名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

安達保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安達保のプロフィール

安達保、あだち・たもつ。日本の経営者、企業再生家。「ベネッセホールディングス」社長。東京都出身。東京大学工学部機械工学科卒業、マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。三菱商事、第二電電(のちのKDDI)、マッキンゼー・アンド・カンパニー、GEキャピタル・ジャパンなどを経て日本リースオート社長に就任。その後、カーライル・グループ マネージング・ディレクター・日本代表、ベネッセホールディングス社長などを務めた。

安達保の名言 一覧

仕事は社長一人ではできない。会社の成長を実感することが、社員にとって一番の元気の源。みんなで成長を実現したい。


新たな分野で大きな柱になる買収も視野に入れている。新たな領域への挑戦は、成功体験に甘んじるためのものではなく、自らの事業モデルを進化、変化させるためでもある。


安達保の経歴・略歴

安達保、あだち・たもつ。日本の経営者、企業再生家。「ベネッセホールディングス」社長。東京都出身。東京大学工学部機械工学科卒業、マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。三菱商事、第二電電(のちのKDDI)、マッキンゼー・アンド・カンパニー、GEキャピタル・ジャパンなどを経て日本リースオート社長に就任。その後、カーライル・グループ マネージング・ディレクター・日本代表、ベネッセホールディングス社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

沢渡あまね

常識を疑い、労力や時間のムダを見直して「強み」に労力や時間をかけるようシフトしていくことこそ、本質的な働き方改革。


マーク・ザッカーバーグ

世界はオープンであればあるほどいいというのが僕たちの考えです。情報が多ければ多いほどよい選択ができ、世の中に大きなインパクトを与えられます。


上川隆也

お互いのパーソナルエリアが物理的にも精神的にも遠慮なく近づきあえる間柄になることは芝居を大きく左右する。でも、その発芽のきっかけがどこにあるかわからない。長く一緒に過ごせばそうなれるものでもないんです。むしろ、とても稀で幸せなこと。


津谷祐司

1年間に約100本の映画やDVDを見て、書籍や雑誌なども読んで、インプットに努めています。こうして生まれたアイデアはすぐに書き留め、シナリオ執筆というアウトプットにつなげています。


古森重隆

日本が戦争に負けた時。私はまだ6歳になる直前でしたが、子ども心に思った。日本が大変な状況の中、「必要なものは、世の中を動かす力。負けたらこういうことになる、負けちゃダメなんだ」と。学生時代も、真の実力を養うことをいつも考えていました。会社も同じ。会社も真の力がなければならない。


吉田忠裕

カリスマ創業者の言葉だけを真似ても、人の心は動かせない――。 考えてみたら当たり前のことですよね。でも、その当たり前のことになかなか気づくことができないのも人間です。


津田純嗣

今ロボットの世界は、狭く深くなんです。これが横に広がる。ロボットを詳しくは知らないけれど、使ってみたい人はいると思います。そのギャップを埋めたい。


堀場厚

ビジネスには「カンどころ」があります。この選択がビジネスとしてやっていけるかどうか、経営者は決断しなければなりません。タイミングも大事。そこでカンが働くかどうか、いわゆるセンスが問われるのです。このセンスのベースとなっているのが、「本物を見抜く目」です。これは企業買収の決断にも言えます。


中田亨

実際にはアンチウイルスソフトを突破するほどの労力をかけて個人の情報を盗もうとすることは稀です。政治家や企業ならともかく、個人相手では労力に見合った対価が得られないからです。むしろ個人で気にすべきは、初歩的なセキュリティ意識の欠如です。いわば「うっかりミスの撲滅」。実はいまだに情報漏洩の9割は「電車内にパソコンを置き忘れる」「居酒屋にUSBメモリーを落とす」「人前でパスワードを口にしてしまう」といった理由なのです。また、誕生日や電話番号、愛車のナンバーなど、簡単に類推できる数字をパスワードに使っている人もまだまだ多いのが現状。しかもその誕生日を、フェイスブックなどのSNSで堂々と公開していたりする。逆に複雑なパスワードを設定したはいいが、覚えられずにメモにして机に貼っている、という本末転倒なこともあります。


小宮隆太郎

日本の伝統的な経済政策や、当時主流だったマルクス経済学流の理論を提唱する方々とはたびたび論争しました。そのせいか「通念の破壊者」「議論好き」などと呼ばれました。でもそれを恐れて発言しないようでは前に進めません。


古川武士

原因であるストレスを減らしていく根本療法も重要。ストレスが減ることで悪い習慣への欲求そのものが減退して、より生産的な時間の使い方ができるようになる。


ジェームス・フェリシアーノ

当社には患者さんを理解し、患者さんの視点で考える文化が根付いています。単なる薬の提供という範囲を超えて患者さんに寄り添い、その人生を応援するために、製薬企業として何ができるのかを常に考え、社員は日々疾患と向き合っています。