名言DB

9425 人 / 110833 名言

安田顕の名言

twitter Facebook はてブ

安田顕のプロフィール

安田顕、やすだ・けん。日本の俳優。北海道出身。北海学園大学経営学部卒業。在学中に演劇を開始。演劇ユニット「TEAM NACS」結成に参画。舞台、バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

安田顕の名言 一覧

舞台の芝居だけではなく、必死で何でもやってました。テレビ局に企画を提案したり、バラエティ番組で1泊3日の弾丸ツアーをやったり、営業もやりました。どんな環境でも、腐るか腐らないかは自分次第だと。


役者は、常に固まることがなく、チャレンジし続けられる仕事。同じような役をやるだけでは、自分の器が、一杯になって溢れてしまう気がします。


十個のセリフがある役と、一個しかない役があっても、十の人が大変で、一しかないのはラクだなんて思ったら終わり。


注目されてからのプレッシャーも大きい。だから、僕はリラックスするために、毎朝、ベランダでタバコを1本だけ吸うんです。その時間にいろいろ考えますね。漠然とした不安もあります。そこを切り替えて仕事に向かう毎日です。


どの作品にも全力投球で臨んでいますが、ヒット作に恵まれると急に注目されますよね。とはいえ、やることは変わりません。いまだにどの役も難しいと思っていますし。


わざわざNACSのお芝居を選んで、チケットを買って来てくださる。いつも心からありがたく思っています。そういう皆様の大きな期待に、すべての公演で応えたいですね。役者として、きちんとした高いモチベーションを保ち続けたいです。そして、満足してくださった皆さんのお顔をカーテンコールで拝見できたら最高ですね。


よく「お若いですね」と言われるのは、表情筋を使っているからですかね。喜怒哀楽を表現する役者の仕事で良かったです。


いままで僕は、作品の舵取りは監督の役目だと思っていて、できるだけ監督の思うままに近づけたいと取り組んでたんですね。でも最近、その中で、さらに監督の「思いを汲み取って」演じることが大事だと思うようになりました。


40代を迎えると、なかなかご指導ご鞭撻をしていただける世代ではなくなりますからね。自分自身で物事を考え、実行しなければなりません。いままでは、監督の指示通りにやることが自分の仕事だと思っていたんですけど、相手の思いを汲み取りたい、という姿勢で現場に臨むように意識したら、もっと強いやりがいにつながっていったんです。


安田顕の経歴・略歴

安田顕、やすだ・けん。日本の俳優。北海道出身。北海学園大学経営学部卒業。在学中に演劇を開始。演劇ユニット「TEAM NACS」結成に参画。舞台、バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

袴田武史

日本の大学は各研究室が非常にレベルの高い研究をしていました。ただ、一つ一つは最先端ですが、それを組み合わせて宇宙船をつくることを研究している研究室がなかった。探してみると、アメリカのジョージア工科大学に航空宇宙工学の概念設計を研究しているところがあった。それで修士課程はそちらに進みました。


ジョージ・バーナード・ショー

真の余暇とは、我々の好きなことをする自由であって、何もしないことではない。


大西賢

雇用を守るということはリーダーにとって非常に大きな責務だと思います。たとえば今後、10人の要員が8人に減るかもしれない。リーダーはそうしたことを見越したうえで、雇用を守っていかなくてはなりません。


國光宏尚(国光宏尚)

無理だと思われるくらいの野心的な目標を掲げて、それに挑戦し、乗り越えていくのがベンチャー企業のやり方。


田村邦明

ラグビーで学んだのは一人は皆のために、皆は一人のためにの精神です。その集団の組織力によって発揮される凄さという力学、そういう価値観を踏まえたスポーツに取り組み実践出来たことが、今考えると大きな収穫だったと思います。


三木田國夫

若い社員には「正しいことを言うときは気を付けなさい」と教えています。場合によっては相手が傷つくでしょう。いつも全体のことを念頭に置くことが大切です。


山本昌(山本昌広)

挑戦の途中には、何度も迷いが生まれると思いますが、それらを少しでも減らしてくれるのは、やはり自分の決心と決断を信じること。


藤原健嗣

何事においても、ぼんやりとニュースや問題を眺めていてはいけません。ギリギリまで突き詰め、自分の思いを遂げたいという強い思いでものごとを見ると、同じものを見ても、違う答えを得ることができます。


水野雅義

全国各地の工場に行き、責任のある立場の社員と夕食をともにするということを、各工場で年に一度ずつ必ず実行しています。どこか行かない工場があると問題になるので、29カ所全部です。ある程度社歴の長い社員は、「変なことを言ったら怒られる」という考えが先に立ってしまうようですが、若い人は発想が柔軟で、委縮もしていないので、面白いアイデアがボンと出てくる。ですから、そういう機会を設けるのは意味があることだと思っています。


真田茂人

上司本人をその企画の当事者にしてしまえば効果は抜群。上司が企画に惚れ込むように、早い段階から上司を巻き込んでいきましょう。具体的には、企画を練り直す際に、プロセスから関わってもらうんです。人間はできあがったものを渡されても、それを他人事としか思えません。でも、自分自身が部下と一緒になって作り上げた企画なら特別な思いが生まれます。当然、内容的な理解も深まります。