名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

安崎暁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安崎暁のプロフィール

安崎暁、あんざき・さとる。日本の経営者。建設機械・重機メーカーのコマツ会長。一橋大学社会学部卒業後、小松製作所に入社。バブル崩壊後の不況のなか、不採算事業から撤退を行い、エレクトロニクス事業を強化した。社内改革とIT化を積極的に行いその後の同社の成長の基盤を作った。そのほか、日本建設機械工業会会長、国家公安委員会委員などを務めた経営者。

安崎暁の名言 一覧

うちではCEO(最高経営責任者)は社長ですから、私(会長)は取締役会の議長だけ務めて、経営会議にも出ません。寂しい気持ちがまったくないと言ったら嘘になりますが、決断というものは、たとえ間違っていたとしても一人で下す方がいい。私も前任の片田(哲也)さんからそうさせてもらっていました。私の言うことを聞かない人が社長になってくれてよかったと本当に思っています。


戦後の日本の競争力を思い返してみると、技術力とチームワーク、そして若さがあったと思います。そういう意味では、人にもよるので一概には言えませんが、お年寄りが権力を握ったままいつまでもやっていくのは、考え直さないといけない。私自身もそんなに長くやるつもりはありません。


社長時代に人材育成が最も重要な仕事だと考え、30代、40代を対象とするビジネスリーダー選抜育成制度を始めました。卒業生はすでに300人ぐらいいます。優秀な若手・中堅をいろいろな部署から引き抜いて、勝手が違うほかの部署に投げ込み、そこで苦労し、経験を積んでもらう。できれば、失敗してもらう方がいい。間違いなく将来の糧になります。


ビジネスリーダー選抜育成制度の卒業生300人には、いつでもコマツの社長が務まるというのは言いすぎですが、何人かは本当に自分が社長になったつもりで仕事に取り組んでいます。将来は、きっとこの300人の中からコマツの社長が誕生するでしょう。巨大企業では実現が難しくても、我々くらいの規模のメーカーで45歳の社長が誕生すれば、日本の産業界にもプラスだと思います。


本当は社長の器なのに、部長とか課長を長くやらせていたのでは、会社の損失です。もっと大きく伸びるチャンスがあるのに、会社がその芽を摘んでしまっているわけです。


ビジネスマンとしての気力・体力・知力のピークは45歳というのが私の持論です。きっかけは、米国企業との提携交渉でした。そのとき、痛感しました。向こうは、だいたい経営トップが一人で交渉に顔を出し、一人で孤独な決定を下す。しかも24時間、365日、頭を回転させている。体力はもちろん、何としても計画を達成しようという気力や会社の将来を構想する知力の点においても、ある程度若くなければ太刀打ちできない。自分を振り返ってみても、45歳くらいが一番脂がのっているのではないか。


安崎暁の経歴・略歴

安崎暁、あんざき・さとる。日本の経営者。建設機械・重機メーカーのコマツ会長。一橋大学社会学部卒業後、小松製作所に入社。バブル崩壊後の不況のなか、不採算事業から撤退を行い、エレクトロニクス事業を強化した。社内改革とIT化を積極的に行いその後の同社の成長の基盤を作った。そのほか、日本建設機械工業会会長、国家公安委員会委員などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

職場の上司や先輩など、できるだけ身近な人がいいでしょう。役者になったつもりでその人になりきる。本来の自分ではできないことでも、不思議にできるようになる可能性があります。


澤田秀雄

どんなに正しいことを言っても、定着しないと意味がない。毎日たばこを吸っていた人に、「明日からは一切やめろ」と命令しても、陰で吸うでしょう。これと同じで、悪弊を急にやめさせようとすると、禁断症状が表れます。つまり、社員のモチベーションが低下するなど、混乱が起こります。それを避けるため、時間をかけて文化を変えていきます。


加来耕三

歴史学は答えを求める学問でありません。プロセスを幾重にも考えることが重要。その思考の反復で、困難に対する解決策を思いつく力が養われる。


平塚常次郎

人間万事塞翁が馬というが、事業もやはりそうだと思う。禍福はあざなえる縄のごとしという。それをいちいち、喜びに有頂天になり、悲しみにしょげきっては、人間安らかなときはない。所詮、人間航路は頑張りと誠実がものをいうのではあるまいか。


山名昌衛

技術が進化することによって、いい商品を大量に売ろうという時代から、現場の負担を軽減するという課題解決の時代になった。我々は技術を磨いて、社会課題の解決を図ろうと考えています。


川村隆

69歳で社長になったら、「何を血迷っているのか」とマスコミの皆さんにいっぱい書かれた。ソニーは外国人社長。若い人を社長にしている会社もある。年寄りの日本人男性を社長にするとはいったい何を考えているのか、と袋だたきです。でも、改革への抵抗を押し切るために年寄りを社長にしたわけ。グループ会社の社長で僕より年長の者はもう数人しかいなかった。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

幸福な人生を送るのに必要不可欠なものなどほとんどない。それはすべてあなたの内部、あなたのものの考え方の中にある。(マルクス・アウレリウス・アントニヌス、第16代ローマ帝国皇帝、ストア派学者)


竹田陽一

会社経営は長期の戦いですから、最終的には社長の実力通りの結果になってしまいます。


小坂敬

子供に対応力をつけさせるには「子離れする」ことが一番です。敢えて子どもを外に出して、目をつぶって「仕方がない」と諦める。それこそ、寄宿学校などに下宿させたり、ボーイスカウトに参加させて、野山で自然を相手に生活させてみることも良いと思います。とにかく、子どもが親の保護を離れて経験できる場が、今の子どもたちには必要なのではないでしょうか。


吉田淑則

グループ子会社の改革も断行しました。本社の幹部が「余生」を過ごす場所ではなく、将来有望な若手が経験を積む舞台に変えました。小さな組織だと様々な機能を勉強せざるを得ません。そこで成長した人を本社に戻すことで、組織を活性化するのが狙いです。


山田敏夫

営利企業であっても、自社の利益だけを追求するのでなく、社会性を持つことがとても大切。


田中良和(GREE)

リーダーが戦略を突然変えたとき、柔軟にフォロワーシップを発揮できる人は、リーダーに向いています。部下のときにフォロワーシップを発揮できる人は、いま自分に求められている役割をよく知っているわけです。そういう人はリーダーのポジションを得たとき、役割に合わせてリーダーシップを発揮するようになります。