名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安藤勝己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安藤勝己のプロフィール

安藤勝己、あんどう・かつみ。日本の競馬騎手、競馬評論家。愛知県出身。騎手の兄・光彰の影響を受け競馬騎手の道に入る。「アンカツ」の名で親しまれ、「カラスが鳴かない日はあっても、アンカツが勝たない日はない」と言われた。通算6593戦1111勝。

安藤勝己の名言 一覧

何かを感じるとしたら、騎手を引退した後かなあ。辞めたときに、ダービーのすごさ、自分が勝ったことの重さを思い出すんじゃないだろうか。


安藤勝己の経歴・略歴

安藤勝己、あんどう・かつみ。日本の競馬騎手、競馬評論家。愛知県出身。騎手の兄・光彰の影響を受け競馬騎手の道に入る。「アンカツ」の名で親しまれ、「カラスが鳴かない日はあっても、アンカツが勝たない日はない」と言われた。通算6593戦1111勝。

他の記事も読んでみる

村山滋

トラブルを一人で抱え込まないこと。悩むあまりノイローゼになったり、胃に穴を開けたりしても前には進みません。むしろ情報をオープンにすることで、解決への糸口が見つかります。もし自分の持ち場で不具合が見つかったなら、「説明するたびにプレゼン能力が高まる」などと、ポジティブに構えていればいいんです。


伊藤博之(経営者)

インターネットでいろんな人が自由につながる状況下、既存の考え方をいったん白紙に戻し、最も最適なスタイルは何か、考えていくべきでしょう。


テリー伊藤

人間、キャリアを重ねると冒険をしなくなる。それは若い人でも同じことだ。年数の長さに関わらず、実績とともに自分のスタイルができてくると、それをもとに考えたり、行動することしかできなくなる。それでは、何も新しいことを生み出せない。


木村惠司(木村恵司)

街のにぎわいは、やはり人がつくりだすものです。そのためには、単に建物というハードを魅力的につくるだけでは不十分です。むしろ、ハードの上でどんなソフト展開をするか。これが大事になってきます。


幸田真音

結局、自分は自分で助けるしかない。


石森康一郎

専門家を積極採用し、会社を大きくするよりも、むしろ社外にある優れたリソースを十分に活用していくことの方が効率的であり重要だと考えています。


高山なおみ

(『たべもの九十九(つくも)』は)長さも書きたいままだし、食べもの自体の話じゃなくても食べものに関係あればいいことにしたんです。「おみかんジャム」は名詞に「お」をつける神戸のやわらかい方言と、神戸で親しくなった友人のことを書きたかった。横浜のおばちゃんのこと、おばあちゃんのこと、母のまだ若い頃が甦ってきたり。まるで、神戸の部屋から自分の生きてきた景色を俯瞰しているみたいでした。子供の頃、家族と過ごした時間は、何度も思い出すことで永遠になるんだと感じた。


捧賢一

「おい、これくれよ」と泥靴を履き、仕事着でぷらっと寄ってもらえる店です。田舎の頑固者でいいと思ってきたのが良かったのかもしれません。


河合滉二

私は「和」の正しい意味を旧制高校時代の柔道生活から学んだ。柔道は一対一で力と力をぶつけ合い、技を競い合うスポーツである。そこにはむき出しの闘志があるだけだ。馴れ合いでやっていたなら、それは柔道ではなく、他人にはダンスのように見えてしまうだろう。そして試合が終わった後に充実感。互いに相手の技量を認め、さらに切磋琢磨を誓う。あれだけ虚心坦懐に人間関係が発生し、「和」の生まれるスポーツはない。


蟹瀬誠一

私は日本のテレビ局のキャスターとして行ったモスクワで取材中、銃撃戦に巻き込まれました。弾が頭上を飛び交う中、「俺はここで死ぬかもしれない」と覚悟しました。そのとき、周りの景色が急にスローモーションになり、家族の顔が目の前に浮かんだのです。ほんの一秒くらいのことなのですが、そのとき初めて、自分にとって何が大切かを自覚しました。やっぱり家族なんだなと。


佐久間昇二(佐久間曻二)

今では、破産状態の会社の方が社長は引き受けやすいとさえ思っています。経営が順調な会社をさらに良くするのは大変ですし、社員もプライドがあるから聞く耳を持ってくれないでしょう。


黒土始

上に立つ者ほど、地下足袋を履いて現場へ行け。