安崎暁の名言

安崎暁のプロフィール

安崎暁、あんざき・さとる。日本の経営者。建設機械・重機メーカーのコマツ会長。一橋大学社会学部卒業後、小松製作所に入社。バブル崩壊後の不況のなか、不採算事業から撤退を行い、エレクトロニクス事業を強化した。社内改革とIT化を積極的に行いその後の同社の成長の基盤を作った。そのほか、日本建設機械工業会会長、国家公安委員会委員などを務めた経営者。

安崎暁の名言 一覧

うちではCEO(最高経営責任者)は社長ですから、私(会長)は取締役会の議長だけ務めて、経営会議にも出ません。寂しい気持ちがまったくないと言ったら嘘になりますが、決断というものは、たとえ間違っていたとしても一人で下す方がいい。私も前任の片田(哲也)さんからそうさせてもらっていました。私の言うことを聞かない人が社長になってくれてよかったと本当に思っています。


戦後の日本の競争力を思い返してみると、技術力とチームワーク、そして若さがあったと思います。そういう意味では、人にもよるので一概には言えませんが、お年寄りが権力を握ったままいつまでもやっていくのは、考え直さないといけない。私自身もそんなに長くやるつもりはありません。


社長時代に人材育成が最も重要な仕事だと考え、30代、40代を対象とするビジネスリーダー選抜育成制度を始めました。卒業生はすでに300人ぐらいいます。優秀な若手・中堅をいろいろな部署から引き抜いて、勝手が違うほかの部署に投げ込み、そこで苦労し、経験を積んでもらう。できれば、失敗してもらう方がいい。間違いなく将来の糧になります。


ビジネスリーダー選抜育成制度の卒業生300人には、いつでもコマツの社長が務まるというのは言いすぎですが、何人かは本当に自分が社長になったつもりで仕事に取り組んでいます。将来は、きっとこの300人の中からコマツの社長が誕生するでしょう。巨大企業では実現が難しくても、我々くらいの規模のメーカーで45歳の社長が誕生すれば、日本の産業界にもプラスだと思います。


本当は社長の器なのに、部長とか課長を長くやらせていたのでは、会社の損失です。もっと大きく伸びるチャンスがあるのに、会社がその芽を摘んでしまっているわけです。


ビジネスマンとしての気力・体力・知力のピークは45歳というのが私の持論です。きっかけは、米国企業との提携交渉でした。そのとき、痛感しました。向こうは、だいたい経営トップが一人で交渉に顔を出し、一人で孤独な決定を下す。しかも24時間、365日、頭を回転させている。体力はもちろん、何としても計画を達成しようという気力や会社の将来を構想する知力の点においても、ある程度若くなければ太刀打ちできない。自分を振り返ってみても、45歳くらいが一番脂がのっているのではないか。


安崎暁の経歴・略歴

安崎暁、あんざき・さとる。日本の経営者。建設機械・重機メーカーのコマツ会長。一橋大学社会学部卒業後、小松製作所に入社。バブル崩壊後の不況のなか、不採算事業から撤退を行い、エレクトロニクス事業を強化した。社内改革とIT化を積極的に行いその後の同社の成長の基盤を作った。そのほか、日本建設機械工業会会長、国家公安委員会委員などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

石川光久

僕は自分を「鏡」だと考えています。頼みごとに来る人は、その人なりに僕の言葉を理解するわけです。人によってそこに温度差が生じるのは確かです。楽ばかりして逃げていた人にはそれだけしか反射しないし、本当に自分で頑張ってきた人には、ちゃんとその通りに反射しています。頼ってこられたら真摯に向き合いますが、最後は相手の器次第です。


小林りん

リスクをとらないことがリスクでもある時代、ビジネスマンの危機に対する意識変革も大切。


野口聡一

宇宙飛行士の仕事には、「延期」や「待つこと」はつきもの。受け入れて我慢できないようでは仕事になりません。


児島惠美子

失敗があったからこそ、今の私があります。失敗したら、それを活かせばいい。人生に無駄な経験はありません。苦労の分、人に優しくなれます。試験に失敗したら、1年間より深く薬について勉強する機会を得たと思えばいい。私自身の体験から、多くの人にそのことを伝えていきたい。


小池百合子

「みんながやることをやっていれば安心だ」というのは大きな間違い。皆がやることは当たり前すぎる。そこにプラスアルファで何をするのか。そうしたことが問われる。


渡邉幸義

最も身近にいる人のために尽くせない人が、お客様や社会のために尽くせるわけがない。


菅井敏之

子供の入学金や車検といったルーティンではない支出も、ある程度は予測可能であって、すべてが突発的に起きるわけではない。一年単位で臨時出費を予算化し、あらかじめ用意しておけば慌てることもなくなるはずだ。


新将命

一度きりの人生をできる限り輝かせるためには、人生に「意識的に付加価値をつける努力」が必要です。そのためには、人生の「目的」や「目標」を決めて、そこを目指して毎日を丁寧に生きることが大切。


竹内薫

前例や常識をとっぱらって、あらゆる角度から仮説を立てるぐらいでないと新しいものは生み出せない。


小室登子

安い服をいかに安物ではないように見せるか。ネイルをいかに普通よりも長くもたせるか。これは仕事も同じ。限られた時間でいかによい結果を出すか。その算段を考えて実行するのが、楽しみです。


土川健之

JRAは競馬を開催し続けるという点ではまったくブレがないのですが、だからといって何の工夫もしなければファンは離れていってしまいます。


清水正孝

社長になるのは確かに重荷です。しかし、引き受けるといった瞬間、自分の中にある力強さが生まれます。そして、自分も知らなかった自分の大きさにあるとき気づくことになります。社長になるとは、そういうことなのです。


箭内道彦

心がけているのは「最後まで物事を曖昧にしておく」こと。良いアイデアを思いついたからこの仕事は終えて次の仕事をしようと考えるのではなく、直前まで、もっと良いアイデアを思いつけるように努める。そのためには、直前に「案を差し替えたい」と言っても「OK」と言ってもらえるような信頼関係同時に作らないといけないのですが。


美崎栄一郎

手帳を切り替えるのは、案外簡単ですよ。たとえば、マンスリーのページでスケジュールを管理している人なら、古い手帳で使用済みのページをコピーして、新しい手帳に貼るだけでいい。皆さん、替えるのが面倒と思って、同じ手帳を何年も使い続けたり、合わないのに我慢して1年使い続けたりしますが、手帳は1000円そこそこで手に入るじゃないですか。レストランで注文したビールや料理は、口に合わなければ平気で残したりするのに、なぜ、手帳は変えないのか。時間を管理する手帳はとても大事なものなんだから、合わないものを1年も使い続けるのは意味がないですよ。


羽生善治

直感とロジックの関係は、地図を使って目的地にたどり着くプロセスのようなものです。たとえば日比谷公園にいきたいとして、東京中をくまなく歩きまわるわけにはいきません。まずは地図で目星をつけて、近くまで電車やクルマでいく。そのうえで、最後は自分で一歩一歩歩いていかなくては目的地には着かない。直感とロジックの関係はそういうものだと思います。


ページの先頭へ