名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

安達稔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安達稔のプロフィール

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

安達稔の名言 一覧

本当に世界で通用する経営、世界に通用する技術をどのように創造していくのか。そのことを次代を担う若者にしっかりと引き継がないことにはどうにもならない。それならばひとつ、自分自身の思いで会社を作ってみようと思ったのです。


経営者も社員も夢を持つことは大切ですが、単にお金儲けをして裕福になりたいというような夢では、日本はよくならない。マイナスの夢をいくら足しても、マイナス点しか出ません。夢の中にはやはり志とか使命感が必要です。夢と志、使命感をかけ合わせていく。これが非常に重要だと思うのです。


企業は人材教育の場であるとは松下幸之助の言葉ですが、実際どの会社も社員教育をきちんと行っていましたし、それが日本企業の素晴らしい特徴でありました。しかし、たとえばいま、目の前で女子社員が電話の対応をしていたとします。「社長はいつお帰りになりますか」「わかりません」こんな中途半端な返事をしていたら、後ろで見ている上司が「わかりませんなどと言う返事の仕方があるか」と叱って教育するものでしょう。ところがそういう管理職がほとんどいない。数字を上げることばかりを考え、周囲を見なくなるんですね。


いまの日本はどうでしょう。松下幸之助、本田宗一郎、井深大、盛田昭夫といった志のある立志伝中の経営者はいなくなっている。中小企業のオーナー社長も、贅沢することに腐心して志を忘れてしまっている。管理職にしてもそうです。私が社会に出たころは「人の嫌がることでも進んでやれ」と父からよくハッパをかけられたものです。


過去何度となく襲われた厳しい状況を乗り越えられてこられたのは、経営者に志があったからです。その志のもとに全社員が結集し、一丸となって難局を乗り切っていく。そうした機運が会社の中にみなぎっていましたし、日本の企業社会全体がそういう空気に満ちていました。


安達稔の経歴・略歴

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

他の記事も読んでみる

荒木恭司

仕事がなければつくるしかない。


津村記久子

タイマーで時間を区切って執筆するのは、小説を投稿し始めた頃からの習慣で、以前は60分とか80分とかに設定していました。でも、設定時間が長すぎると逆効果。タイマーの残り時間を見て「あと40分もある」と思うと、頑張りが続きません。これが25分だと「いろいろやりたいことがあるのは分かるけど、25分だけ我慢しい」と自分に言い聞かせることができます。


田中良和(GREE)

社会を変革するようなすごいアイデアは頑張り続けることでしか実現できません。


嶋津良智

「相手にどうしてほしいか」を考え始めると、思いどおりにならない現実にストレスが募るばかり。「自分ができることは?」と考えると、何をするべきかのアイデアが浮かぶものです。この考え方に基づいて行動すると、家庭内のみならず、仕事上の人間関係も好転します。


天坊昭彦

油田開発には腰を落ち着けて情報を集め、じっくり確実性を見極める根気強さが必要。


澤田道隆

考え方が違うこともある。でも、それはそれでかまわない。何度も繰り返し意見を戦わせることで、お互いの理解のレベルが格段に深まる。


古市幸雄

僕は留学中、英会話の勉強法を中国から移民してきた同級生に学びました。アメリカに来て数年しかたっていないのにネイティブのようにペラペラしゃべる彼の姿を見て、「いったいどんな勉強をしたのか」と聞いてみたところ、「テレビを見て覚えた」といいます。それで僕も、字幕付きの英語のテレビドラマを教材にしたのです。テレビドラマは日常生活で使われるフレーズの宝庫であり、最適の勉強法になりました。


和才博美

悪い意味で時代に流されないためには原点に戻り、自分が寄って立つ軸を確かにすべきです。そのとき役に立つのが古典ではないでしょうか。混沌とした現代においては、古くから読み継がれてきた古典が、一筋の光明と勇気を与えてくれるはずです。


御手洗冨士夫

自分たちの価値観について理解を求めることと、異文化の価値観を認めることは表裏一体です。その両方ができれば、グローバルな舞台で異文化の人間を相手にしても、こちらの主張ができると同時に、相手の立場に立った理解ができます。そして、世界のどこに行っても日本人として一流でありつつ、その国ならではの発想と行動もできるようになる。それが真の国際人であり、グローバリゼーションの時代に求められる人材の理想像です。


大倉忠司

安かろう悪かろうではいけませんが、価格以上の価値さえ出せば、低価格はいつの時代も強く、世の中に貢献する部分も大きい。


山中勧

高級珍味を買われる方は、ただ美味しいだけでなく、それを手に入れることによって得られる驚きや喜びを大切にされます。「モノ」以上に「コト(=体験)」を重視して消費者心理に働きかける「コトPOP」は、珍味を販売するうえで重要な武器となります。


小杉俊哉

ビジネス環境が目まぐるしく変化する今、半期に一度の面談くらいでは、部下を適切にサポートできません。こまめに意思疎通の場を設けることで、上司が部下の変化にリアルタイムで対応できると同時に、部下は「何かあればすぐ上司に相談できる」という安心感が生まれ、より円滑なコミュニケーションにつながります。一回の時間は短くてもいいので、ぜひ短期的なスパンでの部下との対話を習慣化してください。