名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宇田川建の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇田川建のプロフィール

宇田川建、うだがわ・たける。日本の英会話講師。航空貨物輸送などの業務を経て「ワンナップ英会話」を展開するジェイ・マックスに入社。同英会話学校でアドバイザーを務めた。

宇田川建の名言 一覧

忙しいから出来ないではなく、忙しいけどやるという発想を。


英語学習はハードルを高く設定しないのがコツですね。そこで最初は、「毎日5分」を目指すよう伝えます。この短さなら負担も少なく、エンジンもかかりやすいでしょう。


英語の学習を始めるにあたって、「早く上達したい!」と考える方は多いでしょう。しかし実際に目指すべきなのは、英語の上達のスピードではなく、しっかりと「学習を習慣化すること」です。


もどかしさを覚えるのは、期待値が高すぎるのが原因です。語学習得は本来、そう簡単に上達できるものではありません。上達を期待しすぎると、必ずガッカリするでしょう。ですから、「短期で上達しようと思わず、学びを目的にしましょう」とお伝えしています。学ぶことが楽しみに変わってくれば、モチベーションもキープできますので最終的には成果も得られます。


学習時間は長い方が良いに決まっています。しかし5分はゼロよりもマシです。3時間勉強を数日して挫折するよりも、毎日5分を続けて、日々英語に触れる状況をつくることが後々大きな効果をもたらします。慣れるとさらに数時間、毎日続けることが出来るようになります。


習慣化の為には長期間にわたって英語学習の時間を確保することが大切です。たとえば、通勤時間を利用する。曜日を決めて勉強する、仕事の繁忙期など忙しい時期も考慮して予め計画を立てるなど、戦略的な発想でスケジューリングできると良いと思います。


私達が大切にしている習慣化とは、「その行為を行なわないと落ち着かない。不快な状態になる」ことです。朝の洗顔や食後の歯磨きと同じように、「英語の勉強をしていない日は違和感を覚える」ようになるかどうかが勝負の分かれ目。この状態になれば、時間の経過とともに英語力は自然と上がっていくものです。


英語力は一朝一夕では身につきません。ですので上達にスピードを求め過ぎてはいけないと思います。


宇田川建の経歴・略歴

宇田川建、うだがわ・たける。日本の英会話講師。航空貨物輸送などの業務を経て「ワンナップ英会話」を展開するジェイ・マックスに入社。同英会話学校でアドバイザーを務めた。

他の記事も読んでみる

岡藤正広

収集した情報をうまく仕事に活用するには、これからやろうとしている商売の先を見て、自分なりのアイデアをもって落としどころを考えることです。ゴルフのパットでいえば、打つ前にゴルフボールの軌跡を想像してパットのラインを見極めるのと同じことです。ビジネスも先々の展開をイメージし、メルクマール(指標、目印)になるところを見つけながら進めるのです。


玉塚元一

どんどん革新を実現し、死ぬほど頑張ってローソンを成長させたい。


熊谷正寿

アートも経営もシンプルがいい。オピー(英現代美術家ジュリアン・オピー)の作品はミニマリズムの極致です。このシンプルさは、すべての情報を0と1で表すインターネットの世界と相通ずるものがあります。


成毛康雄

チームを作り上げるのにも時間がかかります。半導体業界では、お金を出せば建屋も設備も手に入ります。しかし製品の歩留まりを高めるには、各工程の連携が必要です。寄せ集めのチームが連携するには時間がかかる。いずれにしてもこの数年間で、我々が技術開発でどれだけ先行でき、特許を押さえられるかが重要になります。


川村隆

今どき、バランス人事などをするようなトップではダメ。社長がそうなってしまうと、全体に緊張感がなくなり、組織黄断的な変革の意識はなくなってしまいます。


ジョン・カーワン

己を理解し、相手のことも100%理解して戦いに挑む。それがサムライだ。


河野章宏

ネットでいくらでも無料で聴けちゃう時代なので、売ることよりも、多くの人に音楽を届けることを重視しています。曲が気に入れば、ライブにも来てくれる可能性が高くなりますから。


三島愼次郎

統合前はばら積み船やタンカーに依存していた。統合で品ぞろえが厚みを増したことで、特定の船舶の需要変動にさらされにくくなった。全体的に受注環境はよくないとはいえ、統合していなければもっと状況は悪かっただろう。


高城幸司

根回しというと、「陰でこそこそ動く」「媚を売る」といったネガティブなイメージを抱かれることもあります。しかし媚になるかどうかは、目的をどう表明するかによって変わります。「自分が出世したいから協力して欲しい」と頼むなら、確かに印象は良くないでしょう。しかし、「会社のため、世の中のためにこれを実現させたい」という利他的な目標を熱意とともに掲げれば、共感の源となります。


大久保薫(経営者)

会社設立後も2~3年はまだ土地の仕入れや販売をメインに行っていましたが、カインドエステートという会社名にしたことで、賃貸仲介のお客さんが来店するようになったのです。最初は事務の女性を一雇用したのですが、それでもどんどん忙しくなってきて社員を増やしていくうちに徐々に事業も賃貸へシフトしていきました。そこで気付いたのが、「売買よりも賃貸の方が堅い」ということ。基本的に商談したその日のうちに成約することが多いですし、売り上げや利益といた数字も見通すことができます。売買はなかなかそれが分からない。


松本正義

私がトップになって始めた活動に本部長対話があります。事業本部、営業本部、研究開発本部のトップを毎月呼び、私と一対一で事業報告させます。人事、設備投資、海外戦略などの問題を聞き、できなかったことについては反省を聞きます。「顔色悪いけど、風邪ひいてるんとちゃうんか」などと声をかけることもあります。差しで話せば気づくこともあります。住友電工のような規模の大きい会社だからこそ、こういう場で早め早めに問題を見極めていく必要があります。


渡辺良機

ドイツのばねメーカーに視察したときのこと。その会社も手作りのばねメーカーだったので、当社と同じような悩みを抱えているはずだと思い、「お客様から値引きを要求されたとき、どのように対応されていますか」と、その会社の社長に質問しました。すると、社長は「価格が折り合わなければ注文を受けないだけ。手作りのばね屋が値引きして売っていたのではやっていけない」と。それを聞いて目から鱗が落ちましたね。これまで当社は注文が欲しいばっかりに値引きに応じていたが、それではダメなんだと。これからは「言い値で買っていただけるような会社にならなければいけない」ということに気づかされたのです。