名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安達稔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安達稔のプロフィール

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

安達稔の名言 一覧

本当に世界で通用する経営、世界に通用する技術をどのように創造していくのか。そのことを次代を担う若者にしっかりと引き継がないことにはどうにもならない。それならばひとつ、自分自身の思いで会社を作ってみようと思ったのです。


経営者も社員も夢を持つことは大切ですが、単にお金儲けをして裕福になりたいというような夢では、日本はよくならない。マイナスの夢をいくら足しても、マイナス点しか出ません。夢の中にはやはり志とか使命感が必要です。夢と志、使命感をかけ合わせていく。これが非常に重要だと思うのです。


企業は人材教育の場であるとは松下幸之助の言葉ですが、実際どの会社も社員教育をきちんと行っていましたし、それが日本企業の素晴らしい特徴でありました。しかし、たとえばいま、目の前で女子社員が電話の対応をしていたとします。「社長はいつお帰りになりますか」「わかりません」こんな中途半端な返事をしていたら、後ろで見ている上司が「わかりませんなどと言う返事の仕方があるか」と叱って教育するものでしょう。ところがそういう管理職がほとんどいない。数字を上げることばかりを考え、周囲を見なくなるんですね。


いまの日本はどうでしょう。松下幸之助、本田宗一郎、井深大、盛田昭夫といった志のある立志伝中の経営者はいなくなっている。中小企業のオーナー社長も、贅沢することに腐心して志を忘れてしまっている。管理職にしてもそうです。私が社会に出たころは「人の嫌がることでも進んでやれ」と父からよくハッパをかけられたものです。


過去何度となく襲われた厳しい状況を乗り越えられてこられたのは、経営者に志があったからです。その志のもとに全社員が結集し、一丸となって難局を乗り切っていく。そうした機運が会社の中にみなぎっていましたし、日本の企業社会全体がそういう空気に満ちていました。


安達稔の経歴・略歴

安達稔、あだち・みのる。ナノテクノロジーを得意とするクラスターテクノロジー株式会社の社長

他の記事も読んでみる

佐久間庸和(一条真也)

私は「おめでとう」や「ありがとう」といった言葉が日常的に交錯するような、心豊かな社会をつくりたい。それを実現するためには、人々の心を豊かにできる企業の存在が不可欠です。さらには、そんな企業になるために必要とされるのが、人間尊重の経営です。


中野健二郎

バブルが崩壊したのち、私もマネジメントの一員として、不良債権処理や他行との合併に忙殺される日々を送りました。不良債権処理をしていて痛感したのは、企業トップにとって重要な要素は3つあるということです。ひとつは、みずからの責任を強く自覚すること。ふたつ目には、状況をよく踏まえて熟慮すること。みっつ目には、何をなすべきか早く決断すること。失敗する経営者は、これらのカンどころがことごとく外れています。


高須武男

バンダイとナムコの経営統合に際しては、対等合併と持ち株会社を作ることにこだわりました。私がバンダイの社長になる前、バンダイはセガとの合併を試みたことがあります。バンダイの社員はセガに吸収されることを恐れ、結局は破談となりました。同じ失敗を繰り返したくなかった。


飯田亮

変わってる人がいい。みんなで集まってから何か始めようとする群れる人間ではなく、社会の枠組みを蹴散らすパワーのある元気な若者が。


細谷英二

機能する組織は「2:6:2」とよくいわれます。いわゆる優秀な社員が2割、普通の社員が6割、そのほか2割でも組織がちゃんと回りますよ、と。私は変革リーダーはそうたくさんいなくても組織が変わるとみています。いわゆる優秀な社員2割の中から2割のリーダーを選び出すのです。要は社員全体の4%に変革を志向する「鬼」がいれば、組織は絶対に変わると信じています。


筒井康隆

昔、『最後の喫煙者』っていう、喫煙者が迫害される小説を書いたけど、だんだん現実が小説に近づいてきたね。僕はたとえタバコが1箱1万円になっても吸い続けますよ。最近、取材を受ける時は自宅にしてもらってるんです。外じゃ落ち着いてタバコが吸えないからね。マナーの悪い喫煙者も多いから仕方ないとは思うけれど、息苦しい世の中になってきましたね。


冨山和彦

負けを必要以上に恐れる必要はありません。以前ヒットしたドラマ『半沢直樹』で、関連会社に出向になった銀行員が人生終わりだという表情をしていましたよね。でも、失敗して出向の憂き目にあっても、給料や年金は保証されています。日本の大企業に勤めるサラリーマンは、負けてもその程度です。


一瀬邦夫

よく、「ピンチのあとにチャンスあり」と言いますが、困難やピンチの時に「なぜこんな困難にぶつかるのか」「どうすればこのピンチから脱することができるのか」を一所懸命に本質を突くぐらい考えるから、チャンスがひらけてくるのです。そういうことを考える機会を与えてくれるという意味で、困難やピンチは必ずしも悪いことばかりではないと思います。


ドナルド・トランプ

天才たちが何かを生み出す性向を持っている。彼らは多産である。中には駄作も失敗作もあろうが、彼らの頭脳の力と思考プロセスの熟練ぶりを示す作品を多数残す。アインシュタインは、自分の思考プロセスに数字や言語はほとんど使わない、視覚化するすべを覚えたからだと述べている。それでも学者としてのキャリアの中で数百本の論文を発表した。


ショーペンハウエル

虚栄心は人を饒舌にし、自尊心は人を寡黙にする。


堀紘一(コンサルタント)

大事な仕事を誰に任せるか、誰を抜擢するかとなったら、学歴や職歴、個別のビジネススキルじゃなく、「彼なら逃げずに責任をもってやってくれる。外に出しても恥ずかしくない」そんな人物を選ぶ。


中井政嗣

使命感は、「知っている」ことではなく「やっている」ことからしか生まれない。やり続けていると使命感も積み重なり、やるべきことが増えていくだが不思議なことに、少しも大変だとは思わない。それどころか、あれもこれもできるようになっていく。人間の中にある無限の力すら感じる。