名言DB

9490 人 / 112001 名言

やすひさてっぺい(安久鉄兵)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

やすひさてっぺい(安久鉄兵)のプロフィール

安久鉄兵、やすひさ・てっぺい。日本の料理評論家、システムエンジニア、コンサルタント。「日本唐揚協会」創設者の一人。鹿児島県出身。日本大学経済学部卒業後、住宅メーカーを経てサイト制作会社を経営。日本唐揚協会を設立。著書に『唐揚げのすべて』『日本唐揚協会のつくりかた オンリーワンビジネスで成功するための思考法』。

やすひさてっぺい(安久鉄兵)の名言 一覧

皆が「自分だけの市場」を見つけて山のてっぺんを取れば、世界平和につながる。


基盤を固めるため、今年、「全国唐揚協会会長総選挙」を実施します。各都道府県に、協会を立ち上げるための会長を選出する選挙です。既に昨年、静岡唐揚協会が発足しましたが、これからの世の中、各地域が盛り上がることで全体が動く。地方分権化すれば、地元の唐揚げ店とコラボしながら、町おこしイベントなどもやりやすくなります。


私たちは最初から、「唐揚げで世界平和を目指す」を目的に協会を運営しています。バカじゃないかと思われることでも、大真面目にやり続ける。目的が明確なので考えがブレません。そして、活動内容をサイトやSNSで発信し続けたことが、企業などの信用を得て収益に結びついたのだと思う。


カラアゲニストやイベントで出店してもらう唐揚げ店から、会費などのお金は徴収しません。利益目的だと人は集まらない。そもそもの動機は、「私が唐揚げ好きと一緒に楽しみたい」ですから。


実績が伴えば、今までなら相手にもされなさそうな大手企業が、商売相手として声をかけてくれる。ローソンの「からあげクン」や、サンリオのキティちゃんとコラボした商品も実現しました。


仕掛けの積み重ねでメディアにも取り上げられ、2010年には会員数が1000人を超えた。これを強みに、大手企業に飛び込み営業をしました。唐揚げに対する熱い思いを熱く語りながら。1000人もの会員がいる怪しげな団体。しかも、テーマは唐揚げ。そのギャップに、多くの企業が興味を持ち、イベントの協賛が取れました。


緩やかに会員を囲い込むために、サイトで「唐揚検定試験」を掲載しています。合格すると、栄えある「カラアゲニスト」として認定される。出題はサイトを読めば答えが分かるレベルですが、それだけでは話題にならない。そこで、私の独断と偏見で、議論が起こりそうな問題を考えます。例えば「皆で唐揚げを食べるマナーとして、レモンをどうかけるか」。「全部の唐揚げにかける」「各自が取り皿に絞る」などの選択肢に、ネットの掲示板などで「かける派」「かけない派」に分かれて議論が始まり、盛り上がる。


サイトのアクセス数を増やすため、「平和な炎上マーケティング」を目指しました。話題のニュースについての関連情報を集約する「まとめサイト」などに取り上げてもらうには、「あるあるネタ」や「突っ込みどころがあるネタ」が効果的です。


ポイントは「ギャップ」です。「唐揚げファンクラブ」でもよかったのですが、普通すぎて誰も気に留めない。しかし、「唐揚げ」という庶民的な身近な食べ物と、「協会」という堅苦しい文字が組み合わさった途端、違和感が生じる。さらに、頭に日本をつけると権威が増す(笑)。このギャップが人々の関心を引き寄せます。


「世の中で一番好きな唐揚げで何かしたい」という動機を持ち、面白いことをコツコツと一生懸命に取り組んできたら、1万5000人の会員数になった。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)の経歴・略歴

安久鉄兵、やすひさ・てっぺい。日本の料理評論家、システムエンジニア、コンサルタント。「日本唐揚協会」創設者の一人。鹿児島県出身。日本大学経済学部卒業後、住宅メーカーを経てサイト制作会社を経営。日本唐揚協会を設立。著書に『唐揚げのすべて』『日本唐揚協会のつくりかた オンリーワンビジネスで成功するための思考法』。

他の記事も読んでみる

吉田忠裕

他人に依存して「商売しやすい環境をつくって欲しい」と言ってどうにかなるものではない。


吉田精一

言葉づかいという言葉があります。近所づき合いという言葉もあります。しかし、どの辞書にも「言葉づき合い」という言葉はありません。私は、人生はこの言葉づき合いの積み重ねと思っているのです。


高橋がなり

自分のことを「負け犬です」といえるヤツしか採用しない。ダメな人間だと気づいている人間に教えるほうが、それに気づいていない人間に教えるよりも話が早いし面白い。


西村英俊

会社の成長の前に、より良くする前に、まずこの会社をつぶさない。いささかも減衰させないということが出発点であるべきなのです。社長になった途端、これは忘れられがちです。


宗雪雅幸

いまの時代は親会社が偉くて、子会社がダメなどという時代ではないですよ。機能が違うだけで、むしろマーケットに近い方がますます重要になっているのではないでしょうか。その意味で私にとって子会社への移籍は本当にやりがいのある黄金の階段でした。独自の商品を作り、マーケティングをして自分自身の販路を築くことが大事だと思っていましたから。
【覚書き:富士フィルムで当時、出世の糸口が切れる片道切符と揶揄されていた子会社出向を言い渡されたときを振り返っての発言】


成毛眞

「仮説→検証」の一連のプロセスは、実際のビジネスでも大事なものです。たとえばマーケティングや宣伝において、できる人であれば、「このターゲットにこの値段なら売れるのではないか」といった仮説を立ててから、実行に移しているはずです。


鈴木忠雄(経営者)

何をやってはいけなくて、何をやってもいいかという見極めが経営者だけではなく中間管理職までできる。そういう体質を作っておかなければいけません。たとえ一万人に一人でも当社の商品で被害を受ける方がいたら、大変なことです。


ハーマン・サイモン

日本製品の品質は完璧とも言えるでしょう。しかし高価格につながるながるブランドイメージには欠けています。そこで市場シェアを追求する限り、値下げによる価格競争に巻き込まれざるを得ないわけです。


大坪清

派遣社員の正社員化で、何より現場の人間同士の意思の疎通がよくなりました。それと当社では「6S」と称して、整理、整頓、清潔、清掃、躾、作法を徹底してやらせていますが、こちらも目に見えてよくなっています。やはり日々のちょっとしたケアがロス率に関わっているのです。


松田千恵子

お金の流れを意識することで、価値のある仕事を見抜けるようになる。新規事業の責任者や管理職になった時に、数字の裏づけを基に必要な予算を得るための力にもなる。


木村政雄

酒は昔から一切飲めないんです。だからタレントさんと遊ぶ機会は少なかったですね。年上の方を師匠と呼ぶこともしなかった。彼らにはそういった部分じゃなく、アイデア=頭脳で貢献するしかなかったわけです。


金子勝(経済学者)

いま自分のことを簡単に「負け組だ」と言う人が増えている。それじゃダメ。やりたいことをやるためには、失敗や挫折を怖れず、根拠がなくてもいいから自信を持つべきだ。