名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

安藤徳隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安藤徳隆のプロフィール

安藤徳隆、あんどう・のりたか。日本の経営者。「日清食品」社長。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、日清食品に入社。経営企画部長、執行役員経営戦略部長、CMO(最高マーケティング責任者)、専務、副社長などを経て社長に就任。

安藤徳隆の名言 一覧

無駄がなくちゃ面白くないですよね。「無駄だから」「効率が悪いから」と言ってばかりでは、面白いことはできない。


新しい発想には、いろいろなアイデアの組み合わせが必要。


遊び心がないところに、ブレークスルーは起きない。儲けるところで儲け、遊ぶところで遊び、チャレンジすればいい。


会社というのはとかく、効率ばかりを求めがちです。しかし「ミニマムに最適化されたシステム」の中から、新しいものは生まれづらい。


お客様との接点1つひとつが、日清ブランドへの信頼に直結する。


ブランドのライフサイクルの観点から見れば、かなり危ない時期に来ている。
【覚え書き|自社の商品に対する発言】


「変えてはいけないもの」「触ってはいけないもの」なんてない。一歩先行く発想があるなら、実行すればいい。


単なる面白いCMで終わらない「売れる仕組み」を作るところまで、考えています。


38歳というのは経営者としては若く、未熟な部分もあるでしょうが、若さが強みになることもあります。体力だけはありますから、世界中を飛び回れるし(笑)。若さを弱みでなく強みに変え、精進していきたい。


百福(創業者)の基本にあるのは、「食為聖職」です。食べ物に携わる職業は聖なる職業なのだから、嘘偽りがあってはならない。「誠実な心で仕事をしろ」ということです。この基本があって初めて、クリエーティブでユニークなことにチャレンジできる。


印象深かったことの1つに、大阪府池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」に勤めた時、百福(創業者)の指示でトイレ掃除の当番をし、その責任者になったことがあります。「創業家一族出身だからといって、傲慢にならないように」という戒めもあったのでしょう。クリーンネス(清潔さ)は、食品メーカーとしてまず一番に大切にしなければならないことなんですよね。


若い人たちにも商品を身近に感じていただくためには、彼らの目線に立ったブランドコミュニケーション、話題作り、そして、売り上げにつながる仕組み作りが重要。年配の取締役の方々に理解されず、怒られることも多々ありますが(笑)。


我々は食品メーカーですので、「安全・安心」へのこだわりが最優先です。そのうえで、マーケティングにしても技術力にしても、一歩先を行く企業でありたい。


チキンラーメンやカップヌードルぐらい市場で圧倒的なシェアを持つ商品があれば、恐らく10年はそれで食べていけます。すると大企業病といった甘えの構造が出てくる。「このままでは、いつか滅びるかもしれない」。この危機感を常に持っています。


日清食品は今年で創業57年目を迎えます。「チキンラーメン」が57歳、「カップヌードル」は44歳、「どん兵衛」「UFO」も39歳になる。いずれも大きな収益源になっている「稼ぎ柱の商品」です。こうした商品の高齢化が進んでいる。ブランドサイクル的に、かなり危うい時期に来ています。


社長就任にあたり、「Beyond Instant Foods(インスタント食品を超えていけ)」をスローガンに掲げました。意味するところは、これまでの成功に甘えず、インスタント食品のイメージを刷新していこうということです。それは誰かが1人でやることではありません。社員一丸となって、祖父や父を超えていくつもりです。


私は創業者の安藤百福が亡くなるまでの3年間、カバン持ちをし、「我々のビジネスはどうあるべきか、どんな役割があるのか」を直接叩き込まれました。創業者が亡くなってから8年が経ち、直接薫陶を受けた者が少なくなる中、創業者精神を浸透させるのが私の役割です。


安藤徳隆の経歴・略歴

安藤徳隆、あんどう・のりたか。日本の経営者。「日清食品」社長。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、日清食品に入社。経営企画部長、執行役員経営戦略部長、CMO(最高マーケティング責任者)、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

三浦光広

仕事とはお客様に喜んでいただくこと。その結果として得られる感謝の大きさが対価であり、絶対に逆になってはいけません。


豊田章一郎

ものの事実は手でつかむことだ。読むだけ、見るだけではわからない。


佐藤優

極端な形での「頑張らない生き方」をしていると、奈落の底に落ちる危険がある。


木村昌平

我々は常に「安心で安全な社会とはこうあるべき」という理想があって、市場を創出していきます。


板尾創路

20代の頃は、40代の半ばで映画に出たり、日記を出版したりしているなんて全く想像してませんでした。正直、先のことはいまでもわからないですし。目標があったわけでもないし、予想と違うなという残念さを感じてもないし、好きなことをやっていたら、自然とこうなってましたね。


弘兼憲史

叱るというと声を荒げて部下を怒鳴りつけることだと思っている人がいる。そんなことはない。冷静に部下の非を責めるのが叱るということだ。乱暴な言葉を使わなくてもいいし、こぶしを振り上げなくてもいい。というよりもそんなことはしないことだ。怒りに任せて部下を叱ると、あとのフォローができなくなる。短くわっと叱って突き放す。じっくり反省しろ。あとで話を聞くということを言っておく。これがフォローのための布石だ。叱るのとフォローを分けるのがいい


本田直之

私もそうでしたが、今の環境を捨てるのは難しいことです。しかし、変えることは不可能ではありません。たとえば働き方。私は2005年までは、デスクトップとノートパソコンが5:5くらいの割合だったので、机が必要でした。しかし、2010年にはほぼデスクトップを使わなくなり、今は仕事の8割がiPhone。働く場所に縛られなくなりました。iPhoneで仕事をしろというわけではありません。5年もあれば、テクノロジーが激変する時代。従来の働き方がすべてではなくなります。これから5年、10年とたった時、変化をつかむ力があれば、働き方の選択肢は確実に広がるはずです。


日和佐信子

私は雪印の社外取締役に就任後、真っ先に現場の人の話を聞く場を持ちました。それまで役員と会話を交わすという経験がなかったせいでしょう。フリートークにもかかわらず、みなさん極度に緊張していて発言も少なかったのです。このとき私は、自由闊達にモノが言える社風に変えなければいけないと思いました。


豊田圭一

TOEIC900点でも英語を話すのが不安という人はざらにいる。一方、TOEIC500点でも臆せず外国人に溶け込める人もいる。「話す」ことにためらう人も少なくない。「やってみたらうまくいった」という成功体験から入るように、学習の仕方を変えないといけない。


似鳥昭雄

社員も私が示した方向性(志)に共感してくれている。だから、会社でもありのままでいる私に愛想を尽かすことなく、「本当に仕方ない人だなあ」と思いながらもついてきてくれる。そんな社員たちがいるということは、立派ではなくとも、経営者として間違ったことはしていないという証左だと勝手に思っている。


関山和秀

本社を東京に移さない理由の一つは、入社したい人のスクリーニングになるからです。おかげさまで海外からも入社志望の方が来るのですが、おそらく海外の人にとって鶴岡は名前すら聞いたことがない町。それでも働きたいというモチベーションが高い人だけが入社してくれるのは、大きなメリットです。


小林喜光

人生の光は、イスラエルのヘブライ大学への留学で見えてきました。当時はイスラエル領(現エジプト領)のシナイ半島に行きました。広い砂漠を歩いていた時、生命のかけらもなさそうな砂漠の上を、黒いショールをまとった1人の女性が2匹のヤギを連れて悠然と歩いている姿を目にしました。無の砂の海に生命が存在する。「そのことがまさに奇跡ではないか」という衝撃が体を貫いたのです。それまで「人生は何のためにあるのか」との悩みがあったのですが、「人は生きているだけで素晴らしい」と何かが吹っ切れ、啓示を受けた気分になりました。それからは、どうせ死ぬんだから生きている間くらい頑張ろうと、迷いなく目の前の命題に全身全霊で立ち向かうようになりました。