名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

宇田川建の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇田川建のプロフィール

宇田川建、うだがわ・たける。日本の英会話講師。航空貨物輸送などの業務を経て「ワンナップ英会話」を展開するジェイ・マックスに入社。同英会話学校でアドバイザーを務めた。

宇田川建の名言 一覧

忙しいから出来ないではなく、忙しいけどやるという発想を。


英語学習はハードルを高く設定しないのがコツですね。そこで最初は、「毎日5分」を目指すよう伝えます。この短さなら負担も少なく、エンジンもかかりやすいでしょう。


英語の学習を始めるにあたって、「早く上達したい!」と考える方は多いでしょう。しかし実際に目指すべきなのは、英語の上達のスピードではなく、しっかりと「学習を習慣化すること」です。


もどかしさを覚えるのは、期待値が高すぎるのが原因です。語学習得は本来、そう簡単に上達できるものではありません。上達を期待しすぎると、必ずガッカリするでしょう。ですから、「短期で上達しようと思わず、学びを目的にしましょう」とお伝えしています。学ぶことが楽しみに変わってくれば、モチベーションもキープできますので最終的には成果も得られます。


学習時間は長い方が良いに決まっています。しかし5分はゼロよりもマシです。3時間勉強を数日して挫折するよりも、毎日5分を続けて、日々英語に触れる状況をつくることが後々大きな効果をもたらします。慣れるとさらに数時間、毎日続けることが出来るようになります。


習慣化の為には長期間にわたって英語学習の時間を確保することが大切です。たとえば、通勤時間を利用する。曜日を決めて勉強する、仕事の繁忙期など忙しい時期も考慮して予め計画を立てるなど、戦略的な発想でスケジューリングできると良いと思います。


私達が大切にしている習慣化とは、「その行為を行なわないと落ち着かない。不快な状態になる」ことです。朝の洗顔や食後の歯磨きと同じように、「英語の勉強をしていない日は違和感を覚える」ようになるかどうかが勝負の分かれ目。この状態になれば、時間の経過とともに英語力は自然と上がっていくものです。


英語力は一朝一夕では身につきません。ですので上達にスピードを求め過ぎてはいけないと思います。


宇田川建の経歴・略歴

宇田川建、うだがわ・たける。日本の英会話講師。航空貨物輸送などの業務を経て「ワンナップ英会話」を展開するジェイ・マックスに入社。同英会話学校でアドバイザーを務めた。

他の記事も読んでみる

金田一秀穂

目についたことを面白がるのがムダ話上手になる第一歩。「スピード」や「合理化」なんて言葉は忘れよう。なんでも面白がる好奇心はネタ集めにも繋がります。


若尾裕之

完璧な人間などこの世の中にはいません。親しみを覚えるのは、むしろ失敗談やドジな話だったりします。完璧さや優秀さを演じるより、ときには自分の失敗談を交えながら話をすると、相手に親近感を持ってもらいやすくなります。


藤沢武夫

ものをつくるにしても、買う方に変化がないときにつくる企業と、刻々と情勢が変化するときにものをつくっていく企業――常に先手を打っていかねばならん企業――と、どちらが進歩するのか、これははっきりしている。


佐々木常夫

「社内を見渡せば、自分より能力が優れた人がいるかもしれません。しかし、それを見て凹む必要はない。100メートル走にたとえると、10秒で走れるのは社長クラス。同じ部署の同僚なら、せいぜい14秒で走れるか、16秒で走れるかという程度の違いしかありません。ところが開き直りが下手な人は、2秒程度の差を5~6秒に大げさにとらえてしまい、自分は圧倒的に能力が足りないと思い込んでしまう。これはもったいない話。そこで違いは2秒しかないと冷静に見極めることができれば、けっして追いつけない差ではないことに気づくはずです。


望月圭一郎

当社は、お客様が求めているものに応えることができる「専門家のモール」になることを目指しています。ある分野だけに絞っても他社に負けないくらいの専門性を持つことで、商空間の中での特定分野だけのご依頼にも、全体のご依頼にも高いレベルでお応えできるようになるからです。


森田敏宏

集中力が途切れると感じる場合は、もしかすると区切り方が足りないのかもしれません。作業をさらに細かく区切れないか、見直してみましょう。


金子和斗志

当社で働く人は全員がお客さまのために業務に携わる人ですから、いわばお客さまの代理人です。他部門からのさまざまな要請は、当社では「お客さまの声」としてとらえ、迅速に対応することを徹底してきました。


寺尾玄

私は人に誇れるものがあまりありませんが、「失敗の数」だけは別。子供の頃から「やりたいことをやる」という自由な生き方をしてきたからでしょうか。同年代の人に比べると10倍。いやもっと多くの失敗を経験しているように思えます。


細谷英二

りそなは銀行界で生き残るための差別化戦略を徹底します。東京、埼玉、大阪と大都市圏に営業店を集中して持つ強みを生かし、メガバンクにはできない地域密着・顧客密着の姿勢を追求したい。メガバンクは人材配置の面から見ても、海外部門や投資銀行部門に比重を置いています。こちらは中小企業や個人といったリテール分野に特化しているので、リテール(小口金融業務)では対等に戦えるだけの体制になりつつあります。


羽鳥兼市

私の父がいつも言っていたのは、「人様に迷惑をかけなければどんな商売をやってもいい。でも、やるからには全国一を目指せ!」ということでした。そう教わってきた私にとって、人生は日本一になるためのゲームのようなものです。雑誌などの取材で「つらかったことは何ですか?」とよく質問されるんですが、つらいと思ったことは一度もありません。


橘玲

株式や不動産に投資して資金を増やす方法があるものの、こうした投資は「若いうちから長期でコツコツ増やしていく」のが鉄則。始める時期が遅くなるほど、元金を減らすリスクを取らざるを得なくなります。


井上礼之

2003年、欧州が記録的な猛暑に見舞われたとき、エアコンの注文が生産量の3倍くらいに増え続けました。大幅な増産をしたいのはやまやまですが、売れ残って在庫を抱えるリスクもある。私も現地を訪れ、目の前で起きた現象を驚きの目で見ていました。そのとき肌で感じたのが「欧州は空調の夜明けを迎えている」ということでした。それまでエアコンを全然知らなかった人々が、猛暑によって「エアコンってこんなに快適なものだったのか」と実感した。こうなったら彼らがエアコンを手放せなくなるのは必至です。私は増産に踏み切り、この決断の結果、いまでは欧州市場でトップシェアを誇るようになりました。