名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安本隆晴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安本隆晴のプロフィール

安本隆晴、やすもと・たかはる。日本の公認会計士・税理士。静岡県出身。早稲田大学商学部卒業後、朝日監査法人勤務、株式会社ブレインコア取締役を経て、安本公認会計士事務所を開設。ファーストリテイリング、アスクルなどの監査役を務めた。著書に『ユニクロ監査役実録』『熱闘 株式公開』『数字で考えるとひとの10倍仕事が見えてくる』『ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書』『火事場の数字力』ほか。

安本隆晴の名言 一覧

意思のある者には人が集まります。まずは「この指とまれ!」と自らの手を大きく掲げる必要があります。


今の時代、やり方しだいではいくらでも知恵を発揮する場面があり、誰にだって、どんな企業にだってチャンスはあります。


失敗する経営者というのは総じて慢心しています。


常に危機感を持つことも大切です。維持するということは変化することなのです。成長するには維持すること以上に変わっていくしかない。


目指していた姿と違っていたのなら、そこからまた修正していけば良い。


潰れない会社を作るためには、事業プランを自分で考えた上で実行することです。自ら考えることで、予定と現状の違いが分かる。他人に任せていたのなら、それが分かりません。


持った夢はとにかく人に話すべきです。思ったことを話すことで批判や駄目出しを受けることもありますが、それらを一つひとつ改善していけば、目標に近づいていけるのではないでしょうか。


会社がどのような規模であってもその時点で組織図をきっちり作れば、どの機能がどの程度足りないかが分かります。


見せかけの数字に騙されないようにするためには、常に損得勘定の意識をもっておくべきです。たとえば、「この店はお客が少ないけど、どこで儲けているのか」「電車の路線が延びたら、誰が儲かるのか」などと、日ごろの生活で損得の観点から疑問をもつわけです。そうした意識をもっていれば、「この広告の数字は過剰表現では?」などと気づけるようになるはずです。


比較対象とする数字を覚えておくことで、それが判断基準となります。まずは、メーカーなら自社の製造原価や利益率、販売管理費など、身近な数字から覚えていき、次に業界の平均値などに広げていけばよいのではないでしょうか。


たとえば営業マンなら、「ノルマにプレッシャーを感じて逆に焦り、仕事が空回りする……」こんなケースもあるはず。そんなときは、お客との交渉過程を5段階に分け、「契約締結を5とすると、いま4段階まで進んでいる」などと考え、上司にもそう報告するのです。数字はビジネスのあらゆる局面で役立ちます。目標管理に数字を使うだけで、仕事に対する心の安定度が違ってきますよ。


良い事業プランは、自分の頭で考えて、考えて、考えたその結果、絞りだすものです。最終的には、考えた総量や時間に比例するものではないでしようか。「考える」とは、対象と一体になって「相手が何を望んでいるのか」を感じることです。そうすることで何かが見えてくるのです。


安本隆晴の経歴・略歴

安本隆晴、やすもと・たかはる。日本の公認会計士・税理士。静岡県出身。早稲田大学商学部卒業後、朝日監査法人勤務、株式会社ブレインコア取締役を経て、安本公認会計士事務所を開設。ファーストリテイリング、アスクルなどの監査役を務めた。著書に『ユニクロ監査役実録』『熱闘 株式公開』『数字で考えるとひとの10倍仕事が見えてくる』『ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書』『火事場の数字力』ほか。

他の記事も読んでみる

酒巻久

私はキヤノンの課長時代、観察ノートというものをつけていました。「3月3日、今日は朝からA部長の機嫌が悪い重要な会議がある日は、どうもA部長は心に余裕がなくなるようだ」といったように、上司や同僚や部下の様子を観察して、気が付いたことをメモしていたのです。これを続けていると、人間への観察力が高まるとともに、周りを巻き込んで仕事をする際に、どういう接し方をすれば彼らがその気になってくれるか、接し方の急所がつかめます。


杉本勇次

2社とも非常に良い技術、製品やサービスを持っていますが、非常に成功したが故に社内が硬直的な体制になってしまった。品質問題、そこからくる事件が起きて、その対応に失敗して、消費者の反感を買うような対応でしたね。危機管理に失敗したのではないかという気がします。しっかりとしたガバナンスを構築して、スピーディーに経営を改革することで成長の余地は十分にあると見ています。
【覚え書き|マクドナルドとタカタについて】


永守重信

こんな世の中だからこそ一番大きな夢の根っこが出てくる。私も第一次オイルショックの時に起業した。一番世の中が混乱しているときに、ソニーやホンダも戦後の混乱期に出てきた。全てそうです。日本を代表する会社が出てきたのは日本が混乱しているとき。世界が混乱している今こそが起業のチャンスです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

企業の場合、まずは利益目標を立て、その利益を達成するための売上目標を立てるのが普通だ。そして、経費や給与として予算化されるのは、売上から利益を引いた残りである。これを家計に置きなおせば、利益目標は貯蓄、売上目標は収入、経費や給与は生活費となる。


嶋浩一郎

優れた企画者を目指すなら、「自分で説明できることにヒントはない」と思った方がいい。「説明できないけど、なぜか人を引きつけている」というものにこそアイデアのヒントがある。だから、企画を作る人には、「まだ知らないこと」「新しいこと」にどんどん挑戦してもらって、新たな気づきを得てほしい。


竹田陽一

テーラーが考えたマニュアルを作る方法と、マニュアルを使って教育と訓練をする本当の狙いは、仕事の内容を標準化することでした。その仕事に熟練していない人でも、早く平均的な技能を身につけさせ、平均的な仕事ができるようにすることでした。つまり、マニュアルは普通の人よりもズバ抜けてよい仕事をする名人や達人を育成するためのものではないのです。
【覚書き:テーラーとは、米国の生産性向上の専門家フレデリック・テーラーのこと】


村瀬治男

自分の役割を意識するというのは、部下に仕事を任せるときに、とくに大切なことです。その仕事が会社の中でどういう意味を持つのか、そこでどういうパフォーマンスが求められるのか、といった背景をきちんと説明できないと、部下はやりがいを見いだせないばかりか、腑に落ちないまま中途半端な仕事をやりかねないのです。


大倉忠司

私は自分の好きなことが仕事になっているので、ストレスは溜まりませんし、これといって趣味もないんです。


松井道夫

あの決定は間違っていた。ごめんなさい。”なし”にする。(覚書き|電話での証券取引事業の拡大を決断後、すぐにその決断を撤回したときの発言。そして松井証券はインターネット取引に全面方向転換する。この発言で多くの社員が辞めてしまったが松井証券の業績向上のターニングポイントとなった)


藤原弘治

我々自身がオペレーション、業務プロセスをロボティクスで置き換えていく。あるいはブロックチェーン、ビッグデータを活用してフロントのマーケティングを変えていく。そうしたことに取り組む未来への投資が極めて重要な社会的要請だと思っています。そうした機運を銀行界の中でしっかり根付かせることができるような発信をしていきたいと思います。


三遊亭歌る多

この業界でよく言われる言葉ですが「芸人に上手も下手もなかりけり。行く先々の水に合わねば」とあります。つまり相手が何をどれだけ求めているかを瞬時に察知できることのほうが、芸がうまくなることよりも大事なのです。


和田秀樹

生活水準が上がったら堕落するなんてウソ。自分で上げた生活の水準を守るために稼ぐ努力を続けられるかの違いだけなんです。