やすひさてっぺい(安久鉄兵)の名言

やすひさてっぺい(安久鉄兵)のプロフィール

安久鉄兵、やすひさ・てっぺい。日本の料理評論家、システムエンジニア、コンサルタント。「日本唐揚協会」創設者の一人。鹿児島県出身。日本大学経済学部卒業後、住宅メーカーを経てサイト制作会社を経営。日本唐揚協会を設立。著書に『唐揚げのすべて』『日本唐揚協会のつくりかた オンリーワンビジネスで成功するための思考法』。

やすひさてっぺい(安久鉄兵)の名言 一覧

皆が「自分だけの市場」を見つけて山のてっぺんを取れば、世界平和につながる。


基盤を固めるため、今年、「全国唐揚協会会長総選挙」を実施します。各都道府県に、協会を立ち上げるための会長を選出する選挙です。既に昨年、静岡唐揚協会が発足しましたが、これからの世の中、各地域が盛り上がることで全体が動く。地方分権化すれば、地元の唐揚げ店とコラボしながら、町おこしイベントなどもやりやすくなります。


私たちは最初から、「唐揚げで世界平和を目指す」を目的に協会を運営しています。バカじゃないかと思われることでも、大真面目にやり続ける。目的が明確なので考えがブレません。そして、活動内容をサイトやSNSで発信し続けたことが、企業などの信用を得て収益に結びついたのだと思う。


カラアゲニストやイベントで出店してもらう唐揚げ店から、会費などのお金は徴収しません。利益目的だと人は集まらない。そもそもの動機は、「私が唐揚げ好きと一緒に楽しみたい」ですから。


ポイントは「ギャップ」です。「唐揚げファンクラブ」でもよかったのですが、普通すぎて誰も気に留めない。しかし、「唐揚げ」という庶民的な身近な食べ物と、「協会」という堅苦しい文字が組み合わさった途端、違和感が生じる。さらに、頭に日本をつけると権威が増す(笑)。このギャップが人々の関心を引き寄せます。


「世の中で一番好きな唐揚げで何かしたい」という動機を持ち、面白いことをコツコツと一生懸命に取り組んできたら、1万5000人の会員数になった。


実績が伴えば、今までなら相手にもされなさそうな大手企業が、商売相手として声をかけてくれる。ローソンの「からあげクン」や、サンリオのキティちゃんとコラボした商品も実現しました。


仕掛けの積み重ねでメディアにも取り上げられ、2010年には会員数が1000人を超えた。これを強みに、大手企業に飛び込み営業をしました。唐揚げに対する熱い思いを熱く語りながら。1000人もの会員がいる怪しげな団体。しかも、テーマは唐揚げ。そのギャップに、多くの企業が興味を持ち、イベントの協賛が取れました。


緩やかに会員を囲い込むために、サイトで「唐揚検定試験」を掲載しています。合格すると、栄えある「カラアゲニスト」として認定される。出題はサイトを読めば答えが分かるレベルですが、それだけでは話題にならない。そこで、私の独断と偏見で、議論が起こりそうな問題を考えます。例えば「皆で唐揚げを食べるマナーとして、レモンをどうかけるか」。「全部の唐揚げにかける」「各自が取り皿に絞る」などの選択肢に、ネットの掲示板などで「かける派」「かけない派」に分かれて議論が始まり、盛り上がる。


サイトのアクセス数を増やすため、「平和な炎上マーケティング」を目指しました。話題のニュースについての関連情報を集約する「まとめサイト」などに取り上げてもらうには、「あるあるネタ」や「突っ込みどころがあるネタ」が効果的です。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)の経歴・略歴

安久鉄兵、やすひさ・てっぺい。日本の料理評論家、システムエンジニア、コンサルタント。「日本唐揚協会」創設者の一人。鹿児島県出身。日本大学経済学部卒業後、住宅メーカーを経てサイト制作会社を経営。日本唐揚協会を設立。著書に『唐揚げのすべて』『日本唐揚協会のつくりかた オンリーワンビジネスで成功するための思考法』。

他の記事も読んでみる

野田聖子

息子との時間は格別です。息子の笑顔がすべてを解決してくれます。人はいろいろ言うけれど、何もしてはくれませんから、「まあいいや」と雑音は気にしないようにしています(笑)。


川越達也

店では料理の味はもちろん、いらしてくださったお客様のテーブルにうかがって挨拶をしたり、ご要望をお聞きしたりするなど、一人一人のお客様に精一杯のおもてなしを心がけています。


松岡修造

体力が落ちたり、疲れやすくなったりする人は、年齢的な要因もあるかもしれませんが、若い頃に比べて運動する機会が減っていることが大きな理由だと思います。その証拠に、トライアスロンを趣味にしている年配の方は、僕よりもよほど体力がありますからね。


福本伸行

結局、いい漫画をつくり続けることが、僕らの最高の喜びなんだよね。ヒットすればリターンも大きい。いわば僕らにとって漫画は最高の投資。それは夢中になれれば、どんな仕事でも同じだと思いますよ。仮にリターンが少なくても「かえってよかった!」と思って、また前を向けばいいんです。


天達武史

成功体験のなかった以前の自分は何事もマイナスに考えて、チャンスに気づいていなかった。例えば天達という苗字。人よりもいいところなんか1個もないと思っていたのに、こんな身近なところに武器が転がっていた。今では僕の強みですからね。たぶん僕が田中や鈴木だったら、今はないと思いますから。


鳥居勝幸

悲劇的なシナリオを描くのは気が進まないものですが、たとえば顧客の担当者が異動するかもしれないとわかったら、早めにその人の部下や上司とも顔合わせを行っておくなどの対処法を思いつくためにも、ぜひ実践してほしいと思います。


田辺円

人間の体の動脈や静脈と同じように、資源も循環させるということが重要。当社では年間約250万トンの紙・板紙を販売し、約150万トンを回収していますが、これを200万トンくらいにしたい。できれば販売したものはすべて回収するくらいの意気込みです。


鳥居祐一

5つ星ホテルや高級レストラン、グリーン車など、お金持ちが利用する場を体験するのもいい。高級レストランといっても一番安い料理でOKです。重要なのは上質な場を体験すること。「今後もまたこれるよう頑張ろう」という成功への原動力になります。


土岐大介

トーク中にその場でいい返答ができなくても、次回までに調べて相手が興味を持つことができる話題を伝える。そうすれば、相手は「自分のことを気にかけてくれている」と感じ、信頼閻係も一段高くなるかもしれません。トークの内容が取引に関わるストライクゾーンではないからこちらに関係ない、と判断するのではなく、ボール1~2個分外れたような、言ってみれば相手の趣味や好き嫌い、時事ニュースなどの話題でも、ファウルでもいいからなんとか打ち返せるように普段から準備しておくといいでしょう。


諸戸清六(初代)

派手にすべからず出来るだけ質素にせよ、衣服は垢の付かぬ木綿服にて充分なり。


泉谷直木

ビジネスにしても、すべて一期一会である。自社の社員であっても、年に一回しか会わない人もいる。その大切な機会には、やはり意味のある仕事をしたいと思う。


古市憲寿

当の若者から私は幸せではないと批判されるのは真っ当だと思うのですが、そうではなくて、年配の学者や評論家からの批判がすごかった。彼らは若者という存在を勝手に弱者だと思い込んで、その弱者が幸せなはずがないと怒り始めたのだと思います。

【覚え書き|著書『絶望の国の幸福な若者たち』出版時を振り返って】


高橋がなり

僕は人生の目標が、「何人に影響を与えられるか」ということなんです。だから尾崎豊が羨ましくてしょうがない(笑)。僕は尾崎豊が死んだときに参列者が何キロ並んだかは知らないけど、僕が死んだときにはそれ以上に並ばせたい(笑)。


柿木隆介

他人と自分を比較して一喜一憂するのも時間のムダ。面白いもので、1学年でも年上の人が自分より仕事ができるのは気にならないが、同期や2~3年下の人間が優秀だと、内心穏やかではいられない。しかし気にしただけで自分の実力が向上することや他人の評価が変わることはないのだから、あれこれ考えないほうがいい。


宮本武蔵

何ごとも勝つということは、道理がなくて勝つことはできない。


ページの先頭へ