名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

安めぐみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

安めぐみのプロフィール

安めぐみ、やす・めぐみ。日本のタレント、歌手。東京都出身。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、CMなどで活躍。

安めぐみの名言 一覧

仕事する姿って素敵ですよね。役者さんが演技するときだけじゃなく、美術さんや大道具さんたちの仕事ぶりも「すごいなあ」と憧れます。仕事の内容はそれぞれ違っても、一生懸命汗かいて走る回っている人たちが大好きなんです。


舞台はお客さんの前で生で演じるもの。毎回ストーリーは同じでも、お客さんが違えば得るものも違ってくるはず。


ステファニー(演じる役名)は、実際の私とは全然違うタイプだけど、わかるなあと思う部分もあります。誰でも触れられたくない一面はあるし、それをずけずけと言われたら、私だって「キーッ!」ってなりますから。そういう共感できるところを、演技にも活かしていきたいですね。


舞台はいままで一度も挑戦したことがなかったんです。2人芝居が大変なのはわかっていたけど、私としては、現在に至るまで挑戦らしい挑戦をあまりしてこなかった感覚があって。「この舞台は私がやるべき仕事で、いましかできないことなのでは?」と運命的なものを感じました。

【覚え書き|舞台「デュエット・フォー・ワン」について】


何かに挑戦するとき、本当に嫌だったら迷わず「やりたくない!」って気持ちになりますよね。でも迷った末にチャレンジしなかったら、後悔だけしか残らないと思うんです。実際、いままで経験した中で「やってよかった」と思うことはあっても「やって後悔した」ということはないですから。今回の舞台も、どう評価されるかはともかく、私にとって前向きなチャレンジと考えています。


安めぐみの経歴・略歴

安めぐみ、やす・めぐみ。日本のタレント、歌手。東京都出身。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、CMなどで活躍。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

経営者の中で印象深かったのは松下幸之助さん。松下政経塾を作られるときに話を聞きに行ったら、「あんた、どう思う?」と逆に僕の考えを聞かれるわけ。1時間ばかり話したけれど、ずっと熱心に聞いてくれた。そして家に帰ってきたら、「またぜひ話をしに来てほしい」と連絡をもらって改めて話をしに行った。こんな人は他にはいなかったね。


リスト・シラスマ

ノキアのアトム(原子)は全て変わったが、150年の歴史をもつ会社のスピリット(魂)は生き続けている。


永守重信

創業家と企業が手を携えてやっていくにはいくつか大事なことがあると思う。最も大事なことは、共に志を持つことだ。


川越達也

気になる店には直接足を運んび、料理のコンセプトや材料費の使い方、従業員のサービスの質や内装など、いろいろ見ます。「これはうちの店よりも優れているな」という点が見つかれば勉強になりますし、それは脅威でもありますから刺激になります。


山本昌(山本昌広)

わかり切っている基礎を何度も何度も、しつこいまでに教わっているうちに僕の野球に対する取り組みも日に日に変わっていった。
【覚え書き|ドジャースの1A時代を振り返って】


杉山全功

コスト管理と情報開示も大事。開発費を資産計上する会社もあるが、当社は毎月経費で計上。コスト管理を徹底し、数字は四半期ごとに開示。通期で業績を大きく下方修正することがないよう努めている。


ケインズ

嵐の最中、経済学者にいえることが、「嵐が遠く過ぎ去れば波はまた、静まるであろう」ということだけならば、彼らの仕事は他愛なく、無用である。


林望

お金がないことを悲観することはありません。自分の生き方を再評価する大チャンスだと思えばいいのです。ただし、ライフスタイルの点検は必ず自分で行うことです。酒やタバコでも、人から言われて直るものではありません。自分で気づき、猛省し、実践する。すると必ず身になるのだと思います。


久保田隆(経営者)

現地に溶け込めているかどうかは顔色を見ればすぐに分かります。異文化の中に飛び込んでハツラツと前向きに働く者もいれば、「面白くない」と腐ってしまう者もいる。日本でそれほど評価されていない人物が、海外で輝くケースもよくありました。そうした胆力を持つ人材ほど、次はプロジェクトリーダーとして力を発揮するものです。


福田修二

「想定外だから仕方がない」というのは理由にならない。


有馬頼底

精神を安定させ、何事もなく静かに日々を過ごす秘訣は掃除です。掃除は、物をきれいにするという意味があります。確かにそれはそうなんだけど、本当の掃除とは、自分の心を清め、平静に務めることです。掃除から始めてみませんか。


宗次徳二

店が忙しい時、私は洗い場に直行します。洗い場からは店が全部見渡せます。そこからいろいろなことが見えてきます。下げられた食器を見るだけで、お客様が満足されたかどうかわかります。お客様が伝票を持って立ち上がると、フロアの担当者がいち早くレジに行って、ありがとうございますと言います。ドアを開けて帰られるお客様の背中越しに感謝の気持ちを込めて、もう一度、ありがとうございましたと声をかける。そうするとお客様が満足してくださったことが伝わってきます。「ああ明日もこのままでいい。変える必要はないんだ」と思います。そのおかげで既存店もずっと伸び続けてきました。