名言DB

9412 人 / 110637 名言

安達稔の名言

twitter Facebook はてブ

安達稔のプロフィール

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

安達稔の名言 一覧

本当に世界で通用する経営、世界に通用する技術をどのように創造していくのか。そのことを次代を担う若者にしっかりと引き継がないことにはどうにもならない。それならばひとつ、自分自身の思いで会社を作ってみようと思ったのです。


経営者も社員も夢を持つことは大切ですが、単にお金儲けをして裕福になりたいというような夢では、日本はよくならない。マイナスの夢をいくら足しても、マイナス点しか出ません。夢の中にはやはり志とか使命感が必要です。夢と志、使命感をかけ合わせていく。これが非常に重要だと思うのです。


企業は人材教育の場であるとは松下幸之助の言葉ですが、実際どの会社も社員教育をきちんと行っていましたし、それが日本企業の素晴らしい特徴でありました。しかし、たとえばいま、目の前で女子社員が電話の対応をしていたとします。「社長はいつお帰りになりますか」「わかりません」こんな中途半端な返事をしていたら、後ろで見ている上司が「わかりませんなどと言う返事の仕方があるか」と叱って教育するものでしょう。ところがそういう管理職がほとんどいない。数字を上げることばかりを考え、周囲を見なくなるんですね。


いまの日本はどうでしょう。松下幸之助、本田宗一郎、井深大、盛田昭夫といった志のある立志伝中の経営者はいなくなっている。中小企業のオーナー社長も、贅沢することに腐心して志を忘れてしまっている。管理職にしてもそうです。私が社会に出たころは「人の嫌がることでも進んでやれ」と父からよくハッパをかけられたものです。


過去何度となく襲われた厳しい状況を乗り越えられてこられたのは、経営者に志があったからです。その志のもとに全社員が結集し、一丸となって難局を乗り切っていく。そうした機運が会社の中にみなぎっていましたし、日本の企業社会全体がそういう空気に満ちていました。


安達稔の経歴・略歴

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

自分のアイデアを通したいという情熱はもちろんだが、イメージ喚起にはデータによる裏づけも必要だ。統計的な数字に限らず、新聞・雑誌の記事や顧客の声などを提示すれば説得力も高まる。これは、プレゼン等での常套手段だろう。もう一段上を狙うなら、自ら動いてデータを作る手がある。


古市幸雄

僕は留学中、英会話の勉強法を中国から移民してきた同級生に学びました。アメリカに来て数年しかたっていないのにネイティブのようにペラペラしゃべる彼の姿を見て、「いったいどんな勉強をしたのか」と聞いてみたところ、「テレビを見て覚えた」といいます。それで僕も、字幕付きの英語のテレビドラマを教材にしたのです。テレビドラマは日常生活で使われるフレーズの宝庫であり、最適の勉強法になりました。


樋口宏江

総料理長に就任したとき、「無事に務まるかな」という気持ちが強かったですね。とにかく無我夢中でした。


加藤進(住友商事)

「人は育つのではなく、育てるのだ」。これが人材教育に関する私の考え方です。この考えに沿って、我が社では現在、人材育成システムのさらなる拡充を図っています。たとえば、指導員制度の拡充です。指導員への研修も充実させています。


桜田厚(櫻田厚)

ある証券会社の会長から、「低重心経営をしなさい」とアドバイスを頂きました。要するに、社長という肩書が付いた途端にふんぞり返る人がいますが、そうなってはいけない。常に謙虚な姿勢を心掛け、周りから教えてもらうようにするということです。もう一つ、現場で働く人と直接会い、何でも言ってくださいと胸襟を開いてもらうという低重心です。


奥山清行

説得の過程においては、人対人の信頼関係がものを言うことが多いですよね。それにまず議論以前に、すごく精巧にできた実物大の模型を見せたり、ホログラムやCADなどのプレゼン技術を駆使してパッと見てもらって納得していただくことも必要だと思っています。発想の段階では手で描くわけですが、プレゼンはまたそれとは別で、短い時間でわかってもらうためには、僕は技術も機械も総動員して訴えるよう心がけているんです。


バード・ジョンソン

ファーストレディとは、一人の人間、つまり夫から選出された、給料がもらえない公務員です。


ひろゆき(西村博之)

僕が人に任せることができるようになったのは、20代中盤くらい。営業の仕事で、僕以外の人が営業したら、想像していた見積もりの10倍の金額になったんですよ。そのときに、他人に任せることのメリットを感じました。でも、その契約はボッタくりだったので、すぐ切られましたけど(笑)。


鈴木貴博(コンサルタント)

同じ商品・サービスでも、A店とB社で料金が異なる理由を考えたり、「なぜこんな低価格でやっていけるのか?」などと考えるだけでも違います。


松下信武

成功している北欧企業には、次のような特徴がある。

  1. 海外の売上比率が高い(国内市場が狭いので海外で生きていくことが唯一のサバイバル方法)。
  2. それぞれの分野では、世界トップクラスの技術を持っている。
  3. 多角化戦略をとらず、ある分野に特化してビジネスを展開している。
  4. 価格競争をせず、利益率が高い。

東山紀之

照明さんが照明をやるのと同じように、僕には僕の役割がある。それをプロとしてしっかりやることが、常に大切なことだと思っています。


小田中直樹

研究書の場合、小説と違って書き手は文章のプロではない。だから、いったん読むのを中断すると、筋を追うのが難しくなる。面白いと感じたら、徹夜してでも一気に読んだ方がいい。


松村誠一(経営者)

当時の私は旧態依然とした社内を見渡すたびに、このままでは経営が行き詰まってしまうのではないかという強烈な危機意識を持っていました。しかし社内の問題点を指摘する声は、業績の良さにかき消されていました。ところが私の社長就任直後に大手の取引先が倒産し、当社もその影響を受け上場以来初の赤字に転落しました。私はこの状況を社員と危機感を共有する絶好のチャンスだと思いました。私はすぐさま全社員を東京に集め、そこで中期経営計画を発表してその実現に邁進することを宣言しました。お陰様で社内改革も進み、その後順調に業績は回復していきました。


金丸恭文

少し前までは、寄らば大樹の陰と考える人が大半でした。それがここにきて、起業を志す若い人が増え始めています。彼らは世界が大きく変わっていることを認識し、そこで自分の力を発揮したいと考えている。


秦建日子

年を取るにつれて、初めての経験は減りますよね。僕自身、せっかくサラリーマンを辞めて自由業になったのに、いつの間にか毎日がルーチンになってしまっていました。だから、ある時「これからは似合わないことをしよう」と決めました。