名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宇都出雅巳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇都出雅巳のプロフィール

宇都出雅巳、うつで・まさみ。日本の経営コンサルタント、ビジネス書作家。京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、経済系の出版社、システムコンサルティング会社、営業コンサルティング会社で実務経験を積む。ニューヨーク大学スターンスクールに留学しMBA取得。帰国後、外資系銀行に勤務したのち独立しトレスペクト経営教育研究所を設立。勉強法、英語学習法、セールス、コーチングなどについてトレーニングを行っている。

宇都出雅巳の名言 一覧

大きくお金を稼げる人はしっかりと自己投資ができる人。金融商品で一時的に成果を挙げたとしても、10戦10勝は難しい。リスクが常につきまとう。いっぽう自己投資の場合はノーリスク。


普段と違う環境に身を置くと、たくさんの刺激を受け、これまでになかったようなひらめきが生まれる可能性が高まる。会社に閉じこもって、頭を抱えていても仕方がない。もし行き詰っていたら、普段と違う場所、できればテーマと関連のあるような場所に行ってみるとよい。


アイデアは意図的に手に入れるものではなく、自然と降りてくるもの。まず、ひらめきという化学反応を起こすべく、環境を整えることから始めてほしい。


アイデアが出ない、まとまらないという会議は、実際は出ている意見を、書き留められていないだけというケースも多い。先日も、とある管理職研修での議論を横で観察していたら、いい意見が出ているのに、誰も書き留めず、単なる雑談で終わってしまった。そこで私が、メンバーが話している中で出てくるアイデアを3分間、ただホワイトボードに書きだしていった。たったそれだけで、それを見たメンバーは、どれだけのアイデアが出ているかに気付き、議論は一気に活性化していった。


会議で気をつけたいのは、参加者の意見を頭から否定したり、「なぜ」「どうして」と、論理を求めすぎないこと。すでに決定した商品のプレゼンや、ひとつのプロジェクトを細かく詰めていくような会議ならともかく、ブレスト(ブレインストーミング)の段階では、これらは逆効果である。否定する人がいることで、アイデアを出そうとしていた参加者もだんだんと引いていき、意見を出せないまま終わってしまう。


とにかく、小さなことでもアイデアを逃さないように心がけたい。そのためには、まず書き留めること。アイデアは整理されて出てくることはまずありえず、いろいろ話している中で、ヒョイと出てくるものである。その瞬間を逃さず、しっかりと記録するのだ。


アイデアは会議以外の場で生まれることの方が多いだろう。そのときに、せっかく出てきたものをなくさず、共有することが必須である。


とにかく書き出していくことで、アイデアがアイデアを呼ぶ。そのためにも、書くスペースは広いほど有効だ。おすすめは、壁に模造紙を貼ってホワイトボードのようにしてしまうこと。貼るだけで、壁がホワイトボードに変身するフィルムなども販売されており、活用できる。


いかにメンバーの意識を一点に集中させ、アイデアを生み出すことにエネルギーを向けさせるか。それがアイデアを生み出す場をつくるための前提となる。焦点の定まらないまま、自由に議論してみたところで、それはただの雑談であり、なにも生まれない。


誰かと誰かが面と向かって話すのが会議ならば、会う意味のある人と話したいと思うのはごく自然なことだ。該当テーマの担当者や関係者にまんべんなく声をかけているようでは、いいアイデアは生まれない。


私はコンサルタントとして様々な会議を見てきたが、新しいことを生み出すための会議には5つの重要なポイントがある。

  1. (Who)どんな人が会議に出るのか。
  2. (Why)なぜ会議をするのか。
  3. (Where)どこで会議をするのか。
  4. (Whom)どんな関係の人と会議をするのか。
  5. (What)会議で何が発現されたか。

人はついつい「どうやって」を細かく考えがちだが、その前にまずこの5つのWをチェックしてみることからはじめてほしい。


自分の日常の仕事が習慣化されているかどうかが重要。朝起きて歯を磨いたり顔を洗う行為は考えなくてもできる。自分の仕事が習慣化されているほど、ワーキングメモリーを使わずに済むので、その分新しい情報を取り込める。


周りに勉強しているわけでもないのに、やたら物知りな人はいませんか? 彼らは街中やお店に入ったときに、そこから様々な情報を読み取る。つまり勉強している。それには彼らが疑問(なぜ)、仮説(だからに違いない)、改善(こうしたらもっとよくなる)の3つの思考パターンを自然に行っているから。


お金に対する嫌悪感や恐怖心を持っている人は、お金が貯まると不安になります。無意識のうちに散財して、手元のお金をなくしてしまう。そのからくりに本人はまったく気づいていません。


記憶には、「繰り返し」が不可欠。それも「最初に覚えたとき」を思い起こしながら反復することが重要。たとえば、会議の直後や、本を読み終わったときには、その内容を書き出したり、人に説明するなど、反復の機会を積極的に作りましょう。何度も「思い出す」ことを繰り返せば、思い出す力そのものが上がります。つまり思い出す力を強化するには「思い出すクセをつけること」、これが最強の策なのです。


名前をすぐ忘れるのは、文章のように意味を持つ文字情報ではないからです。そこで「柳沢さん」なら、その人の頭から柳の枝が揺れている様子などをイメージし、意味づけするのがお勧め。次に会ったときに「柳」が記憶によみがえり、名前が出てきやすくなります。さらに単純な仕込みは、対面中に相手の名前を繰り返し呼ぶこと。声に出して何度も言うことで記憶にしっかり刷り込むことができます。


「目の前にいる人の名前が思い出せない」ときは、前に会ったときの記憶全体をたどるのが効果的です。いつ、どこで、どんなふうに会ったか、他に誰がいたか、相手はどんな服装だったかなどを頭に浮かべるうち、名前がふと出てくるでしょう。「何を話したか」も重要なフックです。仕事の話、出身地の話、趣味の話など、どんなことを相手が言ったか、自分がどう感じたかを反芻しましょう。


何かを思い出したいときは、まず落ち着くこと、そして「フック」を探すのが秘訣。フックとは、思い出す「きっかけ」になるものです。記憶は、個々の情報が互いに絡み合う複雑なネットワーク。一つの物事を思い浮かべると、それに共通性や関連性のあるものも同時に想起されるしくみになっています。逆に言えば、「関連性のあるもの」について考えれば、芋づる式に目的とする情報を探り当てられる、というわけです。


宇都出雅巳の経歴・略歴

宇都出雅巳、うつで・まさみ。日本の経営コンサルタント、ビジネス書作家。京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、経済系の出版社、システムコンサルティング会社、営業コンサルティング会社で実務経験を積む。ニューヨーク大学スターンスクールに留学しMBA取得。帰国後、外資系銀行に勤務したのち独立しトレスペクト経営教育研究所を設立。勉強法、英語学習法、セールス、コーチングなどについてトレーニングを行っている。

他の記事も読んでみる

広岡等(廣岡等)

18歳でオートバックスセブンに入って、全国の取引先をまわっていると、人とのつながりがいかに大切かが身に染みてわかった。損得は考えない方がいい。


加地倫三

「面白いですね」「毎週観ています」といわれても、「そんなこといったって、飽きれば観なくなるでしょ」とすぐ思ってしまう。僕自身がそうですから。それだけに、「視聴者はいついなくなるかわからない」という危機感は、つねにあります。


小路明善

いまのアサヒにはスターは要らない。組織プレーができる営業マンであるべき。社内の専門部隊と連携してほしい。


熊坂隆光

いまのキャッチコピーは「産経新聞があってよかった」です。これは読者の方の率直な感想でもあります。今日の政治状況や大震災後の日本など、今の日本が置かれた状況下で、どの新聞を読むべきか、何に論拠を求めたらいいのかという時代に「産経新聞があってよかった」という読者の率直な感想から、こういうキャッチコピーにしたんです。


平井嘉朗

その時その時の判断基準になるのは、やはり志や価値観。それが、実際の言葉や行動に出ますから。


鈴木修

日本の製造業がまだ強さを保っているのは、現場で働く人のレベルが非常に高いからです。特にコスト意識。これは世界で最高じゃないですか。


久水宏之

人間であることの素晴らしさは、金融や資本主義などのシステムの発明にも表れている。それらは人間が持って生まれた力を何倍にも増幅し、目指す未来をより早く創造することに役立ってきた。しかし大切なのは、こうした発明品も「手段」であって「目的」ではないことである。「目的」を立てる主体は、あくまでも私たちの「心」、またその奥にある魂が持つ智慧と意志、そして愛念の働きにある。この内なる力の耕しによって、私たちは外なる力の効用をより良く生かすことができる。


島正博

コンピュータは、計算は早いですが、何かを新しく創造することはできません。創造は人間が行うことです。一方、考えるだけではダメ。考えて閃いたことを行動に移す。人間は考え、そして作る動物です。それらが組み合わさることで進化していくことができます。


土屋敏男

次の展開が予想できないからこそ、視聴者は来週も見たくなる。どこかで見たことがある番組だと、結果は予想でき、次も見ようという気にはならない。


本木雅弘

40代になったいま、30代を振り返ると、常に体験を重ねていくことが大事だったなと思いますね。たくさんの現場に直接、触れることで理屈やマニュアルでは得られない「カン」や「さじ加減」が磨かれ、身についていく。


藤田晋

物事に行き詰まると、つい一気に問題を解決する策を求めてしまいます。ですが、そんな時に本当に大切なのは、まず足元をきちんと見つめることです。経営であれば、頭打ちに見える事業でも、残っている可能性を徹底的に探す。個人であれば、今の仕事のやり方をゼロから見直して、改善点がないかを検討する。それが成長(成功)の近道だと思います。


似鳥昭雄

私は常にまわりと逆を行くように意識していました。景気が良いときは比較的抑え気味で、景気が悪いときはスピードをゆるめずに進むのです。