名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安藤正弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安藤正弘のプロフィール

安藤正弘、あんどう・まさひろ。日本の経営者。「ハウスドゥ」社長。京都府出身。高校卒業後、トラックドライバー、不動産会社営業などを経てオリエントハウジング(のちのハウスドゥ)を設立。

安藤正弘の名言 一覧

好景気のときにいい部門と、不況時に強い部門を両方持っていることが重要。


経営者っていうのは、馬鹿か天才のどっちかしかおらんのですよ。普通の人とは感覚がズレている。それが良いことか、悪いことかは別としてね。


フランチャイズは加盟店が儲かる仕組みでなければ意味がない。


一発当てようとして加盟するもんじゃなくて、加盟した後に地道にコツコツ頑張る。それがハウスドゥなんです。


「地域ナンバーワン」の店舗づくりを目指しています。そうすることで、仮に今後住宅産業に逆風が吹いたとしても、ナンバーワンであればお客様に来ていただけます。その地位を確立することは重要です。


社長が社員に舐められたらお終いですわ。


我々が事業を行うのはお客様のため、日本の不動産業界のため。「私心」だけでやっているのではありません。(上場した理由のひとつは)「公」の企業にしようという思いでした。


ナンバーワンの不動産会社を作ろうと起業したのですが、業界の問題点や課題点が目に付きました。そこで不動産業界を自分が変える気持ちで事業に邁進し、それならば日本一のチェーン網を構築しよう、それには株式上場するべきだと思い立ったのです。


一部上場となったことで、それまで加盟を迷っていた企業の契約が増えています。信用力の向上によってFCは加速するでしょう。目標の前倒しもあり得ます。

【覚え書き|マザーズから東証一部へ市場変更したことについて】


今後インフレになって金利が上昇すると、今まで住宅ローンを組むことができた人たちが組めなくなる。顧客は減り、体力のない不動産会社は脱落していくでしょう。そこで当社は、いろいろなサービスの幅を広げることで、リスク分散を図っているのです。


各地域にハウスドゥの店舗ができれば、お客様はわざわざ遠い大手の不動産会社に行くよりも、地元にある安心できる不動産会社に頼むようになるはずです。例えばコンビニは、自社ブランドもありますが、いろいろな売れ筋商品を並べて消費者が選べる形にしています。不動産も、いろいろなところの情報を中立的に紹介してもらいたいとお客様は望んでいるのです。大手不動産チェーンは仲介がメーンで、地域に密着したビジネスを展開していません当社チェーンは不動産仲介と売買を組み合わせることで高収益を生みしています。


安藤正弘の経歴・略歴

安藤正弘、あんどう・まさひろ。日本の経営者。「ハウスドゥ」社長。京都府出身。高校卒業後、トラックドライバー、不動産会社営業などを経てオリエントハウジング(のちのハウスドゥ)を設立。

他の記事も読んでみる

BNF(ジェイコム男)

(自分の投資手法を)言葉で説明するのは難しい。株取引を始めた5年前の下げ相場と2005年のような上げ相場では扱っている銘柄も数もやり方も違うし、市場に参加して独自で学んでいったので、お手本というのもないです。


北尾吉孝

私は才(能力や才能)よりも徳(良識や見識)を重視します。企業が徳を高めるには、全役職員が徳を高めること、つまり高い倫理的価値観を持つことが必要だと思います。一見、組織は「才人」が引っ張ったほうがよいように思いますが、才能だけで良識・見識のない者がトップに立つと、組織は崩壊します。


笹氣健治

依存から抜け出すためには、「自ら選択して行動している」という意識をもつことが大切です。依存の問題は、無自覚のうちに習慣化してしまっているところにあります。ですから、自分の主体性を認識することが依存脱却の第一歩となるのです。


細谷功

従来の成功モデルが通用しなくなったことにより、新しいビジネスモデルやアイデアを生み出すことが求められています。ただ、こうしたアイデアがネット上に転がっているわけではありません。むしろ情報が不足している状態です。


服部幸應

僕の30代は、「本当に苦しかったけど、だからこそいろんなものをスポンジのように吸収し、日々成長した10年だった」といえるかもしれません。


高島宏平(髙島宏平)

短い期間の中で、まず何から手をつけていいのかもわからない状況から統合的な解決策を導き出していくためには、大きな問題を小さな問題に切り分けることで考えやすくしていくイシュー・アナリシスのようなロジカルな手法が極めて有効です。


古森重隆

米国では市場が経営者に短期的な成果を求めるため、長期的な研究開発投資をやりにくい。新しい産業が出てくれば、古い企業は潰れても仕方ないとの考え方もあります。しかし、日本の場合は違います。富士フィルムという会社が、写真フィルムの時代が終わったからといって、世の中からなくなっていいということにはなりません。中長期的な研究開発投資はすぐに成果に結びつかないため、短期的には経営効率は悪化します。しかし、長い目で見れば、そこで培われた技術が会社を救うこともあります。


森田仁基

成果を出すために、そして成長するために必要なのは、どんな場面でも「何とかしてやろう」と思えることだと思います。


高橋がなり

勝負する前から負けることを考えるなよ。人生は野球と違って9回で終わらないんだよ。100対0で負けたって「まだまだゲームはこれから」って言って、100回まででも200回まででも試合を続けられる。勝つまでやめなければいいんだから、挑戦し続けろ。そんな姿勢があれば、誰でも必ずいつか成功できる。失敗したまま終わるやつは、きっとどこかで諦めてしまったんだ。


高原豪久

(売上高の)金額では踊り場に見えますが、数量では継続的に成長を続けています。できるだけ多くの消費者に、我々の商品を届けるためには、少し金額的な売り上げ成長が鈍化したとしても、しっかりマーケットの規模を拡大するための投資をした方がいいと思っています。


村上憲郎

私は「ミスター人工知能」と呼ばれるほどに人工知能にのめり込んだおかげで、結果的に現在までつながる仕事のテーマを見つけることができましたし、この歳になっても毎日が楽しいわけです。無責任に「何かにハマれ」とお勧めするわけにはいきませんが、仕事のために始めた勉強のなかで強く心を惹かれるテーマがあれば、そこを深堀りしてみるのもいいことだと思います。


荒木壽一

私も昔は、部下に物事を強要するタイプでした。会社を支える人材を育てようとの意識もあり、モデル作りの専門家を管理職に引き上げたりしました。でもある時、とんでもない勘違いをしているのではないかと気がつきました。管理職に就かされた本人は、実はずっとモデルを作っていたかったのではないか。そう思うようになって、自主性を重んじる経営に改めました。