名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

安田登の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安田登のプロフィール

安田登、やすだ・のぼる。日本の能楽師、ロルファー。千葉県出身。下掛宝生流ワキ方能楽師。著書に『能に学ぶ身体技法』『体と心がラクになる「和」のウォーキング』。

安田登の名言 一覧

悩んでも状況は変わらない。どうしようどうしようと繰り返していても意味がない。


地道な努力も大切ですが、まじめにやりすぎないことも大切。気が向いたときにてろてろ練習する。嫌にならない程度に勉強する。くり返しくり返し。そうすると突然何かがわかることがある。


脳を騙せば体が変わる。自分の限界を自分で決めてはいけない。


腹にすわった心は行動する心。能楽師なら、舞台にいろんな不安があっても、目の前に問題がないんじゃ仕方がない。考えているよりも稽古した方がいいんじゃないか、となる。


吸う息を意識すると気持ちは広く明るくなり、頭の中も活性化します。吐く息はあなたを落ち着かせ、重みと信頼感をもたらします。呼吸によって世界は変わっていく。


相手と同じように呼吸を浅くして、だんだんと深くしていく。そうすると、何も言わなくても相手も自分に同じように、ゆったりと深い呼吸に変わってくる。


人の成長とは、努力に比例して右肩上がりに上がっていくものではない。地道に努力を続けていても一向に上達しなかったことが、あるとき突然に別の次元に入る。それは非直線的な変化として訪れる。いくら練習してもできなかった逆上がりが、ある瞬間を境に「あたりまえにできる」ようになるように、営業マンなら、ある日を境に面白いように契約が取れることがある。0か1の変化は、その日がくる前に放り出してしまえば、0のままです。


能の世界では師匠からある日突然、自分にはとうていできない演目をやれと告げられることがあります。絶望的な気持ちで必死に稽古をしても、まったく見込みが立たない。この時の「できない」は自分の作った「或(境界を引く、限定すること)」にはまった状態です。イメージとしての「できない」に囚われていてはダメなんです。能では師匠に「できません」ということなどできないので、やるしかないのですが、そうやって能の舞台は成立し、新たなステージが開けるのです。


近頃、「ブレない軸をもつ」ということが、ビジネスマンの間でひとつのキーワードになっています。日本語にはもともと「腹がすわっている」という表現があります。何が起こっても動じない。まわりに左右されることなく自分の信念を貫き通す。政治家だけでなく、ビジネスの世界でもリーダーに求められる必須条件のひとつですね。


呼吸に影響を与える筋肉は胸だけでなく、背中や骨盤にもついています。デスクワークやパソコン作業、車の運転など、いま私たちは人類史上で一番体が固まる環境に置かれています。首や背中が凝ると、呼吸が浅くなります。すると疲れが抜けず、心にゆとりがなくなる……。みなさんも経験がありますよね。そんな呼吸やいらつきは周りに伝染し、「息がつまる」悪循環になりがち。


安田登の経歴・略歴

安田登、やすだ・のぼる。日本の能楽師、ロルファー。千葉県出身。下掛宝生流ワキ方能楽師。著書に『能に学ぶ身体技法』『体と心がラクになる「和」のウォーキング』。

他の記事も読んでみる

加藤俊徳

他人はそう簡単に褒めてくれません。それなら自分で自分を褒めるしかない。今の時代、自分で自分を褒める能力がなければストレスに負けてしまいます。


高妻容一

見える化すれば、目標を達成するためには何をどうすればいいかが見えてきて、やる気が高まる。


榎本博明

成長とは、言葉を換えれば自己改造です。自分の本質的な部分を変えるのは、精神的に負担や苦痛をともなうものですが、手っ取り早く「自分を大きく見せたい」意識が働くと、人間は上から目線になりやすいんです。しかし、上から目線は自分の弱さを一時的にカモフラージュするだけで、自分が強くなるための手段じゃない。自信のなさは、すぐに相手に伝わってしまうのが現実なのです。


岡田尊司

正しいと思う「正論」を、理屈でわからせようというやり方は溝を深める。実際は多くの人が理屈ではなく感情論理で動いているので、これでは逆に反発を招く。


村山早紀

いつもニコニコしている人でも、なにか抱えていたりしますよね。私はそうした普通の人、善良なる人というものを書きたかったんだと思うんです。時々、泣き言とかも言うけど、人に寄りかかることもなく、心に凛としたものがある人々を。


中西哲生

僕はサッカー部のない高校に進学したにもかかわらず、日本ユース代表候補に選出されました。そうなれたのは、何より、地道に続けていた独学のトレーニングが実を結んだ結果でした。この体験から「地道に正しく努力すれば不可能はない」と学ぶことができました。


川村元気

上司とのコミュニケーションの鍵は想像力だと思います。ちょっと想像力を働かせれば、チームの最終ゴールから考えて、進行を遅らせても今すぐ伝えるべきなのか、それとも機会を選んで伝えた方がいいのか、おのずと見えてくるはずです。


山岡孫吉

私は学歴がなく、十分の学問を積むことができなかったので、実地の見聞でそれをカバーしようとした。機会あるごとに積極的に各地を歩き回っていたので、かなり地方の事情に詳しかった。


宮田玲(経営者)

私は、若い人たちにも思い切って自由にやらせて、少々の脱線は見守るという、祖父以来の伝統を踏襲していきたいと思っています。ただし、本当にダメな局面になったら自分が出ていかないといけない。ですから、しっかり見守って、責任だけは私がちゃんと取るという姿勢を崩さずにいたいと思うのです。


原晋

陸上競技で一番大切なのが規則正しい生活ですが、監督命令だと思ったら絶対に腹落ちしません。うちのチームは朝5時に起きて、夜は10時門限の10時15分消灯なのですが、やらされ感があるとぎりぎりになったり、門限を破ったりしてしまう。自分目身が「箱根で勝つ」という目標を持ち、そのために必要なんだと思っていたらそんな行動はしません。結果が出はじめるとより自己管理しようという意識になりいつも以上に早く帰って体を休めようという思考になるのです。


美輪明宏

私は昔から「給料だと思うな、我慢料ですよ」と言っています。嫌なことを我慢するからそれだけのものをいただけるわけです。たとえば歌い手やタレントであっても、鼻歌だけ歌って、カッコばかりつけて、好きなことばかりやって、それで長く人気を保ちたいなどというのは図々しいのです。


吉田たかよし

脳というのはまさに今の官僚組織と似ています。ムダだとわかっていても過去の慣習を変えられずについつい同じことを繰り返す。そこで仕事のムダを省くためには思い切って脳に活を入れる必要がある。私は仕事の「一人仕分け作業」と呼んでいるのですが、いま自分がやっている仕事が本当に必要なものかどうか検証することをお勧めしています。