名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

安藤公基の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安藤公基のプロフィール

安藤公基、あんどう・こうき。日本の経営者。「ロフト」社長。西武百貨店に入社。渋谷西武ロフト館立ち上げに参画。ロフト商品部ホームファッション事業部長、仙台ロフト・梅田ロフト館長、取締役などを経て社長に就任。

安藤公基の名言 一覧

「何かある、きっとある。」をキーワードに、特別な目的がなくても、何となくお店に来て楽しんでもらえるような店づくりを心掛けてきました。言い換えれば、目的買いの店ではなく、時間消費型の店づくりがお客様に受け入れられてきたのだと思います。


創業時から、コンセプトを明確にして手作りで自主編集の売り場をつくり上げてきました。今後もお客様に喜んでもらえるような売り場をつくりたい。


ロフトは時代が求める商品を取りそろえる「時の器」。このイメージをピカピカに磨き上げていく。


ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。


渋谷にロフト1号店がオープンしたのが30年前。立ち上げから携わりました。その後、百貨店から分社して成長してきましたが、ロフトにとって大切なことは変わっていません。一言で表せば「雑貨のキュレーションビジネス」。バイヤーが自分の目で選び、売り場を編集して提供する役割です。


単品を検索して買うネット通販は、何が欲しいか分かっている人には便利ですが、商品との偶然の出合いは多くありません。ロフトは「なにかある、きっとある」が店作りのコンセプト。ネット全盛の時代は、目利きによる編集機能を突き詰めていく必要があります。


これからの社会の変化に対応しながらも、創業時からの「時の器」という思想(コンセプト)は変わりません。ある時代でしか通用しない固定化された器(館)ではなく、その時々に応じてゆるやかに変わっていく。いってみれば、過去の懐かしいモノから、現在の刺激的なモノ、そして未来を夢見させてくれるようなモノを提案し続ける店でありたい。


入社から3年くらいたって、西武渋谷店の改装の際に、文房具の売り場づくりを任されました。感度の高いビジネスパーソンにターゲットを定め、英国式の手帳や、西ドイツのブランドの電卓・腕時計を取りそろえました。オープン前日に商品が届かないというハプニングもあって冷や汗をかいたのですが「自分の頭で潜在ニーズを考え、商品を選び、売り場を編集する」という、この仕事ならではの自由な世界を知りました。


安藤公基の経歴・略歴

安藤公基、あんどう・こうき。日本の経営者。「ロフト」社長。西武百貨店に入社。渋谷西武ロフト館立ち上げに参画。ロフト商品部ホームファッション事業部長、仙台ロフト・梅田ロフト館長、取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岸見一郎

部下が失敗したときは、同じミスを繰り返さないように、感情的に叱るのではなく、的確な指示を出さないといけない。


古森重隆

東大のアメフト部時代に学んだ精神と、富士フィルムで会得した企業経営の精神と基本は同じでした。闘魂、スピード、戦略、チームワークの5つです。


大山健太郎

業務日報による情報共有も大切にしています。弊社は多岐にわたる部門の仕事があります。隣の部署の人間が何をやっているのか。たまたま顧客が同じでも、部門が違うと異なる意見があったりする。だから、横断的に情報を共有しなければいけません。そのため、グループを含めた約1万2000人が毎日、業務日報をつけています。もちろん、立場によってアクセス制限はありますが、ほぼ全社員の業務日報を、社内ネットワークを通して見られるようにしています。


川口順子

新しいものに出合い、それを改革につなげる――。私が初めてこれを体験したのは、高校2年生です。機会を得て、米国のフィラデルフィアに1年間留学した時、それまで当たり前と思っていたことが通らない、という経験をたくさんしました。私が夜の11時を過ぎて勉強をしていると、アメリカのお母さんが早く寝るように強いるのです。「あなたの健康の方が大事。これが我が家のやり方です」と。日本では子供が勉強していて文句を言う母親はあまりいないでしょう。私は「勉強がすべてではないんだなあ」と考えるようになりました。


永守重信

日本型の評価システムは転換期に来ていますね。欧米では組織管理する「マネジャーコース」だけでなく、専門性を追求する「プレーヤーコース」がキャリアの選択肢になっていて、給与格差も日本ほどない。「出世=管理職になること」という給与体系を変えることも、生産性向上に関わることです。


中山讓治(中山譲治)

対応型の仕事はやめて、先読み型の仕事へ転換しよう。ナンバーワンがこう動いたら、我が社はこう対応するというのではなく、自力で環境変化を先読みし、意思決定の岐路に正しい判断ができる能力を養う必要があります。


小嶋淳司

「なぜ、私の店に来てくださるのか」「なぜ、その商品を買っていかれるのか」。お客様に直接尋ねたり、お客様を観察したり。すべてお客様とのやり取りの中で自分の商いをつくりあげていった。そうして、知らず知らずの間に「現場」「現実」「現物」のいわゆる三現主義が身につきました。


飯田亮

営資源を集中するために、損してでも不要なものは売った方がいい。


齋木昭隆

交渉を通じて何をとらなければいけないのか。相手は何を求めてくるのか。シナリオを綿密に描いて臨む必要がある。


岩田聡

お客様の有限な時間を使っていただくという意味においては、いろいろなものと競合しております。お客様の面白いと思うものの中でトップグループにいられるかどうかが問題。


吉原珠央

パソコンが得意という女性が、キーを打つのが大変そうな長い爪をしていたり、営業志望の男性がシワだらけのスーツ姿で面接会場に現れたら、採用しようと思う人はいないでしょう。そこに本人は気づいていない、つまり相手の期待やニーズを読めないことが問題なのです。


貫啓二

今、何を改革すべきか。その答えは常に現場にあります。だから私は、社員全員と年1回、1対1で面談するようにしています。評価面談とかでは全くなくて、お互いを知るためにね。各地に足を運んで、250人余りの社員一人ひとりと1時間以上話します。でもそんな会話の中から、社員が抱えている仕事の困り事や不安が見えてくることが多々あります。言い換えれば「会社の弱点」ですよね。研修センター店もそこから生まれました。