名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安田顕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安田顕のプロフィール

安田顕、やすだ・けん。日本の俳優。北海道出身。北海学園大学経営学部卒業。在学中に演劇を開始。演劇ユニット「TEAM NACS」結成に参画。舞台、バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

安田顕の名言 一覧

舞台の芝居だけではなく、必死で何でもやってました。テレビ局に企画を提案したり、バラエティ番組で1泊3日の弾丸ツアーをやったり、営業もやりました。どんな環境でも、腐るか腐らないかは自分次第だと。


役者は、常に固まることがなく、チャレンジし続けられる仕事。同じような役をやるだけでは、自分の器が、一杯になって溢れてしまう気がします。


十個のセリフがある役と、一個しかない役があっても、十の人が大変で、一しかないのはラクだなんて思ったら終わり。


注目されてからのプレッシャーも大きい。だから、僕はリラックスするために、毎朝、ベランダでタバコを1本だけ吸うんです。その時間にいろいろ考えますね。漠然とした不安もあります。そこを切り替えて仕事に向かう毎日です。


どの作品にも全力投球で臨んでいますが、ヒット作に恵まれると急に注目されますよね。とはいえ、やることは変わりません。いまだにどの役も難しいと思っていますし。


わざわざNACSのお芝居を選んで、チケットを買って来てくださる。いつも心からありがたく思っています。そういう皆様の大きな期待に、すべての公演で応えたいですね。役者として、きちんとした高いモチベーションを保ち続けたいです。そして、満足してくださった皆さんのお顔をカーテンコールで拝見できたら最高ですね。


よく「お若いですね」と言われるのは、表情筋を使っているからですかね。喜怒哀楽を表現する役者の仕事で良かったです。


いままで僕は、作品の舵取りは監督の役目だと思っていて、できるだけ監督の思うままに近づけたいと取り組んでたんですね。でも最近、その中で、さらに監督の「思いを汲み取って」演じることが大事だと思うようになりました。


40代を迎えると、なかなかご指導ご鞭撻をしていただける世代ではなくなりますからね。自分自身で物事を考え、実行しなければなりません。いままでは、監督の指示通りにやることが自分の仕事だと思っていたんですけど、相手の思いを汲み取りたい、という姿勢で現場に臨むように意識したら、もっと強いやりがいにつながっていったんです。


安田顕の経歴・略歴

安田顕、やすだ・けん。日本の俳優。北海道出身。北海学園大学経営学部卒業。在学中に演劇を開始。演劇ユニット「TEAM NACS」結成に参画。舞台、バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

横山光昭

お金のコントロール力には、次の3段階があると考えています。

  1. お金を管理する:家計を健全に回せるようになる段階
  2. お金を学ぶ:1で貯めたお金を活用する方法を学ぶ段階
  3. お金を運用などに活かす段階

多くの人は、1の段階でつまずいてしまいます。その結果、一発逆転を狙ってハイリスク・ハイリターンな投資に手を出したりする人がいますが、お金を管理するスキルもないままに投資に手を出せば、失敗するのは必然です。


関本忠弘

変化に追従するだけでなしに、あるべき必要とする変化を自ら興す原動力たれ、人間素質があれば前向きに考えるところまでは行きます。問題は考えるだけでなく実行することです。


松本幸夫

残業している本当の理由に気づくには、まず自分の時間の使い方を分析することが必要です。それは自分の至らない部分と向き合うということですから、気が進まないのはよくわかるのですが、真実から目を逸らしているようでは、いつまで経っても残業漬けの毎日から抜け出すことはできないでしょう。


土井健資

経営理念や想いを共有するために心がけていることは、社内の絆を深めることですね。そのために、業務においては私自身も現場に入り、社員たちとともに汗をかいて働く機会をつくるようにしています。


松本晃(経営者)

経営はそれほど複雑怪奇なものではない。いくらシンプルにしても実行することは難しいのですから、複雑なことは、なおさらやりようがない。


進藤晶弘

私は1日に3~4回、社内を巡回します。何をするのかというと、社員が仕事をしている横に行き、デスクの上にどんな本があるのか、さっと見渡すのです。すると、その社員の興味が分かる。そして、「どうやらあなたはこっちの仕事に興味がありそうだね。今の仕事と、本当はどっちをやりたい?」と聞くのです。すると、「実は、こっちをやりたいんです」などと答えてくれる。そして、その社員の上司に、「もしこういう仕事をする機会があれば、チャンスを与えてやってほしい」と伝えたりします。こういう私の社内巡回を、社員は「徘徊」と呼ぶんですよ(笑)。


石井昌彦

スタートとゴールの間におぼろげに見える線の間に点を打っていく。とりあえず1回、その点に向けて動いてみる。それを繰り返し、成功と失敗を整理しながら点と点をつないでいくことで、最終的なゴールへの線が引かれていく。


清宮克幸

ライバルの存在がチームや個人をより強くする。


大倉和親

良品の供給、需要家の満足がつかむべき実体。利益という影を追えば一生実体を捕らえずして終わる。


宇佐美博高

私も他のメンバーも長年にわたって銘柄の分析や運用に携わり、様々な経験を積んできました。失敗した経験も含めて全てが血や肉となっています。


小山昇

みんなが知らない情報にこそ価値がある。日経新聞だけ読んでも他の人と同じ情報しか手に入りませんよ。


徐楽楽

自分の作るアプリケーションが世の中で必要とされる、という自信を持って仕事をしています。