安川第五郎の名言

安川第五郎のプロフィール

安川第五郎、やすかわ・だいごろう。日本の経営者。安川電機創業者。日本原子力発電社長。福岡県出身。安川財閥の創始者・安川敬一郎の五男として出生。東京帝国大学工科大学電気工学科卒業後、日立製作所での1年間の勤務、米国ウエスティングハウスでの研修を経て、兄とともに安川電機を創業。モーター電動機に事業特化して同社を大きく成長させた。そのほか石炭庁長官、日銀政策委員、九州電力会長、九州経済連合会初代会長、東京オリンピック組織委員会会長なども務めた経営者。

安川第五郎の名言 一覧

いいものをつくるなら多少値段が高いのは当たり前だ。安かろう悪かろうよりは、良いものを少し高い値で売るのが我々製造業の商売常識である。さらに経験を積めばそれだけコストが下がり、製品もよくなるはずだ。


新しいことをやるときは流行に乗って、やれテレビだ、洗濯機だといたずらに間口を広げるのには賛成しない。2、3年は赤字を出しても、経験を積めば次第にプラスになるような、底堅く将来性のあるものを選んでほしいと思う。


現在の事業でも、障害は山ほど横たわっている。しかし、これを闘争的に強行することは自分の性格上まずない。必ず迂回作戦をとることになるだろう。目標を失わないようにしていると、急速にはそこに行かないが、結果はそこへ行ってしまう。


私は中学に入る前、ずいぶん乱暴な連中と一緒だったが、自分では喧嘩をしたことはなかった。これはいまでも変わらない。仕事上でも人生上でも、何か障害があると、それと争って喧嘩をして突破するということは一度もなかった。喧嘩をしないで、そこを避けて通る。どうかすると180度くらい逆行して遠回りをする。しかし結局自分の思うつぼに行ってしまう。


現在、安川電機は電動機のみしかつくっていない。これを安川電機の社憲のように厳しく考えている人が社の中にいるらしい。だが、私としてはそんな窮屈な考え方はやめてくれと言っている。私がやったのは会社の浮沈の瀬戸際にいたからである。時代が変わったし社の基礎もあるのだから、いつまでもこの線を守るという理由もない。


会社浮沈の瀬戸際に来て、未練がましいことを言っていては何もできない。モーターの担当者を残した他は全部辞めてもらった。そのことが今日までの私の生涯中、一番苦難の絶頂であった。私は涙をのんで訳を話した。それを言い渡すときの苦しさはいま思い出してもぞっとする。しかし、みんな私の苦しさと私の考え方をよくくんでくれて、誰ひとり私を恨む者はなかった。その代わり私は辞めてもらった人たちをどこまでも世話をしてやった。
【覚書き|昭和5・6年の大不況で経営難に陥った当時を振り返っての発言】


人員整理をするとますます悪くなってきた。これは危ない。整理すればするほど縮こまるばかりで発展の機会は出てこない。整理するなら、やはりひとつの方針を立て、その方針に沿い目標に向かって整理しなければ、いくら人を減らしたって駄目である。
【覚書き|昭和5・6年の大不況で経営難に陥った当時を振り返っての発言】


私は経営上の経験もなければ経済上の経験もない。ただ父から「やってみろ」「では」という次第で始まったから、その考えたるや極めてコチコチだった。インチキな仕事は絶対にやらない。いいものさえこしらえれば人は買ってくれる。真面目に製品本位でやれば会社の経営は成り立つと思った。ところが世間はそうスムーズにはいかない。いいものをつくっても、製品の良し悪しを簡単に認めてくれようとはしない。


このとき、私はふと日本を出るとき言われた先輩の言葉を思い出した。「米国へ行ったら遠慮をするな。遠慮をすれば損をするばかりで徳はしない。受け入れられないことは仕方がないが、決して遠慮はするな」これだと思った。そこで、勇気百倍、元気を奮い起こして、いきなり重役に面接を申し込んだ。
【覚書き|米国の電機会社に研修に行ったとき、不景気でやる仕事がないと言われたときを振り返っての発言。兄の友人の重役に紹介を取り付けた】


小さな規模で大工場を向こうに回して、何でも来いと言ったところで、大工場には勝てるものではない。この工場として何を作るのが一番適しているのか、またそれが将来性があるかと品目を定め、その方に一路力を注ぎ、他の雑多な方面はいっぺんに整理すべきだと考えたのである。


事業に障害が出ても決して強行突破しない。必ず迂回作戦をとる。目標を失わないでいれば、急速に目標にはいかないが、結局はうまくいく。


安川第五郎の経歴・略歴

安川第五郎、やすかわ・だいごろう。日本の経営者。安川電機創業者。日本原子力発電社長。福岡県出身。安川財閥の創始者・安川敬一郎の五男として出生。東京帝国大学工科大学電気工学科卒業後、日立製作所での1年間の勤務、米国ウエスティングハウスでの研修を経て、兄とともに安川電機を創業。モーター電動機に事業特化して同社を大きく成長させた。そのほか石炭庁長官、日銀政策委員、九州電力会長、九州経済連合会初代会長、東京オリンピック組織委員会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

レイ・クロック

誰かに幸福を与えることは不可能だ。独立宣言にもあるように、唯一できることは、その人に幸福を追う自由を与えることである。幸福とは約束できるものではない。それは、どれだけ頑張れたか、その人の努力によって得られる、その人次第のものだ。


藤井孝一

高生産性人間はまた、自分のパフォーマンスを上げることの重要性に気づいているだけでなく、チームのなかで自分は何をやればいいのかということもきちんと理解しているのです。


北野武(ビートたけし)

俺は怒ったり、命令したりはしない。まずスタッフに聞く。「こういうふうに撮りたいんだけど駄目かな?」「このシーンはどうやって撮ればいい?」最終的には自分のやりたいようにやっているのだが、もしかしたらもっといい意見が出るかもしれないから、まず聞くのだ。みんな映画が好きでこの仕事をしているわけだから、意見を求められれば、一所懸命考えて働いてくれる。だから手抜きなんか絶対にしない。スタッフの能力を最大限に引き出すには、これが一番だと思っている。


柳井正

日本の経営者の多くが勘違いしています。経営は勉強でなく実行です。ビジョンを作って、全社員の力を使って成果を出す。調査や分析が1としたら、実行が30です。


島津貴久

侍どもの中で、番狩・普請やその他の役務の間の日には、ただぶらぶらしておらずに、主人・家の子・女までも、朝早くから農業にいそしんでほしい。


三村明夫

一つひとつの地方が、どういう形で自分たちは生き抜いたらいいのかということを自らが考えることなしには、地方再生もできない。


コリン・アングル

実際にはずっと赤字続きだったということはなくて、1990年から1997年までは利益も出なかったかわりに、損失もまったく出てなかったんです。その間は、とにかく依頼のあったさまざまなロボットを作り続け、さらに今度はどんなロボットを作ろうかと考え、とてもエキサイティングな時でした。
【覚書き|創業当時を振り返って】


酒井穣

労働力をダンピングしないと利益が出ないとしたら、どこか構造的な間違いがあるはずです。


名越康文

自分の前に新しい世界を見せてくれる人を「先達」という。先達の言葉を通じて古い殻を脱ぎ捨てた時、自分がとらわれていた怒りが、いかに矮小だったか気づくだろう。


小笹芳央

困難な状況だとしても、何とか上司のメンツを立てつつ、ダメ上司に代わって仕事をこなせば、自分の能力を内外に広く知らしめることができます。


中村俊輔

自分が輝くためには、まず周りを輝かせなければならない。


内田幸雄

時間の余裕があれば、刻限までは情報や社内意見を収集し、じっくりと分析をしてから決定すればいい。しかし、目まぐるしく環境が変化するなかでは、蓄積してきた知見にもとづいて即断即決していく必要がある。


世良公則

若い頃、早く年を重ねたかったほうなんです。20代の頃はどうしてもキャリア不足から、周りから割と簡単に批評されたり批判されたりする。だから早くキャリアを重ねてそこを補うだけの力をつけたいとか、自分の言葉なり行動なりで跳ね返すだけのものを身につけたいとか、強くあったのですが、基本的にはその頃と雰囲気は変わらないですよ。


山田賢治(経営者)

大手4社では最後発である当社のビール事業は、今年で創業54年を迎えました。その歴史は、新しい市場の創造を繰り返してきたといえます。熱処理ビールが一般的だった時代には<生>で、ビン全盛の時代には缶で容器戦争を仕かけ、ドライビールブームには麦100%で対抗しました。発泡酒を発売し、ダイエットなど機能系商品で先鞭をつけたのもサントリービールです。


藤本篤志

ニーズを喚起し、ネック(買わない理由)を解決する。これが営業の仕事です。とくに、「ネック」を解消し、他社より自社を選ぶだけの理由があると思わせることが重要なのですが、商品の売り込みばかりを考えて、相手が何に躊躇して決定しないのかに気づかない営業マンは多いのです。ネックはニーズに比べると見つけにくいものです。ヒアリングをしても、顧客はネックを隠すことがあるからです。単純に指摘しづらい場合もあれば、顧客自身にもネックがなんなのかはっきりわかっていないという場合もあります。解決策は、ヒアリングを重ねること。多くの場合、ふとした言葉の中にネックを示すシグナルが現われます。そのシグナルを読み取る力も、営業が磨くべきスキルです。


ページの先頭へ