名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安延申の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安延申のプロフィール

安延申、やすのべ・しん。日本の官僚(通産)、経営者。「SGシステム」社長。岡山県出身。東京大学経済学部卒業後、通商産業省に入省。電子政策課長を務めたのち退官。スタンフォード大学日本研究センター所長、ウッドランド(のちのフューチャーアーキテクト)社長、SGシステム社長などを務めた。

安延申の名言 一覧

社長が、「うちの社員は駄目で働かない」と公言している企業はダメ。どんなダメ社員でもおだてて使う器量がなければいけない。


本業以外の所で何か語ると、本業を疎かにしているというように見られるところが日本にはある。


民間の優秀な人でも、同じことを何十年もやっていたら、その業界の尺度でしかものを測れなくて、世界の最前線でいろいろな事業を手掛ける業界の人とは差が出る気がします。役所はさらに特殊ですから、外に通用する人は少なくなると思います。


インターネットの分野だけは今後伸び続けていくだろうと思ったので、このまま役所にいてレールの上に乗るより飛び出るのも面白いかと。例えば、鉄とか石油とか一筋にやってきた人たちの業界に、役所から天下ったところで敵わないけれども、新しい分野であれば一斉にスタートだなと思いました。


安延申の経歴・略歴

安延申、やすのべ・しん。日本の官僚(通産)、経営者。「SGシステム」社長。岡山県出身。東京大学経済学部卒業後、通商産業省に入省。電子政策課長を務めたのち退官。スタンフォード大学日本研究センター所長、ウッドランド(のちのフューチャーアーキテクト)社長、SGシステム社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

酒井孝康

クオリティーが高い番組を作るためには、弁当選びだって手を抜けません。それに、相手に喜んでもらうためにはどうすればいいかを考えるという意味では、番組作りも弁当選びも同じです。


田中実(経営者)

ユーザーの本音やニーズを汲み取っておかないと、ユーザー離れを引き起こしてしまう。


山井太

社員採用の際も「アウトドア大好き」が絶対条件。なぜなら私も含めて社員自身が厳しい消費者でなければ、商品の細かい良し悪しがわかりませんし、選ばれるブランドになりえないと考えているからです。


大谷昭宏

いまはやる前から先に結論を知りたいというか、人生の結論めいたものを求める若者が増えたんじゃないかな。なにかに挑戦するというより、失敗することのほうを非常に警戒するでしょう。社会全体が減点主義になっているからだろうけど、飛び込んでみないことには、何も始まらないじゃない。


孫泰蔵

成功している人は、純粋な思いをずっと持ち続けている人なのです。周りを見ても、同時期に始めた人は殆ど消えてしまったが、その中で残っている人は純粋な思いを抱え辛抱してやってきた人です。


伊東孝紳

3つの喜び(造る喜び、売る喜び、買う喜び)には、時代によって順序が入れ替わるサイクルがあると思う。そして、社長就任時に僕が考えていたのは技術者の創造性を上げること、「造る喜び」を社内に取り戻すことだったんです。


稲盛和夫

最近は、上司が部下を叱るのを避ける風潮があるようです。しかし、叱ることができないのは、信念も思いも希薄な証拠です。リーダーが叱らざるをえないときに叱らないと、組織は弱体化します。


是枝伸彦

今まで私はいろいろな人に助けられてきました。そうした経験を踏まえて、自分は自ら生きているというよりも、生かされているのだと感じるようになりました。


梅森浩一

「要領がいい」というのは日本人にとってほとんどが「いい加減」や「手抜き」と同じ意味です。しかし、ビジネスの世界では要領の良さが常に求められています。なにも「手抜きしろ」と言っているのではありません。ただ「相手から評価されない仕事をいくらやっても、意味がない」と言いたいだけです。


豊島逸夫

個人投資家で成功している人には、コツコツ失敗経験も繰り返しながら、徐々に手を広げていくタイプが多い。成功体験だけでは続かない。色々な銘柄を拾い、コツコツ失敗することでリスク耐性が徐々に堅固になり、冷静にポートフォリオのリスク配分を考えられるようになるものだ。いきなりポートフォリオ理論から入るのは順序が違う。


小西國義

様々な抵抗にも遭遇しました。最近も、業界団体が地方議員の一部を動かし、我々が出店しにくくなるような法の運用を行政当局に求める動きが見られます。しかし、誰が得するのか、誰が損するのかと考えていけば、理美容院店が取るべき立場は明らかです。店の都合でお客様に不都合をもたらすべきではありません。


田中将大

僕はもともと野球エリートじゃない。中一のときはレギュラー入りすらできなかった。プロに入っても最初は試行錯誤だった。結果、なにがあっても「しょうがない」と思えるようになった。打たれても「しょうがない」。次の打者に気持ちを集中する。負けても「しょうがない」。次の試合に全力を尽くす。