宗岡正二の名言

宗岡正二のプロフィール

宗岡正二、むねおか・しょうじ。日本の経営者。新日鐵住金会長。山口県出身。東京大学農学部農業経済学科卒業後、新日本製鐵に入社。取締役秘書部長委嘱、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。住友金属工業との合併に伴い新日鐵住金会長兼CEOに就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、経団連副会長、全日本実業柔道連盟会長、全日本柔道連盟会長などを務めた。

宗岡正二の名言 一覧

経営者が格好をつけるようになってはいけない。


私が柔道を通じて身に付いたと感じるのは、物事に諦めずに取り組むこと、ピンチに慌てないこと。


差別化、新商品開発などをきちんとやらないかぎり、我々は生き残れない。


最後はマーケットの変化が背中を押してくれました。マーケットの変化を考えれば、合併をいまやらなければいけないと。


中期経営計画は構造改革の実行プログラムです。2000億円の削減は絵に描いた餅ではない。積み上げで作ったものですから、確実に実行していけば競争力が高まります。


合併の最後のポイントが人事なんでしょう。誰が見ても「あいつしかいない」と思う人材を登用するつもりです。「ああいう人が評価されるのか」「ああいう仕事の仕方をしているとダメなのか」と従業員は見ていますから。


定性的に「おまえのところは少し成績が悪い」」という話ではなく、全部の工場を工程別に技術指標など言い訳の余地のない物差しで並べるんです。「俺の城だ」とか「俺のやり方が正しいんだ」とか、そういう情緒的なやり方ではダメなんです。現場の人間まで意識改革しなければなりませんから時間はかかりますが、必ず全体の底上げになる。


技術指標など言い訳の余地のない物差しを使うことにしました。例えば、全国の製鉄所を工程ごとに、生産性や歩留まりなどの指標で並べてみる。誰がトップランナーなのか、なぜトップランナーなのか、現場で何をしているのかを解剖するんです。そのうえで、2番バッターや3番バッターに移植します。例えば、名古屋製鉄所の自動車向け鋼板の生産ラインのスピードや歩留まりがずぬけて高い。この強みを鹿島製鉄所や君津製鉄所へどう伝播するかを、今まさにやっているのです。


新日鉄も住友金属もそれぞれに伝統のある会社だから、仕事のやり方ひとつから違う。だからこそ、合併の大きな旗印は「ベスト・フォー・ザ・ニューカンパニー」なんです。それぞれの出身元にとって良いか悪いかという判断は一切やめましょうと。新会社にとってベストは何かを唯一の物差しにしましょうよということです。


昔も今も、日本は加工貿易で外貨を稼ぐしかない。日本は食糧もエネルギーも買っていかねばならない。となると外貨を稼ぐのは、サービスでも介護でもなくて、やはりモノづくりでモノに換えて外貨を稼ぐ。これが求められる。日本でモノづくりはなくならない。なくなった瞬間に日本はおかしくなる。ここで踏ん張って日本のモノづくりを大事にしていかねば。


経営統合作業では、ベスト・フォー・ザ・ニュー・カンパニーということで、それぞれの出身元にとってベストではなくて、新しい会社にとって何がベストかという視点で壁を打ち払って、和を深める。そういう中でいろいろ知恵も出てきて、統合効果も2000億円になった。


需給が改善しないうちに買収しても、今度は自分たちが弱ってしまう。これだけ需給バランスが崩れた現状で、単純に鉄源の供給能力を増やすという判断は難しい。沈思黙考しつつ様子を見ているところだ。


合併以来、(住金出身の)友野宏社長と一緒に全国の製鉄所など主要拠点を回った。統合まではお互いに開示していなかった情報もわかるようになり、一番パフォーマンスのいい拠点を全社のベンチマークにする仕組みを構築中だ。これによって全体の技術的な底上げが加速されると見ている。


宗岡正二の経歴・略歴

宗岡正二、むねおか・しょうじ。日本の経営者。新日鐵住金会長。山口県出身。東京大学農学部農業経済学科卒業後、新日本製鐵に入社。取締役秘書部長委嘱、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。住友金属工業との合併に伴い新日鐵住金会長兼CEOに就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、経団連副会長、全日本実業柔道連盟会長、全日本柔道連盟会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・アレン(自己啓発)

私たちは、自分に命令する以外は「強いることはできない」ことを学ぶべきです。人の意志を、強制的に従わせることはできません。しかし、自分の意志だけは、自分自身で使いこなすことができるのです。


池田弘(経営者)

一度の人生なので、やりたいことはやったほうが後悔しない。私自身、お宮を継ぐという時には、ものすごく悩みました。そして、お宮を継ぎ、経営者になりたいと思い、事業を立ち上げてきました。


唐沢寿明

戦う前に言い訳をしないで、早く転んで傷つけばいい。泣くような思いをして、自分を知るほうがいい。いつも言い訳と人の悪口ばつかり言って生きていても前に進まないでしょう。


ピタゴラス

政治の起源は必ず若者の教育から始まっている。


井村雅代

チームをゴールに連れていくのがコーチの仕事。人の心はどちらの方向に動いているだろうか、世界の価値観はどのように変わりつつあるだろうか、ありとあらゆることにアンテナをはって、先を読んで、目標を決めます。目標を決めたら、なにがなんでもそこまで行く。その繰り返しです。


ティム・タッカー(ティモシー・タッカー)

長年ひとつの会社で働くには、報酬以上のものが必要だと思う。会社への強い気持ちがなければ続かない。


松本晃(経営者)

企業が儲からなかったら税金は払わない、月給も払えない、設備投資もできない。何もできません。いいことはひとつもありませんよ。


米濱和英(米浜和英)

危機的な状況から回復を遂げましたが、ここで立ち止まってはいけません。さらなる成長のために新たな施策が必要です。


峯島忠昭

不動産投資の初心者は、まず勉強することが大事。コツは不動産投資の成功者の本がたくさん出ているので、できるだけ自分と境遇が近い人が書いた本を5~10冊は読んでください。そうすると今の不動産投資の状況がわかります。


松井道夫

規模だけが生き残りを左右するという単純な図式ではない。大手になれば、数千数万規模の従業員を抱えた大組織ですから、変化に対応することは至難の業です。


古森重隆

新たな価値をお客様に提供し続けるために必要なのは、不断の努力によるイノベーションです。


嵯峨生馬

NPOって最初は勢いがあっても、続けるうちに熱が冷めてきた人の活動力が落ちたり、広報や経理などといった法人運営に欠かせない仕事に手が回らなくなったりと、困り事に多々直面するんですよ。継続って難しいものだな、そう感じていた頃に、アメリカで知ったプロボノ中間支援団体のことをちゃんと調べてみたのです。企業人のスキルを活用し、非営利組織に実際に役立つ支援を提供する仕組み。これはいい!と。「こんな団体が日本にあったら、まず自分が使いたい」。そう思ったからこそ、活動を立ち上げたのです。


谷原誠

1対1で話すと、互いの感情が高ぶった時に、ケンカに発展しやすくなります。どちらの味方でもない中立な立場の人がいると、一方が熱くなった時になだめたり、冷静さを取り戻しやすくなります。ただし、他人がいる前で、相手を否定すると、「人前でメンツを潰された」となり、相手の怒りが増幅するので、ご注意を。


今泉嘉久

重要性はわかっていても、顧客満足を達成できない企業が大多数です。それは顧客満足を追求すればするほど、供給者側の不満が高まるからです。アスクルは新しい仕組みで顧客と供給者の満足を一致させ、成功させることが出来ました。


今西頼久

自分の判断を超える局面では会長(父)の意見を聞いています。会長は「わしはこう思うが、最終的にはお前が決めたらいい」と言うことも多い。本当に、理解のある人なのです。


ページの先頭へ