宇野収の名言

宇野収のプロフィール

宇野収、宇野收、うの・おさむ。日本の経営者。「東洋紡」社長。京都出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、海軍経理学校を経て海軍に入る。太平洋戦争後、大建産業を経て呉羽紡績(のちの東洋紡)に入社。ニューヨーク駐在、加工綿布課長、加工品輸出部副部長、化成品事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、関西経済連合会会長、地方制度調査会会長などを務めた。

宇野収の名言 一覧

人生は「節」があるからいい。悩む中から何かを勉強してつかみとって行く。そこに人間的な成長もある。
【覚書き:人生の「節」を自覚せよという人生哲学について語った言葉】


天に向かって誠実ならば、人がどう思おうと自分の信念に従えばよいと佐藤一斎は言う。しかし、他人や組織に受け入れてもらえなければ、実業の世界では理想も信念も実現できない。天に向けた理想、信念、誠実を裏付けにしながらサラリーマンは大いに自分を人に示す必要がある。


宇野収の経歴・略歴

宇野収、宇野收、うの・おさむ。日本の経営者。「東洋紡」社長。京都出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、海軍経理学校を経て海軍に入る。太平洋戦争後、大建産業を経て呉羽紡績(のちの東洋紡)に入社。ニューヨーク駐在、加工綿布課長、加工品輸出部副部長、化成品事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、関西経済連合会会長、地方制度調査会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

中村健一郎(経営者)

イベントやセミナーの仕事を手掛けていた最中、そもそもなぜこのようなイベントを開催しているのか疑問に思うようになった。そこで聞いてみると、マーケティング活動の一環だと。セミナーやイベントが全てではないと分かりました。それなら私たちもイベントなどを含めたマーケティング全体のサービスでもっとお役に立てるのではないかと。


鈴木啓介(経営者)

患者さんの安全を優先することで医師にも信頼してもらえる。営業は無理に売らなくていい。


保志忠彦

余人をもって代え難し。周囲にそうささやかれたからか、あるいは本人がそう思い込んだからか、最近、トップの座に長く居座って老醜をさらしてしまう経営者が目立ちます。とくに創業者の場合、いかにタイミングよく身を引くかは大切なことです。外から見て早すぎると思われる時期に、決断しないといけない。


伊藤直彦

そもそも完全無欠な人間などどこにもいないんだよ。君たち自身だって自分は60点くらいだと思いなさい。そうすると相手に100点を求めることはおかしいでしょう。


和崎信哉

上質にこだわった成果の1つとして、「ドラマW」というシリーズをはじめ良質なオリジナルドラマが生まれてきていました。最初は監督も脚本家も、地上波や映画の仕事の合間にWOWOWの仕事をしていたのです。それが「WOWOWのドラマは好きなことをやらせてくれる」と話題になってきました。地上波とは差別化を図ったドラマがいくつも作られて、監督から企画が持ち込まれるケースも出て来ました。


井上英明

答えを見つけるために考える時間はとても大切にしています。ベンチャー企業の経営者は忙しいから「考える時間」を後回しにしがちです。しかし誰の真似でもない事業で身を立てていくためには、自分で考えるしかないと思います。とくに新しいことを始めるときは、頭でわかるだけでなく、腑に落ちるところまでいかないと、確信を持って動き出せません。


横田雅俊

部下に大きな仕事を任せる場合は、「スモールゴールの設定」を心がけましょう。受注するまでに長いプロセスがある大型案件は、ゴールが遠すぎるためモチベーションの維持が難しい。そこで「まずお客様に会うことを目標にしよう」というように、通過地点にいくつもゴールを設定して、小さな成功体験を積めるようにします。


和田勇(積水ハウス)

売りっぱなしではなく、ずっとお付き合いしていきましょうという発想です。それがまた既存住宅の流通にもつながっていくわけですから。


弘兼憲史

休日は、自分のやりたいことに丸々費やしましょう。観たかった映画を観る、行きたい場所に行ってみる、買い物に出かけるなど、過ごしたいように過ごすこと。その休日のインプットが、仕事でアウトプットに生かされることもあるでしょうが、あまりそこは考えずに質のいいリフレッシュを心がけることです。


秋元次郎

派遣では、顧客企業の決定権者と、現場で派遣社員に指示をするスーパーバイザー的な役割をする社員がいるケースがよくあります。スーパーバイザーが自分の好き嫌い混じりに「この派遣社員は覚えが悪い」と決定権者に伝えたために発生したクレームは厄介です。窓口である決定権者と話をしても、本当のところがわからないからです。


佐藤優

「雑談する力」と教養の間には正の相関関係がある。従って、教養のある人間になることを目指せば、おのずから「雑談する力」が身につく。


山本真司

私がお勧めしたいのは、「段取りによる「仕事の前倒し」」です。たとえば2カ月先に講演会の予定が入っているとします。普通は1週間前くらいになってあわてて用意するものですが、段取りを立てて細切れの工程に分け、それを早い段階から少しずつ進めていくようにするのです。講演会なら、ネタ探し、テーマ設定、資料集め、資料作成などという工程に分けられますよね。まずはそのうちのネタ探しだけでも前倒しで進めてしまう。そうすることで、「ネタ探しはすでに終わっている」という安心感が生まれ、焦りもなくなるのです。


江上治

稼ぐ人といえども、最初から稼げる人であったわけではない。ただ、その人生の軌跡を伺うと、大いに稼げるようになった現在まで、人間関係を良好にしたり、人に気に入られたりすることに向けて努力している。


日覺昭廣

会社の経営で重要なのは、全役員、社員がモチベーションを高く持ち、やる気で取り組むこと。やる気を持って自発的に取り組むか否かで、全社で100億~200億円も利益が違ってくる。やる気さえあれば、仕事は必ず成功する。


藤井孝一

私のセミナーの参加者にも、何をやるかと悩む人は多くいますが、それよりどうやるかで悩むべき。誰しも会社員として培ってきたスキルや趣味、得意分野など、何らかの商売のネタを持っています。例えば、テニスが好きで、週末に大会を企画し、参加者が増えたことで事業化・独立した人もいます。売るものはモノだけでなく、知識や技術、コミュニティなど様々です。副業なら失敗もOKで、反響に合わせて柔軟に形を変えられます。


ページの先頭へ