宇佐美里香の名言

宇佐美里香のプロフィール

宇佐美里香、うさみ・りか。日本の女性空手家(形)、空手指導者。東京出身。10歳から空手を開始。全国高等学校空手道選手権大会で優勝。国士舘大学卒業後、鳥取県教育委員会で働きながら空手を続け、全日本空手道選手権大会優勝5回、世界空手道選手権大会優勝を達成。引退後は後進の指導にあたった。

宇佐美里香の名言 一覧

練習と違うことを試合でいきなりやることはできないので、試合の良し悪しは、すべて練習の結果なのです。


自信を持って試合に臨むには、とにかく練習しかないと思います。練習で自信が持てないのに試合でうまくいくということはありません。


一流の人は、自分の「色」を持っている。私が尊敬する選手の方たちは、皆競技の中で自分自身を表現しています。


練習がうまくいかないときや不安になったときは、神社で瞑想をしたこともあります。ただ無心になることで、心の落ち着きを取り戻しました。


コーチとして私が心がけているのは、選手に目標を持たせること、それから負けたときの気持ちを思い出させることです。


負けて納得できないという経験はあまりありません。負けたときのことを振り返ると、原因は自分の心にあったといつも思い当たります。


「あのときは上体が浮いていたな」とか、負けたときというのは必ず理由がありますから、負けから学べることは多いと思います。


順調と言われることもありましたが、実際は練習も試合もうまくいったと思えるときのほうが少ないぐらいで、一度勝つと次の大会では負けるというパターンにも苦しみました。勝ち続けるというのはとてもむずかしいことです。


試合で動揺しないためには、会場の雰囲気にのまれそうになる自分を抑えて自分に克(か)つ力が必要ですが、そういう力を鍛える特別な方法があるわけではなく、普段の練習がそのままメンタルトレーニングになります。ここはゆっくり、ここは速く……と、技の緩急や細かい動きに意識を集中して練習をしていれば、試合でも同じようにできます。


個性は出そうとして出せるものではありません。先生に教わった動きを何度も繰り返しやって、自分の体にしみ込ませる。そうすると、その動きは先生のコピーではなく自分の技になり、形に気持ちをのせて動けるようになります。毎日毎日同じひとつの動作を練習して、自分のものにしたとき、それはその選手だけの魅力になるのだと思います。


北島(康介)選手についての本を読んだときには、とても参考になるエピソードにも出会いました。その本によれば、北島さんのコーチは、オリンピックを視野に入れて、前段階の試合にはあえてコンディションを調整せずに臨ませ、どんな状況下でも戦えるよう経験を積ませたそうです。すべての試合をベストコンディションでやろうとするのでなく、あくまで目標とする試合に焦点を合わせて、ピークをそこに持っていく。途中の試合は通過点と考える。勝つためにはそういうやり方もあるんだと気づいたことが、2012年の世界選手権で戦うときに役に立ちました。


ずっと世界一を目標に空手を続けてきたので、それを達成したときの感動はこの先二度と味わうことはないだろうと思えるものでした。選手としてやるべきことはやりきったという気持ちから、大会の翌年に引退を決めました。


宇佐美里香の経歴・略歴

宇佐美里香、うさみ・りか。日本の女性空手家(形)、空手指導者。東京出身。10歳から空手を開始。全国高等学校空手道選手権大会で優勝。国士舘大学卒業後、鳥取県教育委員会で働きながら空手を続け、全日本空手道選手権大会優勝5回、世界空手道選手権大会優勝を達成。引退後は後進の指導にあたった。

他の記事も読んでみる

幸田真音

日本企業の魅力に気づいていないのは、案外日本人なのかもしれません。買収されそうになって初めて気付く。


平井一夫

心配するよりも、成功させることに注力すべきです。本当に、「もうやるしかない」と思っています。


森下一喜

面白いゲームを作れば、利益はついてくる。


アルフレッド・アドラー

配偶者を従わせ、教育したいと思い、批判ばかりしているとしたら、その結婚は上手くいかないだろう。


塙昭彦

自然にただただ従うだけで、本当にいいのだろうか。そう思って私は、「朝の来ない夜もある」と、あえて言うようにしています。何もしないで、いつも朝が来ると思っていたら大間違い。人間の社会が自然と同じようになると思うのは、甘えではないでしょうか。


井崎脩五郎

競走馬というものは、あまり頭が良すぎると駄目だ。少し良いくらいがいい。頭の良い馬は、戦況を自分で判断し、レースを途中で投げてしまうからだ。


中井政嗣

私は目標や志を積み重ねることで、少しずつ前に進んできたというのが実のところだ。


岡藤正広

細かい数字を見て「これはどうや」「あれはどうや」とやるのではなく、社員が分かりやすい標語を掲げて、大きな目標に向かってやるべきことを徹底させることが大切なんですよ。


星野佳路

再建先のスタッフが変わるきっかけのひとつはスタッフの誰かが「キレる」ことです。一緒に施設の再生に取り組んできた人が、あるとき会議の場で「この会社はひどいじゃないか!こんなやり方では絶対に駄目だと思う」と叫びだす。すると堰を切ったように他のスタッフも自分の意見を口にし始める。そして議論が進んでいくのだが、反対意見を言ったからといって咎められるわけではないことに気づく。むしろ言いたいことを言えば風通しがよくなり、自分たちの参加者意識が芽生えるということにメンバー全員が気付き始める。


筒井康隆

最近驚いたのが、30年ほど前に書いた『旅のラゴス』っていう本が、去年あたりからバカ売れしたんですよ。文庫になってからはロングセラーとして毎年3000~4000冊ぐらいは売れていたものの、去年くらいから突然売れ出して、20万部くらいの大増刷になったというんですからねえ。なぜ、こんなに売れてるのか? 本当のところ、出版社もわからないというんです。『旅のラゴス』はSFアドベンチャーの作品で、空間を移動する男や壁抜け男とかテープレコーダー男といった、いろんなものが出てきてね。SFとしてはストレートなアイデアばかりだけど、僕としてはシリアスな作品の一つなんです。「自分にも、こういうシリアスなものが書けるんだぞ」という、裏ワザみたいな形で書いたんですけど、今ごろになって突然また売れだした。世の中が閉塞的というか、つまらなくなっているからかな。


堀内伸浩

顧客自身の中でニーズが顕在化していないことの方が多い。事前の打ち合わせなどから課題を汲み取り、その課題の解消につながることが分かる自社商品・サービスの特長をアピールすれば、顧客の心に響きやすくなります。


安藤忠雄

平常心を身につけるには、ギリギリまで追い込まれた経験があるかどうかだと思います。


ジャック・アタリ

次の一手を打つには、今、世界で起こっていることを正確に把握し、長期的な目線で、どの方向に舵を切るべきかを見抜く必要がある。


和田裕美

若くても自分に厳しく、しっかりした人はたくさんいます。年齢が上なだけで何もしない人より、よほど仕事のできる人もたくさんいます。世代でひとまとめにみないことが大事です。


濱田秀彦

褒め言葉を言ったあとに「落とす」のもよくあるミス。「きれいに仕上げてくれたね!」のあと、「これでスピードも早ければ完璧なんだが……」などと言うと効果はゼロに。照れ隠しのつもりでも相手はガッカリします。


ページの先頭へ