名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

安倍晋三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安倍晋三のプロフィール

安倍晋三、あべ・しんぞう。日本の政治家。内閣総理大臣。成蹊大学法学部政治学科卒業。神戸製鋼所勤務を経て祖父・岸信介、父・安倍晋太郎の後を継ぎ政治の道に進む。その後、衆議院議員選挙に当選。衆議院厚生委員会理事、自民党社会部会長、内閣官房副長官、自民党幹事長、自民党党改革推進本部長、内閣官房長官、自由民主党総裁、内閣総理大臣などを務めた。

安倍晋三の名言 一覧

重要なことは結果だ。100の言葉より1の結果だ。


なるべく冷静にしようと思い、息を4秒吸って、8秒で吐くようにしている。
【覚え書き|ヤジられたときの対処法について】


ただスローガンを重ねるだけでは、社会を変えることはできない。具体的な政策なくして、そのスローガンを現実のものとすることはできない。具体的な政策を提案し、実行し、そして結果を出していく決意だ。


我々自民党は、2009年に政権を失った生々しい経験をしっかり頭に入れています。国民から「ノー」を突きつけられた自民党に再び戻ってはいけない。あの時のことは忘れてはいないし、忘れてはいけないと思っています。


改革に終わりはありません。経済はグローバル化しており、世界で勝ち残らなければ、結局は雇用も維持できません。


祖父の岸信介が「もう一回総理をやらせてくれればもっとうまくやったのに」と、よく話していました。私は今回、そのチャンスをもらいました。まず心がけたのは、あまり肩に力を入れないようにということですね。自分の思い通りにはならないということを認識し、独り善がりにならないように気をつけました。いくら立派な政策でもそれだけでは前に進んでいかないのだから、国民のニーズは何かということを見極めようとしました。


日本は戦後、民主主義と自由を守り、平和国家としての道を歩んできました。この姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。


様々な意見の違いや課題があるからこそ、首脳同士が会って胸襟を開いて対話すべきだと思います。対話のドアは常にオープンにしています。


米国の場合は1回失敗した人の方がむしろ投資家からお金がつきやすいと言われます。その意味では、日本は大切な資源をムダにしているのではないでしょうか。ウォルト・ディズニーは挑戦と失敗を繰り返しました。日本人だったら、ミッキーマウスは誕生していなかったでしょう。


経済外交を展開して改めて認識したのは、やはりトップが行かないと物事が進まないことがあるし、首脳会談で相手に協力を依頼することによって絡んだ糸がほどけていくこともあるということです。


政権がスタートした時は、野球で言えばノーアウト満塁でマウンドに立ったようなものでした。こういう時は奇をてらってはダメ。自分を信じて思い切り腕を振ってど真ん中に投げるしかない。その思いで「大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略」からなる「三本の矢」の政策を放っていきました。


働きたい人が働けるという状況を作っていく。雇用を作り、収入が増える環境を作っていく。それが政府に課せられた使命だ。


トヨタ自動車が「カイゼン」で生産ラインの工程を縮めていくように、農地も集約する必要があります。今後はさらに構造改革を進めます。


女性の活躍は、社会政策でなく、成長戦略として捉えています。日本は人口減少の中で労働力が不足していく、もうダメじゃないか、と言われていますが、女性は日本に眠る最大の潜在力です。女性がその能力を開花させていくうえで様々な障害がありますので、それを取り除いていくための政策を進めていきます。


従来の規制が想定しない新技術を迅速に試験導入できる規制の「サンドボックス」を設けます。現行法の規制を一時的に止めて新技術を実証できる仕組みで、まず国家戦略特区において自動走行やドローンの実証実験を迅速に集中して行えるようにします。特区に限らず、参加者と期間を限定して「まずはやってみる」ことを可能にするプロジェクト単位でのサンドボックスも創設します。


安倍晋三の経歴・略歴

安倍晋三、あべ・しんぞう。日本の政治家。内閣総理大臣。成蹊大学法学部政治学科卒業。神戸製鋼所勤務を経て祖父・岸信介、父・安倍晋太郎の後を継ぎ政治の道に進む。その後、衆議院議員選挙に当選。衆議院厚生委員会理事、自民党社会部会長、内閣官房副長官、自民党幹事長、自民党党改革推進本部長、内閣官房長官、自由民主党総裁、内閣総理大臣などを務めた。

他の記事も読んでみる

福嶋康博

基本的な手順は一緒でも、目標、考え方が違えばもたらされる結果が異なります。大きい目標を掲げた方がより大きな結果に繋がりますし、逆に小さな目標では小さな結果にしか繋がりません。また、大きな目標を持てば持つほど、より正しい、つまり事業の成功に繋がる答えが出てくる確率が高まるのです。


泉谷しげる

原動力はジャンルを問わず、「いいものをつくる人や才能への嫉妬」ですね。若いミュージシャンでも俳優でも、元気で面白いことを考えてるやつがいっぱいいる。彼らに対して嫉妬を感じても、自分を恥じない。「チキショー、いいものつくりやがって!」と素直に反応すれば、「俺もいいものつくってやる!」という自分の力になります。


生月誠

逆に「自分は人と話す時に赤面してしまう。人と話すのは苦手だ」ということを、最初から認めてしまうことが大事。初めから認めることが出来ていれば、人と接するときにも心の余裕が生まれます。そしてそれを「自分の個性」であると他人にアピールをしていくのが有効な方法です。


高橋フミアキ

言うまでもなく、メールは送る前に読み返すこと。最初のメールに誤字脱字が1カ所でもあったら、それだけで信頼はガタ落ちです。私はとくに「声に出して」読み直すことをお勧めしています。


出雲充

具体的に研究の詳細に踏み込んで、「いつまでにならできそうだ」などと考えるのは私の仕事ではありません。私の役目は「このときまでにできていなければダメ」という目標を設定すること。それに対して社内の研究部門や共同開発しているパートナー各社の皆さんが「それまでには大丈夫」と言ってくださる。


本田宗一郎

人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれたときに出る力が本当の力です。伸びる時には必ず抵抗がある。必死のときに発揮される力というものは人間の可能性を予想外に拡大するものである。


堀威夫

勝利の女神に微笑んでもらうことは大切な要素。そのためにホリプロでは、「いい顔」をつくれる人材を大切にしています。


田中仁(経営者)

低価格競争のときも、追随企業は無数に現れたが、最後にはほとんど生き残らなかった。顧客はちゃんと品質を見抜く。


佐藤智恵(コンサルタント)

何かのプロジェクトリーダーを任された時は、部下の提案を「前例がないから」と断らないようにしましょう。その提案がフェイスブックのような大ヒットを生む可能性もあります。最初から否定してしまうのは、非常にもったいない。


浜島俊哉

20代後半から30代にかけてはいまの壱番屋につながる基礎作りに取り組んでいました。体力的には一番きつかった時代です。ちょうどチェーン展開が100店舗前後のときは、休みは年間で30日弱。体はきついんですけど、やったことがお客様、お店の反応としてすぐに表れるので充実感もひとしおでした。


ジョン・コッター

古いシステムを打破するには、ときには大きなショックが必要です。


宇都出雅巳

自分の日常の仕事が習慣化されているかどうかが重要。朝起きて歯を磨いたり顔を洗う行為は考えなくてもできる。自分の仕事が習慣化されているほど、ワーキングメモリーを使わずに済むので、その分新しい情報を取り込める。