名言DB

9419 人 / 110788 名言

宇田川建の名言

twitter Facebook はてブ

宇田川建のプロフィール

宇田川建、うだがわ・たける。日本の英会話講師。航空貨物輸送などの業務を経て「ワンナップ英会話」を展開するジェイ・マックスに入社。同英会話学校でアドバイザーを務めた。

宇田川建の名言 一覧

忙しいから出来ないではなく、忙しいけどやるという発想を。


英語学習はハードルを高く設定しないのがコツですね。そこで最初は、「毎日5分」を目指すよう伝えます。この短さなら負担も少なく、エンジンもかかりやすいでしょう。


英語の学習を始めるにあたって、「早く上達したい!」と考える方は多いでしょう。しかし実際に目指すべきなのは、英語の上達のスピードではなく、しっかりと「学習を習慣化すること」です。


もどかしさを覚えるのは、期待値が高すぎるのが原因です。語学習得は本来、そう簡単に上達できるものではありません。上達を期待しすぎると、必ずガッカリするでしょう。ですから、「短期で上達しようと思わず、学びを目的にしましょう」とお伝えしています。学ぶことが楽しみに変わってくれば、モチベーションもキープできますので最終的には成果も得られます。


学習時間は長い方が良いに決まっています。しかし5分はゼロよりもマシです。3時間勉強を数日して挫折するよりも、毎日5分を続けて、日々英語に触れる状況をつくることが後々大きな効果をもたらします。慣れるとさらに数時間、毎日続けることが出来るようになります。


習慣化の為には長期間にわたって英語学習の時間を確保することが大切です。たとえば、通勤時間を利用する。曜日を決めて勉強する、仕事の繁忙期など忙しい時期も考慮して予め計画を立てるなど、戦略的な発想でスケジューリングできると良いと思います。


私達が大切にしている習慣化とは、「その行為を行なわないと落ち着かない。不快な状態になる」ことです。朝の洗顔や食後の歯磨きと同じように、「英語の勉強をしていない日は違和感を覚える」ようになるかどうかが勝負の分かれ目。この状態になれば、時間の経過とともに英語力は自然と上がっていくものです。


英語力は一朝一夕では身につきません。ですので上達にスピードを求め過ぎてはいけないと思います。


宇田川建の経歴・略歴

宇田川建、うだがわ・たける。日本の英会話講師。航空貨物輸送などの業務を経て「ワンナップ英会話」を展開するジェイ・マックスに入社。同英会話学校でアドバイザーを務めた。

他の記事も読んでみる

淡輪敬三

地球的、社会的な価値追求の志や信念、哲学が重要です。お金だけで人はモチベート(動機づけ)できませんし、持続性もありません。


山城徹也

社外だけではなく、社内においても、仕事ができる環境を作ってくれている周囲の方々すべてに「ありがたい」という気持ちを持ち続けることを、社員教育の根本においています。顧客ありきは当然ですが、契約までの過程においては、社内スタッフの協力は不可欠であり、それを認識できないようでは、弊社の今後の成長もおぼつかない。


ジョン・レノン

ポールか誰かが「そろそろレコードを作る時期だ」って言えば、僕は深く考えたりせずに行ってレコードを作るのさ。いいセッションでさえあれば、僕はいつだってセッションを楽しんできた。もしもロックをやってて、乗ってくれば、要するにそれで良いんだよ。


根岸秋男

商品開発のイメージはいっぱいあります。企業秘密なので申し上げられませんが(笑)。5年先、10年先を見て、研究開発をしています。企画部にイノベーション推進室を作っているし、いろいろな所でそれぞれ研究開発、商品開発をする役割を認めています。


真壁刀義

10年目くらいまで、プロレスラーとして全然芽が出なくて。闇の時代だよ。俺らの時代は先輩の人数が多すぎて、出場する予定の試合が削られることも何回もあったし、1シーズンに1~2回ぐらいしか出られなかったこともあった。理不尽なことで、しょっちゅう怒られていたしね。地方巡業に行っても取材を受けるわけでもないし、やることがねえ。練習して、飯を食って、ホテルの部屋でボーッとするくらいしかない。俺、何やってんのかなあって。その時にね、だったら大好きなスイーツを食べに行こう、って思ったんだよ。行ってみたら、幸せそうにスイーツを食べている人たちの顔を見て、自分も幸せな気持ちになることができた。


庄野直之

営業は、窓口の担当者の人事評価が上がるような提案をしてあげなさい。


小嶋光信

大事なのは、日常業務の中に教育につながる仕事を数多く組み込むことです。


スティーブン・トルドー

本当のあなたとは、肉体でも、トラウマでも、知識でも、人生経験でもない。それをすべて取り去ったところにあるものこそが、本来のあなた。愛する人が自分の目をじっと見つめてくる、そのなかに感じるものこそがあなたのコアセルフ(根源的自己)なのです。


ジョージ・カーン

マーケティングには「合理的な科学」、すなわちこれさえやれば誰もが成功できるという法則はない。結局は経営者の直感が重要。


小笹芳央

有効な対策を打つには因果関係の正しい理解が必要。