安澤武郎の名言

安澤武郎のプロフィール

安澤武郎、やすざわ・たけろう。日本の組織変革コンサルタント。滋賀県出身。京都大学工学部卒業後、鹿島建設などを経てペネトラ・コンサルティングを設立。著書に『京大アメフト部出身、オールジャパン4度選出の組織変革コンサルタントが見つけた仕事でもスポーツでも成長し続ける人の壁をうち破る方法』。

安澤武郎の名言 一覧

検証する習慣は組織力を強化し、確実に目標へ近づく。


上級生の妥協しない姿勢を見た下級生も「日本一になりたい」という想いが強まり、自主性が芽生えるという文化が形成される。
【覚え書き|京大アメフト部時代を振り返っての発言】


安澤武郎の経歴・略歴

安澤武郎、やすざわ・たけろう。日本の組織変革コンサルタント。滋賀県出身。京都大学工学部卒業後、鹿島建設などを経てペネトラ・コンサルティングを設立。著書に『京大アメフト部出身、オールジャパン4度選出の組織変革コンサルタントが見つけた仕事でもスポーツでも成長し続ける人の壁をうち破る方法』。

他の記事も読んでみる

山本常朝

修行においてはこれまで成就という事はなし。


森秀明

問題解決は正しいステップで考えて進んでいくことが大切。「問題の把握」「原因の調査・分析」「解決策の立案」「解決策の実施」。大きく分けてこの4ステップで考えてみてください。


森下篤史

人間が話し手のどこを見て人柄を感じたり、信頼するかっていうと、こりゃもう、ほとんど言葉じゃないんだ。どれだけいいこと言っても、声が小さかったり、目がキョロキョロしたりすると、「こいつは信用できない」となります。逆に、何か売りに来た人でも、目つきに自信があれば、「話を聞いたら、何か得するかもな」となります。


入山章栄

これからの日本は「一人ひとりが、経済学と経営学を学ぶことが重要な時代」になってきたといえます。何より、みなさんがキャリアをつくっていくことは、ご自身の「キャリアの経営」を考えることにほかなりません。


井上礼之

人々の生活を変えるような商品の発想は、過去のデータやマーケティングリサーチなどから出てくるようなものではない。AIやIoTはビッグデータを基に人間にはできない速さで分析や解析をして、答えを導き出すのは得意だ。しかし、人の営みに近いところから新たな発想を生み出すことは、いずれは可能になるにしても、まだ相当時間がかかるような気がする。


髙井法博

成功するまでやり続ければ、必ず成功できます。一所懸命やる者を、世の中はけっして放っておきません。


益本康男

例えば、工場の清掃をしろと言っても、その基準が必要です。箒で壁をなでたら清掃になるのか、手で触ってホコリが付いたら清掃していないことになるのか。だから、清掃の物差しを作る。物差しがあれば、それをどのように使っていくかみんなが議論する。そうした工夫がある現場は活気づくのです。


勝間和代

人間は怠惰な生き物ですから、仕組みをつくらないと動きません。スポーツクラブやボイストレーニングの予約といった、必要だけれど対後回しにしてしまう予定をまず組んで、自分への投資の時間を確保します。そして、仕事のアポは残った時間に入れていきます。


三木雄信

重要な問題を見極めるには、なるべく多くの人からヒアリングして集計・分類することが大切です。分類の結果、Aという問題が30%、Bという問題が10%だったなら、Aから対応していけばいい。実際には、さらに費用対効果の視点を加えて判断します。もしAのほうが問題でも、その解決に膨大なコストがかかり、効果も限定的だったとしたら、Bを先にやったほうがいいかもしれない。そうやって優先順位を見極めるために数字を使うのです。


松本晃(経営者)

海外企業との提携や交渉は片手で握手し、もう一方の手では殴り合う。そういうものでもあることを忘れてはいけない。


奥山清行

私はどんな仕事に携わる場合でも、商品が生み出す現場や、売られている現場、使われている現場をすべて知ることをとても重視しています。たとえば、先ごろ農業機械などで有名なヤンマーの社外取締役を務めることになったのですが、それに先駆けて行なったのが、ユーザーである農家を訪ねて回ることでした。自分でもトラクターや耕転機を運転して農作業も体験しました。それと並行して、ヤンマーのほとんどの工場にも足を運びました。私が工場に行くと時間が長いことで有名なんです。ただ見学するだけではなく、自分で機械を触ったり、製造工程のディティールに踏み込んで担当の人に話を聞いたりしますから、それだけ時間がかかるのです。しかし時間と労力をかけて川上と川下の現場を見ることで、作る人たちのこだわりがわかり、またそれを使う人たちの潜在的なニーズを感じ取ることができます。そうして初めて、両者をつなぐために自分ができることを考えられるようになるのです。


山本伸(経済ジャーナリスト)

日本人がいけないのは、みな日本は成熟経済で、開拓地が存在してないと思っている人が多いんです。でもフロンティアはあるんですよ。


阿部孝司

この業界は、お客様の声を聞くフェーズには最も優秀な人材を充て、ソフトのつくり込の部分は単価の安いプログラマーにつくらせるという分業制が普通ですが、当社はここを一貫して行っています。分業スタイルだと問題が生じるからです。お客様に接する最も優秀な人間が、「こうしたら素晴らしい」というデザインを描いたとします。しかし、それをつくる人間が自分ほど優秀でない場合、「現実的には無理かな」とつくり込の部分で妥協してしまうのです。


菅原道仁

手術のミスを防ぐには、同じチームを組む助手役の医師や看護師との連携も重要。そのために重要なのは、情報の共有。普通、病院の電子カルテは、医師と看護師で分けるのですが、私のいた病院では、すべて一緒くたにしていました。そうすれば、「医師だけしか知らないこと」がなくなります。


森永卓郎

人脈も立派なコネ。人脈は普通のサラリーマンでも十分につくれます。「自分はあなたにとって、こんなにメリットのある存在です」と、能力や実績を売り込んで、引き立ててくれる社内外の人脈をつくりましょう。使えるコネはどんどん使うべきです。


ページの先頭へ