名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安宅和人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安宅和人のプロフィール

安宅和人、あたか・かずと。「ヤフー」CSO(最高戦略責任者)。富山県出身。東京大学大学院生物化学専攻修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務、米国イェール大学大学脳神経科学プログラムPh.D.取得などを経てヤフーに入社。著書に『イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」』。

安宅和人の名言 一覧

インプットの前に、何をアウトプットするかをまず考えろ。考え込む前に、まず言葉にしろ。「とにかくアウトプットありき」という姿勢が思考力を上げ、ひいては仕事の生産性を上げる。


人間は言葉にしないと、頭に浮かんだ概念をまとめられない。つまり、言葉を使えば、思考がクリアになる。「解くべき問題を具体的に明らかにすることも重要で、「イシュー(問題)」の見極めがカギを握る。


「とにかく生の情報を得ること」は大切ですが、「考える時間があったら、靴底が擦り減るまで営業先を回れ」という言葉に代表される、「動いていれば答えが出る」という働き方は、不毛な結果になりかねない。


数ある問題の中から、今、答えを出す必要性が高い問題を選び出す。その選択が適切だったかどうかで、得られる結果は大きく変わる。


分岐点になるポイント(イシュー)は必ずあると信じて、探そうとする姿勢が大事。強引でいいから仮説を立てて、検討すべきです。


データや手法ありきで、数字をこねくり回すことが分析ではない。「何のために取り組んでいるのか」という目的が曖昧なケースが多すぎる。目的を明確にして初めて、成果につながる分析結果を出すことができる。


考える力を身につけたいなら、「アウトプットへの注力」が唯一無二の方法です。アウトプットすればするほど、思考力は上がる。極端な例ですが、インプットゼロでも経験や勘を頼りにできるし、空想もできる。アウトプットありきの姿勢で臨めば、足りない点に気づきやすく、後で知恵が自然と働く。何でもいいから考えたことを吐き出し、可視化させることのメリットは大きいのです。


考えているテーマや関連した情報が頭に入り、脳がその情報を処理し、実際に「ある言葉を発する」などという形でアウトプットされて、ようやく「考えた」といえる。言い換えれば、アウトプットをしない状態は、「何も考えていない」ことと同じ。脳と神経系の構造が、そう示しています。


思考は言葉に依存する。真の思考力を身につけたいなら英語は必須。日本で使われるカタカナ語の多くは正しい意味で使われていない場合が多く、正しい理解には英英辞典が必要。


「問題解決に取りかかる前に勝負はついている」と私がビジネスパーソンに話すと驚かれます。私の持論は「問題解決は、イシューの見極めから始まる」。イシューとは、「今の局面でケリをつける必要がある課題」のこと。「答えを出すと次のステップに大きな影響を与える問い」ほど解決に取り組む価値があり、それにまず手をつけるべきです。


思考力を上げるためには、「頭で考えたことを言葉に落とし込んで書き出す」習慣を取り入れることをオススメします。紙でも、パソコンでも、スマホでもいい。簡単と思うかもしれません。しかし、「考えていること」「言いたいこと」を言葉で具体的に表現することは難しい。考えを書いてみると、日頃いかに漠然としたことばかりを考えているかに気づかされる。徹底的に続けると、少しずつできるようになります。


何がイシューなのか見極めるための3つのポイント

  1. その検討の結果、未来にどこまで影響するかを考える。
  2. 権威や常識、組織内での一般的な見立てをひっくり返せないかを考える。答えが右か左かがはっきりしても結果が同じことは、イシューではない。
  3. 結論を出せる見通しがあるかを考える。答えが出せないものは、大事な問いであっても良いイシューとは言いがたい。

イシューを見極めるためには、「誰かに相談する」ことがシンプルで効果的な方法の1つです。社内で、チームの外を歩き回って話を聞く。また書籍やブログなどを読んで、「この人は手がかりになる見立てやヒントを知っているかもしれない」と思ったら、連絡を取る。日本のビジネスパーソンはチームの外や社外に助言を求めることをしないが、もったいない。「守秘義務に触れることを話す必要はなく、教えてくれたことはチーム内での検討にしか使わない」と伝えれば、意外と相手は門戸を開くものです。


イシューを見極めるには、まず、「何のためにそれを検討しているのか」という目的をはっきりさせる。次に、「その目的の視点でカギとなる分岐点がないか」を見極める。目的というのは、例えば、「特定商品における営業効率の最大化」「販促効果の予測」などです。どんな文脈で何をしようとしているのかをはっきりさせる。決して、何となく始めないことが重要です。その目的が見えたところで終えてはダメです。漠然とした「ゆるい検討」になり、迷路に入ってしまう。今回の検討で何が本質的な分岐点なのか、つまり、何がイシューなのかを見極めることです。


「情報をインプットした時、その量を上回るアウトプットはできない」と思われがちですが、それは違う。1人のビジネスパーソンが「1万、10万……と蓄積してきた無数のインプット」を無視した考えだ。仮に「1」のインプットが頭に入ると、これまでのすべてのインプットとつながって双方向にやり取りするものです。結果、アウトプットは掛け算式のように膨大になり得る。実際、仕事の生産性が高く、「デキる」と評価されているビジネスパーソンは、「1のインプットで、10のアウトプットを出すこと」を簡単にやってのけます。


安宅和人の経歴・略歴

安宅和人、あたか・かずと。「ヤフー」CSO(最高戦略責任者)。富山県出身。東京大学大学院生物化学専攻修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務、米国イェール大学大学脳神経科学プログラムPh.D.取得などを経てヤフーに入社。著書に『イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」』。

他の記事も読んでみる

堺屋太一

ペストなどによる人口の減少期にこそ、イタリアでは手工業が発達し、ヴェニスやジェノバの海洋商業が拡大、やがて来るルネッサンスが準備された。人口が減少すると生産性の低い土地は放棄され、都市に人口が集中、手工業や海運交易が盛んになったからだ。人口減少社会でも生産性の高い分野に人口と資本を移転していけば、さらなる経済と文化の発展は可能。


安部修仁

我々は無借金経営で増収増益が続いていました。そうなると組織は硬直化して、セクショナリズム、官僚化が起こる。そこで無理難題を解決するために、革新運動を進めることにしたのです。全社で様々な改善を行って、あらゆるコストの見直しをしました。


出雲充

私は、この世に「くだらない仕事」はないと思っています。ミドリムシのような、一見「くだらない生物」と思われる生物が世界を救う可能性を持っているのと同じように、みんながくだらないと思っている仕事にこそ、大きな可能性があるのではないでしょうか。


伏島巖

創業当時からずっと機械だけではなく、化成品も開発、製造、販売をしてきました。世界中に医薬品の製造装置を扱っている会社はたくさんあります。同じように、化成品を扱う会社も多い。しかし、両方を扱っているのは当社だけで、両者を手掛けていることが当社の特徴なのです。


椎名武雄

何もせずに社長室に座っていると、悪い話は入ってこない。そうなると、経営判断を間違ったり、遅くなったりする。経営者は現場を歩き、積極的に生の情報を集めなければならない。【覚書き:IBM社長室の伝統「オープン・ドア・ポリシー(社長室のドアは常に開けておかなければいけないルール。IBM創業時からの風通しの良い社風のシンボル)」について語った言葉。社長室の扉があいていても、社長が部屋に籠っていてはオープン・ドア・ポリシーも無意味なものになってしまうという趣旨の発言】


曽山哲人

安易な転職や独立もキャリアの罠のひとつといえます。転職はリセットボタンを押すことになります。いままでの成果すべてをリセットして、新しい職場でゼロから評価される覚悟があれば意味があるでしょう。私も転職組ですし、転職によって成長する人も大勢います。ただ、上手くいかないジョブホッパー(転職を繰り返す人)は、仕事上のネガティブをリセットしようとする一方で、ポジティブなことまで一緒にリセットすることに気づかないまま転職してしまう人が多いように思います。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

中小企業の場合、割増退職金の増額を要求したり、取引先を持っていくなどの条件を付けると、応じてもらえることが少なくない。会社側も「辞めてくれるなら」と聞き入れやすい。一方、大企業は条件面を組合との話し合いで決め、公平平等を重んじるので、個別交渉は難しい。


本多孝光

我が社のモットーは、「自分で考え、自分で作り、自分で売る」。技術と感性を融合したクリエイター型メーカーを目指している。


大塚雅斗

いつまでも若い経営者に背中を見せられるような経営をしていきたい。


三木雄信

ソフトバンクも最初はヒト・モノ・カネのリソースが不足していたため、大きな事業を展開することができませんでした。低リスクの小さな事業からスタートし、その領域でトップシェアを得てから、それを武器により大きな事業へと発展させていったのです。


横山光昭

まず、毎月使っているお金についておおまかに「消費」「浪費」「投資」の3つに分けて考えることから始めてください。食費や住宅費、水道光熱費、教育費、被服費、交通費など、生活するのに必要なものの購入や、使用料としての支出は消費です。外食やタクシー代、嗜好品、ギャンブルなど必要以上に贅沢をしたと感じる支出は浪費。習い事や本代などの中で、自分の人生になると感じた支出及び貯金は投資です。理想は消費70%、浪費5%、投資25%です。できるだけここに近づけていくように努力するといいでしょう。


石井淳蔵

人は、いつも現実の延長線上に物事を考える習性を持っている。しかし、組織の経営者がそんなふうに考えていては、その組織は持たない。