名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

宇治原史規の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇治原史規のプロフィール

宇治原史規、うじはら・ふみのり。日本のお笑いタレント。大阪出身。京都大学法学部卒業。高校の同級生・菅広文とお笑いコンビ「ロザン」を結成。吉本興業東京本社所属。お笑いだけでなく、クイズ番組でも活躍した。

宇治原史規の名言 一覧

勉強で重要なのは、毎日継続すること。1日でも空けてしまうと、記憶が抜けてしまい、余分に勉強し直す必要が出てきます。だから、1分でもいいから、毎日やったほうが良いですね。


勉強の意味をひとつひとつ考えずに取り組んだら、正しい努力はできません。勉強というと、がむしゃらにやる人がいますけど、そうやって、やったつもりになるのが一番危険です。もし、今何か勉強しているのなら、今の勉強法に意味があるのか、立ち止まって考えたほうがいいと思います。


受験勉強のときは、試験日から逆算してスケジュールを立てたのですが、強く意識していたのは、「1日の勉強量を、絶対にできる量にしか設定しない」ことです。なぜかというと、できなかったときに、自分を追い込んでしまうから。追い込んでしまうと、続かなくなるんですよね。


先生になったつもりで一人で授業をする「エアー授業」は、すごく意味がある勉強法。自分が何を理解していて、何を理解していないかがはっきりとわかるんです。インプットをしているだけでは、気づけません。こうして、エアー授業を続けていると、「覚える」から「わかる」に変わってきます。覚えたことは忘れてしまうけど、わかったものは忘れません。だから、使える知識になるんですね。


継続するためには、「疲れるまで勉強しないこと」も重要です。今日は調子が良いからといって、勉強しすぎてしまうと、翌日に疲れを残してしまい、能率が下がります。


天職だと思えば天職で、そうではないと思ってしまえばそうではない。


選んだ仕事に適性がある、天職やと言える仕事の仕方をすればいい。


大切なことは自分が置かれた環境で、自分が最大限の努力ができているかどうかではないでしょうか。その気持ちさえあれば、その仕事を本当の天職に変えることもできるかもしれません。


意味のないことをするのがめっちゃ嫌いなんです。たとえば、ノートや教科書に、いろんな色のマーカーを引くなんて、まずしません。色分けするとかえって見にくくなるし、「この場合はどの色だっけ?」と考えるのが時間のムダです。


仕事をしていれば、みんな大なり小なり現状に不満があったりすると思います。しかし、その状況の中で、自分の身の丈を知りながら、卑屈にならずに、今自分にできる最大限の努力を続けていくこと。バランスが一番重要ですね。


誰かが大ウケして、「ああ、こういうふうにしたらお客さんを盛り上げられるんか」とヒントを得たとしても、ほかの人が同じようにやってもウケるとは限らない。その人の芸風やキャラ、その人が培ってきたものがあるからそこに笑いが起きるのであって、柳の下のドジョウを狙うような借り物の発想でやろうとしてもダメなのです。そこで、自分だったら何ができるか、逆に何ができないのか、そこを見据えないといけません。


先輩たちを見ていても、経験値が高い人はやっぱりすごい。自分自身の経験だけでなく、そういう先輩の言葉から学ぶこともたくさんあります。相方や後輩の言葉から学ぶこともある。周囲をよく見て、人の言葉によく耳を傾けていると、本当にいろいろなところにヒントがあります。教科書のように答えがひとつにまとめられていないけれど、これが生きた教科書やないか、と気づきました。


社会では経験知がものを言います。自分でやってみて、失敗することで答えを探していくしかありません。それぞれが一回一回の経験を基にして、どうすればいいかを考えて工夫する。その経験が自分の教科書になるんですね。


適性を生かすために、仕事をどのように選べばよいのか、決まったマニュアルみたいなものはないですよね。何となくたどり着いたという人もいるでしょうし、最初からやりたい仕事に就けた人もいるでしょう。


学校の授業は続きものなんです。聞かないから面白くなくなる。最初の授業を聞いているかどうかがすごく大きい。最初の一発目の授業を聞いていると次の授業も分かるから面白くなるんです。


父は少なくとも僕に対しては放任でした。要は曲がったことをしなければ、また人に迷惑をかけたりしなければそれでよいという程度。「勉強しろ」とは一度も言われたことがありません。僕自身が両親からさんざん言われていたのは、「人の話は相手の目を見てしっかり聞け」ということ。それだけは素直に教えを守っていました。


受験勉強のときは、よく自宅で「エアー授業」をしていました。自分が先生になったつもりで、架空の生徒を相手に、一人で授業をするんです。「縄文時代には争いごとはなかったんやけど、弥生時代にお米を作るようになると、その米を力ずくで奪おうとするやつが出てきたので、米を守るために、力が強いやつを雇いました。これが、えっと、なんやったかな」という感じです。


受験勉強の場合は、「合格」というわかりやすい目的がありますが、ぼんやりと「合格」を意識するだけでは、まだ足りないと思っていました。そこで、京大の合格最低点を調べたうえで、少し上回る点数をゴールに設定。過去問をチェックして、どんな勉強をすれば合格点に届くかを考えました。ここまでしないと、「この勉強はなんのためにしているか」がわからず、集中できませんから。


宇治原史規の経歴・略歴

宇治原史規、うじはら・ふみのり。日本のお笑いタレント。大阪出身。京都大学法学部卒業。高校の同級生・菅広文とお笑いコンビ「ロザン」を結成。吉本興業東京本社所属。お笑いだけでなく、クイズ番組でも活躍した。

他の記事も読んでみる

進藤孝生

面談や会議などの場で相手の理解や協力を得るには、相手の考えも理解する姿勢が大切。相手の考えの背景にある立場や価値観まで理解し、相手を認めるということ。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

金持ちほど、お金の使い方はシビア。外食はしても、使っているのは一人当たり千円未満、というご家庭も少なくありません。


吉田直人(経営者)

32歳で喉頭がんになりました。当時経営していたゲーム会社は成長していましたが、誰に聞いても「あの作品ね」といわれるような代表作がなかった。それならば、そういう作品を作って、名前を残して死のうと思っていました。社員には病気を隠していたので、断腸の思いで突っ込んでいく私の思いが社員には理解できず、「社長が狂った」と言われていました。社員との距離は広がる一方で、社員もどんどん辞めていつてしまい、最終的に銀行による貸しはがしの影響で、会社は倒産してしまいました。


松岡修造

僕の場合、悪い状況から抜け出す方法は、「嫌なことはすぐに忘れる」「悔しいときは一人になって思いっきり叫ぶ」といった単純なものが多いです。


茂木健一郎

「隣の芝は青く見える」という。他人を羨ましく思うことが、明日への活力につながることもあるし、国全体としての経済成長を促すこともあるだろう。しかし、それがいきすぎると、こだわりや執着を生む。何よりも日々の生活が、「いつか幸せ」になるためのプロセス、手段になってしまう。


平井一夫

いい時もあれば悪い時もありましたが、会社として70年間続いたということは、商品やサービスを利用し評価していただくお客様や、株主の方々、サプライヤーなどのビジネスパートナー、リテーラーやディーラーの皆さん、それにメディアの人たちなど、ありとあらゆるステークホルダーの皆さんのお陰です。それに対して感謝の気持ちを持たなければいけない。


川越達也

実は、これほど長い期間に渡ってテレビでのお仕事をいただけるというのは僕にとっても予想外のことでした。それはもしかすると「引き受けたからにはわがままを言わず、与えられた場所で力を尽くす」という姿勢を貫いてきたおかげなのかもしれません。


バラク・オバマ

先ほど少し前に、マケイン上院議員から実に丁重な電話をいただきました。マケイン議員はこの選挙戦を長く、激しく戦ってきた。しかし議員はそのずっと前から、愛するこの国のために、もっと長くもっと激しく戦った人です。マケイン氏がこの国のために払ったすさまじい犠牲のほどを、私たちのほとんどは想像すらできない。勇敢で、わが身を忘れて国に献身するジョン・マケインというリーダーがこれまで国のために尽くし、働いてくれたおかげで、私たちの世界はより良いところになりました。私はマケイン議員を称えます。そしてペイリン知事を称えます。マケイン議員たちが成し遂げてきたことを称えます。そしてこれから、この国の約束を再生させるため、マケイン氏たちと共に働くのを楽しみにしています。


臼井由妃

週も半ばになると、やっぱり中だるみしやすいものです。そこで気分を変えるためにちょっとした挑戦をしてみるんです。自分が苦手だと思っていたことや、初めての分野に手を付けてみる。大げさに考える必要はなくて、いままで読んでなかったビジネス書を読むとか、慣れた人にノウハウを教えてもらいながらファイリングの仕方を工夫してみるとか、そんなことです。そこで思いがけず「できる自分」を発見できれば言うことなしです。


岩田松雄

何かしらのミッションを実現するには、我慢しなければいけないことや、乗り越えなければならない壁が当然あります。私自身、何度も転職をしてきましたが、いたずらに転職を勧める気はありません。なぜなら、目の前にある仕事で実績を上げることがすべての前提だからです。


齋藤孝(教育学者)

技術的な話でいえば、文章に具体性を持たせるには比較を用いるのが有効です。たとえば「うちは営業が弱いのでテコ入れが必要」と書くより、「競合のA社より営業部員が少ない」と比較することで問題の所在がより具体的になります。ここで注意したいのは、比較する対象を一般論や抽象論に求めないことです。「一般企業より営業部員が少ない」という書き方では、本当にそこに問題があるのかよくわかりません。比較対象を具体的にすることで、結論にもリアリティが加わるのです。


松下正幸

パナソニックも創業したての頃は、いつ潰れるかわからない小さな企業でしたから、優秀な人材は望むべくもありませんでした。しかし、松下幸之助は会社に来てくれた人たちに、「自分はこういう目標を持っているんだ」「こんなやり方でやっていくんだ」と何回も説明し、自分と相手の心を一つに合わせようと努めました。そうすると、多少能力で劣る人でも、熱意を持って力を発揮してくれるようになると申しておりました。