名言DB

9425 人 / 110833 名言

安崎暁の名言

twitter Facebook はてブ

安崎暁のプロフィール

安崎暁、あんざき・さとる。日本の経営者。建設機械・重機メーカーのコマツ会長。一橋大学社会学部卒業後、小松製作所に入社。バブル崩壊後の不況のなか、不採算事業から撤退を行い、エレクトロニクス事業を強化した。社内改革とIT化を積極的に行いその後の同社の成長の基盤を作った。そのほか、日本建設機械工業会会長、国家公安委員会委員などを務めた経営者。

安崎暁の名言 一覧

うちではCEO(最高経営責任者)は社長ですから、私(会長)は取締役会の議長だけ務めて、経営会議にも出ません。寂しい気持ちがまったくないと言ったら嘘になりますが、決断というものは、たとえ間違っていたとしても一人で下す方がいい。私も前任の片田(哲也)さんからそうさせてもらっていました。私の言うことを聞かない人が社長になってくれてよかったと本当に思っています。


戦後の日本の競争力を思い返してみると、技術力とチームワーク、そして若さがあったと思います。そういう意味では、人にもよるので一概には言えませんが、お年寄りが権力を握ったままいつまでもやっていくのは、考え直さないといけない。私自身もそんなに長くやるつもりはありません。


社長時代に人材育成が最も重要な仕事だと考え、30代、40代を対象とするビジネスリーダー選抜育成制度を始めました。卒業生はすでに300人ぐらいいます。優秀な若手・中堅をいろいろな部署から引き抜いて、勝手が違うほかの部署に投げ込み、そこで苦労し、経験を積んでもらう。できれば、失敗してもらう方がいい。間違いなく将来の糧になります。


ビジネスリーダー選抜育成制度の卒業生300人には、いつでもコマツの社長が務まるというのは言いすぎですが、何人かは本当に自分が社長になったつもりで仕事に取り組んでいます。将来は、きっとこの300人の中からコマツの社長が誕生するでしょう。巨大企業では実現が難しくても、我々くらいの規模のメーカーで45歳の社長が誕生すれば、日本の産業界にもプラスだと思います。


本当は社長の器なのに、部長とか課長を長くやらせていたのでは、会社の損失です。もっと大きく伸びるチャンスがあるのに、会社がその芽を摘んでしまっているわけです。


ビジネスマンとしての気力・体力・知力のピークは45歳というのが私の持論です。きっかけは、米国企業との提携交渉でした。そのとき、痛感しました。向こうは、だいたい経営トップが一人で交渉に顔を出し、一人で孤独な決定を下す。しかも24時間、365日、頭を回転させている。体力はもちろん、何としても計画を達成しようという気力や会社の将来を構想する知力の点においても、ある程度若くなければ太刀打ちできない。自分を振り返ってみても、45歳くらいが一番脂がのっているのではないか。


安崎暁の経歴・略歴

安崎暁、あんざき・さとる。日本の経営者。建設機械・重機メーカーのコマツ会長。一橋大学社会学部卒業後、小松製作所に入社。バブル崩壊後の不況のなか、不採算事業から撤退を行い、エレクトロニクス事業を強化した。社内改革とIT化を積極的に行いその後の同社の成長の基盤を作った。そのほか、日本建設機械工業会会長、国家公安委員会委員などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

梶村尚史

どうも寝つきが悪いという人の中には、あれこれと明日のことを思い悩む傾向が強い人が見受けられます。こうした人は寝付いたあとも、夜中に目が覚めたりして、せっかくの睡眠時間が削られてしまうことが少なくありません。明日への不安を取り除く作業をすることをお勧めします。寝室に入る前に10分ほど時間をつくり、紙に「気になっていること」「明日やるべきこと」を書き出してみるのです。文字にしてみると、漠然と思い悩んでいるより頭の整理がついて、安心して眠りにつけるようになるものです。


麓幸子

今後、多様な人たちでチームを構成していく中、これまで男性管理職が得意としてきた体育会系リーダーより、女性が得意とされる「共感・支援型」のリーダーが必要となってきます。ぐいぐい引っ張るのではなく、手を伸ばして支えるリーダーです。


落合寛司

今は変革期だ。先進国が主役の時代から新興国が主役の時代に変わり、産業の空洞化が起きた。日本は人口減少もあり、成長経済から衰退経済に向かっている。しかし変革期をチャンスとする人間とピンチとする人間がいる。戦国時代の織田信長は鉄砲で戦術を変え、農民出身でも大名に抜擢し、天下統一目前までいった。だから我々も変わる。変わることで日本一の信用金庫になる。職員の給料も日本一にする。


栗原典裕

今でこそ講師をやっていますが、私はもともとあがり症なんです。おかげで証券会社の営業をしていた時も、ろくにお客さんと話せず、売上もさんざんでした。でもあることに気づいて、会話がすごく楽になったんです。ポイントは無理をしない姿勢。これなら口べたな人でも、苦手な人が相手でも、いくらでも話が続きます。要するにちょっとした考え方のコツなわけですから、会話力をあげることは、誰でも簡単にできるのです。


村上太一

本題の前にまずは雑談から、というのはたしかにセオリーではありますが、なかには雑談が好きでない人もいるでしょう。そういう場合は当然、単刀直入に要件を切り出したほうがいい。雑談をしてから本題に入るべきだというマニュアル思考は捨てて、相手とその場の雰囲気に合わせて対応を変えていくことが重要です。


永守知博

父は素直にすごい人だと思います。世の中のカリスマって、きっとこうなんだろうなと。すごさを感じるのは海外に行ったときでしょうか。東南アジアに行くと、パトカーが迎えにきたりするのです。おそらくただのお金持ちなら、こうはならない。現地で事業をつくってたくさんの雇用を生んでいるから、国のトップからもリスペクトしてもらえるのでしょう。

【覚え書き|父・永守重信 日本電産会長について】


美崎栄一郎

移動を伴う日は持ち物も重要なポイントです。「念のために」といろいろなモノを持ち歩くのではなく、使うモノだけをバッグに入れるようにしています。たとえば、行きの新幹線の中では元気なので、資料を集中して読む。ただし、時間内に読み終えられる量だけをバッグに入れます。不要になった資料は出先から返送できるよう、封筒も用意しておきます。帰りはもっぱら体力回復の時間とし、余計なモノは持たずに仮眠グッズを用意。このように持ち物を最小限にとどめれば、重い荷物で体力が奪われることもありません。


高原豪久

(売上高の)金額では踊り場に見えますが、数量では継続的に成長を続けています。できるだけ多くの消費者に、我々の商品を届けるためには、少し金額的な売り上げ成長が鈍化したとしても、しっかりマーケットの規模を拡大するための投資をした方がいいと思っています。


永井荷風

僕は自分のやりたいことはドンドンやって楽しむ。楽しんだことは後悔しない。


ホセ・ムヒカ

私たちは、発展するために生まれてきたわけではない。幸せになるために、この地球にやってきたのだ。