名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宇治則孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇治則孝のプロフィール

宇治則孝、うじ・のりたか。日本の経営者。日本電信電話(NTT)顧問。大阪出身。京都大学工学部修士課程修了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。データ処理部門、新規事業開発業務などを経験したのち、データ通信事業本部(のちのNTTデータ)に移り、民間企業向け情報システムの企画開発、コンサルティングなどを統括。年商3000億円規模の事業へと成長させ、NTT本社の副社長(技術戦略担当)に迎えられる。副社長退任後、NTT顧問に就任。

宇治則孝の名言 一覧

経営トップ自らが強固な意識を持って経営全体の視点で取り組むことができなければ、ワークスタイルの変革は実現できない。


私は常に本流というより新たに展開する部署で仕事をしてきましたし、それをとてもありがたく思っています。


人脈は私の財産ですし、ビジネスの要諦は人脈にあると思っています。


もしいま、本流でないからといって不遇をかこっていると感じている人がいるならこう申し上げたい。時代は必ず変わります。そしてそれまでの間、なるべく社外の人脈をたくさんつくり、彼らの話に耳を傾けることです。会社が姿を変えていくべきそのときと道筋が必ず見えてくるはずです。


私は保守本流でなかったことを恥じたことはないですし、自分の進む道が本流かどうか意識したこともありません。


思い出深いのは日本IBMとの共同出資会社やテレフォンカード事業です。銀行や商社、メーカーなど外部の人たちと議論を重ねました。彼らがよく使うFS(フィージビリティー・スタディー=事業化調査)という言葉を当時私は知りませんでした。毎年予算を立てて計画経済的に事業を進めるNTTには、FSの発想がなかったのですね。他業種の人々との接触は新鮮な驚きの連続でした。


日本電信電話公社(のちのNTT)に入社したときは、情報化社会への興味から「データ(情報処理)」部門への配属を希望しました。面接官に「データの仕事をしているのは全体の3%もいないぞ」と呆れられたことを覚えています。当時の電電公社は完全な電話の会社で、いまのように電話の収入が全体の4分の1まで落ち込むことは誰も予想しなかったでしょう。


宇治則孝の経歴・略歴

宇治則孝、うじ・のりたか。日本の経営者。日本電信電話(NTT)顧問。大阪出身。京都大学工学部修士課程修了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。データ処理部門、新規事業開発業務などを経験したのち、データ通信事業本部(のちのNTTデータ)に移り、民間企業向け情報システムの企画開発、コンサルティングなどを統括。年商3000億円規模の事業へと成長させ、NTT本社の副社長(技術戦略担当)に迎えられる。副社長退任後、NTT顧問に就任。

他の記事も読んでみる

和地孝

毎週金曜日に秘書室長も交えて翌週の打ち合わせをし、日曜の午後に自宅で手帳を眺めながら次の一週間の予定をもう一度頭に入れるのが習慣になっています。家族には「休みなのに仕事の顔になっている」と叱られますが、こればかりは仕方がない。平日は分刻みのスケジュールなので、その場でいちいち次の予定を確認する暇はありません。だから前もって予定を頭に入れておくのです。


山本ケイイチ

運動そのものによる心身の健康がスポーツの効果です。運動を一人ではなく、友人やチーム仲間と行う場合は、別の効果があります。約束事や計画に沿って運動することで、継続性という二次的な効果につながるのです。また、皆で楽しむという行為が、相乗効果も生みます。


西條剛央

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」は気持ちだけを原動力とする、無償のボランティアたちで動く組織です。彼らが力を最大限に発揮してくれる組織にするため、意思決定の方法には気を配りました。従来型のトップダウン型、多数決型はいずれも少数派の新しい考えが採用されにくく、嫌々動かざるをえない人が出る。そこで「ふんばろう」は「第三の道」として、真っ当さを問う議論を積み重ねました。


弘兼憲史

あなたが部下を抱える立場なら、時には部下に失敗させて勉強させることも必要です。「失敗してもいいから思い切りやれ」と言われた部下は、大概意気に感じて一生懸命やるから失敗しないものです。逆に「絶対失敗するなよ! 失敗したらクビだぞ!」などと言われると、萎縮して失敗することもある。ただし、必ず上司であるあなたが、リカバリーできる範囲で任せることです。


岩瀬大輔

世の中にはアイデアがたくさん溢れていますが、実行されているのはほんの一握りだと思うんです。失敗という壁を恐れずに、浮かんだアイデアを実行した人が、結局のところ、仕事ができる人だといわれている気がします。


鬼頭宏昌

日頃忙しいビジネスマンにとってまとまった時間はなかなかとれない。だからこそちょっと空いた時間、すきま時間をいかに活用するかで雲泥の差がつく。とくに短い時間は発想に活用するのが正解。


浜田広

バブル時代を経ているから経営も肥満型になっていました。売上が増えれば助かりますが、会社の体質を筋肉質に絞る方を選択しなくてはならない。売上増と経費削減の両方には号令をかけられないと思い、リストラに注力しました。リストラ期間を終えた後は「一斉に外を向こう」と拡大のほうに精力を傾けました。複写機のデジタル化で先行できたのも、研究開発の備蓄があったからです。


山本梁介

逆境の際に逃げずに乗り越えようとする人だけに、ピンチをチャンスに変えるアイデアがひらめく。


藤井孝一

会社員と起業家では、物事の考え方から行動パターン、醸し出す雰囲気まで、全く違うもの。しかし、独立直後から急に変われるはずもありません。副業で活動し、会社の肩書きに頼らず、丸裸の自分でどこまでやれるのかを味わい、経験を重ねていけば、独立前の期間で起業家脳を育てることができます。


五百田達成

男を動かすには肩書きと権力が一番です。ある男子に、「君は受付係のリーダーだ。しっかり責任を持ってくれ」と依頼しました。その時の彼の表情は、いまだに忘れられません。みるみる「働く男の顔」になっていき、周囲にキビキビと指示を出して働き始めたのです。このように、男をリーダーに任命するのは効果的なだけでなく、実に簡単です。


石田衣良

似た仕事はまとめるようにもしています。この日は執筆、この日は取材といった具合に、同じ種類の仕事をできるだけ同じ時期に仕上げています。そうすれば、無駄な時間もずいぶん削れます。


松岡修造

過去の経験は、すべて現在につながっています。昔のことばかり蒸し返すより、「楽しいことも嫌なことも全部ひっくるめた過去が現在を形成している」と考える方が、精神衛生上、よほど良いとは思いませんか?