名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安井利一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安井利一のプロフィール

安井利一、やすい・としかず。「明海大学」学長。城西歯科大学(のちの明海大学歯学部)卒業、同大学院歯学研究科博士課程修了。明海大学歯学部教授、歯学部長、副学長などを経て学長に就任。そのほか、日本スポーツ歯科医学会理事長、日本臨床スポーツ医学会常任理事、日本口腔衛生学会副理事長などを務めた。

安井利一の名言 一覧

早く経験を積むことは大事なこと。そこで自分が問題にどう対応すべきか考えれば良い。


重要なのはモチベーションを高めることですが、不動産学部やホスピタリティ・ツーリズム学部は、学問の目的が明確なので、モチベーションは比較的上げやすいと思います。


将来の進路選択や就職に向けて充実した4年間を過ごすために、1年次から就職を意識させるカリキュラムを必修化しています。


安井利一の経歴・略歴

安井利一、やすい・としかず。「明海大学」学長。城西歯科大学(のちの明海大学歯学部)卒業、同大学院歯学研究科博士課程修了。明海大学歯学部教授、歯学部長、副学長などを経て学長に就任。そのほか、日本スポーツ歯科医学会理事長、日本臨床スポーツ医学会常任理事、日本口腔衛生学会副理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

本田宗一郎

百のうち九十九は失敗する。われわれは勝負師ではない。負けても何が原因で負けたのかを追求することに意義がある。私はたえず喜びを求めながら生きている。そのための苦労には精一杯に耐える努力を惜しまない。


塩﨑均(塩崎均)

企業との連携は、研究と社会がつながるという一番分かりやすい事例になります。私が学長になってすぐ、大阪府東大阪市の中小企業の社長に集まってもらって、「我々はこんな研究をやっています。一緒にやりませんか」と呼びかけました。これは東京都大田区でも年2回やっています。我々の方から出かけていって声を掛けつつ、企業の方たちにも気軽に相談に来てもらえるように、学内のカフェを開放しています。


梶村尚史

昼寝の仕方にはコツがあります。睡眠医学では30分以上昼寝をすると、夜の眠りの質が悪くなることがわかっています。したがって、昼寝は30分以内にした方がいいということができます。もっといいのは、15分~20分程度です。タイマーをかけて昼寝をするというのもいいでしょう。さらに昼寝をする前にコーヒーを飲むというのが効果的です。コーヒーを飲んだ後、血中のカフェイン濃度が最も高くなるのは30分~2時間後のことです。つまり、短い昼寝をとる直前にコーヒーを飲んでおけば、起床直後にカフェインの効果が現われ、スッキリと目覚めることができるというわけです。


中山愼一

人生は一度きり。何事も先延ばしにせず、その時に自分ができることを精一杯行っていけば誰しも成長できるはず。


土居征夫

現場を知る多くの企業経営者は、最近の若者は英語力の前に、そもそも日本語で考える力が乏しいと嘆いているんです。入社してから鍛えようとしてもなかなか難しいと。なぜなら、自分の考えを持っていない若者が多いからです。英語教育によって英語でのコミュニケーションをとれるようにするという方向性は理解できますが、その前に国語で知的訓練をすることが先決ではないかというのです。


高野登

ビジネスマンにはコミュニケーションの悩みが多いようです。たとえば、営業マンが訪問先の相手と話すときに、商品についてはしゃべれるし、プレゼン資料についても説明できるのだけれども、それ以上のことがうまくしゃべれない。また、相手のニーズを聞いたり、雑談をして打ち解けたりすることができない。それは、話をする基盤として、「聞く姿勢」ができていないからです。自分の立場で考えてしまっていて、相手の話を聞きながらも、頭のなかでは「次は何をしゃべろうか」と思っているのではないでしょうか。それでは相手とのダイアローグ(対話)ができません。


おちまさと

若い人は人生経験も浅いし、ネタに自信がない人も多いでしょう。それなら「相手にしゃべってもらおう」と考えた方が、気が楽になります。最終的には「相手が9割しゃべっている状態」を目指すといいでしょう。


海老原嗣生

世の中の変化はそれほど速くはありません。変化は日々、少しずつ起こるので、現場に根差した仕事をしていれば、40歳だろうが60歳だろうがついていける。


所ジョージ

「きっと面白いだろうな」と思ってやってみること。ある程度経験してきた大人は「これをやってもつまらない」とか「得にならない」と最初から決めちゃうよね。もったいないですよ。「今度は面白くなる」と思って、まずはやってみることですよ。


安達稔

過去何度となく襲われた厳しい状況を乗り越えられてこられたのは、経営者に志があったからです。その志のもとに全社員が結集し、一丸となって難局を乗り切っていく。そうした機運が会社の中にみなぎっていましたし、日本の企業社会全体がそういう空気に満ちていました。


アラン(哲学者)

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである。


八代英輝

仕事に充実感があれば忙しいことは苦にならない。