名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安川第五郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安川第五郎のプロフィール

安川第五郎、やすかわ・だいごろう。日本の経営者。安川電機創業者。日本原子力発電社長。福岡県出身。安川財閥の創始者・安川敬一郎の五男として出生。東京帝国大学工科大学電気工学科卒業後、日立製作所での1年間の勤務、米国ウエスティングハウスでの研修を経て、兄とともに安川電機を創業。モーター電動機に事業特化して同社を大きく成長させた。そのほか石炭庁長官、日銀政策委員、九州電力会長、九州経済連合会初代会長、東京オリンピック組織委員会会長なども務めた経営者。

安川第五郎の名言 一覧

いいものをつくるなら多少値段が高いのは当たり前だ。安かろう悪かろうよりは、良いものを少し高い値で売るのが我々製造業の商売常識である。さらに経験を積めばそれだけコストが下がり、製品もよくなるはずだ。


新しいことをやるときは流行に乗って、やれテレビだ、洗濯機だといたずらに間口を広げるのには賛成しない。2、3年は赤字を出しても、経験を積めば次第にプラスになるような、底堅く将来性のあるものを選んでほしいと思う。


現在の事業でも、障害は山ほど横たわっている。しかし、これを闘争的に強行することは自分の性格上まずない。必ず迂回作戦をとることになるだろう。目標を失わないようにしていると、急速にはそこに行かないが、結果はそこへ行ってしまう。


私は中学に入る前、ずいぶん乱暴な連中と一緒だったが、自分では喧嘩をしたことはなかった。これはいまでも変わらない。仕事上でも人生上でも、何か障害があると、それと争って喧嘩をして突破するということは一度もなかった。喧嘩をしないで、そこを避けて通る。どうかすると180度くらい逆行して遠回りをする。しかし結局自分の思うつぼに行ってしまう。


現在、安川電機は電動機のみしかつくっていない。これを安川電機の社憲のように厳しく考えている人が社の中にいるらしい。だが、私としてはそんな窮屈な考え方はやめてくれと言っている。私がやったのは会社の浮沈の瀬戸際にいたからである。時代が変わったし社の基礎もあるのだから、いつまでもこの線を守るという理由もない。


会社浮沈の瀬戸際に来て、未練がましいことを言っていては何もできない。モーターの担当者を残した他は全部辞めてもらった。そのことが今日までの私の生涯中、一番苦難の絶頂であった。私は涙をのんで訳を話した。それを言い渡すときの苦しさはいま思い出してもぞっとする。しかし、みんな私の苦しさと私の考え方をよくくんでくれて、誰ひとり私を恨む者はなかった。その代わり私は辞めてもらった人たちをどこまでも世話をしてやった。
【覚書き|昭和5・6年の大不況で経営難に陥った当時を振り返っての発言】


人員整理をするとますます悪くなってきた。これは危ない。整理すればするほど縮こまるばかりで発展の機会は出てこない。整理するなら、やはりひとつの方針を立て、その方針に沿い目標に向かって整理しなければ、いくら人を減らしたって駄目である。
【覚書き|昭和5・6年の大不況で経営難に陥った当時を振り返っての発言】


私は経営上の経験もなければ経済上の経験もない。ただ父から「やってみろ」「では」という次第で始まったから、その考えたるや極めてコチコチだった。インチキな仕事は絶対にやらない。いいものさえこしらえれば人は買ってくれる。真面目に製品本位でやれば会社の経営は成り立つと思った。ところが世間はそうスムーズにはいかない。いいものをつくっても、製品の良し悪しを簡単に認めてくれようとはしない。


このとき、私はふと日本を出るとき言われた先輩の言葉を思い出した。「米国へ行ったら遠慮をするな。遠慮をすれば損をするばかりで徳はしない。受け入れられないことは仕方がないが、決して遠慮はするな」これだと思った。そこで、勇気百倍、元気を奮い起こして、いきなり重役に面接を申し込んだ。
【覚書き|米国の電機会社に研修に行ったとき、不景気でやる仕事がないと言われたときを振り返っての発言。兄の友人の重役に紹介を取り付けた】


小さな規模で大工場を向こうに回して、何でも来いと言ったところで、大工場には勝てるものではない。この工場として何を作るのが一番適しているのか、またそれが将来性があるかと品目を定め、その方に一路力を注ぎ、他の雑多な方面はいっぺんに整理すべきだと考えたのである。


事業に障害が出ても決して強行突破しない。必ず迂回作戦をとる。目標を失わないでいれば、急速に目標にはいかないが、結局はうまくいく。


安川第五郎の経歴・略歴

安川第五郎、やすかわ・だいごろう。日本の経営者。安川電機創業者。日本原子力発電社長。福岡県出身。安川財閥の創始者・安川敬一郎の五男として出生。東京帝国大学工科大学電気工学科卒業後、日立製作所での1年間の勤務、米国ウエスティングハウスでの研修を経て、兄とともに安川電機を創業。モーター電動機に事業特化して同社を大きく成長させた。そのほか石炭庁長官、日銀政策委員、九州電力会長、九州経済連合会初代会長、東京オリンピック組織委員会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

お客様に質問するときの最大のポイントは、「お客様のマイナスに対してはWHYの質問ではなく、HOWの質問をすること」です。「(競合他社の)B社の商品が気に入っているから」というお客様に対して、「なぜB社がいいと思われましたか」と質問してもマイナスを掘り下げるだけです。そうではなく、「私どものどの部分を改善すればいいと思われますか」「B社の商品にどんな機能が加わったら、もっとよくなると思いますか」と質問する。こうして改善希望を聞きだせば、「いまおっしゃった点を改善した当社の新商品があるんです。次回提案書をお持ちしてもよろしいですか?」などと続けることができます。


嶋浩一郎

「おひとりさま」という言葉を命名した人は岩下久美子さんというジャーナリストで、2001年にその名もずばり『おひとりさま』という本を上梓しました。岩下さんはある時、自分が1人でレストランを利用する際に、店員から「お一人様ですか?」と聞かれることが多くなり、「1人で来る女性客」の存在を認識しました。ここで岩下さんがすごいのは、そんな女性1人客の行動を分析したうえで、「個」の確立ができている大人の女性を「おひとりさま」という新しい言葉で定義づけたところ。日常の違和感を放っておかず、「何でだろう?」と考えて世の中の新しい潮流を発見したんです。岩下さんが気づく前に、実は皆さんもレストランで「おひとりさま」を目撃していたはずなんです。でも目撃した人の多くは、「何らかの理由でたまたま1人なんだろう」などとスルーしてしまった。「おや?」って思ったものの、単なる例外として捉えてしまったんですね。


平康慶浩

業種や個別の状況にもよりますが、大企業ではおおむね課長の手前までは目の前の仕事ができる人が出世します。小学校を卒業して中学校に入るような「卒業基準」です。でも部長や役員に進むには大学入試に合格するような「入学基準」が適用される。つまり、上の役職に見合う判断や組織運営の視点で登用されるのです。


山田昭男

生来のアマノジャク気質もあって、いつも人と違うことで驚かそうという山っ気がやる気の源だろうね。クールビズなんて私は十数年前からやっている。実用新案で認めて欲しいくらいだ。


髙松修身(高松修身)

負けている時に諦めなければ、必ず巻き返しのチャンスが一瞬生まれる。その一瞬をものにするかしないかが勝負を分ける。


成毛眞

急速な変化を遂げる今日、昨日の常識が今日は通じないということもあり得ます。また、東京の常識でしかないことを日本の常識だと思い込んで視野が狭くなっている人も多い。それまで常識ととされていたことを覆すプロセスを追うことは、経営やマーケティングの常識を疑う心を育み、視野を広げてくれます。


上昌広

「医は算術ではない。金儲けを考える医者に、いい医療ができるのか」という反論が出るかもしれない。しかし、赤ひげ先生でも病院経営ができた時代は過去のこと。診療報酬が低水準の中、博愛主義を貫いていれば、病院経営はたちまち行き詰まる。私は経営を持続でき、地域住民に医療を安定的に提供できる病院こそ、真の「いい病院」だと考える。


鳥越恒一

「月末は忙しい」「第二火曜日に会議が入りがち」といった先方の情報があれば、長期の出張の予定が立てられます。アポが取りやすくなるのはもちろん、ホテルも早めに予約できるので、最近のホテル不足の影響も受けにくいです。取引先の事務の人や社長秘書と仲良くしておくと、こうした情報を得やすくなります。


山崎富治(山﨑富治)

何事も平素にあり、という言葉の中には無限の意味が込められている。日常の心がけ、行動の積み上げ、あるいは人間関係といった、私たちが生きていくうえで大切な規範が、すべてこの言葉の後に結ばれるのである。中でも人間関係はすべからく「在平素(平素にあり)」である。自分が困っているときにだけ、友人知人に援助を求めても、手を差し伸べるものは少ないであろう。普段の行動と離反したことを言う経営者には社員はついてこない。


宮本武蔵

  • 世の道にそむくことなし
  • 身に楽しみをたくまず
  • よろづに依估(えこ=えこひいきすること、頼ること)の心なし
  • 身をあさく思い、世をふかく思う
  • 我ことにおいて後悔せず
  • 善悪に他をねたむ心なし
  • いづれの道にも、別れを悲しまず
  • 恋慕の思いによる心なし
  • わが身にとり、物を忌むことなし
  • 私宅において望む心なし
  • 一生の間、欲心思わず
  • こころ常に道を離れず
  • 身を捨てても名利は捨てず
  • 神仏を尊んで、神仏を頼まず

島田洋七

僕も超多忙な生活を経て、「このままだったらあかんわ!」と休業した時期もありました。その時、「人生、山あり谷やね」と、佐賀のがばいばあちゃんに言ったら、「おまえの解釈は間違っとる。山には何もないけれど、谷にはきれいな水もあるし、住む家もある。谷でゆっくり休んだら、また山に挑戦しんしゃい」やて。確かにそう。だから僕はゆっくり休んだ後、講演したり、ばあちゃんの話を本に書いたりして、いままでとは違う山を登ってます。


葛西紀明

生きるために必死だった母や妹の「想像を絶する苦しみ」を思うと、競技で多少辛いことがあっても、「自分の辛さや悩みなんてちっぽけだ。きっとラクに乗り越えられる」と思えました。だって私は好きなジャンプを続けているだけですから。母と妹、家計を支えてくれた姉、家族全員が、今日までの私を支えてくれたのだと思います。