名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

やすひさてっぺい(安久鉄兵)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

やすひさてっぺい(安久鉄兵)のプロフィール

安久鉄兵、やすひさ・てっぺい。日本の料理評論家、システムエンジニア、コンサルタント。「日本唐揚協会」創設者の一人。鹿児島県出身。日本大学経済学部卒業後、住宅メーカーを経てサイト制作会社を経営。日本唐揚協会を設立。著書に『唐揚げのすべて』『日本唐揚協会のつくりかた オンリーワンビジネスで成功するための思考法』。

やすひさてっぺい(安久鉄兵)の名言 一覧

皆が「自分だけの市場」を見つけて山のてっぺんを取れば、世界平和につながる。


基盤を固めるため、今年、「全国唐揚協会会長総選挙」を実施します。各都道府県に、協会を立ち上げるための会長を選出する選挙です。既に昨年、静岡唐揚協会が発足しましたが、これからの世の中、各地域が盛り上がることで全体が動く。地方分権化すれば、地元の唐揚げ店とコラボしながら、町おこしイベントなどもやりやすくなります。


私たちは最初から、「唐揚げで世界平和を目指す」を目的に協会を運営しています。バカじゃないかと思われることでも、大真面目にやり続ける。目的が明確なので考えがブレません。そして、活動内容をサイトやSNSで発信し続けたことが、企業などの信用を得て収益に結びついたのだと思う。


カラアゲニストやイベントで出店してもらう唐揚げ店から、会費などのお金は徴収しません。利益目的だと人は集まらない。そもそもの動機は、「私が唐揚げ好きと一緒に楽しみたい」ですから。


実績が伴えば、今までなら相手にもされなさそうな大手企業が、商売相手として声をかけてくれる。ローソンの「からあげクン」や、サンリオのキティちゃんとコラボした商品も実現しました。


仕掛けの積み重ねでメディアにも取り上げられ、2010年には会員数が1000人を超えた。これを強みに、大手企業に飛び込み営業をしました。唐揚げに対する熱い思いを熱く語りながら。1000人もの会員がいる怪しげな団体。しかも、テーマは唐揚げ。そのギャップに、多くの企業が興味を持ち、イベントの協賛が取れました。


緩やかに会員を囲い込むために、サイトで「唐揚検定試験」を掲載しています。合格すると、栄えある「カラアゲニスト」として認定される。出題はサイトを読めば答えが分かるレベルですが、それだけでは話題にならない。そこで、私の独断と偏見で、議論が起こりそうな問題を考えます。例えば「皆で唐揚げを食べるマナーとして、レモンをどうかけるか」。「全部の唐揚げにかける」「各自が取り皿に絞る」などの選択肢に、ネットの掲示板などで「かける派」「かけない派」に分かれて議論が始まり、盛り上がる。


サイトのアクセス数を増やすため、「平和な炎上マーケティング」を目指しました。話題のニュースについての関連情報を集約する「まとめサイト」などに取り上げてもらうには、「あるあるネタ」や「突っ込みどころがあるネタ」が効果的です。


ポイントは「ギャップ」です。「唐揚げファンクラブ」でもよかったのですが、普通すぎて誰も気に留めない。しかし、「唐揚げ」という庶民的な身近な食べ物と、「協会」という堅苦しい文字が組み合わさった途端、違和感が生じる。さらに、頭に日本をつけると権威が増す(笑)。このギャップが人々の関心を引き寄せます。


「世の中で一番好きな唐揚げで何かしたい」という動機を持ち、面白いことをコツコツと一生懸命に取り組んできたら、1万5000人の会員数になった。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)の経歴・略歴

安久鉄兵、やすひさ・てっぺい。日本の料理評論家、システムエンジニア、コンサルタント。「日本唐揚協会」創設者の一人。鹿児島県出身。日本大学経済学部卒業後、住宅メーカーを経てサイト制作会社を経営。日本唐揚協会を設立。著書に『唐揚げのすべて』『日本唐揚協会のつくりかた オンリーワンビジネスで成功するための思考法』。

他の記事も読んでみる

城島健司

もちろん落ち込むこともありますよ。僕は強い人間ではありません。基本は弱い人間です。うまくいかなかった日は、日付が変わるまでウジウジしてます(笑)。そうやって1日中、思い切り落ち込むほうが、次の日、気持ちを切り替えられます。


アナカルシス

最も安全な船とは、陸に上がった船だ。
【覚書き|君子は危うきに近寄らずと同じ意味の言葉】


佐藤琢磨

「賞金もボーナスも出るし、2位でいいじゃん」と言われたとしても、2位では納得できない。「誰よりも速く走りたい」という貪欲さがあるからこそ、スピードへの恐怖心に打ち勝ってアクセルを踏めるし、テクニックを追求し続けられる。


出口治明

石の上にも3年だ。入社して3年学んで、どうも居場所が違うと思ったら辞めれば良い。何も最初に置かれた場所で咲かなくても良いのだ。


前川洋一郎

企業の不老長寿には承継が最大の戦略と言われる。また「守成は創業より難し」といわれるほどに承継が大事であり、承継は駅伝競走の始まりである。


御手洗瑞子

復興支援という名目に甘えてクオリティの低いものをつくっていては、自立できる産業は生まれない。


渡辺淳一

人と接すればいやなことも、ぶつかることもあるけど、傷つかずに人間が成長するなんてこと自体あり得ないんだから。成長したいと願うのなら、みんなもっともっと「人好き」にならなくては。


城岡陽志

失敗が多い人ほどノウハウをたくさん持っている。大失敗賞(失敗をした社員を称える賞)を作ってから、うちはいろいろな業界と取引できるようになった。部品メーカーにとって完成品を丸ごと作るのは夢。それが実現できたのも大失敗賞のおかげ。


重村博文

会社として環境の変化に対応していく、チャレンジして自らも変化していく。


小林大地(経営者)

変化を目指す一方で「いいものをつくる」精神は、変わらず我が社に受け継がれています。「象が踏んでもこわれない」のキャッチフレーズで一世を風靡した「アーム筆入」は、1960年代当時としては高価であったため「売れない」、また丈夫であったため「買い替え需要を減少させる」と社内から批判の声がありました。それでも販売にこぎつけ、ヒットを記録したのは、お客様を笑顔にする「いいもの」をつくりたいという想いがあったからこそです。


中西浩太

当社では求職者の経歴や資格だけを見て合致しそうな会社を紹介するということはしていません。徹底的にヒアリングする中で、5年後、10年後にどうなっていたいのか、その将来像を一緒に考えます。


筒井康隆

ある日、岩波書店からテリー・イーグルトンの『文学とは何か』という本が送られてきてね。頼んでもいないのに「どうしてなんだろう」と思っていたら、「大江健三郎さんから、これを筒井さんに送れといわれました」と。それで読んでみたら、面白くてね。なんで大江さんはこれを俺に読ませたかったんだろう? 多分、「これでもって本を一冊書け」という意味じゃないかと思い、岩波の『へるめす』に『文学部唯野教授』の連載をはじめたわけです。だから、僕の場合、あちこちに新しいジャンルを自分で探したように見えるかもしれないですけど、周囲から勧められたりして、成り行き任せでやってきた結果、こうなっちゃったんですよ。