名言DB

9425 人 / 110833 名言

安齋政信の名言

twitter Facebook はてブ

安齋政信のプロフィール

安齋政信、あんざい・まさのぶ。日本のエグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。神奈川県出身。専門学校卒業後、理容師となり中目黒、赤坂などの美容室で6年間活動。その後、総合保険コンサルティング会社アセットガーディアンに入社。エグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして活躍。

安齋政信の名言 一覧

成果が出ないとモチベーションも下がり、行動を起こす気がしない、という悪循環に陥りがちですが、成果を出すには、そのもととなる「種蒔き」が必要。成果が出ないときほど、それを信じて、とにかく行動することです。


以前、12月の契約がゼロ件、という年がありました。そのときは、年末はお客様も慌ただしくされているだろうから、と考えたのですが、次の年の12月もやはりゼロ件。さすがに落ち込みましたね。しかし、よくよく考えてみると、慌ただしいのは私のほうで、ロクに行動していなかったことが真の原因でした。どんな仕事でも、成果は日ごろの行動の結果、生まれてくるものです。年末で忙しくとも、それを見越して前もって行動することの大切さを痛感しました。


私が仕事を始めて1年ほど経ったころ、私の姉の夫、つまり義理の兄が亡くなってしまいました。義兄は、私の勧めにしたがってお客さんになってくれていたのです。その義兄の死亡保険金の手続きは、私がしなければなりません。自分の仕事とはいえ、人の悲しみを商売にしているような感じがして、それは本当にショックでした。保険の仕事を辞めようかとも考えました。そんなとき「あなたが手続きやアドバイスをしてくれたおかげで、本当に助かった。保険があったから子供を路頭に迷わすこともないし、悲しみをリセットできる時間ももてた。ありがとう」。姉はそういってくれたのです。保険と聞くと、不必要なものを押し売りするようなイメージを持つ人もいます。でも、本当は必要で、確実に人様のお役に立てるもの。だから、自分の仕事にもっと自信をもっていいんだと、そう確信できたんです。姉をはじめ、いままで保険が役立ったお客さんの顔を思い浮かべると自然とやる気が出てくるんです。


安齋政信の経歴・略歴

安齋政信、あんざい・まさのぶ。日本のエグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。神奈川県出身。専門学校卒業後、理容師となり中目黒、赤坂などの美容室で6年間活動。その後、総合保険コンサルティング会社アセットガーディアンに入社。エグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして活躍。

他の記事も読んでみる

秋田正紀

紳士売り場の改装の失敗は、前のものを引きずってしまったからなんですね。新しいコンセプトを決めていたのに、過去のしがらみや実績を優先させてしまったために、コンセプトが不明確になってしまいました。


佐藤康行

人間はすべて満月と同じで欠けた部分などない「まんまる」な存在。欠けているところなどないのだから、何かを足そうとか補おうなどと考える必要はない。こう考え方を変えるだけで、記憶の中のゴミは黄金に変わっていき、闇の世界から愛だけの世界に変わっていく。すると、何をやっても成功し幸せになり、あなたの周りの人達も幸せになっていく。


青山祐子

スケジュールは休みから立てます。ダラダラと長時間労働するよりも、休みが先に決まっている方が、そこに向かって仕事をしようと努力できますから。それに私の仕事は、ニュースといういわば生き物を扱っていますから、ギリギリまでスケジュールが決まらないのです。そういう意味でも、スケジュールは休みから埋まっていきます。


内藤剛志

「音楽がダメなら、じゃあ、次は何で表現したらいいんだろう」って、前向きというか、次の道しか考えてなかった。だから映画へとシフトしていくのも早かった。


酒井将

最初はイチからのスタートでしたが、ここにきて急速に育ってきました。弁護士の教育にはいろいろなやり方がありますが、一番はなんといっても事件を通した経験です。それによってノウハウを取得できます。


酒井眞一郎

当社の人事制度は自分がなぜこのような評価なのか、何をやれば昇格するのかなど、全部公開しています。


トニー・ブザン

脳の中では、何百万という無数の脳細胞が学習、記憶、思考、想像の作業に関わっています。まあ、一種のミニ国家のようなものですね。それを統治する皇帝は、私たち自身です。皇帝が色と想像力を駆使することで、脳の中の国民が課題に取り組み適切な答えを導き出してくれます。しかし、教育の現場もビジネスの現場も、コミュニケーションから色が奪われています。脳の活動は不活発になり、私たちは自らを飢えさせてしまっています。


安藤忠雄

日本にいると危ない。ある一定レベルを超えると、急に結果責任が甘くなりますからこの国は。だから私は、常に現状に満足せず、新しい情報を吸収するように心がけています。


大山健太郎

学習机や椅子を販売するアイリスチトセは、もとは民事再生法の適用を申請した破綻企業でした。しかし現在では売上高73億円、営業利益15億円弱とそれぞれ前年比で13%増、30%増という高い伸びを示しています。アイリスチトセの再生を通して、会社の仕組みを変えれば、破綻した企業でも高収益企業に再生できると気づきました。その後、カイロを扱うニッテツ・ファイン・プロダクツ、名証2部上場の家具メーカーであるホウトクなど、企業や営業権を買収しています。


天野浩

最も大切なことは、人々に貢献することです。