名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安田洋祐の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安田洋祐のプロフィール

安田洋祐、やすだ・ようすけ。日本の経済学者。東京出身。東京大学経済学部卒業後、プリンストン大学経済学部でM.A.およびPh.D.を取得。政策研究大学院大学助教授に就任。専門はゲーム理論。著書に『学校選択制のデザイン』ほか。

安田洋祐の名言 一覧

制度を設計する際には、個々の参加者が設計者の知らない私的な情報を持っていて(=情報の非対称性)、その情報を生かしつつ参加者自身にとって得になるように振る舞ってくる(=利害の不一致)、という点に注意することが重要です。


インセンティブは、金銭的な動機という狭い意味で使われることがありますが、実は金銭換算できないリターンやコスト、心理的な影響なども含みます。「蓼(たで)食う虫も好き好き」で構わない、という点に注意してほしい。


安田洋祐の経歴・略歴

安田洋祐、やすだ・ようすけ。日本の経済学者。東京出身。東京大学経済学部卒業後、プリンストン大学経済学部でM.A.およびPh.D.を取得。政策研究大学院大学助教授に就任。専門はゲーム理論。著書に『学校選択制のデザイン』ほか。

他の記事も読んでみる

森永雄太

ジョブ・クラフティングがうまくいかないケースを見ると、大抵、タスクを変えただけで、人間関係を変えていない場合が多いものです。タスクを変えただけでは、周りとの連携がうまくいかなくなってしまいます。タスクを変えると同時に、上司や周囲に意見を求めたり、フィードバックをしたりすることによって、自分もやりがいを感じられ、組織にも貢献できるジョブ・クラフティングが実現できます。タスクと人間関係を、バランスよく変えていくことが重要です。


塚本こなみ

経営立て直しのために行なったのが、料金の変更です。パークはもともと、300円から700円の変動料金を採用していましたが、私はこれを1000円に値上げしました。その一方で、花の咲かない冬場の入園料を無料にしました。すると、売り上げがすぐに倍増。無料にしたことで、園内にお客様が入るようになり、レストランや売店の利用が増加したのです。


小宮康正

いま、様々な会社で働くビジネスマンも、それぞれの業界の伝統に支えられている。


松本大

理路整然とまではいかなくても、話の趣旨を伝えることができれば、英語のコミュニケーションは案外できる。そのためにはまず、カタカナ英語でもいいから、文法などの基本的な「型」をマスターしておくことが大事。


古川裕倫

「自分はこの案件が好きなのでやりたい」ではなく、「会社が成長するために必要だ」と会社を主語にした意見で押しましょう。


小倉広

ムダと指摘されることを「恐れる」メンバーもいます。自分の担当業務を不要だと言われることは、ある意味存在意義を否定されることにもつながるからです。そうしたメンバーは自衛に回ります。ムダを排した結果として「やることがなくなった」部下に対しては、本人の適性に合ったワンランク上の仕事を準備して担当させましょう。本人のスキルも上がり、チームの成果も向上するでしょう。


湯浅智之

市場性を正しく見極めることも重要。事業という種を見つけた人には愛着がわくので、冷静な分析ができなくなることがあります。そうするとニーズを見誤ったり、勝ち目のないレッドオーシャンの領域に踏み込んで失敗します。実際、我々もこうした失敗は何度も繰り返してきましたが、数をこなすことで経験とノウハウを蓄積し、確実に成長を続けています。


長井啓

当社が大事にしているのは、顧客であるエンジニアの声です。当社のビジネスモデルは「BtoB」ではなく、エンジニアの頭文字をとり、「BtoE」だと社内に言っているほどです。彼らの要望を製品に反映させることで、競合より価格が高くても、エンジニアは当社の製品を選んでくれます。


加藤一二三

かねてより興味のあることを実行するのは、行き詰まった状況を打開し、自分の世界を変える一つの方法。ぜひ試してみてください。


ハワード・シュルツ

私の動機は、父の惨めな姿です。父は生涯を通じて30もの酷いブルーカラーの仕事につき、不安定な生活しか送れなかった。教育のない人間にはチャンスが与えられなかったのです。このことはスターバックスの文化や価値の形成に、直接つながっています。私が作りたかったのは、自分の父親が働くチャンスを生涯得られなかったような会社です。従業員が大切にされ、かつ尊敬され、出身地・肌の色・教育のレベルを問わない会社です。


古賀伸明

1人の人間は弱い。だから助け合い、支え合うことが必要。


北尾吉孝

事業というのは一人ではできません。自分の周りの自分よりも優秀な人、あるいはそれぞれの分野で優れた人が集って初めて事業になるわけです。