安藤楢六の名言

安藤楢六のプロフィール

安藤楢六、あんどう・ならろく。日本の経営者。鉄道会社小田急の初代社長・会長。東京大学卒。箱根、江の島などの開発を行う。百貨店事業などにも乗り出し、鉄道会社から流通・レジャー企業グループとして小田急を発展させた。

安藤楢六の名言 一覧

人生とは、一見不幸に見えるものの中に大きな因子をはらんでいるものだ。


最初から和尚はない。拭き掃除から洗濯まで、小僧の苦労を重ねてこそ大和尚になれる。


安藤楢六の経歴・略歴

安藤楢六、あんどう・ならろく。日本の経営者。鉄道会社小田急の初代社長・会長。東京大学卒。箱根、江の島などの開発を行う。百貨店事業などにも乗り出し、鉄道会社から流通・レジャー企業グループとして小田急を発展させた。

他の記事も読んでみる

小杉友巳

改めて周りを見回してみると、生涯現役で生きている人と、そうでない人の差が歴然と見て取れるように思います。若年期の認知症などがニュースなどで取りざたされている一方で、実際に私がお会いしたことのある方ですが、80歳になっても現役でパソコンや携帯電話を使いこなしているという方もいらっしゃいます。きっとその人それぞれの生き方こそが、生涯現役でいられるかどうかを大きく左右しているように思えるのです。


渡辺千賀

日本が中途半端にシリコンバレーの真似をするのは意味がない。よその真似ではなくて、すでに日本にある素晴らしいものをさらに専門化して、日本流のイノベーションを起こせばいいのではないでしょうか。


山崎浩一(コラムニスト)

駆け出しでも高級品を使うことで、「道具に恥じない自分」を心がけるようになった。


久恒啓一

時間管理の最大のコツは、他人に自分の時間を侵食されることなく、自立的にスケジュールを組むこと。先に予定を入れてしまうのです。


前川孝雄

職場で孤立しないためには、どうしたらいいのか。まずは、「感謝」の気持ちを表わすことです。シンプルに「ありがとう」の気持ちを言葉にして伝えればいいのです。


おちまさと

ポジティブプランニングとは、「アイデア出しのときはポジティブに考え、出てきたアイデアを否定しない」という意味です。そうすることで、発想を自由に広げていくわけですね。そして、本当に見込みがありそうなアイデアが出てきたら、モードを変えて、そのアイデアのダメなところや実現が難しいところなど、ネガティブな要素を出して、本当に実現可能なのか、シミュレーションしていきます。これがネガティブシミュレーションです。石橋を渡る前には、かなり注意して叩きます。


小山薫堂

最初から百人、千人のことを考えると、どうしてもアイデアは「万人受け」になる。それより、まず「十人の熱狂」です。小さいけれど確実な波紋が周りに伝わって、やがて広がっていく。


清水聰

注意したいのは、クチコミばかりを重視してはいけないということ。相変わらずテレビCMを見て、あるいは店頭でのセールスプロモーションによって購買する人は多数存在しています。また、購買に至るまでに複数のメディアに接触する人も少なくありません。


村口和孝

商品を企画するときこういう問いかけでもよいだろう。「ダダだったら、開発した商品を実際、顧客は喜んで今すぐ使い続けますか」。ダダでも使う顧客が居ないモノを、お金を出して使ってくれる奇特な人は世の中に居ない。いっぱいいますよと言うなら、一週間以内に使って喜んでいる商品のユーザーを目の前に連れて来て、使用した感想を聞かせて欲しい。


村上憲郎

グーグルでは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」「サービスを無料で提供すること」という2つのルールさえ守ってさえいれば、社員は何をやってもいい。新しい企画を考えたら、自由に形にしてかまわない。


アルフレッド・アドラー

人は正しいことをして注目されないと、ときに「負の注目」を集めようとする。人生を惨めにするような努力はやめるべきだ。


松本大

変化を排除するのではなく、丸ごと取り組まなければ市場は分からない。ただ同時に、テクノロジーだけで頭でっかちになってはなりません。お金の本質は交換価値です。お金そのものが喜びをもたらすのではなく、お金によって何を体験できるのか、どんな欲求を満たせるのかが重要なのです。お金の未来を思い描くときは、常にその出口を見据えています。すべてのサービスは、お客様の満足のために存在するのですから。


秋山ゆかり(コンサルタント)

恥ずかしげもなく積極的にアウトプットする習慣を付けるのが語学上達のコツ。


前澤友作

自分たちでできることは、自分たちでする。これは当たり前のことだと思います。できないならば、ビジネスに取り入れることが間違いとさえ思います。


吉野佳秀

仕事をつくるというのはお客様に喜んでもらい、社会貢献すること。


ページの先頭へ