名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安齋政信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安齋政信のプロフィール

安齋政信、あんざい・まさのぶ。日本のエグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。神奈川県出身。専門学校卒業後、理容師となり中目黒、赤坂などの美容室で6年間活動。その後、総合保険コンサルティング会社アセットガーディアンに入社。エグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして活躍。

安齋政信の名言 一覧

成果が出ないとモチベーションも下がり、行動を起こす気がしない、という悪循環に陥りがちですが、成果を出すには、そのもととなる「種蒔き」が必要。成果が出ないときほど、それを信じて、とにかく行動することです。


以前、12月の契約がゼロ件、という年がありました。そのときは、年末はお客様も慌ただしくされているだろうから、と考えたのですが、次の年の12月もやはりゼロ件。さすがに落ち込みましたね。しかし、よくよく考えてみると、慌ただしいのは私のほうで、ロクに行動していなかったことが真の原因でした。どんな仕事でも、成果は日ごろの行動の結果、生まれてくるものです。年末で忙しくとも、それを見越して前もって行動することの大切さを痛感しました。


私が仕事を始めて1年ほど経ったころ、私の姉の夫、つまり義理の兄が亡くなってしまいました。義兄は、私の勧めにしたがってお客さんになってくれていたのです。その義兄の死亡保険金の手続きは、私がしなければなりません。自分の仕事とはいえ、人の悲しみを商売にしているような感じがして、それは本当にショックでした。保険の仕事を辞めようかとも考えました。そんなとき「あなたが手続きやアドバイスをしてくれたおかげで、本当に助かった。保険があったから子供を路頭に迷わすこともないし、悲しみをリセットできる時間ももてた。ありがとう」。姉はそういってくれたのです。保険と聞くと、不必要なものを押し売りするようなイメージを持つ人もいます。でも、本当は必要で、確実に人様のお役に立てるもの。だから、自分の仕事にもっと自信をもっていいんだと、そう確信できたんです。姉をはじめ、いままで保険が役立ったお客さんの顔を思い浮かべると自然とやる気が出てくるんです。


安齋政信の経歴・略歴

安齋政信、あんざい・まさのぶ。日本のエグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナー。神奈川県出身。専門学校卒業後、理容師となり中目黒、赤坂などの美容室で6年間活動。その後、総合保険コンサルティング会社アセットガーディアンに入社。エグゼクティブコンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして活躍。

他の記事も読んでみる

内田樹

誰もやっていないことだから研究しがいがあるわけで、研究者がたくさんいる領域をやってもしかたない。


鈴木茂晴

トップとしてのメッセージをガツンと出しておかないと、いつまでたっても変わらない。


捧賢一

商売をする側から見るから、これは損する、得する、有利だ、不利だとなるわけだが、小売業ってそうじゃないんじゃないか。例えば、米国でディスカウントストアは一番やりやすい商売ですよ。面倒なサービスはなし。しかも、ローコストの建物。でも、競争激化でどんどん潰れました。小売業はあくまで、お客さんの支持により生かされている存在で、結局は、世の中に必要とされているかどうかだと。


寺田和正

基本的に、運は自分で努力して呼び込むものです。


榊巻亮

サッカーでは「終了時間までに相手より1点でも多く点を取る」という終了条件が決められています。これが「ボールを蹴る」という動作しか指示されていなければ試合は成り立ちません。グダグダになる会議では同じことが起きています。「議論する」「質問する」という動作しか指示がないので、どれだけ活発でも、終わった後には「結局、何の会議だったんだっけ」と感じるわけです。


奥村政雄

60歳から70歳ぐらいまで勤めて自然に辞めてゆくというのが普通だった。自分自身の危険負担において自由に大空を飛んでみたいというのが希望である。誰からの制約も受けずに積極的に何かをやってみたいと思うのは当然であろう。
【覚書き:55年定年制を他社に先駆けて導入した時の言葉。余力を残し、第二の人生に踏み出せるようにとの想いから同制度を導入】


宮崎輝

いかなる大企業といえど、五年間なんら思い切った手を打たず、現状に満足し続けていれば、あっという間に傾いてしまう。【覚書き:25年の社長生活を終了させ会長に退いた時の言葉】


村上太一

仕事の話題だけではなく、プライベートの話題もできる範囲で公開したほうが効果的です。笑いを取るには自分を「落とす」のが基本であるように、雑談も自分をオープンにしたほうがうまくいくと思います。


土光敏夫

油ショックは産業構造を変えるための「陣痛」だな。だから油ショックを機会に、みんなが何とかしなければならないんだよ。


中山讓治(中山譲治)

新薬とは異なり、ジェネリックという排他性がない商売で成果を挙げるには、ブランド力を高めることが欠かせません。


内田和成

いきなり経営者の立場で全体を俯瞰しようとしても、肌感覚がつかめなくて、ピンとこないと思います。そこで、係長なら課長、課長なら部長というふうに、ひとつ上の立場の上司になったつもりで、意思決定のシミュレーションをしてみるといいでしょう。


藤井孝一

売り上げは他人が持ってきてくれる。独立して成功するには人脈が不可欠。とにかく「人に会う」という行動が重要。