名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安達保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安達保のプロフィール

安達保、あだち・たもつ。日本の経営者、企業再生家。「ベネッセホールディングス」社長。東京都出身。東京大学工学部機械工学科卒業、マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。三菱商事、第二電電(のちのKDDI)、マッキンゼー・アンド・カンパニー、GEキャピタル・ジャパンなどを経て日本リースオート社長に就任。その後、カーライル・グループ マネージング・ディレクター・日本代表、ベネッセホールディングス社長などを務めた。

安達保の名言 一覧

仕事は社長一人ではできない。会社の成長を実感することが、社員にとって一番の元気の源。みんなで成長を実現したい。


新たな分野で大きな柱になる買収も視野に入れている。新たな領域への挑戦は、成功体験に甘んじるためのものではなく、自らの事業モデルを進化、変化させるためでもある。


安達保の経歴・略歴

安達保、あだち・たもつ。日本の経営者、企業再生家。「ベネッセホールディングス」社長。東京都出身。東京大学工学部機械工学科卒業、マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。三菱商事、第二電電(のちのKDDI)、マッキンゼー・アンド・カンパニー、GEキャピタル・ジャパンなどを経て日本リースオート社長に就任。その後、カーライル・グループ マネージング・ディレクター・日本代表、ベネッセホールディングス社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

木村彌一

我々もずっと合理化努力を続けてきましたので、コストを下げる余地は非常に少なくなっています。それでも合理化は続けなければなりません。節約したコストを活用して、付加価値のあるビジネスに進出するためにも。


住野よる

僕は小説家を目指してからデビューするまで、10年間は誰にも見向きもされませんでした。評価がもらえなくても書き続けていたのはやっぱり、自分がやりたかったからだと思うんです。人からの評価じゃなくて、自分がやりたいかどうかで決めたらいいんじゃないかと思います。それなら、もし壁を壊せなかった時も納得できるんじゃないでしようか。


千本倖生

「言いだしっぺ」は基本的に楽観主義でないといけません。バラ色の夢を描き、周りを引き込むのです。


日野原重明

政府は75歳以上のお年寄りを後期高齢者などと呼びますがね、あれはダメです。高齢者という言葉には「物理的に年を取った人」という意味しかない。おまけに「後期」などと線引きをする。あれはお役人の発想ですよ。そう呼ばれた人たちがどう感じるか、人の気持ちを考えていない


沼田憲男

わかりやすい文章を速く書ければ、労働生産性が上がり、働き方も変わる。難しく考えず、文章を書くための基本をしっかり押さえることが大事。


駒崎弘樹

NPOは「よいことをする」という前提があります。しかし、何が善であるかを判断するのは難しい。どんなに「いい」といっても独りよがりになってしまいます。やはり歴史的に積み上げられた思考の枠組みを根拠にした方がいい。


成瀬拓也

トップダウンで会社の規模拡大を目指すのとは異なる実験的な取り組みを行いたいという思いから、出社義務はなくルールも作らないなど、社会へ影響を与える新しい経営の在り方を目指しています。


トム・ケリー(IDEO)

失敗をもともと実験の一過程として捉えれば、その失敗は自ずと新しいチャレンジに紐付いていく。科学的アプローチと同じで、「トライ・アンド・エラー」を繰り返していくことが大切。


中山真由美(整理収納アドバイザー)

書類の整理は、見出しがついている個別フォルダーに書類を挟み、そのフォルダーを箱型のファイルボックスにフォルダーの見出しが分かるように入れるのがおすすめ。見出しから内容が分かるので、書類がすぐに見つかって管理が楽。


古森重隆

たいていの人は思い切って勝負することに二の足を踏む。失敗したときの痛手が大きいから、ぐずぐずして決められない。とくに日本人にはその傾向が強いように思う。実際、頭はいいのに決断できない人を多く見てきた。物事を決められない背景には、「責任を負いたくない」という臆病さや、マッスル・インテリジェンス(野生や馬力)の不足があるのではないか。


ジャック・ドーシー

私なりの理解だが、「わび・さび」は両極端の対比の中で美しさを見いだすことと、とらえている。暖かさと冷たさ、素朴なものと近代的なもの、居心地の良いものと無機質なもの。面白いのは、2つの対照的なものの間に美学があるということだ。人生も同じで、そのバランスの中にあって片方に偏ることはない。その間にあるものを模索することが大切だ。


川村元気

映画『悪人』では、原作者の吉田修一さんに脚本もお願いしました。そのときにともに苦しみながら、小説にできること、映画にできること、それぞれについて多く発見することができました。自分の知らないことに挑戦することによって生まれるパワーがあると感じました。