名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安田登の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安田登のプロフィール

安田登、やすだ・のぼる。日本の能楽師、ロルファー。千葉県出身。下掛宝生流ワキ方能楽師。著書に『能に学ぶ身体技法』『体と心がラクになる「和」のウォーキング』。

安田登の名言 一覧

悩んでも状況は変わらない。どうしようどうしようと繰り返していても意味がない。


地道な努力も大切ですが、まじめにやりすぎないことも大切。気が向いたときにてろてろ練習する。嫌にならない程度に勉強する。くり返しくり返し。そうすると突然何かがわかることがある。


脳を騙せば体が変わる。自分の限界を自分で決めてはいけない。


腹にすわった心は行動する心。能楽師なら、舞台にいろんな不安があっても、目の前に問題がないんじゃ仕方がない。考えているよりも稽古した方がいいんじゃないか、となる。


吸う息を意識すると気持ちは広く明るくなり、頭の中も活性化します。吐く息はあなたを落ち着かせ、重みと信頼感をもたらします。呼吸によって世界は変わっていく。


相手と同じように呼吸を浅くして、だんだんと深くしていく。そうすると、何も言わなくても相手も自分に同じように、ゆったりと深い呼吸に変わってくる。


人の成長とは、努力に比例して右肩上がりに上がっていくものではない。地道に努力を続けていても一向に上達しなかったことが、あるとき突然に別の次元に入る。それは非直線的な変化として訪れる。いくら練習してもできなかった逆上がりが、ある瞬間を境に「あたりまえにできる」ようになるように、営業マンなら、ある日を境に面白いように契約が取れることがある。0か1の変化は、その日がくる前に放り出してしまえば、0のままです。


能の世界では師匠からある日突然、自分にはとうていできない演目をやれと告げられることがあります。絶望的な気持ちで必死に稽古をしても、まったく見込みが立たない。この時の「できない」は自分の作った「或(境界を引く、限定すること)」にはまった状態です。イメージとしての「できない」に囚われていてはダメなんです。能では師匠に「できません」ということなどできないので、やるしかないのですが、そうやって能の舞台は成立し、新たなステージが開けるのです。


近頃、「ブレない軸をもつ」ということが、ビジネスマンの間でひとつのキーワードになっています。日本語にはもともと「腹がすわっている」という表現があります。何が起こっても動じない。まわりに左右されることなく自分の信念を貫き通す。政治家だけでなく、ビジネスの世界でもリーダーに求められる必須条件のひとつですね。


呼吸に影響を与える筋肉は胸だけでなく、背中や骨盤にもついています。デスクワークやパソコン作業、車の運転など、いま私たちは人類史上で一番体が固まる環境に置かれています。首や背中が凝ると、呼吸が浅くなります。すると疲れが抜けず、心にゆとりがなくなる……。みなさんも経験がありますよね。そんな呼吸やいらつきは周りに伝染し、「息がつまる」悪循環になりがち。


安田登の経歴・略歴

安田登、やすだ・のぼる。日本の能楽師、ロルファー。千葉県出身。下掛宝生流ワキ方能楽師。著書に『能に学ぶ身体技法』『体と心がラクになる「和」のウォーキング』。

他の記事も読んでみる

片岡鶴太郎

節目節目を思い返しますと、いつも思うんです。結局、私を支えてくれたのは人との出会いなんだな、と。


伊藤慎介

我々は自動車を作るって言っていますけど、実際に目指している乗り物は実は自転車に近いものです。自転車から「あがる」乗り物に挑戦しようというわけです。決して僕らは、軽自動車とか乗用車とか、立派なクルマと頭からケンカするつもりはないんです。そもそも、勝てる相手じゃないですしね(笑)。


中村洸太

自分の今の状態を客観的に見る定期点検の習慣を身につけて、イライラしにくい人を目指しましょう。


田口三昭

失敗はイノベーションの最大のチャンス。


小杉友巳

人によって具体的な対象は異なるでしょうが、私の考える良い人生というのは、最後に自分は幸せだと思えるかどうかです。「30代のころはよかった」「40代のころに戻れたら」などと昔を振り返るのではなく、まだまだやりたいことは山ほどあると人生の最後の瞬間においても、目標に向かっている姿勢を崩さずにいる。そんなうちに死ねたら幸せではないでしょうか。


鈴木喬(経営者)

同じことばかりやっていては、アイデアは出てこない。


細川茂樹

常に相手に気を遣わせてはいけないと思っています。だから「自分は人見知りで……」と言って気を遣わせる人を見ると「だったら帰れ!」とツッコミたくなります(笑)。


窪田良

過去に様々な研究者を見てきましたが、仮説自体が間違っているというより、自身の仮説を信じることができないために諦めてしまう場合が少なくありません。


日比野隆司

どんな仕事でもおざなりにしないということが大事です。例えば、コピーを取る、ホチキスを止めるという作業でも、適当にこなす人と、考えながらする人とでは、先々大きな差が出てきます。仕事へのこだわりが大事。


松尾静磨

昔はお客さんが1人か2人しかいないことがあった。それでも当時の社員諸君は1人のお客、1つの貨物や郵便物を心から大事にした。それは、本当にありがたいと思う感謝の気持ちからだ。そうした真心の積み上げが、今日の収益を生み出したのだということを忘れないでくれ。
【覚書き|日航の創業期を知らない若手社員たちに語った言葉】


藤巻幸夫(藤巻幸大)

失敗をバネにして成長できる人間なら、さっさと立ち上がって、次の挑戦をする。これは失敗を恥だと思っていないからだ。だから、失敗を恥じることはないけれど、何もしないで落ち込む自分を恥じる気持ちは必要だということだよね。


長谷川穂積

僕もそうなんですが、どのスポーツの選手でも自ら進んで練習をしたいという人はいないんじゃないですかね。でも、そんな気持ちに勝って練習するわけですよ。なぜかといったら練習しないと勝てないから。大勢の人が見ている前で負けるのがイヤだからです。人前で負けるのは恥ずかしいですからね。