名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宇野収の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇野収のプロフィール

宇野収、宇野收、うの・おさむ。日本の経営者。「東洋紡」社長。京都出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、海軍経理学校を経て海軍に入る。太平洋戦争後、大建産業を経て呉羽紡績(のちの東洋紡)に入社。ニューヨーク駐在、加工綿布課長、加工品輸出部副部長、化成品事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、関西経済連合会会長、地方制度調査会会長などを務めた。

宇野収の名言 一覧

人生は「節」があるからいい。悩む中から何かを勉強してつかみとって行く。そこに人間的な成長もある。
【覚書き:人生の「節」を自覚せよという人生哲学について語った言葉】


天に向かって誠実ならば、人がどう思おうと自分の信念に従えばよいと佐藤一斎は言う。しかし、他人や組織に受け入れてもらえなければ、実業の世界では理想も信念も実現できない。天に向けた理想、信念、誠実を裏付けにしながらサラリーマンは大いに自分を人に示す必要がある。


宇野収の経歴・略歴

宇野収、宇野收、うの・おさむ。日本の経営者。「東洋紡」社長。京都出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、海軍経理学校を経て海軍に入る。太平洋戦争後、大建産業を経て呉羽紡績(のちの東洋紡)に入社。ニューヨーク駐在、加工綿布課長、加工品輸出部副部長、化成品事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、関西経済連合会会長、地方制度調査会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

野村修也

多くの人は「コンプライアンスは企業のためのもの」と思っていますが、それは正しい理解ではありません。なぜならコンプライアンスは、「ビジネスマン個人を守るためのもの」でもあるからです。あなたが個人情報を扱う部署にいて、会社からはその管理について何の指示も受けていないとしたら、それは非常に危険な状態です。もし個人情報が流出すれば、あなた一人が責任を問われる可能性があるからです。実際、こうした不祥事が起きた際には、担当者が責任をとるため会社を去る事例は珍しくありません。場合によっては、法律違反で刑事罰を科される可能性さえあります。そのときになって、「会社が何も指示しなかったから」といっても手遅れです。


田中孝司(経営者)

データを集めて解析し、お客様との接点もきちんと持っていれば、ユーザーのことをよく知ることができて、お客様が欲しい商品やサービスを少し先回りして提案できるはず。


戸塚隆将

上司も当然部下といい関係を築きたがっている。部下に慕われれば、かわいがろうという気持ちにもなる。


三浦しをん

私は(気に入った作品に出会うと)「件名:お前はもう見たか」みたいな長いメールをすぐ送るから、友達にうざがられます(笑)。オタクだからなのか、「すごい!」と思うと、とにかく誰かに伝えずにはいられなくなる。住んでいる地域とかも関係なく。オタクでいるって、楽しいことですよね。


杉江理

ものをつくりたいという気持ちはありました。ただ、それ以上に、この世界はどうなっているのかなという思いが強かった。
【覚え書き|世界を放浪した時代を振り返って】


アイスキュロス

正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


北川正恭

精神論も大切だけれども、働く環境が世の中の流れを大きく変えるということです。たとえば決まった座席、シチュエーションでオフィスが固定していたら、空気も固定されます。だからフリーアドレスが必要なんです。それによって課長や係長という肩書きのイメージではなく、今何が大切かという本物の議論に集中できます。


瀬戸内寂聴

小説を書くことは私にとって快楽なのです。この快楽を手放したくないという欲望が、私にはあります。煩悩は捨てなくてはなりませんが、私はいい小説を書きたいという煩悩だけは、いまも捨て去ることができません。死ぬまで煩悩を抱えて生きるのが、人間というものです。煩悩を完全になくせばブッダ(悟った人)ですが、世の中はブッダばかりになってしまったら、ちょっと困るでしょう。だから私は、そんなに立派なお坊さんではないのです。


山本五十六

どんなことでも部下の失敗の責任は長官にある。下手なところがあったらもう一度使う。そうすれば必ず立派にし遂げるだろう。


森下裕道

業務上の伝達や報告の際に話が冗長だったり説明不足だと、業務に支障をきたします。また、会議で意見を言いたくても「話下手だから」と黙っていれば、評価は上がらず、アイデアも共有できない。本人もチームも損ですね。


築山節

記憶力を高めるには、出力の機会をなるべく多くつくることが大切です。出力の機会を増やしていけば、情報を入力するときにも「あの場面で話そう」という意識ができ、それが記憶の強化にもつながります。


秋元久雄

一定のレベルの商品やサービスを大量に提供するには、仕事を分業化し、マニュアル化することが求められる。効率化の中で企業が職人ではなく、作業員をたくさん作り出してきた。その結果、仕事はやりがいのあるものではなく、労働になってしまった。仕事が分業化されることで、全体が見えなくなり、仕事の達成感がなくなってしまった。