安藤公基の名言

安藤公基のプロフィール

安藤公基、あんどう・こうき。日本の経営者。「ロフト」社長。西武百貨店に入社。渋谷西武ロフト館立ち上げに参画。ロフト商品部ホームファッション事業部長、仙台ロフト・梅田ロフト館長、取締役などを経て社長に就任。

安藤公基の名言 一覧

「何かある、きっとある。」をキーワードに、特別な目的がなくても、何となくお店に来て楽しんでもらえるような店づくりを心掛けてきました。言い換えれば、目的買いの店ではなく、時間消費型の店づくりがお客様に受け入れられてきたのだと思います。


創業時から、コンセプトを明確にして手作りで自主編集の売り場をつくり上げてきました。今後もお客様に喜んでもらえるような売り場をつくりたい。


ロフトは時代が求める商品を取りそろえる「時の器」。このイメージをピカピカに磨き上げていく。


ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。


渋谷にロフト1号店がオープンしたのが30年前。立ち上げから携わりました。その後、百貨店から分社して成長してきましたが、ロフトにとって大切なことは変わっていません。一言で表せば「雑貨のキュレーションビジネス」。バイヤーが自分の目で選び、売り場を編集して提供する役割です。


単品を検索して買うネット通販は、何が欲しいか分かっている人には便利ですが、商品との偶然の出合いは多くありません。ロフトは「なにかある、きっとある」が店作りのコンセプト。ネット全盛の時代は、目利きによる編集機能を突き詰めていく必要があります。


これからの社会の変化に対応しながらも、創業時からの「時の器」という思想(コンセプト)は変わりません。ある時代でしか通用しない固定化された器(館)ではなく、その時々に応じてゆるやかに変わっていく。いってみれば、過去の懐かしいモノから、現在の刺激的なモノ、そして未来を夢見させてくれるようなモノを提案し続ける店でありたい。


入社から3年くらいたって、西武渋谷店の改装の際に、文房具の売り場づくりを任されました。感度の高いビジネスパーソンにターゲットを定め、英国式の手帳や、西ドイツのブランドの電卓・腕時計を取りそろえました。オープン前日に商品が届かないというハプニングもあって冷や汗をかいたのですが「自分の頭で潜在ニーズを考え、商品を選び、売り場を編集する」という、この仕事ならではの自由な世界を知りました。


安藤公基の経歴・略歴

安藤公基、あんどう・こうき。日本の経営者。「ロフト」社長。西武百貨店に入社。渋谷西武ロフト館立ち上げに参画。ロフト商品部ホームファッション事業部長、仙台ロフト・梅田ロフト館長、取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェフリー・フェファー

あなたが周囲の注目を集め、存在を認められる存在ならわざわざ怒る必要はない。あなたの訴えや主張を相手に真剣に考えさせたいときこそ怒りを示すのだ。


金児昭

成果を出しても周りが認めてくれなかった場合、これも一つの試練、結果として自分を育ててくれていると考えてはどうでしょうか。


やくみつる

自分を変えるタイミングは、閉塞感を感じたときだと思いますね。私は40歳のときでした。30代の仕事漬けの生活に見切りをつけたんです。いま振り返ると、当時の自分はゾッとするぐらい描いてました。40誌、紙の媒体に連載を持って、月産のネタの数が200以上……。とにかくキツい。この生活パターンを変えようと思ったんです。


樋口知之

これからの時代はどんなビジネスパーソンも、データリテラシーは身につけた方がいい。特に経営トップや現場のリーダーは、自分がデータを分析できなくても、データを読んで将来を予測し、意思決定していかなけばならない。データが読めなければ競合に負けてしまう。


門田道也

私は入社後の短い期間を除き、一貫して間接部門を歩んできました。特定の事業や技術にどっぷりつかっていないのは私の強みです。主要顧客の電子産業が激変しており、我々も変わらなければなりません。中井(稔之)会長はしがらみのない私に変革を期待してくれたのだと思います。


竹内規彦

上司は、部下から理由や根拠を説明されることを期待しており、それに応えてくれる部下ほど、いい印象をもつのです。反対に、自分の考えばかりを主張したり、周囲に媚びてばかりの部下は、信頼されません。


ジョン・D・ロックフェラー

私は災難が起こるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けてきた。


茂木健一郎

職場内で尊敬する人とか、手本にする人を見つけることは大事ですよね。ミラーニューロンという神経細胞が脳にはあって、関心のある人を見ているだけで、その人の行動や言動を脳の中で再現すると言われています。無意識にマネをするというわけ。オーバースペックで面白い人って必ず職場にいるから、まず見つけて手本にすること。


森山文弘

唐揚げ屋がチェーン化されてこなかったのは、惣菜屋さんやコンビニの存在があった部分も大きいです。ただ今後は、より専門店ならではのクセになる美味しい唐揚げのニーズも高まってくるはずです。当社もその美味しい唐揚げの魅力を伝えるべく、まずは100店舗体制を目標に展開していきたい。


冨山和彦

最初はモチベーションが低くても、実際にやってみたら、あとから上がった、ということも少なくありません。だからいろいろ試してみるといい。そうして、何かに情熱を注ぎ込んでいれば、必ず得るものがあるはずです。


坂東眞理子

直接顔を合わせて話すことはもちろん大切ですが、書物は直接会えない人とも時空を超えて対話することができます。読書は文章を磨くうえで欠かすことのできない王道といえるでしょう。文章に100%正解はありません。常に学び続ける姿勢が必要です。


島田久仁彦

情報はたくさん持っていてもあえて知らないふりをして、相手にしゃべらせる。相手も心を開いて信頼感を持つことにもなるし、自分の考えと力で解決したいという実感を持たせることができる。


丸山健夫

ひとつインプットしたら、3つ以上アウトプットするという習慣を繰り返していけば、チャンスは確実に増えていく。どんな些細なことでもいい。行動するときはいつも3つの目的を持つことを心がけてください。


内藤忍

私の場合、スーツにネクタイというフォーマルな服装をすることはほとんどありませんが、カジュアルであっても、色使いや素材の質の良いものを選んで、艶のある服装をするように心がけています。また、シチュエーションに合わせた服装も重要です。たとえば、普段と違ったカチっとした服装で訪問すれば、「今日は真面目な話をしに来ました」ということが相手に伝わります。反対に、プライベートでの食事の場で堅い格好をすれば、相手とのあいだに心理的な壁ができてしまいます。相手と親しくなりたいのなら、思い切りカジュアルな服装にしてみるとか、服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべきです。


長谷部健(政治家)

渋谷もこれからはロンドン、パリ、ニューヨークとも肩を並べる成熟した国際都市を目指したいと考えています。成熟とは、急激に変わることではありません。新しいものを生み出しながらも、街の歴史や成り立ちを踏まえ、すでにあるものを充実させてバランスをとっていく。


ページの先頭へ