名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

守谷雄司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

守谷雄司のプロフィール

守谷雄司、もりや・ゆうじ。日本の経営コンサルタント。東京出身。国学院大学卒業後、三洋電機東京製作所に入社。社長室能力開発チームに所属し、社員教育に携わる。約10年間勤務したのち独立して守谷教育コンサルタントを設立。企業やビジネスマンに対して人材育成、社員教育に関する研修を行っている。そのほか出版社ランドハウスの顧問を務めた。主な著書に『手際がいいといわれる仕事術』など。

守谷雄司の名言 一覧

会議を効率よくこなすための基本5か条

  1. 議題をあらかじめ伝えておく。
  2. この会議からどんな結論が得られえるかを想定しておく。
  3. 議論の進め方のルールを決めておき、それを出席者に徹底させる。
  4. どんなに議論に花が咲いても、制限時間が来たら結論を出し、終了させる。
  5. 改めて議事録は送付しないで、各自ポイントはメモしておくように告げる。

部下が上司から命令や指示を受ける際、最も大切なのは、その目的や意図をはっきりさせておくことです。よく上司は、言った「ハズ」、部下は聞いている「ハズ」という声を耳にしますが、そんな「ハズ」ほど、あとで精神的な苦痛を感じるものはありません。


部下は上司が伝える言葉が具体的なものであるかどうか、絶えず確認しておく必要があります。たとえば、「売上率10%アップを達成しよう」と指示するだけの上司は、言葉が抽象的すぎて問題があります。上司が細かく分析して具体的な指示を出すことで、部下の行動が期待できます。


どんなに専門性に優れていても、上司や同僚・後輩との意思疎通が図られていなければ、仕事の成果はあがりません。自分の価値観にこだわるよりも、上手な聞き役に徹することが、社内コミュニケーションの効率化という意味では、大事なことなのです。


相手の反対意見に一理ある場合は、真っ向から反対せず、「あなたの意見をよく聞かせてください」というように、相手を受け入れる態度を見せてください。相手の気勢も削がれ、いつの間にかこちらの言うことに同調してもらえるかもしれません。


議論で相手の言うことがあまりにも取り上げるに値しない反対であれば、「君の言うことは、反対する理由にならないさ」と単純に否定して、あとは無関心な態度を決め込むのも手です。というのも、相手は正当な議論をしているつもりで、盛り上がっているのは感情だけであって、それだけの知識を持ち合わせていない場合があるからです。そうした相手にムキになって論理的に反論しようとしても時間の無駄でしょう。


相手が反対の議論を吹きかけてきたときも、すぐに拒絶反応を示さず、平静にしばらく黙っています。そのうち相手は張り合いがなくなり、やや話し方がおとなしくなってくるでしょう。そこでさらに、「わかりますよ、もう少し続けてください」と促します。すると、相手はますますおとなしくなり、「こういうことを知ったら、あなたも私の言うことに同感されるでしょう」とやや妥協的になってきます。ここで初めて聞き役から話し役に回り、穏やかに話せば、相手も聞く耳を持ってくれます。


議論のための議論をし、参加者が自分の価値観にこだわったり、知識を得意になってひけらかしているだけでは、議論の生産性はあがりません。


よく「活発な議論はするが、意見がまとまらなくて……」という声を聞くことがありますが、これは出席者のレベルがドングリの背比べ状態であったり、優秀なリーダーがいないために起こることなのです。さらに会議における議論の目的は、問題解決することにあるという基本を知らないことにあります。


会議などで自分が一生懸命考えてきたアイデアを上司や同僚から否定されたときほど、「いままでの俺の苦労はなんだったんだ……」と思う瞬間はないでしょう。しかし有能なビジネス・エリートはそんなときでも、ムキになって論争したり、批判、中傷、攻撃などで相手を傷つけることはありません。反対意見を出されて攻撃されても、サラリとかわす、味のある説得術を心得ています。


仕事の評価の仕方が長時間の努力から、成果の評価へと変わってきました。ビジネスマンは報告・連絡・相談といった社内の日常的コミュニケーションについても、無駄・ムラ・無理をなくし、短時間で相手と自分の意思をやり取りする方法に長けている必要があります。


顧問を務めている会社で、何か問題が生じたときだけ迅速に集まり、関係者だけが立ったまま話し合い、7から8分で終わらせるようにしました。少人数ならお互いの顔がよく見えるし、立ったままで可能な時間内に終わらせるから、一人が話す時間も40秒ぐらいに抑えられました。


守谷雄司の経歴・略歴

守谷雄司、もりや・ゆうじ。日本の経営コンサルタント。東京出身。国学院大学卒業後、三洋電機東京製作所に入社。社長室能力開発チームに所属し、社員教育に携わる。約10年間勤務したのち独立して守谷教育コンサルタントを設立。企業やビジネスマンに対して人材育成、社員教育に関する研修を行っている。そのほか出版社ランドハウスの顧問を務めた。主な著書に『手際がいいといわれる仕事術』など。

他の記事も読んでみる

永守重信

要するに一生懸命働いたんです。社員が怠けている会社はやはり潰れます、私も個人でベンチャーキャピタルをやっていますが、潰れる会社には必ず無駄がある。ちょっと儲かるとすぐベンツに乗ったりね。死にもの狂いで働けば、周囲の人も銀行も「そんなに一生懸命頑張っているなら助けてあげましょう」ということになると思います。遊んでばかりいては誰も助けてくれません。


山下和美

数寄屋を建てなければ、たぶん『ランド』は描けなかったですね。数寄屋は、手間的にも資金的にも大変でした。それによって自分を崖っぷちに追い詰めて、マンガ家として奮起しようという気持ちもありました。数寄屋のおかげで向上したとまでは思わないまでも、描かなきゃという気持ちは強くなりましたね。それもあって、『ランド』の新連載を始められたと思います。


井上礼之

先日、買収したグッドマンの幹部が来日して、まさに膝を突き合わせて侃々諤々の議論を重ねました。買収時に3年間の累計で240億円と想定した定量的なシナジーに加え、新たなテーマの創出も徐々に具体化してきています。しかし、何よりも大事なのは実行の局面です。お互いの納得感や信頼感の醸成がなければ、いかに魅力的なテーマでも絵に描いた餅にすぎません。フェース・トゥ・フェースのコミュニケーションを基本に、しっかりとした人間関係を築いていくことが、一見遠回りに見えるかもしれませんが、「ポストM&A(買収の次)」で組織を動かしていく要諦だと思います。


小松圭太

売るだけでなく管理までしっかり手がけるというのも、当社のこだわりです。たとえば、不動産投資の最大のリスクの一つが「空室」ですが、当社にはそれを最小限にするための様々なノウハウがあります。


吉越浩一郎

「時間」を限定することで、人は「効率」を上げる手段の試行錯誤をしていく。要は、自分を追い込む状況を作る。デッドライン(締め切り)を作ってしまえば、限られた時間のなかで効率的に終える方法を自ら考え、実践していくしかない。それを繰り返すことで成長していく。それがデッドラインのすごさなのです。


似鳥昭雄

08年5月以来、約1年で6回にわたり値下げをしていますが、粗利は下がっていないし、売上が伸びているから利益は出ます。すると、さらなる値下げ原資ができるのです。値下げをしても、お客さんが増えるからまた下げる。いい循環になってきたということです。


国部毅(國部毅)

働く人の時間の使い方を変えれば、働きがい・やりがいの向上につながります。僕が若いころは一人ひとりに大きな仕事が任されていました。今は組織が大きくなり業務も複雑になったため、若い人に任されるのは仕事の一部になっています。もっと大きな仕事や面白い仕事をやってほしいと、ずっと考えていました。


藤沢晃治

会社員時代の私の場合、金曜日までに終わりそうな仕事の依頼を受けても、あえて「火曜まで時間をください」という返答をしていました。ギリギリの日程で約束をすれば、何かの理由でそれを守れなかった場合に、「期限を守らない奴というレッテルを貼られることになりかねません。そのリスクが回避できるなら、相手から「火曜までかかるの?遅いなぁ」と思われたほうがまだましですし、首尾よく、金曜あるいは月曜に終えることができれば、「約束より早く仕上げてくれるとはありがたい!」と、相手の満足度を上げることにもなります。逆説的ですが、個々の仕事のスケジュールに余裕をもたせるということは、結果的に全体の仕事を早く確実に進めるための欠かせないリスク管理なのです。


高田明(ジャパネットたかた)

よく日本のメーカーは「いい商品だから売れる」と言いますが、いい商品をいくら作っても売れなければ意味がない。


山崎将志

「生き残りをかけて」と社員に語りかける経営者の言葉。これは一見前向きに聞こえるが、生き残りを目標にする時点で、その会社は生き残れない可能性が高い。生き残りをかけるのは社内の問題であって、お客さんにとっては、まったく関係がないからだ。製品作りも同様の思考で行われている可能性が高い。つまり競合品と比較した機能追加、低リスク低予算を主眼に置いた商品作り。どこにもお客さんが欲しいものを作るという発想がない。そういう会社は遅かれ早かれ危機に瀕する。


海老一宏

離職してから転職活動に入る場合、転職すると決めたらただちに動くのが鉄則。せっかく磨いてきた自分の武器を錆びつかせてはいけません。そのためにもし転職先を決める前に退職しても、朝自宅を出て夕方戻るという在職中と同じ生活リズムを保つよう勧めています。昼間に通う場所は図書館でも喫茶店でも構いません。しかし、職を求める中高年の多くは、人材紹介会社などに登録したまま求人情報を自宅で探しているだけ。つまり、家に閉じこもっています。転職サイトを見て企業や人材紹介会社宛てに毎日毎日メールを出して、昨日もダメだった、今日もダメだったという作業を何度も繰り返していると、培ってきたビジネスセンスが急激に衰えていきます。それどころか、表情が乏しくなり、顔色も白くなり、声の張りも失せて、他人との会話の反応が鈍くなります。そんな精彩を欠いた状態で面接に出ていったら、どう思われるでしょう。在職中はバリバリのエリートだったとしても、迫力が失われていたら受け入れてはもらえないでしょう。


戸塚隆将

上司へのアピールは案外、効果的です。上司は複数のプロジェクトを走らせていて、新規の案件が発生したらどのようなメンバーを集めようかといつも頭を抱えています。悩める上司たちに普段から「○○に興味があって勉強している」と伝えておけば、新プロジェクトにアサインされる可能性もあります。最終的には組織の論理で決まるものの、優秀な人は自分が希望する仕事につけるように、自らアプローチしてチャンスをつかもうとしているのです。