名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

守谷雄司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

守谷雄司のプロフィール

守谷雄司、もりや・ゆうじ。日本の経営コンサルタント。東京出身。国学院大学卒業後、三洋電機東京製作所に入社。社長室能力開発チームに所属し、社員教育に携わる。約10年間勤務したのち独立して守谷教育コンサルタントを設立。企業やビジネスマンに対して人材育成、社員教育に関する研修を行っている。そのほか出版社ランドハウスの顧問を務めた。主な著書に『手際がいいといわれる仕事術』など。

守谷雄司の名言 一覧

会議を効率よくこなすための基本5か条

  1. 議題をあらかじめ伝えておく。
  2. この会議からどんな結論が得られえるかを想定しておく。
  3. 議論の進め方のルールを決めておき、それを出席者に徹底させる。
  4. どんなに議論に花が咲いても、制限時間が来たら結論を出し、終了させる。
  5. 改めて議事録は送付しないで、各自ポイントはメモしておくように告げる。

部下が上司から命令や指示を受ける際、最も大切なのは、その目的や意図をはっきりさせておくことです。よく上司は、言った「ハズ」、部下は聞いている「ハズ」という声を耳にしますが、そんな「ハズ」ほど、あとで精神的な苦痛を感じるものはありません。


部下は上司が伝える言葉が具体的なものであるかどうか、絶えず確認しておく必要があります。たとえば、「売上率10%アップを達成しよう」と指示するだけの上司は、言葉が抽象的すぎて問題があります。上司が細かく分析して具体的な指示を出すことで、部下の行動が期待できます。


どんなに専門性に優れていても、上司や同僚・後輩との意思疎通が図られていなければ、仕事の成果はあがりません。自分の価値観にこだわるよりも、上手な聞き役に徹することが、社内コミュニケーションの効率化という意味では、大事なことなのです。


相手の反対意見に一理ある場合は、真っ向から反対せず、「あなたの意見をよく聞かせてください」というように、相手を受け入れる態度を見せてください。相手の気勢も削がれ、いつの間にかこちらの言うことに同調してもらえるかもしれません。


議論で相手の言うことがあまりにも取り上げるに値しない反対であれば、「君の言うことは、反対する理由にならないさ」と単純に否定して、あとは無関心な態度を決め込むのも手です。というのも、相手は正当な議論をしているつもりで、盛り上がっているのは感情だけであって、それだけの知識を持ち合わせていない場合があるからです。そうした相手にムキになって論理的に反論しようとしても時間の無駄でしょう。


相手が反対の議論を吹きかけてきたときも、すぐに拒絶反応を示さず、平静にしばらく黙っています。そのうち相手は張り合いがなくなり、やや話し方がおとなしくなってくるでしょう。そこでさらに、「わかりますよ、もう少し続けてください」と促します。すると、相手はますますおとなしくなり、「こういうことを知ったら、あなたも私の言うことに同感されるでしょう」とやや妥協的になってきます。ここで初めて聞き役から話し役に回り、穏やかに話せば、相手も聞く耳を持ってくれます。


議論のための議論をし、参加者が自分の価値観にこだわったり、知識を得意になってひけらかしているだけでは、議論の生産性はあがりません。


よく「活発な議論はするが、意見がまとまらなくて……」という声を聞くことがありますが、これは出席者のレベルがドングリの背比べ状態であったり、優秀なリーダーがいないために起こることなのです。さらに会議における議論の目的は、問題解決することにあるという基本を知らないことにあります。


会議などで自分が一生懸命考えてきたアイデアを上司や同僚から否定されたときほど、「いままでの俺の苦労はなんだったんだ……」と思う瞬間はないでしょう。しかし有能なビジネス・エリートはそんなときでも、ムキになって論争したり、批判、中傷、攻撃などで相手を傷つけることはありません。反対意見を出されて攻撃されても、サラリとかわす、味のある説得術を心得ています。


仕事の評価の仕方が長時間の努力から、成果の評価へと変わってきました。ビジネスマンは報告・連絡・相談といった社内の日常的コミュニケーションについても、無駄・ムラ・無理をなくし、短時間で相手と自分の意思をやり取りする方法に長けている必要があります。


顧問を務めている会社で、何か問題が生じたときだけ迅速に集まり、関係者だけが立ったまま話し合い、7から8分で終わらせるようにしました。少人数ならお互いの顔がよく見えるし、立ったままで可能な時間内に終わらせるから、一人が話す時間も40秒ぐらいに抑えられました。


守谷雄司の経歴・略歴

守谷雄司、もりや・ゆうじ。日本の経営コンサルタント。東京出身。国学院大学卒業後、三洋電機東京製作所に入社。社長室能力開発チームに所属し、社員教育に携わる。約10年間勤務したのち独立して守谷教育コンサルタントを設立。企業やビジネスマンに対して人材育成、社員教育に関する研修を行っている。そのほか出版社ランドハウスの顧問を務めた。主な著書に『手際がいいといわれる仕事術』など。

他の記事も読んでみる

石黒不二代

女性の活用には、その能力が組織に多様性を与えイノベーションを生む原動力になる、との視点が欠かせない。


井上義久

私が、津波の被害で一番深刻に思っているのは、ほかの災害と違って一瞬のうちに家族を失う、地域の共同体も失う、地域の文化や歴史を失う。家を失った人は自分のたとえばアルバムなど自分が生きてきたことの証をすべて一瞬のうちに失う。ある意味アイデンティティを喪失してしまうことなんです。被災した人が人間としての心の復興を成し遂げて、アイデンティティを見いだして、自分が生きる意味を見いだしていくかというのは、やはり寄り添い続けるしかないんです。


チャップリン

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。


小笹芳央

強みを伸ばし、しかも弱みも克服することは、簡単ではありません。しかし、それができた人は、市場価値も飛躍的に上がります。たとえば、ITに精通している人が1万人、人の気持ちをよく理解してコミュニケーションを取る達人が1万人いるとしたら、その中で、両方を兼ね備えた人はおそらく10人くらいでしょう。まったく違う方向性を持ったスキルを兼ね備えた人材は非常に希少なのです。


石川朋之

おそらく、神様が頭を打てと仕向けたんでしょうね。周囲に対する日ごろの行いがあまりよくなかったんでしょう。自分は天才だとか、自分中心に世界が回っているとか。僕がよければすべていいという考えがあったのだと思います。
【覚え書き|練習中の事故で重傷を負ったことを振り返っての発言】


石橋正二郎

ちっぽけな仕事を飛躍させるには思い切ったことをやらねばならぬ。足袋を市価より2割安い20銭で売った。当時は儲けを2割見込むのが常識だった。たくさんつくって能率を上げ、雑費もかからないようにする。こうして思い切りやすくすることにしたので一躍注文も殺到した。
【覚書き|足袋屋時代を振り返っての発言】


藤原大

感覚を主体とした創造だけに頼っていくオーガニックは、一人のデザイナーの感覚が鈍くなると行き詰まってしまい、デザイナーを変えることになります。そして、その繰り返しの悪循環から抜け出せないのです。一方、ファッションがこれだけ速いスピードで変化していくなかでは、感覚だけでなく、モノをつくる方法論においても新しいものをつくり上げていかないといけない。すなわちデジタル的な要素は必須になっていくということです。


内藤誼人

自分の気分をなるべく一定に保つためには、身体と健康に気をつけるようにすることが大切だ。私たちはストレスを感じていたり、病気だったりすると、他の人に親切になったり、ユーモラスになれないものである。普段は明るくて温厚な人物でも、風で熱っぽかったりすれば、不機嫌な顔になってしまうのも仕方がないというものだ。


佐々木常夫

仕事しかない人生を送ってきた人は、定年を迎えた瞬間に何もかも失います。その後に待っているのは、寂しい老後です。私はそれが嫌だったから、管理職時代から毎日夕方6時に退社し、病気の妻の看病と3人の子供の世話をしながら、家族ときちんと向き合ってきた。家族だけでなく、会社以外の友人や地域社会とのつながりも大事にしてきました。70代になった今、そうした人たちとの横の結びつきが、私にとって非常に大きな財産になっています。


荻原博子

会社がサラリーマンを使い捨ての歯車としか思っていないのなら、サラリーマンの方も会社に忠誠心など持たず、腰掛だと割り切ることです。あるいは、給料をもらいながらスキルを磨いたり知識を習得したりする場所なのだと思って働く。とくに、その会社だけでなくどこへ行っても通用する技術を身につけることです。


イチロー(鈴木一朗)

やれることはすべてやってきましたし、手を抜いたことは一度もありません。常にやれることをやろうとした自分がいた。それに対して準備ができた自分がいたことを誇りに思います。


ニーチェ

暇人を友とするのは危険である。彼はすることがあまりないので、友人たちについてあることないことをしゃべり、余計な口出しをする厄介者となる。だから、勤勉な者だけを友とするのが賢明である。