名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

安藤徳隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安藤徳隆のプロフィール

安藤徳隆、あんどう・のりたか。日本の経営者。「日清食品」社長。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、日清食品に入社。経営企画部長、執行役員経営戦略部長、CMO(最高マーケティング責任者)、専務、副社長などを経て社長に就任。

安藤徳隆の名言 一覧

無駄がなくちゃ面白くないですよね。「無駄だから」「効率が悪いから」と言ってばかりでは、面白いことはできない。


新しい発想には、いろいろなアイデアの組み合わせが必要。


遊び心がないところに、ブレークスルーは起きない。儲けるところで儲け、遊ぶところで遊び、チャレンジすればいい。


会社というのはとかく、効率ばかりを求めがちです。しかし「ミニマムに最適化されたシステム」の中から、新しいものは生まれづらい。


お客様との接点1つひとつが、日清ブランドへの信頼に直結する。


ブランドのライフサイクルの観点から見れば、かなり危ない時期に来ている。
【覚え書き|自社の商品に対する発言】


「変えてはいけないもの」「触ってはいけないもの」なんてない。一歩先行く発想があるなら、実行すればいい。


単なる面白いCMで終わらない「売れる仕組み」を作るところまで、考えています。


38歳というのは経営者としては若く、未熟な部分もあるでしょうが、若さが強みになることもあります。体力だけはありますから、世界中を飛び回れるし(笑)。若さを弱みでなく強みに変え、精進していきたい。


百福(創業者)の基本にあるのは、「食為聖職」です。食べ物に携わる職業は聖なる職業なのだから、嘘偽りがあってはならない。「誠実な心で仕事をしろ」ということです。この基本があって初めて、クリエーティブでユニークなことにチャレンジできる。


印象深かったことの1つに、大阪府池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」に勤めた時、百福(創業者)の指示でトイレ掃除の当番をし、その責任者になったことがあります。「創業家一族出身だからといって、傲慢にならないように」という戒めもあったのでしょう。クリーンネス(清潔さ)は、食品メーカーとしてまず一番に大切にしなければならないことなんですよね。


若い人たちにも商品を身近に感じていただくためには、彼らの目線に立ったブランドコミュニケーション、話題作り、そして、売り上げにつながる仕組み作りが重要。年配の取締役の方々に理解されず、怒られることも多々ありますが(笑)。


我々は食品メーカーですので、「安全・安心」へのこだわりが最優先です。そのうえで、マーケティングにしても技術力にしても、一歩先を行く企業でありたい。


チキンラーメンやカップヌードルぐらい市場で圧倒的なシェアを持つ商品があれば、恐らく10年はそれで食べていけます。すると大企業病といった甘えの構造が出てくる。「このままでは、いつか滅びるかもしれない」。この危機感を常に持っています。


日清食品は今年で創業57年目を迎えます。「チキンラーメン」が57歳、「カップヌードル」は44歳、「どん兵衛」「UFO」も39歳になる。いずれも大きな収益源になっている「稼ぎ柱の商品」です。こうした商品の高齢化が進んでいる。ブランドサイクル的に、かなり危うい時期に来ています。


社長就任にあたり、「Beyond Instant Foods(インスタント食品を超えていけ)」をスローガンに掲げました。意味するところは、これまでの成功に甘えず、インスタント食品のイメージを刷新していこうということです。それは誰かが1人でやることではありません。社員一丸となって、祖父や父を超えていくつもりです。


私は創業者の安藤百福が亡くなるまでの3年間、カバン持ちをし、「我々のビジネスはどうあるべきか、どんな役割があるのか」を直接叩き込まれました。創業者が亡くなってから8年が経ち、直接薫陶を受けた者が少なくなる中、創業者精神を浸透させるのが私の役割です。


安藤徳隆の経歴・略歴

安藤徳隆、あんどう・のりたか。日本の経営者。「日清食品」社長。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、日清食品に入社。経営企画部長、執行役員経営戦略部長、CMO(最高マーケティング責任者)、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

乙武洋匡

ここ最近は「イヤなこと」がほとんどないんです。もちろん、その時点では自分にとってマイナスに思えたり、不快に感じたりすることはあります。ただ、「これは自分にとって必要なことで、将来必ずプラスになる」と自動変換するクセがついているので、素直に受け止められるのです。


永守重信

2008年のリーマン・ショック。世界経済に大混乱を来し、日本電産も直後には減収減益を余儀なくされた。だが私たちはこの危機に即刻立ち向かい、早くも10年度には過去最高益を達成した。製造工程のムダ取りなどの構造改革を徹底し、会社の体質改善を進めたからだ。


陰山英男

「30代でやっておくべきこと」「40代で伸びる人」などの本がたくさんありますが、実際には年齢できっちり分けられるものでもないような気がしています。積み重ねたことの集大成を示せるかどうかが大事ではないでしょうか。


佐藤富雄

神経質でストレスをためやすいタイプの人は、作業能率の高さで出世する場合はあるかもしれませんが、新しいことに取り組んで大きく成長することは不得手です。できるだけストレスをためず、脳を快適な状態にすることは、健康を保ち、仕事の成功につながるのです。


矢野貴久子

20代後半に、女性誌の連載で「世界で働く日本人女性」というテーマの仕事をいただき、世界に散らばっている日本女性の方々を取材しました。そこで目の当たりにしたのが、彼女たちが政治・経済などに強い関心を持ち、それらの話題も日常会話に出てくることでした。日本では、女性同士が政治や経済をネタにおしゃべりするのは珍しく、女性誌もとりあげない。そこで働く女性向けに、ビューティーやファッションだけでなく、政治や社会情勢も含めた高い情報を提供するメディアをつくりたいと思ったのです。


井上和幸(経営者)

建設業の課題である人材の確保については、働き方改革への取り組みを強化するとともにロボットを積極的に活用していく。ロボットの活用が進めば相当な生産性向上につながると信じている。人手が足りない状況をチャンスに変えていきたい。


羽生善治

遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます。


和地孝

給料の高さや労働条件のよさだけで、社員たちを引っ張っていくことはとてもできません。そのため、私は社長時代、人をコストでなく資産と考え、高い目標とチャンスを与えることが、意識改革の成功要因だという信念を貫いてきました。


出川哲朗

僕が大御所だなんて1ミリも思ったことはない。理想は「永遠の若手芸人」。「おまえはバカだな」といじられて笑ってもらうのが好きなんで。


津賀一宏

あくまでも顧客の視点でパナソニックの商品を再構築したい。


篠原菊紀

意欲ややる気は、最初が最も高く、2度目、3度目となると徐々に減退していきます。飽きるのは当たり前なんです。それを防ぐには、誰かに褒めてもらう、励ましてもらうことがひとつの手です。SNSは手っ取り早くサポーターを見つける手段になるでしょう。


福本伸行

僕は工業高校卒業後、18歳で建設会社で働きました。ただ入社2か月目に先輩から「福本は覇気がねえな」と言われ、ドキッとしてね。高校の先生に言われるままに選んだ会社で、心を見透かされた気がした。それを機に「やっぱり自分がやりたいこと、楽しいと思えることを仕事にしないと、人生後悔する」と気づかされたんです。