名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

安西祐一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安西祐一郎のプロフィール

安西祐一郎、あんざい・ゆういちろう。日本の工学者、工学博士。慶應義塾長。慶應義塾大学工学部応用化学科卒業、同大学大学院工学研究科博士課程修了。カーネギーメロン大学博士研究員、慶應義塾大学工学部専任講師、カーネギーメロン大学客員助教授、北海道大学文学部行動科学科助教授、慶應義塾大学理工学部教授、同大学大学院理工学研究科教授、慶應義塾長、日本私立大学連盟会長、日本私立大学団体連合会会長、全私学連合代表、情報処理学会会長、日本学術振興会理事長などを務めた。

安西祐一郎の名言 一覧

一生は1回しかありません。だからこそ、若い人たちには楽しくチャレンジしてもらいたい。


主体的に自分で出歩いて、そこで何かを掴んでいくという挑戦をしてもらいたい。


若い人の挑戦をシニアは責任を持って応援しなければならない。


年長者の言う通りに覚えて言う通りにやらないと「はみ出し者」と言われてしまう日本の社会全体を変えなければならない。


「君たちも頑張れ! 自分だって頑張ったんだ」と言っているだけでは、若い世代はついてこない。経営者層は口で「頑張れ」と言うだけでなく、若い人たちが本当に頑張れる機会や場を具体的に創らないといけない。


自分の20年後を見越して今から仕込んでいくべき。例えば、世界中を見てくることでもいいですし、あるいは何かの仕事を実際にやってみることもいい。いろいろな人に会うこともいいですし、尊敬できる人に会えれば、それは素晴らしい糧になる。


自分の考えを的確に伝える文章を書く能力が今後、決定的に求められてくる。今のセンター試験はすべて、1つだけ正答があることがあらかじめ分かっている多肢選択式の問題に限られています。しかし、答えが1つだけ必ずあるという問題など、社会にはほとんどないのです。


世界はグローバル化というより、「多極化」の方向に進んでいます。日本のこれからの経済的・外交的・政治的な発言力と立場をしっかり持っていくためには、教育や科学技術という足腰のところから本当に一新していかないと大変なことになる。


時代は刻々と変化していますが、私は人間の知恵で仕事も自分で創り出していかなければならないと思います。特に日本人の若い人たちに是非ともその担い手として出て来て欲しいと思うのです。


自分が何かを判断するときに、やはりたくさん情報を持っていたほうがいい。誰かが情報を制御する可能性もあるし、限られた情報の中では判断を誤る可能性が出てくる。


教育現場が変わるだけでは不十分です。というのは、結局、出口はその先の企業の処遇になるからです。受け身の学習から能動的学習(アクティブ・ラーニング)に変えていく理由は、将来社会に出たときに、自ら考え行動する力が求められる時代になっているからです。したがって、企業側にもそういった姿勢を持っていただかなくてはなりません。


主体的に考え、行動できる人材の育成こそ大事。人口減少で将来訪れる危機は大変なものになります。これをカバーするためには人材の「質」しかありません。新しい時代に向けてチャレンジしていく若い人たちが出てきてくれないと、人口という「量」で低迷する日本を立て直すことはできません。ですから、当然、教育も変わらなければならない。


安西祐一郎の経歴・略歴

安西祐一郎、あんざい・ゆういちろう。日本の工学者、工学博士。慶應義塾長。慶應義塾大学工学部応用化学科卒業、同大学大学院工学研究科博士課程修了。カーネギーメロン大学博士研究員、慶應義塾大学工学部専任講師、カーネギーメロン大学客員助教授、北海道大学文学部行動科学科助教授、慶應義塾大学理工学部教授、同大学大学院理工学研究科教授、慶應義塾長、日本私立大学連盟会長、日本私立大学団体連合会会長、全私学連合代表、情報処理学会会長、日本学術振興会理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

森田俊作

自分なりの「整理術」が確立されてくると、仕事に必要な「勘」も磨かれてくる。例えば、書類に足りない要素が何かも分かるし、裏に隠された相手の「考え」や「狙い」にも気づけるのです。整理は、「片づける」という目的だけではなく、「何が必要なのか」「どれが足りていないか」を知る手がかりにもなる。


やましたひでこ

自分の時間は有限。それを「嫌なこと」で埋め尽くしては、何より自分がかわいそう。そんなことを続けていると、いつしか「嫌」という感覚すら鈍って、不幸な状況に慣れ、「好きなこと」をする気力も発想も湧かなくなってしまいます。


松下幸之助

自省の強い人は自分というものをよく知っている。つまり、自分で自分をよく見つめているのである。私はこれを自己観照と呼んでいるけれども、自分の心をいっぺん自分の身体から取り出して、外からもう一度自分というものを見直してみる。これができる人には、自分というものが素直に私心なく理解できるわけである。


所ジョージ

曲作りの期間は、ある程度のスケジュールを取って専念します。プラモデルなら設計図があるからラクですよ。作業の途中で何日か休んでも、次にどうすればいいのか悩まない。工程7でやめたら、次は工程8から再開できるから。でも、曲作りは設計図がないので、集中力が切れたら、次の歌詞やメロディが出てこないんです。一心不乱にやり続けなきゃダメ。短時間に自分が思い描いたところまで完成させますね。


森川亮

決断に確信を持つには、自分が先頭に立って行動し、ある程度の結果を出すことが重要。


谷原章介

整理整頓することを心がけています。自分の部屋の有り様は、精神状態の現われでもあると思うのです。頭がこんがらがっているときは、部屋も乱れている。そういうときは、掃除します。ちょっとスッキリすると、悩んでいたことの答えがフッと出てきたりすることもあります。


鈴木おさむ

今の世の中、弱者が正義になりすぎていると思う。負けた人にも、必ずその理由や非が多少なりともあるのではないでしょうか。でも、それを直視せずに、負けの言い訳ばかりしている。このような風潮に疑問を持ったのです。それが小説(『名刺ゲーム』)で一番言いたかったことです。


井上勝弘

どんなビジネスパーソンも、客観的な「成果」と主観的な「満足感」の両立を目指していると思いますが、僕は後者の「満足感」を大事にしています。いつもチャレンジャーで居続けられますから。


小枝至

大きな成果をあげた改革のキーワードは透明性。


守島基博

強みを伸ばし、弱みを直す。人材のマネジメントにおいてよく聞かれるフレーズだが、人事処遇はひとつの決定のなかに、褒めることと叱ることを同時に含めなくてはならない。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

今を楽しみながら、静かな欲を持って自分を伸ばしていきたい。


鍵山秀三郎

効率と非効率は陽と陰のようなものだと私は考える。どちらがいいか悪いかではない。陰陽のバランスが崩れれば世の中が乱れる。効率を追求するあまり、バランスが崩れているのが今の社会だ。