名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

安齋政信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安齋政信のプロフィール

安齋政信、あんざい・まさのぶ。日本のエグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。神奈川県出身。専門学校卒業後、理容師となり中目黒、赤坂などの美容室で6年間活動。その後、総合保険コンサルティング会社アセットガーディアンに入社。エグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして活躍。

安齋政信の名言 一覧

成果が出ないとモチベーションも下がり、行動を起こす気がしない、という悪循環に陥りがちですが、成果を出すには、そのもととなる「種蒔き」が必要。成果が出ないときほど、それを信じて、とにかく行動することです。


以前、12月の契約がゼロ件、という年がありました。そのときは、年末はお客様も慌ただしくされているだろうから、と考えたのですが、次の年の12月もやはりゼロ件。さすがに落ち込みましたね。しかし、よくよく考えてみると、慌ただしいのは私のほうで、ロクに行動していなかったことが真の原因でした。どんな仕事でも、成果は日ごろの行動の結果、生まれてくるものです。年末で忙しくとも、それを見越して前もって行動することの大切さを痛感しました。


私が仕事を始めて1年ほど経ったころ、私の姉の夫、つまり義理の兄が亡くなってしまいました。義兄は、私の勧めにしたがってお客さんになってくれていたのです。その義兄の死亡保険金の手続きは、私がしなければなりません。自分の仕事とはいえ、人の悲しみを商売にしているような感じがして、それは本当にショックでした。保険の仕事を辞めようかとも考えました。そんなとき「あなたが手続きやアドバイスをしてくれたおかげで、本当に助かった。保険があったから子供を路頭に迷わすこともないし、悲しみをリセットできる時間ももてた。ありがとう」。姉はそういってくれたのです。保険と聞くと、不必要なものを押し売りするようなイメージを持つ人もいます。でも、本当は必要で、確実に人様のお役に立てるもの。だから、自分の仕事にもっと自信をもっていいんだと、そう確信できたんです。姉をはじめ、いままで保険が役立ったお客さんの顔を思い浮かべると自然とやる気が出てくるんです。


安齋政信の経歴・略歴

安齋政信、あんざい・まさのぶ。日本のエグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。神奈川県出身。専門学校卒業後、理容師となり中目黒、赤坂などの美容室で6年間活動。その後、総合保険コンサルティング会社アセットガーディアンに入社。エグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして活躍。

他の記事も読んでみる

稲垣精二

健康診断を受け、特定保健指導を受けた人とそうでない人とでは、保険診療費が34%違うことが分かっています。ところが残念なことに、健診実施率も指導実施率も国の目標を大きく下回っています。そこで発売したのが「ジャスト」という保険商品です。この商品には健康診断書を提出するだけで保険料を割り引く「健診割」という制度があります。以前からBMIが標準の人の保険料を割り引く商品などはありましたが、これはもともと健康に留意している人のための保険です。でも本当に国民保険の負担になるのは、健康に不安がある、あるいは健康意識の低い方々です。私たちはそうした方々にもメリットのある商品を提供したいと考えました。インセンティブを与えることでこの方々にも健診を受けていただく。その結果、自分は血糖値が高いとか血圧が高いことを認識して生活習慣を改めれば医療費の抑制につながります。


倉本聰

智恵とユーモアこそ世の中を変える。


鈴鹿可奈子

「nikiniki」という新ブランドを立ち上げた時、それまで決まったお菓子だけをつくってきた方に、新しいお菓子を考えてくださいと言っても、なかなか案が出ませんでした。ところが新商品を出してみてお客様から「かわいい!」という反響をいただくと、みんな俄然やる気が出て、次々とアイデアが生まれるようになったのです。


原田耕太郎(経営者)

自分ら考えて、開発して、自分ら売る。これがうちのやり方。今後も変わることはありません。


遠藤優

「家貧しくして 孝子 顕(あらわ)る」とはよく言ったものです。病気になると、頑張ろうとする力が体内から湧いてくるように、人は追い詰められるといろいろ知恵が出てきます。それまで培ってきた電気関係の技術に生き残りをかけて、半導体のパッケージを生産し、それが米インテルの目に留まって、供給契約を結びました。2000年からは仏プジョーにディーゼルエンジンの黒煙除去フィルターを供給しています。おかげで、何とか電子工業で飯が食えるようになった次第です。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

デジタルの世界でどんな革新的技術が古いビジネスモデルを壊して新しいものをつくるのか、それが分からないといけない。(シリコンバレーにラボをつくったのは)その目利きを作るためです。ラボの役割は、そこで新しい技術を開発するのではなく、シリコンバレーで起きていることをつぶさに見ること。そして、これはうちのテーマパーク型事業構造に使えそう、あるいはこう使ったら何かできないかというアイデアをどんどん投げてもらおうと考えているんです。


カーネル・サンダース

失敗とは、再始動したり、新しいことを試したりするために与えられたチャンスだ。私はそう信じている。


山口ひろみ(経営者)

経営幹部というのは「育てます」といってすぐに育つものではありません。プロ経営者のような優秀な経歴・手腕を持った人が次々に出てくるわけではないし、やはり大事なことは一般の社員を下からきちんと育てていくということです。それに加え、本人たちもしっかりと自覚を持って育とうと思わないとダメ。


前刀禎明

日本の聴衆に多いのが、静かに聴いているから興味がないのかと思ったら、懇親会で「感動しました」とやってくる人。聴いていないわけではない。


福永雅文

事業はバカになって命がけでやらなければ勝てません。


渡邊剛

若い頃はお酒や女性は二の次にして、シャカリキに働いて仕事がおもしろかったら、誰でもまちがいなく成功するんじゃないのかな。


野田順弘(オービック)

企業の資産は財務諸表を見ただけではわかりません。なぜなら、企業には人材という含み資産があるからです。人材の伸び代がいかにあるか。この含み資産の拡大なくしては企業の成長はあり得ない。上に立つ人はそのことを部下にしっかりと伝えて、「自らの成長のためなのだから、失敗を恐れずに挑戦していいんだ」と思える環境をつくるべきなのです。