工場を工程別に技術指標など言い訳の余地のない物差しで並べるんです。「俺の城だ」とか「俺のやり方が正しいんだ」とか、そういう情緒的なやり方ではダメなんです。現場の人間まで意識改革しなければなりませんから時間はかかりますが、必ず全体の底上げになる。


技術指標など言い訳の余地のない物差しを使うことにしました。例えば、全国の製鉄所を工程ごとに、生産性や歩留まりなどの指標で並べてみる。誰がトップランナーなのか、なぜトップランナーなのか、現場で何をしているのかを解剖するんです。そのうえで、2番バッターや3番バッターに移植します。例えば、名古屋製鉄所の自動車向け鋼板の生産ラインのスピードや歩留まりがずぬけて高い。この強みを鹿島製鉄所や君津製鉄所へどう伝播するかを、今まさにやっているのです。


新日鉄も住友金属もそれぞれに伝統のある会社だから、仕事のやり方ひとつから違う。だからこそ、合併の大きな旗印は「ベスト・フォー・ザ・ニューカンパニー」なんです。それぞれの出身元にとって良いか悪いかという判断は一切やめましょうと。新会社にとってベストは何かを唯一の物差しにしましょうよということです。


昔も今も、日本は加工貿易で外貨を稼ぐしかない。日本は食糧もエネルギーも買っていかねばならない。となると外貨を稼ぐのは、サービスでも介護でもなくて、やはりモノづくりでモノに換えて外貨を稼ぐ。これが求められる。日本でモノづくりはなくならない。なくなった瞬間に日本はおかしくなる。ここで踏ん張って日本のモノづくりを大事にしていかねば。


経営統合作業では、ベスト・フォー・ザ・ニュー・カンパニーということで、それぞれの出身元にとってベストではなくて、新しい会社にとって何がベストかという視点で壁を打ち払って、和を深める。そういう中でいろいろ知恵も出てきて、統合効果も2000億円になった。


需給が改善しないうちに買収しても、今度は自分たちが弱ってしまう。これだけ需給バランスが崩れた現状で、単純に鉄源の供給能力を増やすという判断は難しい。沈思黙考しつつ様子を見ているところだ。


合併以来、(住金出身の)友野宏社長と一緒に全国の製鉄所など主要拠点を回った。統合まではお互いに開示していなかった情報もわかるようになり、一番パフォーマンスのいい拠点を全社のベンチマークにする仕組みを構築中だ。これによって全体の技術的な底上げが加速されると見ている。


宗岡正二の経歴・略歴

宗岡正二、むねおか・しょうじ。日本の経営者。新日鐵住金会長。山口県出身。東京大学農学部農業経済学科卒業後、新日本製鐵に入社。取締役秘書部長委嘱、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。住友金属工業との合併に伴い新日鐵住金会長兼CEOに就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、経団連副会長、全日本実業柔道連盟会長、全日本柔道連盟会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

有川真由美

スキマ時間が5分程度ということも多いので、5分でできることリストを用意しておくといいでしょう。しばらく連絡をとっていない人にメールを送信したり、大事なお客さまにお礼のはがきを書いたり、案外、いろいろなことができます。


中島明彦(不動産経営)

不動産投資というより、事業や経営に近い感覚です。アパート経営で一番大事なことは、自分の住みたい場所に、自分の住みたい環境を提供することです。入居者の幸せ、ビジネス・パートナーの幸せ、自分の幸せという三方よしの哲学を大事にしています。


池上彰

ニュースを伝えるとき、自分としてはなるべく独自の視点を出さないようにしています。片寄った見方ではなく、バランスよく事実関係を提供して、判断は視聴者にお任せしたい。


澤上篤人

儲けようとするから、さっぱり儲けられないのさ。


森川亮

結果にこだわる人は「今」はどうでもよくて、「未来の結果」が一番大事です。そこから逆算して、今の方法では結果が出ないと気づけば、素早く変えて、柔軟に新しい方法を取り入れていく。そうした「自分を変えるスピード」もこれからは重要。


渡辺捷昭

成功体験が続くと人間は考え方が保守化します。「いまのやり方を変えたくない」「新しいことをやりたくない」と思うようになり、新しい課題や問題には目が向かなくなる。こういった例を防ぐ一番の手立ては、夢や志を持つことです。


菊原智明

営業における数字には、商談や会話の説得力を高めるメリットがありますが、ただ数字を出せばいいかというとそうではありません。「相手にとって意味があり、理解できる数字」であることが重要です。


宮本恒靖

鍵っ子だったことも関係しているのか、小さい頃から何でも自分で考えるほうでしたが、サッカーを始めてからは、自分自身を遠くから見ている、自分の声が聞こえるようになりました。一歩引いたところから、チームが力を発揮するにはどうすればいいか考えるタイプです。


牛尾治朗

今も変化の真っ最中ですが、今後はこれまで成功してきた分野ほど、今まで蓄積してきたものを大胆に捨てるような決断が経営者には求められるようになる。


大野勇

事業を拡大するときには、どこの社も同じことを考えているものだ。即断即決が必要なゆえんである。 【覚書き|上記発言は四国高松のアイスクリームメーカーを買収した時を振り返っての発言。同業大手の雪印も、そのメーカーの買収を狙っていた。競り合い末、森永が買収に成功する】


和田裕美

もしあなたの周りに元気のない人がいたら、そっと声をかけてあげてください。長々と話さなくてもいい。短い言葉でも、あなたの思いやりがこもっていれば、きっとその人に届くはずです。


内田恒二

人間は改まって考える時間を取ってもなかなか思いつかない。だがふせん紙を使ってふと思いつくアイデアやこれは使えそうだと思う情報をメモする方法を使えば、分散的な思考の瞬間瞬間を可視化し、消滅させずに集約できる。