名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

守次拓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

守次拓のプロフィール

守次拓。日本の経営者。慶応2年創業の老舗家具メーカー「松岡家具製造」社長。チェコにテニス留学、ミズノ関連会社でコーチを務めたのち、松岡家具製造に入社。

守次拓の名言 一覧

品質は負けていないし、弊社のほうが安いのに選んでいただけなかった。そのとき、ブランドにならなければいけない、と腹に落ちました。


現在、MATSUOKAブランドはセレブリティ向け海外市場で戦っていますが、日本市場に見切りをつけたからではありません。日本のお客様に選んでいただくためには、ブランドとして世界で認められることが必要だと思ったのです。


守次拓の経歴・略歴

守次拓。日本の経営者。慶応2年創業の老舗家具メーカー「松岡家具製造」社長。チェコにテニス留学、ミズノ関連会社でコーチを務めたのち、松岡家具製造に入社。

他の記事も読んでみる

塚越寛

人間の営みとは、お互いの幸せのためにあると私は信じている。しかし、経済の世界だけ、そうなっていないのはとても残念だ。売上や利益、シェアが優先され、幸せの追求が忘れ去られてしまっている。世界的な経済の混乱は、そこに原因があるのではないか。こんなことは明らかに間違っている。


坂本孝

失敗する人は考えすぎだ。行動しなければ成功しないのは当たり前。理屈はともかく、「やる!」と決めることこそが重要。


佐藤可士和

デスク周りで厄介なのが書類や資料です。紙の整理は、同じものを省いてひとつにすること、また可能なかぎりデジタル化して紙をなくすことが大切です。プレゼンの資料などは、結果に至る過程の段階のものはバッサリ捨てて、最終結果のものだけを保管すれば、大幅にスリム化できます。もし捨てるのに忍びない資料があれば、いったんまとめて段ボール箱へ。1力月や1年という期限を決めて、そのリミットまでに使わなかったら処分します。


吉田忠雄

他人の繁栄を図らなければ、自らも栄えない。私はそれを善の循環と呼んでいる。個人や企業の繁栄が、そのまま社会の繁栄へとつながっていく。池に石を投げると、波紋が大きな輪になって広がっていくように。


山崎将志

「生き残りをかけて」と社員に語りかける経営者の言葉。これは一見前向きに聞こえるが、生き残りを目標にする時点で、その会社は生き残れない可能性が高い。生き残りをかけるのは社内の問題であって、お客さんにとっては、まったく関係がないからだ。製品作りも同様の思考で行われている可能性が高い。つまり競合品と比較した機能追加、低リスク低予算を主眼に置いた商品作り。どこにもお客さんが欲しいものを作るという発想がない。そういう会社は遅かれ早かれ危機に瀕する。


唐池恒二

やはり我々の会社は鉄道なくしてはすべての事業が成り立ちません。大半の事業は駅あるいは線路の近くでやっていますから。ローカル線もきちんと維持して、できれば少しでも発展させて、お客さまを増やす。そのうえで鉄道を取り巻く事業をもっと発展させていく。「ななつ星」はそのひとつです。鉄道を疎かにしてはいけないと思います。


村上アシシ

フリーランスになる人は、最終的に自分のポートフォリオを組んだほうがいい。私の場合はコンサルタントと執筆に落ち着いていますが、今後はプラスアルファで投資したり、スモールビジネスを立ち上げたり別の方法でも稼げるようにしたいと考えています。これからの時代収入源を増やすというのは40代、50代を迎えるにあたって重要だと思います。


ベンジャミン・ディズレーリ

男にとって人生における成功の秘訣とは、チャンスが訪れた時にそれを生かせるよう準備を整えておくことだ。


柳井正

会社は自分の為にあるわけではありません。社員の為でもありません。お客様のためです。


高田明(ジャパネットたかた)

エンターテイメント性がお客様の心を動かす。


荻田伍

危機感を持ってお客様と相対したときに、初めてお客様の意識下にあるニーズに触れることができます。危機感がなければ驚きのある商品なんて絶対につくれません。


八ツ井慶子

20~30代のあいだに気兼ねなくお金を使いすぎたために、貯蓄額が心もとない人が多く見られます。これが、老後に響いてくるのは必至。貯蓄と年金を使って生きる生活に入ったとき、今の額では不安です。そこで必要なのは、2つの解決策です。一つは、60歳以降も何らかの形で働き続け、収入を得ること。そしてもう一つはもちろん、今から支出の見直しをすること。