安宅和人の名言

安宅和人のプロフィール

安宅和人、あたか・かずと。「ヤフー」CSO(最高戦略責任者)。富山県出身。東京大学大学院生物化学専攻修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務、米国イェール大学大学脳神経科学プログラムPh.D.取得などを経てヤフーに入社。著書に『イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」』。

安宅和人の名言 一覧

インプットの前に、何をアウトプットするかをまず考えろ。考え込む前に、まず言葉にしろ。「とにかくアウトプットありき」という姿勢が思考力を上げ、ひいては仕事の生産性を上げる。


人間は言葉にしないと、頭に浮かんだ概念をまとめられない。つまり、言葉を使えば、思考がクリアになる。「解くべき問題を具体的に明らかにすることも重要で、「イシュー(問題)」の見極めがカギを握る。


「とにかく生の情報を得ること」は大切ですが、「考える時間があったら、靴底が擦り減るまで営業先を回れ」という言葉に代表される、「動いていれば答えが出る」という働き方は、不毛な結果になりかねない。


数ある問題の中から、今、答えを出す必要性が高い問題を選び出す。その選択が適切だったかどうかで、得られる結果は大きく変わる。


分岐点になるポイント(イシュー)は必ずあると信じて、探そうとする姿勢が大事。強引でいいから仮説を立てて、検討すべきです。


データや手法ありきで、数字をこねくり回すことが分析ではない。「何のために取り組んでいるのか」という目的が曖昧なケースが多すぎる。目的を明確にして初めて、成果につながる分析結果を出すことができる。


考える力を身につけたいなら、「アウトプットへの注力」が唯一無二の方法です。アウトプットすればするほど、思考力は上がる。極端な例ですが、インプットゼロでも経験や勘を頼りにできるし、空想もできる。アウトプットありきの姿勢で臨めば、足りない点に気づきやすく、後で知恵が自然と働く。何でもいいから考えたことを吐き出し、可視化させることのメリットは大きいのです。


考えているテーマや関連した情報が頭に入り、脳がその情報を処理し、実際に「ある言葉を発する」などという形でアウトプットされて、ようやく「考えた」といえる。言い換えれば、アウトプットをしない状態は、「何も考えていない」ことと同じ。脳と神経系の構造が、そう示しています。


思考は言葉に依存する。真の思考力を身につけたいなら英語は必須。日本で使われるカタカナ語の多くは正しい意味で使われていない場合が多く、正しい理解には英英辞典が必要。


「問題解決に取りかかる前に勝負はついている」と私がビジネスパーソンに話すと驚かれます。私の持論は「問題解決は、イシューの見極めから始まる」。イシューとは、「今の局面でケリをつける必要がある課題」のこと。「答えを出すと次のステップに大きな影響を与える問い」ほど解決に取り組む価値があり、それにまず手をつけるべきです。


思考力を上げるためには、「頭で考えたことを言葉に落とし込んで書き出す」習慣を取り入れることをオススメします。紙でも、パソコンでも、スマホでもいい。簡単と思うかもしれません。しかし、「考えていること」「言いたいこと」を言葉で具体的に表現することは難しい。考えを書いてみると、日頃いかに漠然としたことばかりを考えているかに気づかされる。徹底的に続けると、少しずつできるようになります。


何がイシューなのか見極めるための3つのポイント

  1. その検討の結果、未来にどこまで影響するかを考える。
  2. 権威や常識、組織内での一般的な見立てをひっくり返せないかを考える。答えが右か左かがはっきりしても結果が同じことは、イシューではない。
  3. 結論を出せる見通しがあるかを考える。答えが出せないものは、大事な問いであっても良いイシューとは言いがたい。

イシューを見極めるためには、「誰かに相談する」ことがシンプルで効果的な方法の1つです。社内で、チームの外を歩き回って話を聞く。また書籍やブログなどを読んで、「この人は手がかりになる見立てやヒントを知っているかもしれない」と思ったら、連絡を取る。日本のビジネスパーソンはチームの外や社外に助言を求めることをしないが、もったいない。「守秘義務に触れることを話す必要はなく、教えてくれたことはチーム内での検討にしか使わない」と伝えれば、意外と相手は門戸を開くものです。


イシューを見極めるには、まず、「何のためにそれを検討しているのか」という目的をはっきりさせる。次に、「その目的の視点でカギとなる分岐点がないか」を見極める。目的というのは、例えば、「特定商品における営業効率の最大化」「販促効果の予測」などです。どんな文脈で何をしようとしているのかをはっきりさせる。決して、何となく始めないことが重要です。その目的が見えたところで終えてはダメです。漠然とした「ゆるい検討」になり、迷路に入ってしまう。今回の検討で何が本質的な分岐点なのか、つまり、何がイシューなのかを見極めることです。


「情報をインプットした時、その量を上回るアウトプットはできない」と思われがちですが、それは違う。1人のビジネスパーソンが「1万、10万……と蓄積してきた無数のインプット」を無視した考えだ。仮に「1」のインプットが頭に入ると、これまでのすべてのインプットとつながって双方向にやり取りするものです。結果、アウトプットは掛け算式のように膨大になり得る。実際、仕事の生産性が高く、「デキる」と評価されているビジネスパーソンは、「1のインプットで、10のアウトプットを出すこと」を簡単にやってのけます。


安宅和人の経歴・略歴

安宅和人、あたか・かずと。「ヤフー」CSO(最高戦略責任者)。富山県出身。東京大学大学院生物化学専攻修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー勤務、米国イェール大学大学脳神経科学プログラムPh.D.取得などを経てヤフーに入社。著書に『イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」』。

他の記事も読んでみる

久水宏之

それぞれが取り組んでいる仕事が、人生かけて果たしたい願いと一つに繋がった時、どんな試練も解決し、新たな創造をもたらす智慧と意志の力が溢れてくる。


出井伸之

フランスに駐在していたとき、フランス人の友人から言われました。「君はなんでそんなにネガティブな言い方ばかりするんだ。人と会話するときは、すべてポジティブに言ったほうがいい。君みたいにネガティブだと嫌われるぞ」と。そう言われて、ハッとしました。以来、何を言うにしても、できるだけポジティブな言い方をするよう心がけています。


大谷翔平

高校時代から始めたメモをつける習慣は、今も続けています。その日の練習や試合で良かったことと悪かったこと。そして「今度からこうしていこう」という内容をまずスマホでメモして、後でノートに清書して残すようにしています。他にも読んだ本の中で、響いた言葉があればそれもメモし、自分に活かせないかと考える材料にしています。


テリエ・ラーセン

めぐり合わせが良かったのです。パレスチナ人も幸運に恵まれたと思います。それというのも、交渉に携わった各人が、展望と勇気、創造性、とりわけ重要な友情を育む力を持ち合わせていたのからです。


山名昌衛

戦略は現場に宿る。いくら戦略が優れていても、現場に即していない机上の空論では勝てない。


森久保有司

新興国市場は、コストに対する要求が厳しい市場です。しかし、現地のものづくり企業には、「安物買いの銭失い」という愚は犯さない賢さがあります。生産の効率や品質などを左右する設備・部品に関しては、妥協せずによいものを使うということです。端的に言えば、実績のある日本品質の設備・部品を使いたがっているのです。


西村英俊

山に登ろうとしてどこが頂上なのか知らなければ、登る気にもなりません。頂上は知っていても、途中でいまはここまで来た、あと残りどれくらいかと知ることによって元気が出るものでしょう。改革も同じです。エネルギーを奮い立たせる標識が必要なのです。


マイケル・ポーター

あなたの直感通り、自分がハッピーで、自分が働きかけている相手にエネルギーを与え、ワクワクさせ、ハッピーな気持ちにさせることができなければ、成功する見込みは非常に低いでしょう。


金児昭

ケチに徹して費用を減らす方法だけでなく、いまある収入を、あるいは収入の道を増やす方法も同時に考えるということです。


福田幸雄

オンデマンド写真集は競合が多いように見えるかもしれないが、当社は高級品に特化し、プロカメラマンに対しては絶大なブランド力がある。コストと技術が必要な部分で差別化しており、今さら他社は真似してこない。


林成之

相手を敵だとみなした瞬間、人の意識の奥底で自分を守ろうとする自己保存の本能が働く。すると無意識に体が萎縮して本来の力が発揮できなくなる。


高山樗牛

己の立てるところを深く掘れ、そこには必ず泉あらん。


竹内一郎

近年、「見た目重視」の傾向がより強まっているのを感じます。「人は見た目で判断してはならない」という建前に対して、「やっぱり人は見た目に左右される」という本音が表に出てきた、ということでしょう。


デービッド・アーカー

マーケティング責任者は、経営者にブランドのイメージやブランドの素晴らしさをただ情緒的な言葉で説明するのではなく、企業経営になぜブランド構築が役に立つのか、ブランドによって何が企業にもたらされ、どのような利益成長できるかを、定量的な分析を加えながら、論理的に語れなければなりません。


高畑充希

常に「私はこう思う」という意志を持つことが大事なんだと思います。もちろん私も、自分にはない視点を持った人には似たいし、そういう人とこそ一緒にいたい。だけど人間は、完全にはわかり合えないからこそ一緒にいて発見があり感動が生まれるわけで。ちょっとの依存と自立が両立している関係が、私にとっては理想ですね。


ページの先頭へ