安中千絵の名言

安中千絵のプロフィール

安中千絵、あんなか・ちえ。日本の管理栄養士。学習院大学法学部卒業、女子栄養大学栄養学部卒業、東京都立大学大学院修士課程修了。「タニタ」勤務などを経て独立。企業の食・健康事業のコンサルティング、メディアの栄養情報の監修・情報提供、執筆、講演などを行った。著書に『やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい』ほか。

安中千絵の名言 一覧

現代人の多くは圧倒的に運動不足です。これを解消しないことには、本当の意味で健康を取り戻すことはできません。


大事なのは「続けること」です。自分のできる範囲で、無理せず続けることが大切です。


健康な食事の条件は、栄養をバランス良くとること、食べ過ぎないこと、血糖値の急上昇を抑えることに尽きます。最近、疲れ気味だという人は、まず食べる量を減らし、お酒を数日間やめてみることから始めてはいかがでしょうか。人にもよりますが、数日間で多少なりとも爽快感を感じることができるはずです。


疲れを残さない飲み方としては、飲み過ぎないことはもちろん、おつまみを食べながら飲むのがお勧め。時々、おつまみを食べずに強いお酒を飲む人がいますが、これが最も身体に悪い飲み方です。アルコールを分解するためには、さまざまなミネラルやビタミンが使われますが、栄養豊富なおつまみや料理と一緒に飲むことで、アルコール分解に必要な栄養素を補うことができるのです。


疲れをお酒の力で発散しようとしたり、眠れないからといってお酒を飲む人もいます。もちろん、適度のお酒はストレス発散になりますが、お酒を飲んでからの睡眠は途中で目覚めやすくなるなど眠りの質を悪化させます。睡眠不足は疲れの元です。漫然とお酒を飲む習慣をやめてみるだけで、身体がスッキリす るでしょう。


もし血糖値を上げるような食事をしてしまったら、食後すぐに軽く運動すれば血糖値の上昇を抑える効果があります。「ラーメンを食べてしまったから今日は歩いて帰ろう」というのはその場しのぎに思えますが、ちゃんと一定の効果はあるのです。また、血糖値の上昇を抑えるということは、疲れだけでなくダイエットにも不可欠な考え方です。


夜8時以降は、消化液の分泌が減り、食べたものが消化されにくくなります。やむなく夜遅くに食べる場合、消化の良いものを、量を控えめに食べるのがコツです。とんかつやから揚げなどお肉や揚げものは消化に時間がかかるため、控えるのが賢明です。また、夕食前にチーズやナッツなど栄養の充実したおやつを食べて空腹を抑えておくことで、夜の「ドカ食い」を防ぐことができます。


20代よりも30代、30代よりも40代のほうが、同じことをしていても消費エネルギー量は減少します。20代と同じような感覚でお腹いっぱい食べてしまっては、明らかに食べ過ぎなのです。学生時代から10キロ以上太ってしまったという人はとくに要注意。そろそろ、量から質を重視するという意識転換をすべきでしょう。


意識してほしいのが、「食べる量と時間」です。とくに食べ過ぎは、疲れが残る大きな要因です。食べたものを消化するために胃が絶えず動いている状態になり、疲れを感じやすくなるのです。やはり、「腹八分目」がポイントです。


食材は「まるごと」のほうが多くの栄養素を効率的に得られます。たとえばお米なら、白米よりも玄米のほうが糖を代謝するビタミンが多く含まれています。ハムやウインナーよりも普通の肉、市販の野菜ジュースよりも野菜そのものを食べるほうがいいということも覚えておいてください。


とくに果物は、30~40代の男性に不足する食材の筆頭です。果物の糖類が肥満の原因になると敬遠する人もいるかもしれませんが、果物には抗酸化作用のあるポリフェノールをはじめ、老化防止や抗ストレス効果のある栄養素が豊富に含まれています。最近は食べやすくカットされた果物も売っています。ぜひ、意識して食べてほしいです。


一回の食事で必ずしもすべての栄養素を網羅する必要はなく、朝昼晩の三食でバランスをとっても構いません。たとえば昼や夜に炭水化物をとりがちなら、朝はご飯をやめ、不足しがちな果物やヨーグルトを食べるといいでしょう。


毎食あらゆる食材を網羅するのは、忙しいビジネスマンにとっては非現実的です。また、家での食事は奥様任せで手出しできない、という人もいると思います。そこでお勧めしたいのが、「ちょい足し」と「ちょい引き」。たとえばランチが牛丼なら、ご飯は小盛にして、コンビニで野菜スティックや果物、ヨーグルトなどを買って「ちょい足し」する。足すべきなのは野菜や果物など。一方、引くのは、30~40代がとり過ぎの傾向にある炭水化物などです。


理想は、旬の野菜や魚、肉、卵、きのこ、海藻などいろいろな食材が含まれている食事。たとえば鍋は理想的ですね。一方、丼ものやラーメンなどは栄養素が偏りがちなので、毎日そればかりという人は要注意です。


疲れやすい人の食事にはいくつかの要因がありますが、よくあるのが「栄養バランスの偏り」です。「疲れには○○が効く」という話をよく聞きますが、それだけとっていてもあまり意味はありません。どんな栄養素も単独で機能するわけではなく、いわば「チームプレイ」だからです。バランス良くとらないと、せっかく身体にとり込んでもうまく使うことができません。それが疲れやすさの原因にもなるわけです。


安中千絵の経歴・略歴

安中千絵、あんなか・ちえ。日本の管理栄養士。学習院大学法学部卒業、女子栄養大学栄養学部卒業、東京都立大学大学院修士課程修了。「タニタ」勤務などを経て独立。企業の食・健康事業のコンサルティング、メディアの栄養情報の監修・情報提供、執筆、講演などを行った。著書に『やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい』ほか。

他の記事も読んでみる

大倉忠司

創業にあたっては、従来の焼鳥屋と同じようなものをつくっても仕方がないと思い、異なる市場を開こうと考えました。その一つが、ターゲット層の変更です。


人見ルミ

20代のときに報道ディレクターとして働いていたんですが、心身の疲労を感じ、退職してインドでマインドフルネスのエッセンスを学びました。帰国してから仕事を再開したんですが、違う視点から物事を見られるようになったので、上司からなにか嫌なことを言われても、悩まないようになりましたね。おかげで仕事に集中できて、ミスも激減しました。ミスはリカバリーに時間がかかり、生産性を低下させる要因ですからね。


ハンナ・アーレント

働くことには、労働と仕事と活動の3つがある。「労働」とは人を消耗させる、できればしたくないもの。「仕事」とは、新しい価値をつくり出す創造的なこと。そして「活動」とは、社会に働きかけること。「仕事」と「活動」から人は充実感を得る。


井上貴之

自分が与えられた環境の中で楽しさを味わいにいけるようにならないと、どこに転職しても同じだ。


ビル・ゲイツ

1日の時間が足りないので、一度にふたつのことをやってみたくなる。いまはエアロバイクで運動しながら新聞を読むという芸を極めているところだ。マルチタスク(複数のことを同時に行うこと)としては、非常に実用的だと思うよ。


藤由達藏

行動力というのは「雪だるまづくり」に似ています。いきなり大きな雪の塊を作るのは大変かもしれませんが、小さな塊を作って転がしはじめれば、あとは自然に大きくなります。これと同じで、何かを成し遂げるためには、「はじめの小さな一歩」が重要になってくるんです。


宮内義彦

女性総合職にしても、熟年採用にしても、企業の中で少数派であるうちは本当の意味での実力発揮は難しいものです。本人も周囲も特別な存在であるという意識があっては、遠慮や差別が生じてしまい、あまり良い結果を生まないようです。このため、数を増やして職場で珍しくない存在にしてから、人材多様化という個々の人事政策の是非を判断しても遅くはないでしょう。


滝沢修

欠点や短所はそのうまくできない理由や根源が、実はみな自分の人間そのものの中にひそんでいる。


西脇順三郎

君たち、文学部も法学部も経済学部も医学部もいるようだが、いずれ仕事をするだろう。そのとき、医者になろうが経営者になろうが、作家になろうが、大事なのはモノを売り込むことではない。自分を好かれることだ。自分を眼にかけてもらうことだ。


高井伸夫

「一期一会」が大事。どんな相手とも「これが一生に一度の出会い」と捉えるくらいに、丁寧に大切に接しましょう。自分が示す態度が、相手のとる態度。表裏一体です。


小野田寛郎(小野田少尉)

どうせ終わりが来るなら早く死んだ方が楽といって自決する気にもならなかった。やってみなくちゃわからないんだから。


依田宣夫

家計の管理とは、資産と負債の内容、資産の支払い能力と負債のバランスをコントロールすることを意味します。その点でいうと、優秀な家庭経営者は優秀なビジネスパーソンでもある。


大山梅雄

「できない」「もうこれでいい」「やるだけやった」と言うな。「これでもやり足りない」「いくらやってもやり足りない」と思え。一心不怠に努力すれば、努力した分だけ必ずよくなる。


ガー・レイノルズ

プレゼンで「念のために」と何でも情報を詰め込み、上司から「これも入れておけ」と言われれば、それも入れる。そうしてスクリーンは文章だらけになる。聞き手はスクリーンのどこを見ればいいのかわからず、疲れる。プレゼンターがスクリーンに映った文章を読み上げるのを、利き手は我慢して聞く。これではつまらないに決まっています。


能町光香

人に頼られるまま仕事を引き受けたり、誘われるまま飲み会に参加する。本当は断りたいのに断れずに相手に合わせてしまう。そんな人に共通する特徴は、他人を基準にした生き方をしていること。もっと言えば、自分を大切にしていないのです。その結果、自分の仕事や時間を犠牲にしてまで、相手の事情を優先してしまいます。自分の価値基準に従って物事を判断していれば、やるべきことがハッキリしているため、不本意な要求をキッパリと断ることができるはず。一流のリーダーは、むやみに仕事を引き受けたり、飲み会に参加したりすることはありません。


ページの先頭へ