名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安藤太郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安藤太郎(経営者)のプロフィール

安藤太郎、あんどう・たろう。日本の経営者、銀行家。住友不動産社長・会長。宮城県出身。東京帝国大学法科卒業後、住友銀行に入行。東京副支店長、東京事務所次長、本店営業部次長、銀座支店長、日本橋支店長、東京事務所長、取締役、常務、専務、副頭取などを務めたのち、住友不動産社長に就任。

安藤太郎(経営者)の名言 一覧

経営の一番のキーポイントは情報処理。情報が不的確だと明確な企業ポリシーはできてこない。


安藤太郎(経営者)の経歴・略歴

安藤太郎、あんどう・たろう。日本の経営者、銀行家。住友不動産社長・会長。宮城県出身。東京帝国大学法科卒業後、住友銀行に入行。東京副支店長、東京事務所次長、本店営業部次長、銀座支店長、日本橋支店長、東京事務所長、取締役、常務、専務、副頭取などを務めたのち、住友不動産社長に就任。

他の記事も読んでみる

リンダ・グラットン

起業家を育成するのは教育の問題だけでなく、社会風潮の問題もあります。たとえばシンガポールの優秀な若者の多くは政府に就職します。一方、インドでは優秀な若者ほど起業家になる傾向が強い。インド発の優良企業が増えているのも、そういう土壌があるからだと思います。


北島素幸

俺は50代の後半だけど、朝、築地に仕入れに行くと、魚が好きで一所懸命に仕事をやっている若い人を見かけて、心を打たれるんだ。応援したくなる。大事なのはそれなんです。ウチの常連さんも、「30代の夫婦が必死にやっている店には『気』があるから、それを吸収したくて行く」とおっしゃる。それこそが魅力なんです。


加藤諦三

心理的事実と客観的事実とは違います。人は客観的事実ではなく、心理的事実で生きています。長いあいだ、「醜いアヒルの子」で生きてきた人もいます。間違った思い込みで生きてきた人です。そういう人は、一人で勝手に悩んでいます。一人で悩みをつくって生きています。事実は違うのですから。


山田藤男

働いている人たちは、自分たちが成果を出せた時、本当の意味で元気になります。経営者としても、働く人が元気になる環境づくりをしていくことが何よりも大切だと感じています。


宮坂学

これまでの成長の過程で、チェックリストがいっぱいできたり、承認印が増えていったりしました。仕事の精度を上げる方向には向かいましたが、それはスピーディではありません。


北川正恭

風やチャンスというものは乗るものではない。自分でつくるもの。私は常々、そう思っています。そしてその風やチャンスを呼び込む力になるのは、日々の行動を支える大きな目標に他ならないと思うのです。


安渕聖司

決断には、「後戻りできる決断」と「なかなか後戻りできない決断」の2通りがあります。人は「後戻りできない決断」がたくさんあると思いがちですが、よく考えてみると、実は「後戻りできない決断」はそれほどありません。経営トップである私の仕事でさえも、後戻りできない決断は少ない。たとえば、巨額のIT投資をして業務プロセス全体を変更するときといったことぐらいです。つまり、仕事のほとんどは「後戻りできる決断」なのです。それならば、素早く決断し、その反応を見て、後戻りしたほうが、速やかに正解にたどり着きやすいと思います。


吉越浩一郎

トラブルは小さなミスから始まるもの。仕事をしている以上、小さなミスが出るのは仕方ありません。重要なのは、ミスを見つけたら、その場で対処すること。私はかねて、小さなミスを放置することは、判断ミスやケアレスミスよりも罪深いことだと考えています。


深田晶恵

ビジネス書の編集者によると、若手ビジネスパーソンは自己啓発本やスキルアップ本は熱心に読むものの、お金の知識を高めるマネー本はあまり読まないのだそうだ。ビジネスパーソンと直接話をしていると、私がファイナンシャルプランナーだと知った途端に「お金のことはよく分からないんです……」と自信なさそうな表情に変わることがよくある。仕事に関しては「デキるビジネスパーソン」であっても、お金の知識については劣等感を持っているケースが多いのだ。


家入一真

一番大事なのは、何かに依存して生きるのをやめることです。会社や上司に依存するから、身動きがとれなくなる。「上司に恩があるから、あと3年はこの会社で頑張る」といった考え方もしなくていいと思います。僕は、会社はもちろん、友人や仕事相手との人間関係にも依存したくないし、もっと大きなことをいえば、国や社会にも依存したくないと考えている。だから自由に生きられるのです。


植木理恵

統計や学問がどうであれ、自分の経験値を信じ、自信と信念をもって取り組む人は強いということを示しています。貧乏な経済学者やファイナンシャルプランナーは大勢いますから、学者の言うことなんてあてにはなりません。


ヘーゲル

偶然的なものとはホコリみたいなもので、田舎にも町にも舞っているが、田舎や町を本質に変えはしない。