名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安藤公基の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安藤公基のプロフィール

安藤公基、あんどう・こうき。日本の経営者。「ロフト」社長。西武百貨店に入社。渋谷西武ロフト館立ち上げに参画。ロフト商品部ホームファッション事業部長、仙台ロフト・梅田ロフト館長、取締役などを経て社長に就任。

安藤公基の名言 一覧

「何かある、きっとある。」をキーワードに、特別な目的がなくても、何となくお店に来て楽しんでもらえるような店づくりを心掛けてきました。言い換えれば、目的買いの店ではなく、時間消費型の店づくりがお客様に受け入れられてきたのだと思います。


創業時から、コンセプトを明確にして手作りで自主編集の売り場をつくり上げてきました。今後もお客様に喜んでもらえるような売り場をつくりたい。


ロフトは時代が求める商品を取りそろえる「時の器」。このイメージをピカピカに磨き上げていく。


ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。


渋谷にロフト1号店がオープンしたのが30年前。立ち上げから携わりました。その後、百貨店から分社して成長してきましたが、ロフトにとって大切なことは変わっていません。一言で表せば「雑貨のキュレーションビジネス」。バイヤーが自分の目で選び、売り場を編集して提供する役割です。


単品を検索して買うネット通販は、何が欲しいか分かっている人には便利ですが、商品との偶然の出合いは多くありません。ロフトは「なにかある、きっとある」が店作りのコンセプト。ネット全盛の時代は、目利きによる編集機能を突き詰めていく必要があります。


これからの社会の変化に対応しながらも、創業時からの「時の器」という思想(コンセプト)は変わりません。ある時代でしか通用しない固定化された器(館)ではなく、その時々に応じてゆるやかに変わっていく。いってみれば、過去の懐かしいモノから、現在の刺激的なモノ、そして未来を夢見させてくれるようなモノを提案し続ける店でありたい。


入社から3年くらいたって、西武渋谷店の改装の際に、文房具の売り場づくりを任されました。感度の高いビジネスパーソンにターゲットを定め、英国式の手帳や、西ドイツのブランドの電卓・腕時計を取りそろえました。オープン前日に商品が届かないというハプニングもあって冷や汗をかいたのですが「自分の頭で潜在ニーズを考え、商品を選び、売り場を編集する」という、この仕事ならではの自由な世界を知りました。


安藤公基の経歴・略歴

安藤公基、あんどう・こうき。日本の経営者。「ロフト」社長。西武百貨店に入社。渋谷西武ロフト館立ち上げに参画。ロフト商品部ホームファッション事業部長、仙台ロフト・梅田ロフト館長、取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田浩一郎

「働くことを通して人々に笑顔を」が私たちのミッション。そのために必要なことは、クライアント企業やクラウドワーカーさんからの要望をもとに取り組んでいきます。


出口治明

ビジネスパーソンの抱える問題として、「なかなか仕事に手がつけられない」というものがありますが、まずは「仮決め」でもいいから行動を起こすことをお勧めします。たとえば上司から命じられたレポートなどは、多少誤字脱字があってもスピードを重視すべきです。いくら完璧を目指したからといって、その完璧は自分の中での完璧にすぎないからです。


張本勲

私は引退してから28年間、野球教室で小中学生に教えていますが、今は昔話や根性論をぶつけても通じないし、叱れば落ち込んだり、やる気をなくしたりします。だから意外かもしれないけど、この私でも褒めることが多い。その前に塩をちょっと加えますけどね。スイカに塩を振ると甘くなるでしょう。同じ原理で、「そんなふんわりしたバットの握り方じゃだめだ。君は女の子か? 親指でしっかり握って!」と少し厳しめに言う。そしてバットを振らせて、「そうそう! かっこいいじゃないか! ようやく男らしくなったよ。それを忘れちゃダメだよ」と相手の心をくすぐるように褒める。その緩急のある物言いだけでも、野球への関心はぐっと上がります。子供だけではなく、若い選手を教える時も同じ。そういう時代だと割り切り、上の世代が柔軟に接した方が物事はスムーズに動く。


松田憲幸

「その時々に応じて、最も効果的なビジュアルは何かをよく考えよう」。私は事あるごとに社員にこう言っています。例えば、取引先に新商品を営業する際、最高のビジュアルであるパッケージなしで商談するなんてことはあり得ません。チラシがあるならまだしも、それすら持たず、資料だけで商談するのはナンセンスです。


井上和幸(ヘッドハンター)

一対一で持てる関係性には限りがあります。人脈を囲い込む人がいますけど、それだと自分のキャラクター情報が流通しません。だから、人と人とはどんどん引き合わせることです。するとその人たち同士が、自分の知らないところで自分の話をしてくれるのです。


ジョン・カビラ

基本的に、相手が話したいことを話してもらう。何か伝えたいことがある方は、ドアを開ければ必ず出てきてくれます。その開け方には、いろいろな工夫が必要で、間違えたドアを開けると大変ですが(笑)。


上田健一(経営者)

IT業界は技術力が大事。ただもっと大切なのは、顧客と対話するコミュニケーション力、問題解決力と提案能力。求められているニーズをくみとり、そのうえで自分の意見をしっかりと表現する。それが、顧客との信頼関係を深めていく。


吉野佳秀

実際の工事を通して検証を繰り返し、新たな技術を確立できるのが他社にない強み。


松下幸之助

君、社長になったからには思い切りやりなさい。間違ったと思ったら、素直に謝って直したらいい。


安渕聖司

予想外の事態が起こると取り乱す人は、おそらく「正しく予測をすること」が自分の仕事だと思っているのでしょう。しかし、私は、「自分が予測したことに対して、違う結果やギャップが出てくるのは当たり前。そういうことが出てきたときに対応するのが、自分の仕事である」と定義しています。だから、予測が外れてもイライラしませんし、起きた問題に対しても落ち着いて対処ができるのです。


木暮太一

私の読書には、常に目的があります。それは、「この分野の知識をインプットしたい」、もしくは「発想力を活性化させたい」という、なんらかの課題解決を目指したものです。そうした動機で読む本が、月に20冊ほどあります。


福島文二郎

面倒がらずに部下と向き合うことは、上司が「やった方がいい」ではなく「やるべき」ことです。そうして部下が成長し、自立すれば、上司は指導のための時間が減り、自分の仕事に集中できる。結果として生産性が上がります。