名言DB

9425 人 / 110833 名言

安達稔の名言

twitter Facebook はてブ

安達稔のプロフィール

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

安達稔の名言 一覧

本当に世界で通用する経営、世界に通用する技術をどのように創造していくのか。そのことを次代を担う若者にしっかりと引き継がないことにはどうにもならない。それならばひとつ、自分自身の思いで会社を作ってみようと思ったのです。


経営者も社員も夢を持つことは大切ですが、単にお金儲けをして裕福になりたいというような夢では、日本はよくならない。マイナスの夢をいくら足しても、マイナス点しか出ません。夢の中にはやはり志とか使命感が必要です。夢と志、使命感をかけ合わせていく。これが非常に重要だと思うのです。


企業は人材教育の場であるとは松下幸之助の言葉ですが、実際どの会社も社員教育をきちんと行っていましたし、それが日本企業の素晴らしい特徴でありました。しかし、たとえばいま、目の前で女子社員が電話の対応をしていたとします。「社長はいつお帰りになりますか」「わかりません」こんな中途半端な返事をしていたら、後ろで見ている上司が「わかりませんなどと言う返事の仕方があるか」と叱って教育するものでしょう。ところがそういう管理職がほとんどいない。数字を上げることばかりを考え、周囲を見なくなるんですね。


いまの日本はどうでしょう。松下幸之助、本田宗一郎、井深大、盛田昭夫といった志のある立志伝中の経営者はいなくなっている。中小企業のオーナー社長も、贅沢することに腐心して志を忘れてしまっている。管理職にしてもそうです。私が社会に出たころは「人の嫌がることでも進んでやれ」と父からよくハッパをかけられたものです。


過去何度となく襲われた厳しい状況を乗り越えられてこられたのは、経営者に志があったからです。その志のもとに全社員が結集し、一丸となって難局を乗り切っていく。そうした機運が会社の中にみなぎっていましたし、日本の企業社会全体がそういう空気に満ちていました。


安達稔の経歴・略歴

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

他の記事も読んでみる

林下清志(ビッグダディ)

子育てに参加しようと思っている世のお父さんに言いたいのは、作文に「僕の尊敬する人はお父さんです」って、書いてもらうために子育てをするのは全くの見当はずれってこと。大事なのは、いかにブレない親父でいられるかってことですよ。小さい頃は「学校でも褒められて自慢の子どもだよ」なんて言ってたのに、当たり前の精神成長過程を辿ってやってきた反抗期に「うるせえ」なんて言われて「何でそういうふうになったんだ」ってその子を全否定する。これは子どもにはすごいショック。それが非行にもつながります。だからずっと同じスタンスで「ばかだなあ、おまえは」っていうなら、ずっと「ばかだまあ、おまえは」っていう親父でいいだろうし。「かわいいかわいい」って言うんであれば、ずっとそれでいいだろうし。


藤井孝一

作業効率が上がる時間帯とはいえ、面倒な仕事だとなかなか手を付ける気にならず後回しにしてしまったり、気が散って目の前のことに集中できなかったりということは起こるものです。そういうとき自分なりのエンジンのかけ方を知っていると、貴重な時間を無駄にせずに済みます。


篠原菊紀

仕事の場面では予定通りに進むことはあまりなく、リスケジュールするのが普通です。勉強も同じでしょう。あまり綿密で壮大な計画は立てず、勉強を始めてリスケジュールのときに精密化すればいいのです。


小林陽太郎

私は2年間の留学経験を経て、かなりアメリカにかぶれ、頭でっかちのMBAホールダーになって帰国した。何の経験もなくMBAで組織論や経営学などを学んだ影響が大きいのでしょうが、あらためて日本を見たときに、「会社とはこれでいいのか」という思いを強くしました。アメリカに行く前には何とも思わなかったことが、日本に帰ってくると、まったく違って見えてきたのです。


ジョン・テンプルトン

いつも同じ資産を選んではならないし、いつも同じ銘柄選択手段をとってはならない。投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念にとらわれてはいけない。長期にわたって最大のリターンを確保するには、人気のある証券や手法から人気のないものにシフトする必要がある。


下川浩二

手帳というのは、たんに予定やメモを書き込むだけではなく、やるべきことを教えてくれたり、やる気や元気を与えてくれたり、過去と現在の橋渡しをしてくれたりするとんでもない可能性を秘めた道具なのです。


野中正人

2000年以降、トレンドのサイクルが非常に短くなる一方で、しまむらの店舗数は1000点を超えるようになり、2、3か月の遅れでは新商品を投入できなくなりました。こうなると、もはや流行の一番先を走る以外にはありません。情報収集力をつけ、極力アタリハズレのリスクを回避する。これが00年代、最初の10年の方針でした。


大塚寿

20代の人は手本となるメンターをできるだけ早く見つけるべきです。彼らは勝ち方のセオリーを知っています。手取り足取り仕事のやり方を教えてくれるとは限りませんが、どんどん吸収すればいい。そのため、できるだけ接点を増やして、ビジネス芸を伝承してもらう。暗黙知や、秘伝の勝利の方程式を盗むのです。メンターを仮想ライバルとするのも悪くありません。


出井伸之

社員が提言をしてくれないとがっかりですね。例えば会議をやっていまして、絶対自分はこのプロジェクトはまとまらないと思うのに、会社がやっているからしょうがないと黙って社員が聞いているとしたら、それはやっぱり企業としては非常に危険です。見えない部分でまずいなというところがあったら、それをこうしたらいいんじゃないかと体を張ることです。


渡邉美樹

最近、欲のない草食系の人が増えているようで正直、不安なんです。もっと楽しむことに貪欲になっていいと思う。仕事を楽しめば、もっと仕事ができるようになる。そして仕事ができれば、人生、もっと楽しくなっていきますよ。